AD LDS の構成を変更するModify AD LDS configuration

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

エッジトランスポートサーバーを Exchange 組織にサブスクライブする前に、 configureadam.ps1スクリプト\($env: ExchangeInstallPath Scripts) を使用して、エッジトランスポートサーバー上の既定の Active Directory ライトウェイトディレクトリサービス (AD LDS) 構成を変更できます。You can use the ConfigureAdam.ps1 script (located in $env:ExchangeInstallPath\Scripts) to modify the default Active Directory Lightweight Directory Services (AD LDS) configuration on Edge Transport servers before you subscribe the Edge Transport server to your Exchange organization.

重要

Configureadam.ps1スクリプトは、 dsdbutilコマンドを呼び出して AD LDS のレジストリ設定を変更します。The ConfigureAdam.ps1 script invokes the dsdbutil command to change the registry settings for AD LDS. Dsdbutilコマンドは、経験豊富 な管理者のみが使用する AD LDS 管理ツールです。AD  LDS 構成を変更するには、configureadam.ps1 を使用することをお勧めします。The dsdbutil command is an AD LDS management tool intended for use only by experienced administrators; using ConfigureAdam.ps1 is the recommended way of changing the AD LDS configuration.

ConfigureAdam.ps1 スクリプトには、次の表内のパラメーターを使用できます。The parameters in the following table are available for the ConfigureAdam.ps1 script. これらのパラメーターのいずれか、すべて、または特定の組み合わせを使用して AD LDS を変更できます。You can use one, all, or any combination of these parameters to modify AD LDS.

ConfigureAdam.ps1 スクリプトに使用可能なパラメーターParameters available for the ConfigureAdam.ps1 script

パラメーターParameter 説明Description

LdapportLdapport

LDAP 通信に使用されるポートを変更します。Modifies the port used for LDAP communication. エッジ トランスポート サーバーは、既定で標準以外のポート 50389 を使用します。By default, the Edge Transport server uses the nonstandard port 50389.

SslportSslport

セキュア LDAP 通信に使用されるポートを変更します。Modifies the port used for secure LDAP communication. エッジ トランスポート サーバーは、既定で標準以外のポート 50636 を使用します。By default, the Edge Transport server uses the nonstandard port 50636.

LogPathLogPath

ログ ファイルの場所を変更します。Modifies the log file location. 既定で、エッジ トランスポート サーバーはログ ファイルを %ExchangeInstallPath%Transport Roles\Data\adam パスに作成します。By default, the Edge Transport server creates log files in the path %ExchangeInstallPath%Transport Roles\Data\adam

DataPathDataPath

ディレクトリ データベース ファイルの場所を変更します。既定で、エッジ トランスポート サーバーはディレクトリ データベースを %ExchangeInstallPath%Transport Roles\Data\adam パスに保存します。Modifies the location of the directory database file. By default, the Edge Transport server stores the directory database in the path %ExchangeInstallPath%Transport Roles\Data\adam

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 5 分。Estimated time to complete: five minutes.

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「メール フローのアクセス許可」の「エッジ トランスポート サーバー」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Edge Transport servers" section in Mail flow permissions.

  • エッジ トランスポート サーバーの AD LDS 構成を変更する必要がある場合は、エッジ トランスポート サーバーを Exchange 組織にサブスクライブする前に実行します。サブスクライブしたエッジ トランスポート サーバーの AD LDS 構成を変更した場合は、エッジ トランスポート サーバーを Exchange 組織にサブスクライブし直す必要があります。If you need to make any modifications to the Edge Transport server's AD LDS configuration, do so before subscribing the Edge Transport server to your Exchange organization. If you modify the AD LDS configuration of a subscribed Edge Transport server, you will then need to resubscribe the Edge Transport server to the Exchange organization.

  • レジストリ設定を変更するときは、必ず、スクリプトを使用してください。AD LDS 構成のレジストリを手動で変更すると、AD LDS インスタンスが使用できなくなる可能性があります。Always use the script to modify the registry settings. Making manual registry changes to the AD LDS configuration might make the AD LDS instance unavailable.

  • AD LDS で使用される LDAP ポートまたは SSL ポートを変更する必要がある場合は、まず、選択したポートが他のアプリケーションで使用されていないことを確認します。If you need to modify the LDAP port or the SSL port used by AD LDS, first verify that the selected port isn't being used by another application. エッジ トランスポート サーバーで使用中のポートを確認するには、 netstat コマンドを使用します。You can use the netstat command to view the ports being used on the Edge Transport server.

  • この手順を実行するには、シェルを使用する必要があります。You can only use the Shell to perform this procedure.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

エッジ トランスポート サーバー上の AD LDS 構成を変更するModify the AD LDS configuration on an Edge Transport server

この例では、AD LDS で使用される LDAP ポートを 5000 に変更します。アンパサンド (&) はコマンド構文の一部です。This example changes the LDAP port used by AD LDS to 5000. The ampersand (&) is part of the command syntax.

& $env:ExchangeInstallPath\Scripts\ConfigureAdam.ps1 -LdapPort:5000

この例では、AD LDS 構成に次のような変更を加えます。アンパサンド (&) はコマンド構文の一部です。パラメーターとその値の間に使用されているコロン (:) に注意してください。This example makes the following changes to the AD LDS configuration. The ampersand (&) is part of the command syntax. Note the colon (:) used between each parameter and its value:

  • LDAP ポートを 5000 に変更するChanges the LDAP port to 5000

  • SSL ポートを 500 に変更するChanges the SSL port to 500

  • ログのパスを D: Exchange\Server\データ\ADLDS に変更します。Changes the log path to D:\Exchange Server\Data\ADLDS

  • データパスを D: Exchange Server\\データ\ADLDS に変更します。Changes the data path to D:\Exchange Server\Data\ADLDS

& $env:ExchangeInstallPath\Scripts\ConfigureAdam.ps1 -LdapPort:5000 -SslPort:5001 -LogPath:"D:\Exchange Server\Data\ADLDS" -DataPath:"D:\Exchange Server\Data\ADLDS"