計画と展開Planning and deployment

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Exchange のインストールを実行するためのガイダンスが必要ですか。Do you need guidance doing an Exchange install? この記事では、Microsoft Exchange Server 2013 の展開を計画するためのガイダンスと、展開時に必要な記事へのリンクを提供します。This article provides guidance for planning a deployment of Microsoft Exchange Server 2013 as well as links to articles that you'll need during deployment.

以下のセクションには、Microsoft Exchange Server 2013 の計画と展開に関する情報へのリンクが含まれています。The following sections contain links to information about planning for and then deploying Microsoft Exchange Server 2013.

重要

展開を開始する前に、「 Exchange 2013 のリリースノート」を必ずお読みください。Make sure you read the Release notes for Exchange 2013 topic before you begin your deployment. リリース ノートには、展開中および展開後に発生する可能性のある問題について、重要な情報が含まれています。The release notes contain important information on issues you might encounter during and after your deployment.

Exchange 2013 の計画Planning for Exchange 2013

Exchange Server 2013 の組織への展開を計画する際に役立つ情報にアクセスするには、次のリンクを使用してください。Use the following links to access information to help you plan the deployment of Exchange Server 2013 into your organization.

重要

テスト環境への Exchange 2013 のインストールについては、後の「テスト環境の確立」を参照してください。See Establish a Test Environment later in this topic about installing Exchange 2013 in a test environment.

  • メールボックスサーバーとクライアントアクセスサーバー: Exchange 2013 に含まれているメールボックスおよびクライアントアクセスサーバーの役割について説明します。Mailbox and Client Access servers: Learn about the Mailbox and Client Access server roles that are included with Exchange 2013.

  • Exchange 2013 のシステム要件: exchange 2013 をインストールする前に組織で満たす必要があるシステム要件について説明します。Exchange 2013 system requirements: Understand the system requirements that need to be satisfied in your organization before you can install Exchange 2013.

  • Exchange 2013 の前提条件: exchange 2013 の正常なインストールを実行するためにインストールする必要がある windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) または windows server の2012機能とその他のソフトウェアについて説明します。Exchange 2013 prerequisites: Learn which Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) or Windows Server 2012 features and the other software that needs to be installed to perform a successful installation of Exchange 2013.

  • Exchange Server 展開アシスタント: このツールを使用して、exchange 2013 の計画、インストール、またはアップグレードのためのカスタマイズされたチェックリストを生成します。Exchange Server Deployment Assistant: Use this tool to generate a customized checklist for planning, installing, or upgrading to Exchange 2013. 社内展開、ハイブリッド展開、クラウド展開を含む、複数のシナリオに合わせたガイダンスを利用できます。Guidance is available for multiple scenarios, including an on-premises, hybrid, or cloud deployment.

  • Active directory: exchange 2013 で active directory を使用する方法と、active directory の展開が exchange の展開に与える影響については、このトピックをお読みください。Active Directory: Read this topic to learn about how Exchange 2013 uses Active Directory and how your Active Directory deployment affects your Exchange deployment.

  • マルウェア対策保護: Exchange 2013 のマルウェア対策保護オプションについて理解するには、このトピックをお読みください。Anti-malware protection: Read this topic to understand anti-malware protection options for Exchange 2013.

  • Exchange Server のハイブリッド展開: このトピックでは、Microsoft Office 365 とオンプレミスの Exchange 2013 組織のハイブリッド展開を計画する際に役立つ情報を提供します。Exchange Server Hybrid Deployments: Read this topic to help you with planning a hybrid deployment with Microsoft Office 365 and your on-premises Exchange 2013 organization.

  • 高可用性とサイト復元の計画: このトピックでは、高可用性とビジネス継続性の要件を達成するための計画に役立てることができます。Planning for high availability and site resilience: Read this topic to help you with planning to achieve your high availability and business continuity requirements.

  • SharePoint と Lync との統合: このトピックでは、Exchange 2013、microsoft SharePoint 2013、および Microsoft Lync 2013 を統合して、製品間のアーカイブ、保持、および電子情報開示を有効にする方法について説明します。サイトメールボックス。認証Lync プレゼンス、その他。Integration with SharePoint and Lync: Read this topic to learn about integrating Exchange 2013, Microsoft SharePoint 2013, and Microsoft Lync 2013 to enable cross-product archiving, hold, and eDiscovery; site mailboxes; authentication; Lync presence; and more.

  • ユニファイドメッセージングの計画: Exchange 2013 ユニファイドメッセージングの計画の詳細については、このトピックをお読みください。Planning for Unified Messaging: Read this topic to learn more about planning for Exchange 2013 Unified Messaging.

  • Exchange 2013 のストレージ構成オプション: このトピックでは、Exchange 2013 メールボックスサーバーの役割でサポートされている記憶域アーキテクチャ、ディスクの種類、および記憶域の構成について説明します。Exchange 2013 storage configuration options: Read this topic to learn about the storage architectures, disk types, and storage configurations supported by the Exchange 2013 Mailbox server role.

  • Exchange 2013 virtualization: 仮想化された環境に exchange 2013 を展開する方法の詳細については、このトピックを参照してください。Exchange 2013 virtualization: Read this topic to learn more about how you can deploy Exchange 2013 in a virtualized environment.

  • Exchange 2013 でのマルチテナント: このトピックでは、通常は電子メール、データ、ユーザー、グローバルアドレス一覧 (gal) などを共有しない複数の組織またはビジネス単位をホストするように exchange 2013 を構成する方法について説明します。一般的に使用される Exchange オブジェクト。Multi-tenancy in Exchange 2013: Read this topic to learn more about how you can configure Exchange 2013 to host multiple and discrete organizations or business units that ordinarily don't share email, data, users, global address lists (GALs), or other commonly used Exchange objects.

  • Exchange 開発テクノロジ: このトピックには、exchange 2013 を使用するアプリケーションで使用できるアプリケーションプログラミングインターフェイス (api) に関する重要な情報が含まれています。Exchange Development Technologies: This topic contains important information about Application Programming Interfaces (APIs) that are available for applications that use Exchange 2013.

テスト環境を確立するEstablish a test environment

Exchange 2013 を初めてインストールする前に、分離されたテスト環境にインストールすることをお勧めします。Before installing Exchange 2013 for the first time, we recommend that you install it in an isolated test environment. このアプローチにより、エンドユーザーのダウンタイムの危険性と、運用環境への悪影響が軽減されます。This approach reduces the risk of end-user downtime and negative ramifications to the production environment.

テスト環境は、新しい Exchange 2013 設計の「概念実証」として機能し、運用環境に展開する前に、任意の実装を前進またはロールバックできるようにします。The test environment will act as your "proof of concept" for your new Exchange 2013 design and make it possible to move forward or roll back any implementations before deploying into your production environments. 検証とテスト用に専用のテスト環境を設けることにより、今後の運用環境に向けたインストール前チェックを行えるようになります。Having an exclusive test environment for validation and testing allows you to do pre-installation checks for your future production environments. 最初にテスト環境にインストールすることで、組織は、完全な運用実装でより確実に成果を上げることが可能になります。By installing in a test environment first, we believe that your organization will have a better likelihood of success in a full production implementation.

運用環境を複製する必要があることから、ほとんどの組織にとってテスト ラボを構築するコストは高価になる可能性があります。For many organizations, the costs of building a test lab may be high because of the need to duplicate the production environment. プロトタイプラボに関連するハードウェアコストを削減するには、Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012 Hyper-v テクノロジを使用して仮想化を使用することをお勧めします。To reduce the hardware costs associated with a prototype lab, we recommend the use of virtualization by using Windows Server 2008 R2 or Windows Server 2012 Hyper-V technologies. Hyper-V により、サーバーの仮想化が可能となるため、単一の物理マシン上で複数の仮想オペレーティング システムを実行できるようになります。Hyper-V enables server virtualization, allowing multiple virtual operating systems to run on a single physical machine.

Hyper-V の詳細については、「サーバー仮想化」を参照してください。For more detailed information about Hyper-V, see Server Virtualization. ハードウェア仮想化ソフトウェアでの運用における Exchange 2013 の Microsoft サポートの詳細については、「 exchange 2013 のシステム要件」の「ハードウェア仮想化」を参照してください。For information about Microsoft support of Exchange 2013 in production on hardware virtualization software, see "Hardware virtualization" in Exchange 2013 system requirements.

Exchange 2013 のインストールの展開Deploying an installation of Exchange 2013

展開フェーズは、Exchange 2013 を組織にインストールする期間です。The deployment phase is the period during which you install Exchange 2013 into your organization. 展開の段階を開始する前に、Exchange 組織を計画する必要があります。Before you begin the deployment phase, you should plan your Exchange organization. 詳細については、前述の「Planning」を参照してください。For more information, see the Planning section earlier in this topic.

Exchange 2013 の展開に必要な情報にアクセスするには、次のリンクを使用してください。Use the following links to access the information you need to help you with deploying Exchange 2013.

Exchange 2013 のセットアップについてUnderstanding Exchange 2013 Setup

Exchange 2013 セットアップのさまざまな種類とモードを使用して、さまざまなエディションとバージョンの Exchange 2013 をインストールして管理することができます。You can use different types and modes of Exchange 2013 Setup to install and maintain the various editions and versions of Exchange 2013.

Exchange のエディションおよびバージョンExchange editions and versions

Exchange 2013 は、Standard Edition と Enterprise Edition の2つのサーバーエディションで利用できます。Exchange 2013 is available in two server editions: Standard Edition and Enterprise Edition. これらはプロダクト キーによって定義されるライセンス エディションです。These are licensing editions that are defined by a product key. 詳細については、「Exchange Server の使用許諾契約書」を参照してください。For more information, see Exchange Server Licensing.

Exchange セットアップの種類Types of Exchange Setup

Exchange 2013 セットアップには、次のオプションがあります。You have the following options for Exchange 2013 Setup:

  • Exchange セットアップ UI: setup.exe をコマンドラインスイッチを使用せずに実行すると、Exchange 2013 セットアップウィザードの指示に従って対話形式の環境が提供されます。Exchange Setup UI: Running Setup.exe without any command-line switches provides an interactive experience where you are guided by the Exchange 2013 Setup wizard.

  • Exchange 無人セットアップ: setup.exe をコマンドラインスイッチを使用して実行すると、Exchange を対話式のコマンドラインから、またはスクリプトを使用してインストールできます。Exchange Unattended Setup: Running Setup.exe with command-line switches enables you to install Exchange from an interactive command line or through a script.

Setup.exe は、Exchange 2013 DVD またはダウンロードされたソースファイルから入手できます。Setup.exe is available from the Exchange 2013 DVD or the downloaded source files.

Exchange セットアップのモードModes of Exchange Setup

Exchange 2013 のセットアップには、複数のインストールモードがあります。Setup for Exchange 2013 includes several installation modes:

  • Install: 新しいサーバーの役割をインストールしたり、既存のインストールにサーバーの役割を追加したりする場合 (メンテナンス モード) は、このモードを使用します。Install: Use this mode when you're installing a new server role or adding a server role to an existing installation (maintenance mode). このモードは、Exchange セットアップ ウィザードおよび無人インストールの両方から利用できます。You can use this mode from both the Exchange Setup wizard and the unattended install.

  • Uninstall: コンピューターから Exchange のインストールを削除する場合は、このモードを使用します。Uninstall: Use this mode when you're removing the Exchange installation from a computer. このモードは、Exchange セットアップ ウィザードおよび無人インストールの両方から利用できます。You can use this mode from both the Exchange Setup wizard and the unattended install.

  • アップグレード: 既存の Exchange がインストールされていて、累積的な更新プログラムまたは service pack をインストールしている場合は、このモードを選択します。Upgrade: Select this mode used when you have an existing installation of Exchange and you're installing a cumulative update or service pack. このモードは、Exchange セットアップ ウィザードおよび無人インストールの両方から利用できます。You can use this mode from both the Exchange Setup wizard and the unattended install.

    注意

    Exchange 2013 では、以前のバージョンの Exchange からの一括アップグレードはサポートされていません。Exchange 2013 doesn't support in-place upgrades from previous versions of Exchange. このモードは、累積更新プログラムまたは Service Pack をインストールする場合にのみ使用されます。This mode is used only to install cumulative updates or service packs.

  • RecoverServer: サーバーに致命的な障害が発生し、データを回復する必要がある場合にはこのモードを使用します。RecoverServer: Use this mode when there has been a catastrophic failure of a server, and you need to recover data. 障害の発生したサーバーと同じ完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用してサーバーをインストールし、 /m:RecoverServer スイッチを指定してセットアップ実行する必要があります。You must install a server using the same fully qualified domain name (FQDN) as the failed server, and then run Setup with the /m:RecoverServer switch. 復元する役割は指定しないでください。Don't specify the roles to restore. セットアップ プログラムは、Active Directory 内の Exchange Server オブジェクトを検出し、対応するファイルと構成を自動的にインストールします。Setup detects the Exchange Server object in Active Directory and installs the corresponding files and configuration automatically. サーバーを回復した後、データベースを復元し、追加設定を再構成できます。After you recover the server, you can restore databases and reconfigure any additional settings. RecoverServer モードで実行する場合、サーバーに Exchange をインストールしておくことはできません。To run in RecoverServer mode, you can't have Exchange installed on the server. Exchange サーバー オブジェクトは Active Directory に存在している必要があります。The Exchange server object must exist in Active Directory. このモードは、無人インストール中にのみ使用できます。You can only use this mode during an unattended installation.

注意

セットアップのモードは、他のモードを使用する前に終了しておく必要があります。You must complete one mode of Setup before you can use another mode.

関連情報For more information

Exchange 2013 での IPv6 サポートIPv6 support in Exchange 2013

Exchange 2013 の Exchange 管理者センターExchange admin center in Exchange 2013

Exchange 2013 の言語サポートExchange 2013 language support

Exchange 2013 インストールの前提条件の確認Exchange 2013 readiness checks