組織全体の免責事項、署名、フッター、またはヘッダーOrganization-wide disclaimers, signatures, footers, or headers

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

電子メール免責事項、法的免責事項、重要事項説明、署名、またはその他の情報を、組織内外で送受信される電子メール メッセージの上部または下部に追加することができます。You can add an email disclaimer, legal disclaimer, disclosure statement, signature, or other information to the top or bottom of email messages that enter or leave your organization. これは、法的、ビジネス、または規制の要件において、安全でない可能性のある電子メールメッセージを特定するため、または組織に固有のその他の理由で必要になる可能性があります。This might be needed for legal, business, or regulatory requirements, to identify potentially unsafe e-mail messages, or for other reasons unique to your organization.

免責事項を設定するには、送信者が特定のグループ内にある場合、またはメッセージに特定のテキストパターンが含まれている場合、追加するテキストなどの条件を含むトランスポートルールを作成します。To set up a disclaimer, you create a transport rule that includes the conditions, such when the sender is in a specific group or when the message includes specific text patterns, and the text to add. 1つの電子メールメッセージに複数の免責事項を適用するには、複数のトランスポートルールを使用します。To apply multiple disclaimers to a single email message, you use multiple transport rules.

重要

  • 送信メッセージにのみ情報を追加する場合は、組織の外部にある受信者などの条件を追加する必要があります。If you want the information to be added only to outgoing messages, you must add a condition such as recipients located outside the organization. 既定では、トランスポートルールは受信メッセージと送信メッセージの両方に適用されます。By default, transport rules are applied to both incoming and outgoing messages.

手順について知りたい場合Looking for procedures? 電子メールの免責事項、法的免責事項、共通の署名、または電子メールのフッターまたはヘッダーを追加する」を参照してください。See Add an email disclaimer, legal disclaimer, common signature, or email footer or header.

Examples

ここでは、免責事項を使用する方法についていくつかのアイデアを示します。Here are a few ideas for how to use disclaimers.

Type 追加するサンプル テキストSample text added

法的 - 送信メッセージLegal - outgoing messages

この電子メールおよびメールと共に送信されるすべてのファイルは機密情報です。これらは宛先に指定された個人または組織のみが使用できます。この電子メールを誤って受け取った場合、システム マネージャーにお知らせください。This email and any files transmitted with it are confidential and intended solely for the use of the individual or entity to whom they are addressed. If you have received this email in error, please notify the system manager.

法的 - 受信メッセージLegal - incoming messages

従業員は、電子メールのやりとりで、中傷的な陳述をしないこと、著作権侵害またはその他の法的権利を侵したり、許可したりしないことが明確に求められています。このような電子メールを受け取った従業員は、すぐに管理者に通知しなければなりません。Employees are expressly required not to make defamatory statements and not to infringe or authorize any infringement of copyright or any other legal right by email communications. Employees who receive such an email must notify their supervisor immediately.

メッセージがエイリアスに送信されたことの表示Notice that message was sent to an alias

このメッセージは、Sales ディスカッション グループに送信されました。This message was sent to the Sales discussion group.

署名-各従業員のデータでのプルSignature - pulls in data for each employee

Kathleen (Er)Kathleen Mayer
営業部門Sales Department
ContosoContoso
www.contoso.comwww.contoso.com
kathleen@contoso.comkathleen@contoso.com
セル: 111-222-1234cell: 111-222-1234

広告Advertisement

3 月のお薦めはこちらをクリックしてくださいClick here for March specials

この記事の例は、そのように使用することを意図したものではありません。The examples in this article are not intended for use as-is. 必要に応じて変更してください。Modify them for your needs.

免責事項のスコープを指定するScoping your disclaimer

免責事項について作業する際に、適用対象となるメッセージについて考慮します。As you work on your disclaimers, consider which messages they should apply to. たとえば、内部および外部のメッセージに対して、または特定の部署のユーザーから送信されるメッセージに対して異なる免責事項が必要になることがあります。For example, you might want different disclaimers for internal and external messages or for messages sent by users in specific departments. 会話の最初のメッセージだけに免責事項を追加するには、免責事項内の固有のテキストを検索する例外を追加します。To make sure only the first message in a conversation gets a disclaimer, add an exception that looks for unique text in your disclaimer.

使用できる条件および例外の例を以下に示します。Here are some examples of the conditions and exceptions you can use.

説明Description EAC における条件と例外Conditions and exceptions in EAC シェルにおける条件と例外Conditions and exceptions in the Shell

組織外で、元のメッセージに免責事項のテキストが含まれていない場合 ("CONTOSO 法律通知" など)Outside your organization, if the original message doesn't include text from your disclaimer, such as "CONTOSO LEGAL NOTICE"

条件: [受信者の場所が次の場合] > [組織外部]Condition: The recipient is located > Outside the organization

例外:件名 >または本文が次の> テキストパターンと一致する場合CONTOSO リーガル通知Exception: The subject or body > Subject or body matches these text patterns > CONTOSO LEGAL NOTICE

-FromScope NotInOrganization -ExceptIf -SubjectOrBodyMatches "CONTOSO LEGAL NOTICE"

実行可能ファイルが添付された受信メッセージIncoming messages with executable attachments

条件 1: 送信者が組織外に> 配置されているCondition 1: The sender is located > Outside the organization

条件 2: [すべての添付ファイル] > [実行可能なコンテンツが含まれる]Condition 2: Any attachment > has executable content

-FromScope NotInOrganization -AttachmentHasExecutableContent

送信者がマーケティング部門であるSender is in the marketing department

条件:送信者 > がこのグループ >のグループのメンバーであるCondition: The sender > is a member of this group > group name

-FromMemberOf "Marketing Team"

外部の送信者から Sales ディスカッション グループに送信されるすべてのメッセージEvery message that comes from an external sender to the sales discussion group

条件 1: 送信者が組織外に> 配置されているCondition 1: The sender is located > Outside the organization

条件 2: [メッセージ > の宛先または Cc] ボックスにこの人物 > グループ名が含まれているCondition 2: The message > To or Cc box contains this person > group name

-FromScope NotInOrganization -SentTo "Sales Discussion Group" -PrependSubject "Sent to Sales Discussion Group: "

1 か月間送信メッセージの先頭に広告を追加するPrepend an advertisement to outgoing messages for one month

条件 1: 受信者が組織外に> 配置されているCondition 1: The recipient is located > Outside the organization

[新しいルール] ダイアログボックスの下部にある日付を指定します。Specify the dates at the bottom of the New rule dialog.

-ApplyHtmlDisclaimerLocation 'Prepend' -SentToScope 'NotInOrganization' -ActivationDate '03/1/2014' -ExpiryDate '03/31/2014'

免責事項の対象として使用できるトランスポートルール条件の完全な一覧については、次のいずれかを参照してください。For a complete list of transport rule conditions you can use to target the disclaimer, see one of the following:

免責事項の書式設定Formatting your disclaimer

必要に応じて、免責事項を書式設定できます。You can format your disclaimer as needed. 免責事項のテキストに含めることができるものは次のとおりです。Here's what can be included in your disclaimer text.

情報のタイプType of information 説明Description

テキストText

最大で 5,000 文字です。これには HTML タグおよびインラインのカスケード スタイル シート (CSS) が含まれます。The maximum length is 5,000 characters, including any HTML tags and inline Cascading Style Sheets (CSS).

HTML およびインラインの CSSHTML and inline CSS

HTML およびインラインの CSS スタイルを使用してテキストの形式を設定できます。You can use HTML and inline CSS styles to format the text. たとえば、 <HR>タグを使用して、免責事項の前に行を追加します。For example, use the <HR> tag to add a line before the disclaimer.

テキスト形式のメッセージに免責事項を追加すると、免責事項内の HTML は無視されます。HTML in a disclaimer is ignored if the disclaimer is added to a plain text message.

画像を追加するAdd Images

<IMG>タグを使用して、インターネット上で利用可能な画像をポイントします。Use the <IMG> tag to point to an image available on the internet. たとえば、<IMG src="http://contoso.com/images/companylogo.gif" alt="Contoso logo"> のように指定します。For example, <IMG src="http://contoso.com/images/companylogo.gif" alt="Contoso logo">

Outlook Web App と Outlook は、既定で画像を含む外部 Web コンテンツをブロックすることに注意してください。Keep in mind that Outlook Web App and Outlook block external web content, including images, by default. ブロックされた外部コンテンツを表示するには、ユーザーが特定のアクションを実行する必要がある場合があります。Users may need to perform a specific action if they want to view the blocked external content. これは、を使用して追加されたイメージがThis means that images added by using the IMG タグは既定では表示されない場合があります。tag may not be visible by default. 免責事項を次のようにテストすることをお勧めします。We recommend that you test a disclaimer with IMG 電子メールクライアントのタグ。受信者は、よく表示されることを確認するために使用します。tags in the email clients your recipients are likely to use to make sure it displays well.

個人用の署名の情報を追加するAdd information for personalized signatures

すべてのユーザーに同じ情報を使用して同じ方法で書式設定するには、、、、、、、などのDisplayNameFirstName従業員LastName PhoneNumber Email FaxNumberに固有の情報をDepartment追加します。If you want everyone to have signatures formatted the same way with the same information, you can add unique information for each employee, such as DisplayName, FirstName, LastName, PhoneNumber, Email, FaxNumber, and Department. この情報は2つのパーセント記号 (%%) で囲む必要があります。情報の各側にあります。This information must be enclosed in two percent signs (%%) on each side of the information. たとえば、を使用DisplayNameするには、免責事項で%% DisplayName%%を使用する必要があります。For example, to use DisplayName, you must use %%DisplayName%% in your disclaimer.

免責事項ルールがトリガーされると、そのユーザーの対応する値が挿入されます。When a disclaimer rule is triggered, the corresponding values for that user are inserted. データは、送信者の Active Directory ユーザーアカウント (オンプレミスの Exchange Server の場合)、または Exchange Online 用の送信者の Office 365 アカウントから取得されます。The data comes from the sender's Active Directory user account (for on-premises Exchange Server), or from the sender's Office 365 account for Exchange Online.

免責事項および個人用の署名で使用できる属性の完全な一覧については、「 ADAttribute トランスポートルールの条件 (述語) (Exchange Server)」、「トランスポートルールの条件 (述語)」のプロパティの説明を参照してください。(Exchange online)、またはトランスポートルールの条件 (述語) (exchange online Protection)。For a complete list of attributes that can be used in disclaimers and personalized signatures, see the description for the ADAttribute property in Transport rule conditions (predicates) (Exchange Server), Transport rule conditions (predicates) (Exchange Online), or Transport rule conditions (predicates) (Exchange Online Protection).

たとえば、署名、 IMGタグ、および埋め込み CSS を含む HTML の免責事項の例を次に示します。For example, here's an example of an HTML disclaimer that includes a signature, an IMG tag, and embedded CSS.

<div style="font-size:9pt;  font-family: 'Calibri',sans-serif;">
%%displayname%%</br>
%%title%%</br>
%%company%%</br>
%%street%%</br>
%%city%%, %%state%% %%zipcode%%</div>
&nbsp;</br>
<div style="background-color:#D5EAFF; border:1px dotted #003333; padding:.8em; ">
<div><img alt="Fabrikam"  src="http://fabrikam.com/images/fabrikamlogo.png"></div>
<span style="font-size:12pt;  font-family: 'Cambria','times new roman','garamond',serif; color:#ff0000;">HTML Disclaimer Title</span></br>
<p style="font-size:8pt; line-height:10pt; font-family: 'Cambria','times roman',serif;">This message contains confidential information and is intended only for the individual(s) addressed in the message. If you are not the named addressee, you should not disseminate, distribute, or copy this e-mail. If you are not the intended recipient, you are notified that disclosing, distributing, or copying this e-mail is strictly prohibited.  </p>
<span style="padding-top:10px; font-weight:bold; color:#CC0000; font-size:10pt; font-family: 'Calibri',Arial,sans-serif; "><a href="http://www.fabrikam.com">Fabrikam, Inc. </a></span></br></br>
</div>

免責事項を追加できない場合のフォールバックオプションFallback options if the disclaimer can't be added

暗号化されたメッセージなど、一部のメッセージは、Exchange が元のメッセージの内容を変更できないようにします。Some messages, such as encrypted messages, prevent Exchange from modifying the content of the original message. 組織がこれらのメッセージを処理する方法を制御できます。You can control how your organization handles these messages. 免責事項を含むメッセージエンベロープで変更できないメッセージをラップするか、免責事項を追加できない場合はメッセージを拒否するか、免責事項を無視してメッセージを配信するかを指定します。You specify whether to wrap a message that can't be modified in a message envelope that contains the disclaimer, reject the message if a disclaimer can't be added, or ignore the disclaimer action and deliver the message without a disclaimer.

次の一覧では、各フォールバックアクションについて説明します。The following list describes each fallback action:

  • Wrap: 免責事項を元のメッセージに挿入できない場合、Exchange は、元のメッセージを新しいメッセージエンベロープで囲むか、折り返します。Wrap: If the disclaimer can't be inserted into the original message, Exchange encloses, or "wraps," the original message in a new message envelope. その後、免責事項が新しいメッセージに挿入されます。Then the disclaimer is inserted into the new message. 元のメッセージを新しいメッセージエンベロープで折り返すことができない場合、元のメッセージは配信されません。If the original message can't be wrapped in a new message envelope, the original message is not delivered. メッセージの送信者は、メッセージが配信されなかった理由を説明する配信不能レポート (NDR) を受信します。The sender of the message receives a non-delivery report (NDR) that explains why the message was not delivered.

    重要

    元のメッセージが新しいメッセージエンベロープでラップされている場合は、元のメッセージではなく、新しいメッセージエンベロープに後続のトランスポートルールが適用されます。If an original message is wrapped in a new message envelope, subsequent transport rules are applied to the new message envelope, not to the original message. そのため、他のトランスポートルールを構成した後で、元のメッセージを新しいメッセージの本文でラップする免責事項を使用してトランスポートルールを構成する必要があります。Therefore, you must configure transport rules with disclaimer actions that wrap original messages in a new message body after you configure other transport rules.

  • Reject: 免責事項を元のメッセージに挿入できない場合、Exchange はメッセージを配信しません。Reject: If the disclaimer can't be inserted into the original message, Exchange doesn't deliver the message. メッセージの送信者は、メッセージが配信されなかった理由を説明する NDR を受信します。The sender of the message receives an NDR that explains why the message wasn't delivered.

  • 無視: 免責事項を元のメッセージに挿入できない場合、Exchange は変更されていない元のメッセージを配信します。Ignore: If the disclaimer can't be inserted into the original message, Exchange delivers the original message unmodified. 免責事項は追加されません。No disclaimer is added.

関連情報For more information

電子メール免責事項、法的免責事項、共通署名、または電子メール フッター/ヘッダーの追加Add an email disclaimer, legal disclaimer, common signature, or email footer or header

メールフローまたはトランスポートルール(Exchange Server 2013)Mail flow or transport rules (Exchange Server 2013)

メールフローまたはトランスポートルール(Exchange Online)Mail flow or transport rules (Exchange Online)

Transport rules (Exchange Online Protection)Transport rules (Exchange Online Protection)