メール フロー ルールのアクション (Exchange Server

メール フロー ルール (別名トランスポート ルール) 内のアクションは、ルールの条件に一致するメッセージをどうしたいかを指定します。たとえば、特定の送信者からメッセージをモデレーターに転送したり、またはすべての送信メッセージに免責事項や個人の署名を追加するルールを作成できます。

アクションには通常、追加のプロパティが必要になります。たとえば、ルールがメッセージをリダイレクトする場合、その宛先を指定する必要があります。アクションによっては、利用可能な、または必要とされるプロパティが複数あります。たとえば、ルールがメッセージ フィールドにヘッダー フィールドを追加する場合、ヘッダーの名前と領域の両方を指定する必要があります。ルールがメッセージに免責事項を追加する場合、免責事項のテキストを指定する必要がありますが、テキストを挿入する位置やメッセージに免責事項を追加できない場合の対処方法を指定することもできます。通常、一つのルールに複数のアクションを設定することができますが、アクションのいくつかは排他的です。たとえば、一つのルールで同じメッセージの拒否とリダイレクトを行うことはできません。

複数のアクションの処理方法など、Exchange Server のメール フロー ルールの詳細については、「メール フロー ルール」を参照Exchange Server。

メール フロー ルールの条件と例外の詳細については、「メール フロー ルールの条件と例外(述語)」を参照Exchange Server。

メールボックス サーバー上のメール フロー ルールのアクション

メールボックス サーバー上のメール フロー ルールで使用可能なアクションについて、次の表で解説します。 各プロパティの有効な値については、「 [プロパティ値プロパティ値]」セクションを参照してください。

:

  • Exchange 管理センター (EAC) 内のアクションを選択した後、最終的に 次の操作を実行 フィールドに示される値は、自分で選択したクリック パスとは異なることがよくあります。また、新しいルールを作成する場合、時として (選択によっては) クリック パスのすべてをなぞる代わりに、テンプレート (アクションのフィルター済みリスト) から短いアクション名を選択できる場合があります。短い名前と完全なクリック パスの値は、表の EAC 列に示されています。

  • Get-TransportRuleAction コマンドレットによって戻されたアクションの名前のいくつかは、対応するパラメーター名とは違っており、一つのアクションに複数のパラメーターが必要となることがあります。

EAC でのアクション Exchange 管理シェル でのアクション パラメーター プロパティ 説明 使用できる場所
[次のユーザーにメッセージを転送して承認を受ける]

承認のためにメッセージを転送する >これらのユーザーに対して
ModerateMessageByUser Addresses メッセージを承認要求でラップされた添付ファイルとして特定のモデレーターに転送します。詳細については 一般的なメッセージの承認シナリオ をご覧ください。配布グループをモデレーターとして使用することはできません。 Exchange 2010 以降
[送信者の上司にメッセージを転送して承認を受ける]

[メッセージを転送して承認を受ける] > [送信者の上司に]
ModerateMessageByManager 該当なし 送信者の上司にメッセージを転送して承認を受けます。

このアクションは、送信者の Manager 属性が Active Directory で定義されている場合のみ有効です。でなければ、メッセージは受信者にもレートなしで送信されます。
Exchange 2010 以降
[メッセージを受信者にリダイレクトする]

[メッセージをリダイレクトする] > [これらの受信者に]
RedirectMessageTo Addresses 特定の受信者にメッセージをリダイレクトします。元の受信者にメッセージを配信せず、送信者や元の受信者に通知を送信しません。 Exchange 2010 以降
[説明を示してメッセージを拒否する]

[メッセージをブロックする] > [メッセージを拒否して説明を含める]
RejectMessageReasonText String 指定されたテキストを却下の理由として含む配信不能レポート (別名 NDR またはバウンス メッセージ) で、送信者にメッセージを返します。受信者は元のメッセージも通知も受信しません。

使用される既定の拡張状態コードはです 5.7.1

管理シェルでルールを作成または変更 Exchange、RejectMessageEnhancedStatusCode パラメーターを使用して DSN コードを指定できます。
Exchange 2010 以降
[拡張状態コードのメッセージを拒否する]

[メッセージをブロックする] > [次の拡張状態コードのメッセージを拒否する]
RejectMessageEnhancedStatusCode DSNEnhancedStatusCode 指定した拡張配信状態通知 (DSN) コード付きの NDR でメッセージを送信者に返します。受信者は元のメッセージも通知も受信しません。

有効な DSN コードは 5.7.1 、以下 5.7.900 のとおりです 5.7.999

使用される既定の理由テキストはです Delivery not authorized, message refused

管理シェルでルールを作成または変更するExchange RejectMessageReasonText パラメーターを使用して拒否理由テキストを指定できます。
Exchange 2010 以降
[だれにも通知せずにメッセージを削除する]

[メッセージをブロックする] > [だれにも通知せずにメッセージを削除する]
DeleteMessage 該当なし 受信者や送信者に通知を送信することなく、確認なしにメッセージを削除します。 Exchange 2010 以降
[受信者を BCC ボックスに追加する]

[受信者を追加する] > [Bcc ボックスに]
BlindCopyTo Addresses メッセージの Bcc フィールドに一人以上の受信者を追加します。元の受信者は通知を受けず、追加のアドレスを見ることもできません。 Exchange 2010 以降
[受信者を宛先ボックスに追加する]

[受信者を追加する] > [宛先ボックスに]
AddToRecipients Addresses メッセージの To フィールドに一人以上の受信者を追加します。元の受信者は追加のアドレスを見ることができます。 Exchange 2010 以降
[受信者を CC ボックスに追加する]

[受信者を追加する] > [CC ボックスに]
CopyTo Addresses メッセージの Cc フィールドに一人以上の受信者を追加します。元の受信者は追加のアドレスを見ることができます。 Exchange 2010 以降
[送信者のマネージャーを受信者として追加する]

[受信者を追加する] > [送信者の上司を受信者として追加する]
AddManagerAsRecipientType AddedManagerAction 送信者の上司を指定の受信者タイプ (ToCcBcc) としてメッセージに追加したり、送信者や受信者に通知することなくメッセージを送信者の上司にリダイレクトします。

このアクションは、送信者の Manager 属性が Active Directory で定義されている場合のみ有効です。
Exchange 2010 以降
免責事項の追加

[メッセージに免責事項を適用する] > [末尾に免責事項を追加する]
ApplyHtmlDisclaimerText

ApplyHtmlDisclaimerFallbackAction

ApplyHtmlDisclaimerTextLocation
First プロパティ: DisclaimerText

2 番目のプロパティ: DisclaimerFallbackAction

3 番目のプロパティ (Exchange管理シェルのみ):DisclaimerTextLocation
メッセージの末尾に指定した HTML 免責事項を適用します。

管理シェルでルールを作成または変更するExchange値を持つ ApplyHtmlDisclaimerTextLocation パラメーターを使用します Append
Exchange 2010 以降
[先頭に免責事項を追加]

[メッセージに免責事項を適用する] > [先頭に免責事項を追加]
ApplyHtmlDisclaimerText

ApplyHtmlDisclaimerFallbackAction

ApplyHtmlDisclaimerTextLocation
First プロパティ: DisclaimerText

2 番目のプロパティ: DisclaimerFallbackAction

3 番目のプロパティ (Exchange管理シェルのみ):DisclaimerTextLocation
メッセージの先頭に指定した HTML 免責事項を適用します。

管理シェルでルールを作成または変更するExchange値を持つ ApplyHtmlDisclaimerTextLocation パラメーターを使用します Prepend
Exchange 2010 以降
[このヘッダーを削除する]

[メッセージのプロパティを変更する] > [メッセージのヘッダーを削除する]
RemoveHeader MessageHeaderField 指定されたヘッダー フィールドをメッセージから削除します。 Exchange 2010 以降
[メッセージ ヘッダーをこの値に設定する]

[メッセージのプロパティを変更する] > [メッセージ ヘッダーを設定する]
SetHeaderName

SetHeaderValue
First プロパティ: MessageHeaderField

2 番目のプロパティ: String
メッセージ ヘッダーで指定されたヘッダー フィールドを追加または変更し、ヘッダー フィールドを指定した値に設定します。 Exchange 2010 以降
メッセージ分類の適用

[メッセージ プロパティを変更する] > [メッセージ分類を適用する]
ApplyClassification MessageClassification メッセージに指定のメッセージ分類を適用します。 Exchange 2010 以降
[Spam Confidence Level (SCL) を次の値に設定する]

[メッセージ プロパティを変更する] > [spam confidence level (SCL) を設定する]
SetSCL SCLValue メッセージの spam confidence level (SCL) を指定の値に設定します。 Exchange 2010 以降
[メッセージに権利保護を適用する]

[メッセージのセキュリティを変更する] > [権利保護を適用する]
ApplyRightsProtectionTemplate RMSTemplate 指定された RMS (Rights Management Services) テンプレートをメッセージに適用します。

RMS では Exchange Enterprise クライアント アクセス ライセンス (CALs) が、各メールボックス毎必要になります。 DLL の詳細については、「ライセンスに関するよくあるExchangeを参照してください
Exchange 2010 以降
[TLS 暗号化を要求する]

[メッセージのセキュリティを変更する] > [TLS 暗号化を要求する]
RouteMessageOutboundRequireTls n/a 送信メッセージの TLS 暗号化接続経由でのルーティングを強制します。 Exchange 2013 以降
[メッセージの件名の先頭に追加する] PrependSubject String メッセージの Subject フィールドの冒頭に指定のテキストを追加します。元の件名のテキストを区別するために、指定されたテキストの最後の文字としてスペースまたはコロン (:) を使用してください。

件名 に既 にテキストが含まれているメッセージ (返信など) に同じ文字列が追加されるのを防ぐには、件名に (ExceptIfSubjectContainsWords) 例外をルールに追加します。
Exchange 2010 以降
[ポリシー ヒントを使用して送信者に通知する] NotifySender

RejectMessageReasonText

RejectMessageEnhancedStatusCode (Exchange 管理シェル のみ)
First プロパティ: NotifySenderType

2 番目のプロパティ: String

3 番目のプロパティ (Exchange管理シェルのみ):DSNEnhancedStatusCode
メッセージが DLP ポリシーに一致する場合、送信者に通知したりメッセージをブロックしたりします。

このアクションを使用する場合は、[メッセージに機密情報が含まれる] (MessageContainsDataClassification 条件を使用する必要があります。

管理シェルでルールを作成または変更 Exchange、RejectMessageReasonText パラメーターはオプションです。 このパラメーターを使用しない場合は、既定のテキストが Delivery not authorized, message refused 使用されます。

管理シェル Exchange、RejectMessageEnhancedStatusCode パラメーターを使用して拡張状態コードを指定することもできます。 このパラメーターを使用しない場合は、既定の拡張状態コードが 5.7.1 使用されます。

このアクションは、ルールで設定可能な他の条件、例外、およびアクションを制限します。
Exchange 2013 以降
[インシデント レポートを生成し送信する] GenerateIncidentReport

IncidentReportContent
First プロパティ: Addresses

2 番目のプロパティ: IncidentReportContent
指定された受信者に指定されたコンテンツを含むインシデント レポートを送信します。

インシデント レポートは、組織のデータ紛失防止 (DLP) ポリシーに一致するメッセージに対して生成されます。
Exchange 2013 以降
受信者にメッセージで通知します。 GenerateNotification NotificationMessageText メッセージの受信者に送信される通知メッセージに含まれるテキスト、HTML、およびメッセージのキーワードを指定します。たとえば、受信者に対して、ルールによってメッセージが拒否されたことや、スパムとしてマークが付けられ、迷惑メール フォルダーに送信されたことなどを通知します。 Exchange 2016 以降
[このルールのプロパティ] セクション > [重大度レベルでこのルールを監査する] SetAuditSeverity AuditSeverityLevel 以下のいずれかを指定します:
• インシデント レポートと、メッセージ追跡ログ内の対応するエントリの生成を防止します。
• 指定された重大度レベル (低、中、または高) のメッセージ追跡ログにインシデント レポートと対応するエントリを生成します。
Exchange 2013 以降
[このルールのプロパティ] セクション > [ルールの処理を中止する]

その他のオプション > [このルールのプロパティ] セクション > [ルールの処理を中止する]
StopRuleProcessing 該当なし メッセージがルールにより影響された後、そのメッセージが他のルールによる処理から除外されるよう指定します。 Exchange 2013 以降

エッジ トランスポート サーバー上のメール フロー ルールのアクション

メールボックス サーバーで使用可能なアクションの小さなサブセットはエッジ トランスポート サーバーでも利用可能ですが、エッジ トランスポート サーバー上のみで使用可能なアクションもいくつかあります。エッジ トランスポート サーバー上には EAC が存在しないので、ローカルのエッジ トランスポート サーバー上の Exchange 管理シェル でしかメール フロー ルールを管理できません。アクションについては以下の表を参照してください。プロパティの種類については、プロパティ値 のセクションで説明します。

Exchange 管理シェル でのアクション パラメーター プロパティ 説明 使用可能な場所 使用できる場所
AddToRecipients Addresses メッセージの To フィールドに一人以上の受信者を追加します。元の受信者は追加のアドレスを見ることができます。 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー Exchange 2010 以降
BlindCopyTo Addresses メッセージの Bcc フィールドに一人以上の受信者を追加します。元の受信者は通知を受けず、追加のアドレスを見ることもできません。 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー Exchange 2010 以降
CopyTo Addresses メッセージの Cc フィールドに一人以上の受信者を追加します。元の受信者は追加のアドレスを見ることができます。 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー Exchange 2010 以降
DeleteMessage 該当なし 受信者や送信者に通知を送信することなく、確認なしにメッセージを削除します。 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー Exchange 2010 以降
Disconnect 該当なし NDR メッセージを生成することなく、送信側サーバーとエッジ トランスポート サーバー間の SMTP 接続を終了します。 エッジ トランスポート サーバーのみ Exchange 2010 以降
LogEventText String ローカルのエッジ トランスポート サーバーのアプリケーション ログに、指定されたテキストでイベントを生成します。入力には次の情報が含まれます。
レベル: Information
ソース: MSExchange Messaging Policies
イベント ID: 4000
タスク カテゴリ: Rules
EventData: The following message is logged by an action in the rules: <text you specify>.
エッジ トランスポート サーバーのみ Exchange 2010 以降
PrependSubject String メッセージの Subject フィールドの冒頭に指定のテキストを追加します。元の件名と区別するために、指定されたテキストの最後の文字としてスペースまたはコロン (:) を使用してください。 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー Exchange 2010 以降
Quarantine 該当なし エッジ トランスポート サーバー上のコンテンツ フィルター設定で定義されている検疫メールボックスに、メッセージを配信します。詳細については、スパム検疫メールボックスの構成 をご覧ください。

検疫メールボックスが設定されていない場合、メッセージは送信者に NDR で返されます。
エッジ トランスポート サーバーのみ Exchange 2010 以降
RedirectMessageTo Addresses 特定の受信者にメッセージをリダイレクトします。元の受信者にメッセージを配信せず、送信者や元の受信者に通知を送信しません。 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー Exchange 2010 以降
RemoveHeader MessageHeaderField 指定されたヘッダー フィールドをメッセージから削除します。 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー Exchange 2010 以降
SetHeaderName

SetHeaderValue
First プロパティ: MessageHeaderField

2 番目のプロパティ: String
メッセージ ヘッダーで指定されたヘッダー フィールドを追加または変更し、ヘッダー フィールドを指定した値に設定します。 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー Exchange 2010 以降
SetSCL SCLValue メッセージの (SCL) を指定の値に設定します。 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー Exchange 2010 以降
SmtpRejectMessageRejectText

SmtpRejectMessageRejectStatusCode
First プロパティ: String

2 番目のプロパティ: SMTPStatusCode
指定された SMTP 状態コードおよび指定された拒否テキストで、送信側サーバーとエッジ トランスポート サーバーの間の SMTP 接続を終了します。受信者は元のメッセージも通知も受信しません。

SMTP 状態コードの有効な値は 400 500 、RFC 3463 で定義されている整数です。

SMTP 状態コードを指定せずに拒否テキストを指定すると、既定のコードが 550 使用されます。

拒否テキストを指定せずに SMTP 状態コードを指定した場合、使用されるテキストはです Delivery not authorized, message refused
エッジ トランスポート サーバーのみ Exchange 2010 以降
StopRuleProcessing 該当なし メッセージがルールにより影響された後、そのメッセージが他のルールによる処理から除外されるよう指定します。 メールボックス サーバーとエッジ トランスポート サーバー Exchange 2013 以降

プロパティ値

メール フロー ルール内のアクション用に使用されるプロパティ値を以下の表で説明します。

プロパティ 有効な値 説明
AddedManagerAction 次のいずれかの値になります。
To
Cc
BCC
リダイレクト
メッセージに送信者の上司を含める方法を指定します。

ToCc、または Bcc を選択した場合、送信者の上司が指定のフィールドに受信者として追加されます。

リダイレクト を指定する場合、メッセージは送信者や受信者への通知なしに送信者の上司のみに送信されます

このアクションは、送信者の Manager 属性が Active Directory で定義されている場合のみ有効です。
Addresses Exchange 受信者 アクションによって、組織内の任意のメール有効化オブジェクトを指定できる場合や、特定のオブジェクト タイプに限定される場合があります。通常、複数の受信者を選択可能ですが、インシデント レポートは一人の受信者のみに送信できます。
AuditSeverityLevel 次のいずれかの値になります。
• [重大度レベルでこのルールを 監査する]をオフにするか、[このルールを重大度レベルで監査する] の値を指定しない ( )を選択しますDoNotAudit

中程度
、または は、インシデント レポートとメッセージ追跡ログ内の対応する入力の重大度レベルを指定します。

その他の値はインシデント レポートの生成を防止し、対応する入力がメッセージ追跡ログに書き込まれることを防ぎます。
DisclaimerFallbackAction 次のいずれかの値になります。
ラップ
無視
拒否
メッセージに免責事項を適用できない場合にすべきことを指定できます。メッセージの内容を変更できない場合があります (例、メッセージが暗号化されている場合)。利用可能なフォールバック オプションは以下のとおりです:

Wrap: 元のメッセージが新しいメッセージ エンベロープにラップされ、免責事項のテキストが新しいメッセージに挿入されます。 これが既定値です。
• 後続のメール フロー ルールは、元のメッセージではなく、新しいメッセージ エンベロープに適用されます。 したがって、これらのルールは他のルールよりも低い優先度で構成します。
• 元のメッセージを新しいメッセージ エンベロープにラップできない場合、元のメッセージは配信されません。 メッセージは NDR で送信者に返されます。

Ignore: ルールは無視され、メッセージは免責事項なしで配信されます

拒否: メッセージは NDR の送信者に返されます。
DisclaimerText HTML 文字列 HTML タグ、インラインのカスケード スタイル シート (CSS) のタグ、および IMG タグを使用した画像を含めることが可能な、免責事項テキストを指定します。最大の長さはタグを含めて 5000 文字です。
DisclaimerTextLocation 単一の値: Append または Prepend 管理シェルExchange ApplyHtmlDisclaimerTextLocation を使用して、メッセージ内の免責事項テキストの場所を指定します。

Append: メッセージ本文の末尾に免責事項を追加します。 これが既定値です。

Prepend: メッセージ本文の先頭に免責事項を追加します。
DSNEnhancedStatusCode 単一 DSN コード値:
5.7.1
5.7.900 スルー 5.7.999
使用される DSN コードを指定します。 New-SystemMessage コマンドレットを使用してカスタム DSN を作成することができます。

拒否理由テキストを DSN コードと共に指定しない場合、使用される既定の理由テキストはです Delivery not authorized, message refused

管理シェルでルールを作成または変更するExchange RejectMessageReasonText パラメーターを使用して拒否理由テキストを指定できます。
IncidentReportContent 次のいずれか、または複数の値を指定します。
送信者
受信者
件名
Cc'd 受信者 ( Cc )
Bcc'd 受信者 ( Bcc )
重大度
送信者の上書き情報 ( Override )
照合ルール ( RuleDetections )
誤検知レポート ( FalsePositive )
検出されたデータ分類 ( DataClassifications )
一致するコンテンツ ( IdMatch )
元のメール ( AttachOriginalMail )
インシデント レポートに含む元のメッセージ プロパティを指定します。これらのプロパティの任意の組み合わせを選択可能です。指定したプロパティに加え、メッセージ ID が常に含まれます。以下は利用可能なプロパティです:

Sender: 元のメッセージの送信者。

受信者**、Ccd** 受信者、および Bcc'd 受信者 : メッセージのすべての受信者、または Cc または Bcc フィールド内の受信者のみ。 各プロパティごと、最初の 10 名の受信者のみがインシデント レポートに含まれます。

件名: 元 メッセージの [件名] フィールド。

重大度: トリガーされたルールの監査重大度。 メッセージ追跡ログはすべての監査重大度レベルを含み、監査重大度でフィルターすることが可能です。 EAC で、[重大度レベルでこのルールを監査する] チェック ボックスをオフにすると (Exchange 管理シェルの SetAuditSeverity パラメーター値) 、ルールの一致はルール レポートに表示されません。 DoNotAudit メッセージが一つ以上のルールで処理されている場合、最高中大度が任意のインシデント レポートに含まれます。

送信者の上書き情報: 送信者がポリシー ヒントを上書きした場合の上書き。 送信者が理由を提示した場合、理由の最初の 100 文字も含まれます。

一致する ルール: メッセージがトリガーしたルールの一覧。

誤検知レポート: 送信者がポリシー ヒントの誤検知としてメッセージをマークした場合の誤検知。

検出されたデータ分類: メッセージで検出された機密情報の種類の一覧。

一致する コンテンツ: 検出された機密情報の種類、メッセージの完全に一致するコンテンツ、および一致する機密情報の前と後の 150 文字。

元のメール: ルールをトリガーしたメッセージ全体がインシデント レポートに添付されます。

Exchange 管理シェル において、複数の値をコンマで区切って指定します。
MessageClassification 単一のメッセージ分類オブジェクト EAC で、使用可能なメッセージの分類の一覧から選択します。

Exchange 管理シェル 内では、 Get-MessageClassification コマンドレットを使用して利用可能なメッセージ分類オブジェクトを確認します。
MessageHeaderField 単一の文字列 追加、削除、または変更する SMTP メッセージ ヘッダーを指定します。

メッセージ ヘッダー は、メッセージの必須および省略可能のヘッダー フィールドの集合です。 ヘッダー フィールドの例は ToFromReceived 、および Content-Type です。 公式のヘッダー フィールドは RFC 5322 で定義されています。 非公式のヘッダー フィールドは X- で始まる 、X-header と呼ばれる
NotificationMessageText プレーン テキスト、HTML タグ、およびキーワードの任意の組み合わせ 受信者の通知メッセージで使用するテキストを指定します。

プレーン テキスト、HTML タグだけでなく、元のメッセージからの値を使用する次のキーワードを指定できます。
%%From%%
%%To%%
%%Cc%%
%%Subject%%
%%Headers%%
%%MessageDate%%
NotifySenderType 以下のどちらかの値 :
送信者に通知するが、送信を許可 する ( NotifyOnly )
メッセージをブロックする ( RejectMessage )
• 誤検知 ( ) の場合を指定しない 限り、メッセージをブロックする RejectUnlessFalsePositiveOverride
メッセージをブロックするが、送信者が上書きして 送信を許可する ( RejectUnlessSilentOverride )
メッセージをブロックしますが、送信者 がビジネス上の正当性を持つ上書きを許可して送信する ( RejectUnlessExplicitOverride )
メッセージが DLP ポリシーに違反する場合、送信者が受信するポリシー ヒントの種類を指定します。次のリストで設定を説明します。

[送信者に通知するが、送信を許可する] 送信者が通知されるが、メッセージは通常どおり送信されます。

[メッセージをブロックする] メッセージは拒否され、送信者に通知されます。

[誤検出以外、メッセージをブロックする] 送信者により誤検出とマークされていない限り、メッセージを拒否します。

[メッセージをブロックするが、送信者に上書きと送信を許可する] 送信者がポリシー規制を上書きする選択をしない限り、メッセージを拒否します。

[メッセージをブロックするが、送信者が業務上の理由を示して上書きし、送信することを許可する これは [メッセージをブロックするが、送信者に上書きと送信を許可する タイプと似ていますが、送信者はポリシー規制を上書きする理由も提示します。

このアクションを使用する場合は、[メッセージに機密情報が含まれる] (MessageContainsDataClassification) 条件を使用する必要があります。
RMSTemplate 単一 RMS テンプレート オブジェクト メッセージに適用された Rights Management Services (RMS) テンプレートを指定します。

EAC では、リストから RMS テンプレートを選択します。

Exchange 管理シェル では、 Get-RMSTemplate コマンドレットを使用して利用可能な RMS テンプレートを参照してください。

RMS では Exchange Enterprise クライアント アクセス ライセンス (CALs) が、各メールボックス毎必要になります。 DLL の詳細については、「ライセンスに関するよくあるExchangeを参照してください
SCLValue 以下のどちらかの値 :
スパム フィルターのバイパス ( -1 )
• 整数 0 ~ 9
メッセージに割り当てられた spam confidence level (SCL) を指定します。SCL 値が高いほど、メッセージがスパムである可能性が高くなります。
String 単一の文字列 指定されたメッセージのヘッダー フィールド、NDR、またはイベント ログ エントリに適用されているテキストを指定します。

Exchange 管理シェル において、値がスペースを含む場合、値を二重引用符 (") で囲んでください。

詳細情報

メール フロー ルールの条件と例外 (述語) Exchange Server