Exchange Server 2013 の POP3 および IMAP4POP3 and IMAP4 in Exchange Server 2013

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Exchange Server 2013 の POP3 プロトコルと IMAP4 プロトコルの相違点と、さまざまな電子メールプログラムから Exchange 2013 メールボックスにアクセスするためのオプションを構成する方法について説明します。Learn about the differences between POP3 and IMAP4 protocols in Exchange Server 2013 and how to configure options to access Exchange 2013 mailboxes from various email programs.

既定では、POP3 と IMAP4 は Exchange Server 2013 で無効になっています。By default, POP3 and IMAP4 are disabled in Exchange Server 2013. 引き続きこれらのプロトコルに依存する POP3 クライアントをサポートするには、2つの POP3 サービスを開始する必要があります。これは、Microsoft Exchange POP3 サービスと Microsoft Exchange POP3 バックエンドサービスの2つです。To support POP3 clients that still rely on these protocols, you need to start two POP3 services: the Microsoft Exchange POP3 service and the Microsoft Exchange POP3 Backend service. 引き続きこれらのプロトコルに依存する IMAP4 クライアントをサポートするには、Microsoft Exchange IMAP4 サービスと Microsoft Exchange IMAP4 バックエンドサービスの2つの IMAP4 サービスを開始する必要があります。To support IMAP4 clients that still rely on these protocols, you need to start two IMAP4 services: the Microsoft Exchange IMAP4 service and the Microsoft Exchange IMAP4 Backend service.

POP3 および IMAP4 サービスを有効にするための詳細な手順については、「exchange 2013 で pop3 を有効にする」および「 EXCHANGE 2013 で IMAP4 を有効にする」を参照してください。For detailed steps for enabling the POP3 and IMAP4 services, see Enable POP3 in Exchange 2013 and Enable IMAP4 in Exchange 2013.

既定では、Exchange 2013 を実行しているコンピューター上のメールボックスを持つユーザーは、Outlook または Outlook Web App、Exchange ActiveSync、または Outlook Voice Access を使用して自分のメールボックスにアクセスできます。By default, users who have mailboxes on computers that are running Exchange 2013 can access their mailboxes by using Outlook or Outlook Web App, Exchange ActiveSync, or Outlook Voice Access. Outlook、Outlook Web App、および Outlook Voice Access により、メールユーザーは Exchange 2016 サーバー上にメールボックスを持つユーザーが使用できる包括的な機能セットを使用できるようになります。Outlook, Outlook Web App, and Outlook Voice Access enable your email users to use the comprehensive set of features that are available to users who have mailboxes on Exchange 2016 servers.

POP3 および IMAP4 の機能の概要Overview of POP3 and IMAP4 functionality

このセクションでは、Exchange 2013 の POP3 および IMAP4 の機能について説明します。This section describes the POP3 and IMAP4 functionality for Exchange 2013.

POP3 および IMAP4 プロトコルには、次の利点と制限があります。The POP3 and IMAP4 protocols have the following benefits and limitations:

  • Pop3: pop3 は、オフラインメール処理をサポートするように設計されています。POP3: POP3 was designed to support offline mail processing. POP3 では、電子メールメッセージはサーバーから削除され、クライアントがサーバー上にメールを残すように設定されていない限り、ローカル POP3 クライアントに格納されます。With POP3, email messages are removed from the server and stored on the local POP3 client unless the client has been set to leave mail on the server. これにより、ユーザーはデータ管理とセキュリティの責任を負うことになります。This puts the data management and security responsibility in the hands of the user. POP3 では、予定表、連絡先、タスクなどの高度なコラボレーション機能は提供されません。POP3 doesn't offer advanced collaboration features such as calendaring, contacts, and tasks.

  • Imap4: imap4 ではオフラインとオンラインのアクセスが提供されますが、POP3 と同様に、予定表、連絡先、タスクなどの高度なコラボレーション機能は提供されません。IMAP4: IMAP4 offers offline and online access but, like POP3, IMAP4 doesn't offer advanced collaboration features such as calendaring, contacts, and tasks.

POP3 および IMAP4 の電子メールアプリケーションでは、電子メールサーバーにメッセージを送信するために POP3 および IMAP4 を使用しません。メッセージを送信するには、SMTP プロトコルに依存します。POP3 and IMAP4 email applications don't use POP3 and IMAP4 to send messages to the email server; they rely on the SMTP protocol to send messages. POP3 または IMAP4 を使用するクライアントアプリケーションからの電子メール送信を受信するコネクタは、Exchange のインストール時に自動的に作成されます。The connector for receiving email submissions from client applications that use POP3 or IMAP4 is created automatically when you install Exchange. コネクタの詳細については、「受信コネクタ」を参照してください。For more information about connectors, see Receive connectors.

注意

ユーザーが POP または IMAP ベースの電子メールプログラムを使用して Office 365 メールを開くたびに、数秒の遅延が発生することがあります。Each time a user uses a POP or IMAP based email program to open their Office 365 email, they may experience a delay of several seconds. この遅延は、認証に追加のホップを導入するプロキシサーバーによって発生します。The delay is caused by a proxy server, which introduces an additional hop for authentication. プロキシサーバーは最初に、割り当てられた pod サーバー (クライアントアクセスサーバー) を検索し、それに対して認証を行います。The proxy server first looks up the assigned pod server (Client Access server), and then authenticates against that.

POP3 および IMAP4 のクロスサイト接続POP3 and IMAP4 cross-site connectivity

以前のバージョンの Exchange では、メールボックスが組織内の別のサイトに配置されている場合、POP3 および IMAP4 クライアントが組織内の1つのサイトから自分のメールに接続できるようにするために、手動による構成手順を実行する必要がありました。In earlier versions of Exchange, you had to perform a manual configuration step to allow your POP3 and IMAP4 clients to connect to their mail from one site in your organization when their mailbox was located in a different site in your organization. 既定では、Exchange 2013 は、1つのサイトのクライアントアクセスサーバーから適切なサーバーへのプロキシを自動的に設定します。By default, Exchange 2013 automatically proxies from a Client Access server in one site to the correct server.

POP3 および IMAP4 で標準以外のアカウントを使用するUse non-standard accounts with POP3 and IMAP4

匿名アカウントまたはゲストアカウントを使用して、POP3 または IMAP4 経由で Exchange 2016 メールボックスにサインインすることはできません。You can't use an Anonymous account or Guest account to sign in to an Exchange 2016 mailbox through POP3 or IMAP4. POP3 および IMAP4 のアクセスに標準以外のアカウントを使用する場合、セキュリティの脆弱性が原因で匿名アカウントがブロックされます。Anonymous accounts are blocked because of security vulnerabilities when you use non-standard accounts for POP3 and IMAP4 access. また、POP3 または IMAP4 を介して管理者メールボックスに接続することはできません。Additionally, you can't connect to the Administrator mailbox through POP3 or IMAP4. この制限は、管理者メールボックスのセキュリティを強化するために、Exchange 2013 に意図的に含まれていました。This limitation was included intentionally in Exchange 2013 to enhance security for the Administrator mailbox. 管理者メールボックスにアクセスするには、Outlook または Outlook Web App を使用する必要があります。To access the Administrator mailbox, you must use Outlook or Outlook Web App.

POP3 と IMAP4 の違いについてUnderstand the differences between POP3 and IMAP4

Pop3: pop3 は、よく使用される電子メールインターネットプロトコルです。POP3: POP3 is a frequently used email Internet protocol. 既定では、POP3 電子メールアプリケーションが電子メールメッセージをクライアントコンピューターにダウンロードすると、ダウンロードしたメッセージはサーバーから削除されます。By default, when POP3 email applications download email messages to a client computer, the downloaded messages are removed from the server. ユーザーの電子メールのコピーが電子メール サーバー上に保持されていないと、ユーザーは複数のコンピューターから同じ電子メール メッセージにアクセスすることはできません。When a copy of your user's email isn't kept on the email server, the user can't access the same email messages from multiple computers. ただし、他のコンピューターから同じ電子メールメッセージにアクセスできるように、一部の POP3 電子メールアプリケーションは、サーバー上にメッセージのコピーを保持するように構成できます。However, some POP3 email applications can be configured to keep copies of the messages on the server so that the same email messages can be accessed from another computer. POP3 クライアントアプリケーションは、電子メールサーバーからクライアントコンピューター上の1つのフォルダー (通常は受信トレイ) にメッセージをダウンロードする場合にのみ使用できます。POP3 client applications can only be used to download messages from the email server to a single folder (usually the Inbox) on the client computer. POP3 プロトコルは、電子メールサーバー上の複数のフォルダーとクライアントコンピューター上の複数のフォルダーを同期させることはできません。The POP3 protocol can't synchronize multiple folders on the email server with multiple folders on the client computer.

Imap4: imap4 を使用する電子メールクライアントアプリケーションの柔軟性が高く、通常、POP3 を使用する電子メールクライアントアプリケーションよりも多くの機能を提供します。IMAP4: Email client applications that use IMAP4 are more flexible and generally offer more features than email client applications that use POP3. 既定では、IMAP4 電子メールアプリケーションが電子メールメッセージをクライアントコンピューターにダウンロードすると、ダウンロードされたメッセージのコピーが電子メールサーバーに残ります。By default, when IMAP4 email applications download email messages to a client computer, a copy of downloaded messages remains on the email server. ユーザーの電子メール メッセージのコピーが電子メール サーバー上に保持されるため、ユーザーは複数のコンピューターから同じ電子メール メッセージにアクセスできます。Because a copy of the user's email message is kept on the email server, the user can access the same email message from multiple computers. IMAP4 電子メールによって、ユーザーは電子メール サーバーに複数の電子メール フォルダーを作成でき、そのフォルダーにアクセスできます。With IMAP4 email, the user can access and create multiple email folders on the email server. ユーザーは、複数の場所にあるコンピューターからサーバー上のすべてのメッセージにアクセスできます。Users can then access any of their messages on the server from computers in multiple locations. たとえば、ほとんどの IMAP4 アプリケーションは、ユーザーの送信済みアイテムのコピーをサーバーに保持するように構成できます。これにより、他のコンピューターから送信されたアイテムを表示することができます。For example, most IMAP4 applications can be configured to keep a copy of a user's sent items on the server so that they can view their sent items from any other computer. IMAP4 では、大部分の IMAP4 アプリケーションでサポートされている追加機能がサポートされています。IMAP4 supports additional features that are supported by most IMAP4 applications. たとえば、一部の IMAP4 アプリケーションには、ユーザーがサーバー上の電子メールメッセージのヘッダーのみを表示する (メッセージの送信者と件名) ことができるようにする機能が含まれています。その後、閲覧するメッセージのみをダウンロードします。For example, some IMAP4 applications include a feature that lets the user view only the headers of their email messages on the server (who the message is from and the subject) and then download only the messages that they want to read. IMAP4 では、パブリックフォルダーへのアクセスもサポートされていません。IMAP4 also doesn't support public folder access.

注意

IMAP4 および POP3 クライアントは、Exchange の予定表情報へのアクセスが制限されています。IMAP4 and POP3 clients have limited access to calendar information for Exchange. 詳細については、「POP3 の予定表オプションを構成する」および「IMAP4 の予定表オプションを構成する」を参照してください。For more information, see Configure calendar options for POP3 and Configure calendar options for IMAP4.

POP3 および IMAP4 電子メールアプリケーションの送受信オプションSend and receive options for POP3 and IMAP4 email applications

POP3 および IMAP4 の電子メールアプリケーションを使用すると、ユーザーは電子メールを送受信するためにサーバーに接続するかどうかを選択できます。POP3 and IMAP4 email applications let users choose when they want to connect to the server to send and receive email. このセクションでは、最も一般的な接続オプションのいくつかについて説明します。また、POP3 および IMAP4 の電子メールアプリケーションで利用可能な接続オプションを選択するときに考慮する必要があるいくつかの要素についても説明します。This section discusses some of the most common connectivity options and also provides some factors your users should consider when they select connection options available in their POP3 and IMAP4 email applications.

一般的な構成設定Common configuration settings

以下に、POP3 または IMAP4 クライアント アプリケーションで設定できる最も一般的な 3 つの接続設定を示します。Three of the most common connection settings that can be set on the POP3 or IMAP4 client application are:

  • 電子メールアプリケーションが開始されるたびにメッセージを送受信します。Send and receive messages every time the email application is started. このオプションを使用すると、ユーザーが電子メールアプリケーションを起動したときにのみメールが送受信されます。When this option is used, mail is only sent and received when the user starts the email application.

  • メッセージを手動で送受信します。Send and receive messages manually. このオプションを使用すると、ユーザーがクライアントユーザーインターフェイスで [送受信] オプションをクリックしたときにのみメッセージが送受信されます。When this option is used, messages are only sent and received when the user clicks a "send and receive" option in the client user interface.

  • 指定した時間間隔でメッセージを送受信します。Send and receive messages every set number of minutes. ユーザーがこのオプションを設定すると、設定した時間間隔でクライアントアプリケーションがサーバーに接続し、メッセージの送信と新しいメッセージのダウンロードを行います。When the user sets this option, the client application connects to the server every set number of minutes to send messages and download any new messages.

使用する電子メールアプリケーションに対してこれらの設定を構成する方法については、それぞれの電子メールアプリケーションで提供されているヘルプドキュメントを参照してください。For information about how to configure these settings for the email application that you use, see the Help documentation that's provided with the respective email application.

送信/受信オプションを設定するときの考慮事項Considerations when setting send/receive options

POP3 または IMAP4 電子メールアプリケーションを実行しているデバイスまたはコンピューターが常にインターネットに接続されている場合、ユーザーはメールアプリケーションを構成して、設定した時間ごとにメッセージを送受信できるようにする必要があります。If the device or computer that's running the POP3 or IMAP4 email application is always connected to the Internet, users may want to configure their email application to send and receive messages every set number of minutes. サーバーに頻繁に接続することにより、ユーザーは、サーバー上の最新情報を使用して電子メールアプリケーションを最新の状態に保つことができます。Connecting to the server at frequent intervals lets the user keep their email application up-to-date with the most current information on the server. ただし、POP3 または IMAP4 電子メールアプリケーションを実行しているデバイスやコンピューターが常にインターネットに接続されていない場合は、メッセージを手動で送受信するように電子メールアプリケーションを構成することをお勧めします。However, if the device or computer that's running the POP3 or IMAP4 email application isn't always connected to the Internet, the user may want to configure the email application to send and receive messages manually.

注意

ユーザーが IMAP4 IDLE コマンドをサポートする IMAP4 準拠の電子メールアプリケーションを使用している場合、ユーザーはほぼリアルタイムで Exchange メールボックスに対して電子メールを送信し、電子メールを受信することができます。If the user is using an IMAP4-compliant email application that supports the IMAP4 IDLE command, the user may be able to send email to and receive email from their Exchange mailbox in near real time. この接続方法が動作するためには、電子メール サーバー アプリケーションとクライアント アプリケーションの両方が IMAP4 IDLE コマンドをサポートしている必要があります。For this connection method to work, both the email server application and the client application must support the IMAP4 IDLE command. ほとんどの場合、ユーザーは、この接続方法を使用するように IMAP4 アプリケーションの設定を構成する必要はありません。In most cases, users don't have to configure any settings in their IMAP4 application to use this connection method.

POP3 および IMAP4 アプリケーションPOP3 and IMAP4 applications

Exchange 2013 は POP3 および IMAP4 をサポートしているため、ユーザーは POP3 および IMAP4 クライアントアプリケーションをサポートする任意のアプリケーションを使用して、Exchange 2013 に接続することができます。Because Exchange 2013 supports POP3 and IMAP4, users can use any applications that support POP3 and IMAP4 client applications to connect to Exchange 2013. これらのアプリケーションには、Outlook、Outlook Web App、Windows Live メール、Outlook Express、Entourage、および Gmail、Mozilla Thunderbird、Eudora などの多くのサードパーティアプリケーションがあります。These applications include Outlook, Outlook Web App, Windows Live Mail, Outlook Express, Entourage, and many third-party applications such as Gmail, Mozilla Thunderbird and Eudora. 各電子メールクライアントアプリケーションでサポートされている機能はさまざまです。The features supported by each email client applications vary. 特定の POP3 および IMAP4 クライアントアプリケーションによって提供される特定の機能の詳細については、各アプリケーションに含まれているドキュメントを参照してください。For information about the specific features offered by specific POP3 and IMAP4 client applications, see the documentation that's included with each application.

Exchange 2013 メールボックスへの POP3 または IMAP4 アクセスを構成するためのユーザー設定User settings to configure POP3 or IMAP4 access to their Exchange 2013 mailboxes

POP3 および IMAP4 のクライアントアクセスを有効にした後、ユーザーに対して、電子メールプログラムを Exchange 2016 メールボックスに接続するために必要な情報を提供する必要があります。After you enable POP3 and IMAP4 client access, you need to give users the information they'll need to connect their email programs to their Exchange 2016 mailbox.

企業ネットワーク内から接続するには、ユーザーに次の情報が必要です。To connect from inside the corporate network, users will need the following information:

  • 内部 POP3 または IMAP4 サーバー名Internal POP3 or IMAP4 server name

  • 内部 POP3 または IMAP4 ポート番号Internal POP3 or IMAP4 port number

  • 内部 POP3 または IMAP4 の暗号化方法Internal POP3 or IMAP4 encryption method

  • 内部 SMTP (送信サーバー) 名Internal SMTP (outgoing server) name

  • 内部 SMTP (送信サーバー) のポート番号Internal SMTP (outgoing server) port number

  • 内部 SMTP (送信サーバー) の暗号化方法Internal SMTP (outgoing server) encryption method

インターネットから接続するには、次の情報が必要になります。To connect from the Internet, they'll need the following information:

  • 外部 POP3 または IMAP4 サーバー名External POP3 or IMAP4 server name

  • 外部 POP3 または IMAP4 ポート番号External POP3 or IMAP4 port number

  • 外部 POP3 または IMAP4 の暗号化方法External POP3 or IMAP4 encryption method

  • 外部 SMTP (送信サーバー) 名External SMTP (outgoing server) name

  • 外部 SMTP (送信サーバー) のポート番号External SMTP (outgoing server) port number

  • 外部 SMTP (送信サーバー) の暗号化方法External SMTP (outgoing server) encryption method

これらの設定は、電子メールやその他の手動による通信方法でユーザーが使用できるようにすることができます。You can make these settings available to your users through email or other manual communication methods. また、ユーザーが Outlook Web App を使用して自分の設定を参照できるように Exchange を構成することもできます。You can also configure Exchange so that your users can use Outlook Web App to look up their own settings.

ユーザーが POP3、IMAP4、および SMTP サーバーの設定を参照できるように Exchange を構成するConfigure Exchange so users can look up their POP3, IMAP4, and SMTP server settings

既定では、ユーザーは Outlook Web App を使用して POP3、IMAP4、および SMTP サーバーの設定を参照することはできません。By default, users can't look up their POP3, IMAP4, and SMTP server settings through Outlook Web App. ユーザーがこれを行うことができるようにするには、 set-imapsettingsコマンドレットを使用する必要があります。To allow your users to do this, you need to use the Set-PopSettings and Set-ImapSettings cmdlets. ユーザーが SMTP (送信) サーバーの設定を参照できるようにするには、 set-receiveconnectorコマンドレットを使用する必要があります。To allow your users to look up their SMTP (outgoing) server settings, you must use the Set-ReceiveConnector cmdlet.

ユーザーが自分の POP3、IMAP4、および SMTP 設定を参照できるようにするには、次の手順を実行します。Do the following to allow users to look up their own POP3, IMAP4, and SMTP settings:

  • POP3 設定: externalconnectionsettingsパラメーターを指定して、 Set-popsettingsコマンドレットを実行します。POP3 settings: Run the Set-POPSettings cmdlet with the ExternalConnectionSettings parameter. 形式Set-POPSettings -ExternalConnectionSetting {<FQDN>:995:SSL}を使用します。Use the format Set-POPSettings -ExternalConnectionSetting {<FQDN>:995:SSL}. たとえば、FQDN Dublin01.Contoso.com Set-PopSettings -ExternalConnectionSetting {Dublin01.Contoso.com:995:SSL}を使用してサーバーを経由して接続するクライアントが独自の POP 設定を参照できるようにする場合に、を実行します。For example, run Set-PopSettings -ExternalConnectionSetting {Dublin01.Contoso.com:995:SSL} if you want clients that connect through the server with FQDN Dublin01.Contoso.com to be able to look up their own POP settings.

    この設定を適用した後、IIS を再起動する必要があります。You must restart IIS after applying this setting.

  • IMAP4 設定: externalconnectionsettingsパラメーターを指定してset-imapsettingsコマンドレットを実行します。IMAP4 settings: Run the Set-IMAPSettings cmdlet with the ExternalConnectionSettings parameter. 形式Set-ImapSettings -ExternalConnectionSetting {<FQDN>:993:SSL}を使用します。Use the format Set-ImapSettings -ExternalConnectionSetting {<FQDN>:993:SSL}. たとえば、FQDN Dublin01.Contoso.com Set-IMAPSettings -ExternalConnectionSetting {Dublin01.Contoso.com:993:SSL}を使用してサーバーを介して接続するクライアントが自分の IMAP 設定を参照できるようにする場合に、を実行します。For example, run Set-IMAPSettings -ExternalConnectionSetting {Dublin01.Contoso.com:993:SSL} if you want clients that connect through the server with FQDN Dublin01.Contoso.com to be able to look up their own IMAP setting.

    この設定を適用した後、IIS を再起動する必要があります。You must restart IIS after applying this setting.

  • SMTP 設定: AdvertiseClientSettingsパラメーターを指定してset-receiveconnectorコマンドレットを実行します。SMTP settings: Run the Set-ReceiveConnector cmdlet with the AdvertiseClientSettings parameter. 形式Set-ReceiveConnector "Client Frontend <Server Name>" -AdvertiseClientSettings $True -FQDN <FQDN>を使用します。Use the format Set-ReceiveConnector "Client Frontend <Server Name>" -AdvertiseClientSettings $True -FQDN <FQDN>. たとえば、FQDN Dublin01.Contoso.com Set-ReceiveConnector "Client Frontend <Server Name>" -AdvertiseClientSettings $True -FQDN Dublin01.Contoso.comを使用してサーバーを介して接続するクライアントに、自身の SMTP 設定を参照できるようにする場合に実行します。For example, run Set-ReceiveConnector "Client Frontend <Server Name>" -AdvertiseClientSettings $True -FQDN Dublin01.Contoso.com if you want clients that connect through the server with FQDN Dublin01.Contoso.com to be able to look up their own SMTP setting.

    この設定を適用した後、IIS を再起動する必要があります。You must restart IIS after applying this setting.

Set-imapsettingsおよびset-receiveconnectorコマンドレットを実行して既定の設定を変更した後、ユーザーは Outlook Web App で外部 POP、IMAP、および SMTP サーバーの設定を参照できます。そのためには、[設定 > オプション] > **** >の [ > pop または IMAP アクセスのアカウント設定] をクリックします。After you change your default settings by running the Set-POPSettings, Set-IMAPSettings, and Set-ReceiveConnector cmdlets, your users can look up their external POP, IMAP, and SMTP server settings in Outlook Web App by clicking Settings > Options > Account > My account > Settings for POP or IMAP access.

サーバーにメッセージのコピーを置くLeave a copy of messages on the server

一部の電子メールプログラムの既定の設定では、メッセージを取得した後、サーバー上のメッセージを削除します。The default setting on some email programs is to remove the messages on the server after they're retrieved. クライアントがサーバー上で取得するすべてのメッセージのコピーを保持するように、ユーザーがメールプログラムを設定することをお勧めします。Be sure to recommend that your users set up their email program to keep a copy of all messages the client retrieves on the server. サーバーにメッセージのコピーを保持することにより、ユーザーは別の電子メールプログラムからメッセージにアクセスできます。By keeping a copy of messages on the server, your users can access their messages from a different email program.