Active Directory とドメインを準備するPrepare Active Directory and domains

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Microsoft Exchange Server 2013 をインストールする前に、Active Directory フォレストとそのドメインを準備する必要があります。Before you install Microsoft Exchange Server 2013, you need to prepare your Active Directory forest and its domains. Exchange では、ユーザーのメールボックスおよび組織内の Exchange サーバーの構成に関する情報を格納できるように Active Directory を準備する必要があります。Exchange needs to prepare Active Directory so that it can store information about your users' mailboxes and the configuration of Exchange servers in the organization. Active Directory フォレストまたはドメインについてあまり理解していない場合、「Active Directory ドメイン サービスの概要」を参照してください。If you aren't familiar with Active Directory forests or domains, check out Active Directory Domain Services Overview.

注意

お客様の環境に Exchange を初めてインストールする場合でも、以前のバージョンの Exchange Server を既に実行している場合でも、Active Directory for Exchange 2013 を準備する必要があります。Whether this is the first installation of Exchange in your environment, or you already have earlier versions of Exchange Server running, you need to prepare Active Directory for Exchange 2013. サービスパック (SPs) と累積更新プログラム (Cu) によって行われたものを含む、Exchange 2013 が Active Directory に追加する新しいスキーマクラスと属性の詳細については、「 exchange 2013 Active directory スキーマの変更点」を参照してください。You can see Exchange 2013 Active Directory schema changes for details on new schema classes and attributes that Exchange 2013 adds to Active Directory, including those made by Service Packs (SPs) and Cumulative Updates (CUs).

Exchange の Active Directory を準備する方法はいくつかあります。There are a couple of ways you can prepare Active Directory for Exchange. 最初の方法は、Exchange 2013 セットアップウィザードを使用して実行できるようにすることです。The first is to let the Exchange 2013 Setup wizard do it for you. 規模の大きい Active Directory が展開されておらず、Active Directory を管理する独立したチームが存在しない場合、このウィザードを使用することをお勧めします。If you don't have a large Active Directory deployment, and you don't have a separate team that manages Active Directory, we recommend using the wizard. 使用するアカウントは Schema Admins と Enterprise Admins の両方のセキュリティ グループのメンバーである必要があります。The account you use will need to be a member of both the Schema Admins and Enterprise Admins security groups. セットアップウィザードの使用方法の詳細については、「セットアップウィザードを使用して Exchange 2013 をインストールする」を参照してください。For more information about how to use the Setup wizard, check out Install Exchange 2013 using the Setup wizard.

規模の大きい Active Directory を展開しているか、または独立したチームが Active Directory を管理している場合、このトピックが役立ちます。このトピックの続く手順を使用すれば、準備の各段階は非常に制御しやすくなります。また、だれが各手順を実行できるかも示されています。たとえば、Exchange の管理者には、Active Directory スキーマを拡張するために必要なアクセス許可がない場合があります。If you have a large Active Directory deployment, or if a separate team manages Active Directory, this topic is for you. Following the steps in this topic gives you much more control over each stage of preparation, and who can do each step. For example, Exchange administrators might not have the permissions needed to extend the Active Directory schema.

事前に必要な知識What do you need to know before you begin?

1.1. Active Directory スキーマを拡張するExtend the Active Directory schema

2.2. Active Directory の準備Prepare Active Directory

3.3. Active Directory ドメインを準備するPrepare Active Directory domains

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

Exchange 用に Active Directory を準備しているときに何が起きているのでしょうか。Curious about what's happening when Active Directory is being prepared for Exchange? Exchange 2013 をインストールしたときの Active Directory の変更内容」を参照してください。Check out What changes in Active Directory when Exchange 2013 is installed?

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間: 10 ~ 15 分またはそれ以上 (Active Directory レプリケーションを含みません) で、組織の規模や子ドメインの数によって変わります。Estimated time to complete: 10-15 minutes or more (not including Active Directory replication), depending on organization size and the number of child domains.

  • これらの手順を実行するために使用するコンピューターは、 Exchange 2013 のシステム要件を満たす必要があります。The computer you use to run these steps needs to meet the Exchange 2013 system requirements. また、Active Directory フォレストは、「 Exchange 2013 のシステム要件」の「ネットワークおよびディレクトリサーバー」セクションの要件を満たす必要があります。Also, your Active Directory forest needs to meet the requirements in the "Network and directory servers" section in Exchange 2013 system requirements.

  • 組織に複数の Active Directory ドメインが存在している場合、以下のこと行うようお勧めします。If your organization has multiple Active Directory domains, we recommend the following:

    • すべてのドメインについて、Active Directory サーバーが存在する Active Directory サイトから以下の手順を実行します。Do the steps below from an Active Directory site that has an Active Directory server from every domain.

    • すべてのドメインについて、書き込み可能なグローバル カタログ サーバーを使用して Active Directory サイトに最初の Exchange サーバーをインストールします。Install the first Exchange server in an Active Directory site with a writeable global catalog server from every domain.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

1.1. Active Directory スキーマを拡張するExtend the Active Directory schema

Exchange 2013 のために組織を準備する最初の手順は、Active Directory スキーマを拡張することです。The first step in getting your organization ready for Exchange 2013 is to extend the Active Directory schema. Exchange は多くの情報を Active Directory に格納しますが、それを行うには、事前にクラス、属性、その他のアイテムの追加と更新が必要です。Exchange stores a lot of information in Active Directory but before it can do that, it needs to add and update classes, attributes, and other items. スキーマの拡張時に変更された機能について知りたい場合は、「 Exchange 2013 Active Directory スキーマの変更点」を参照してください。If you're curious about what's changed when your schema is extended, check out Exchange 2013 Active Directory schema changes.

スキーマを拡張する前に、以下の点に注意してください。Before you extend your schema, there are a few things to keep in mind:

  • ログインするアカウントは Schema Admins と Enterprise Admins のセキュリティ グループのメンバーである必要があります。The account you're logged in as needs to be a member of the Schema Admins and Enterprise Admins security groups.

  • スキーマを拡張するためにコマンドを実行するコンピューターは、スキーマ マスターと同じ Active Directory ドメインおよびサイトに配置する必要があります。The computer where you'll run the command to extend the schema needs to be in the same Active Directory domain and site as the schema master.

  • DomainControllerパラメーターを使用する場合は、スキーママスターであるドメインコントローラーの名前を使用していることを確認してください。If you use the DomainController parameter, make sure to use the name of the domain controller that's the schema master.

  • Exchange のスキーマを拡張する唯一の方法は、このトピックの手順を使用するか、Exchange 2013 セットアップを使用することです。The only way to extend the schema for Exchange is to use the steps in this topic or use Exchange 2013 Setup. その他のスキーマを拡張する方法はサポートされていません。Other ways of extending the schema aren't supported.

ヒント

Active Directory スキーマを管理する独立したチームが存在しない場合は、この手順を省略して手順2に直接進むことができます。If you don't have a separate team that manages your Active Directory schema, you can skip this step and go directly to Step 2. Active Directory を準備します。Prepare Active Directory. 手順 1 でスキーマが拡張されない場合、手順 2 のコマンドでスキーマを拡張します。If the schema isn't extended in step 1, the commands in step 2 will extend the schema for you. 手順 1 を省略する場合でも、上記の注意事項の情報は適用されます。If you decide to skip step 1, the information you need to keep in mind above still applies.

準備が整ったら、以下の手順を実行して Active Directory スキーマを拡張します。複数の Active Directory フォレストが存在する場合、適切なフォレストにログインしていることを確認してください。When you're ready, do the following to extend your Active Directory schema. If you have multiple Active Directory forests, make sure you're logged into the right one.

  1. コンピューターで Exchange 2013 セットアッププログラムを実行する準備ができていることを確認します。Make sure the computer is ready to run Exchange 2013 Setup. セットアップを実行するために必要なことを確認するには、「 Exchange 2013 の前提条件」の「 Active Directory の準備」セクションを参照してください。To see what you need to run Setup, check out the Active Directory preparation section in Exchange 2013 prerequisites.

  2. Windows のコマンド プロンプト ウィンドウを開き、Exchange インストール ファイルをダウンロードした場所に移動します。Open a Windows Command Prompt window and go to where you downloaded the Exchange installation files.

  3. 次のコマンドを実行して、スキーマを拡張します。Run the following command to extend the schema.

    Setup.exe /PrepareSchema /IAcceptExchangeServerLicenseTerms
    

セットアップでスキーマの拡張が終了したら、Active Directory が変更をすべてのドメイン コントローラーにレプリケートするまで待機している必要があります。After Setup finishes extending the schema, you'll need to wait while Active Directory replicates the changes to all of your domain controllers. レプリケーションの進行状況を確認するには、 repadminツールを使用します。If you want to check on how replication is going, you can use the repadmin tool. Repadminは、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、および Windows Server 2008 R2 の Active Directory ドメインサービスツール機能の一部として含まれています。Repadmin is included as part of the Active Directory Domain Services Tools feature in Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, and Windows Server 2008 R2. repadmin の使用方法の詳細については、「 Repadmin」を参照してください。For more information about how to use it, see Repadmin.

2.2. Active Directory の準備Prepare Active Directory

Active directory スキーマが拡張されたので、Exchange 2013 用の Active Directory のその他の部分を準備することができます。Now that the Active Directory schema has been extended, you can prepare other parts of Active Directory for Exchange 2013. この手順では、Exchange は情報を格納するために使用するコンテナー、オブジェクト、およびその他の Active Directory 内のアイテムを作成します。During this step, Exchange will create containers, objects, and other items in Active Directory that it'll use to store information. Exchange のすべてのコンテナー、オブジェクト、属性などのコレクションは、 exchange 組織と呼ばれます。The collection of all of the Exchange containers, objects, attributes, and so on, is called the Exchange organization.

Exchange 用の Active Directory を準備する前に、以下の点に注意してください。Before you prepare Active Directory for Exchange, there are a few things to keep in mind:

  • ログインするアカウントは Enterprise Admins セキュリティ グループのメンバーである必要があります。The account you're logged in as needs to be a member of the Enterprise Admins security group. PrepareADコマンドでスキーマを拡張するために手順1を省略した場合は、使用するアカウントが schema Admins セキュリティグループのメンバーである必要もあります。If you skipped step 1 because you want the PrepareAD command to extend the schema, the account you use also needs to be a member of the Schema Admins security group.

  • コマンドを実行するコンピューターは、スキーマ マスターと同じ Active Directory ドメインおよびサイトに配置する必要があります。また、TCP ポート 389 上でフォレストのすべてのドメインと通信する必要もあります。The computer where you'll run the command needs to be in the same Active Directory domain and site as the schema master. It'll also need to contact all of the domains in the forest on TCP port 389.

  • 手順 1 で加えた変更をすべてのドメイン コントローラーに Active Directory がレプリケートするまで、この手順を開始しないでください。Wait until Active Directory has replicated the changes made in step 1 to all of your domain controllers before you do this step.

Exchange 用の Active Directory を準備するため以下のコマンドを実行する際、Exchange 組織に名前を付ける必要があります。この名前は Exchange によって内部的に使用され、通常、ユーザーには表示されません。多くの場合、Exchange をインストールする会社の名前がこの組織名に使用されます。使用する名前は、Exchange の機能に影響することも、電子メールに使用する事柄を決定することもありません。以下の注意点に従う限り、これには任意の名前を指定できます。When you run the command below to prepare Active Directory for Exchange, you'll need to name the Exchange organization. This name is used internally by Exchange and isn't normally seen by users. The name of the company where Exchange is being installed is often used for the organization name. The name you use won't affect the functionality of Exchange or determine what you can use for email addresses. You can name it anything you want, as long as you keep the following in mind:

  • A から Z まで大文字または小文字のいずれも使用できます。You can use any uppercase or lowercase letters from A to Z.

  • 0 から 9 まで数字を使用できます。You can use numbers 0 to 9.

  • 名前の先頭または末尾でない限り、スペースを含めることができます。The name can contain spaces as long as they're not at the beginning or end of the name.

  • 名前にハイフンまたはダッシュを使用できます。You can use a hyphen or dash in the name.

  • 名前は 64 文字まで指定できますが、ブランクにはできません。The name can be up to 64 characters but can't be blank.

  • この名前は設定したら変更できません。The name can't be changed after it's set.

準備が整ったら、以下の手順を実行して Exchange 用の Active Directory を準備します。使用する組織名にスペースが含まれる場合は、二重引用符 (") で名前を囲む必要があります。When you're ready, do the following to prepare Active Directory for Exchange. If the organization name you want to use has spaces, enclose the name in quotation marks (").

  1. Windows のコマンド プロンプト ウィンドウを開き、Exchange インストール ファイルをダウンロードした場所に移動します。Open a Windows Command Prompt window and go to where you downloaded the Exchange installation files.

  2. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Setup.exe /PrepareAD /OrganizationName:"<organization name>" /IAcceptExchangeServerLicenseTerms
    

重要

オンプレミスの組織と Exchange Online の間でハイブリッド展開を構成した場合は、上記の/TenantOrganizationConfigコマンドを実行するときにスイッチを含める必要があります。If you've configured a hybrid deployment between your on-premises organization and Exchange Online, you need to include the /TenantOrganizationConfig switch when you run the above command.

セットアップで Exchange 用の Active Directory の準備が終了したら、Active Directory が変更をすべてのドメイン コントローラーにレプリケートするまで待機している必要があります。After Setup finishes preparing Active Directory for Exchange, you'll need to wait while Active Directory replicates the changes to all of your domain controllers. レプリケーションの進行状況を確認するには、 repadminツールを使用します。If you want to check on how replication is going, you can use the repadmin tool. repadminは、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、および Windows Server 2008 R2 の Active Directory ドメインサービスツール機能の一部として含まれています。repadmin is included as part of the Active Directory Domain Services Tools feature in Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, and Windows Server 2008 R2. このツールの使用方法の詳細については、「 Repadmin」を参照してください。For more information about how to use the tool, see Repadmin.

3.3. Active Directory ドメインを準備するPrepare Active Directory domains

Exchange 用に Active Directory を準備するための最後の手順は、Exchange がインストールされる、またはメールが有効なユーザーを配置する各 Active Directory ドメインを準備することです。この手順では、追加のコンテナーおよびセキュリティ グループを作成し、Exchange がそれらにアクセスできるようにアクセス許可を設定します。The final step to get Active Directory ready for Exchange is to prepare each of the Active Directory domains where Exchange will be installed or where mail-enabled users will be located. This step creates additional containers and security groups, and sets permissions so that Exchange can access them.

Active Directory フォレストに複数のドメインがある場合、ドメインを設定する方法にはいくつかの選択肢があります。If you have multiple domains in your Active Directory forest, you have a couple of choices in how you prepare them. 実行する内容に合わせてオプションを選択してください。Select the option that matches what you want to do. ドメインが 1 つだけの場合は、手順 2 の PrepareAD コマンドで既にドメインを準備しましたので、この手順を飛ばすことができます。If you only have one domain, you can skip this step because the PrepareAD command in step 2 already prepared the domain for you.

Active Directory フォレストにすべてのドメインを準備するPrepare all of the domains in my Active Directory forest

すべての Active Directory ドメインを準備するには、セットアップを実行するときに、指定されたallalldomainsパラメーターを使用します。To prepare all of your Active Directory domains, you can use the PrepareAllDomains parameter when you run Setup. セットアップによって、Active Directory フォレストに Exchange 用のすべてのドメインが準備されます。Setup will prepare every domain for Exchange in your Active Directory forest for you.

Active Directory フォレストにすべてのドメインを準備する前に、以下の点に注意してください。Before you prepare all of the domains in your Active Directory forest, keep the following in mind:

  • 使用するアカウントは Enterprise Admins セキュリティ グループのメンバーである必要があります。The account you use needs to be a member of the Enterprise Admins security group.

  • 手順 2 で実行した変更をすべてのドメイン コントローラーに Active Directory がレプリケートするまで待機してください。待機しないと、ドメインの準備の試行時にエラーが発生する可能性があります。Wait until Active Directory has replicated the changes made in step 2 to all of your domain controllers. If you don't, you might get an error when you try to prepare the domain.

準備が整ったら、以下を実行して Exchange 用の Active Directory フォレストにすべてのドメインを準備します。When you're ready, do the following to prepare all of the domains in your Active Directory forest for Exchange.

  1. Windows のコマンド プロンプト ウィンドウを開き、Exchange インストール ファイルをダウンロードした場所に移動します。Open a Windows Command Prompt window and go to where you downloaded the Exchange installation files.

  2. 次のコマンドを実行します。Run the following command:

    Setup.exe /PrepareAllDomains /IAcceptExchangeServerLicenseTerms
    

準備する Active Directory ドメインを選択するLet me choose which Active Directory domains I want to prepare

準備する Active Directory ドメインを選択する場合は、セットアップを実行するときに、 ** このパラメーターを使用できます。If you want to choose which Active Directory domains you want to prepare, you can use the PrepareDomain parameter when you run Setup. このパラメーターを使用** する場合は、準備するドメインの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を含める必要があります。When you use the PrepareDomain parameter, you need to include the fully qualified domain name (FQDN) of the domain you want to prepare.

Active Directory フォレストにドメインを準備する前に、以下の点に注意してください。Before you prepare the domains in your Active Directory forest, keep the following in mind:

  • ドメインが作成されたタイミングに応じて、使用するアカウントにアクセス許可が必要になります。The account you use needs permissions depending on when the domain was created.

    • PrepareAD を実行する前に作成されたドメイン: 上記の手順2でPrepareADコマンドを実行する前にドメインを作成した場合、使用するアカウントは、準備するドメインの domain Admins グループのメンバーである必要があります。Domain created before PrepareAD was run: If the domain was created before you ran the PrepareAD command in step 2 above, then the account you use needs to be a member of the Domain Admins group in the domain you want to prepare.

    • PrepareAD の実行後に作成されたドメイン: 上記の手順2でPrepareADコマンドを実行したにドメインが作成された場合、使用するアカウントは、組織の管理役割グループのメンバーである必要があり、2) はドメインのメンバーである必要があります。準備するドメイン内の管理者グループ。Domain created after PrepareAD was run: If the domain was created after you ran the PrepareAD command in step 2 above, then the account you use needs to 1) be a member of the Organization Management role group and 2) be a member of the Domain Admins group in the domain you want to prepare.

  • 手順 2 で実行した変更をすべてのドメイン コントローラーに Active Directory がレプリケートするまで待機してください。待機しないと、ドメインの準備の試行時にエラーが発生する可能性があります。Wait until Active Directory has replicated the changes made in step 2 to all of your domain controllers. If you don't, you might get an error when you try to prepare the domain.

  • Exchange サーバーがインストールされるすべてのドメインを準備する必要があります。また、電子メールが有効なユーザーを含むドメインは Exchange サーバーが含まれていなくても、それらのドメインすべてを準備する必要があります。You need to prepare every domain where an Exchange server will be installed. You'll also need to prepare any domain that'll contain mail-enabled users, even if those domains won't contain any Exchange servers.

  • PrepareADコマンドが実行され** たドメインで、コマンドを実行する必要はありません。You don't need to run the PrepareDomain command in the domain where the PrepareAD command was run. PrepareADコマンドを実行すると、そのドメインが自動的に準備されます。The PrepareAD command prepares that domain automatically.

準備が整ったら、以下のことを実行して Exchange 用の Active Directory フォレストの個々のドメインを準備します。When you're ready, do the following to prepare an individual domain in your Active Directory forest for Exchange.

  1. Windows のコマンド プロンプト ウィンドウを開き、Exchange インストール ファイルをダウンロードした場所に移動します。Open a Windows Command Prompt window and go to where you downloaded the Exchange installation files.

  2. 次のコマンドを実行します。準備するドメインの FQDN を含めます。コマンドを実行しているドメインを準備する場合は、FQDN を含める必要はありません。Run the following command. Include the FQDN of the domain you want to prepare. If you want to prepare the domain you're running the command in, you don't have to include the FQDN.

    Setup.exe /PrepareDomain:<FQDN of the domain you want to prepare> /IAcceptExchangeServerLicenseTerms
    
  3. Exchange サーバーをインストールする、または電子メールが有効なユーザーを配置する各 Active Directory ドメインに対してこれらの手順を繰り返します。Repeat the steps for each Active Directory domain where you'll install an Exchange server or where mail-enabled users will be located.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

上記の手順をすべて実行したら、すべてが円滑に実行されていることを確認できます。Once you've done all the steps above, you can check to make sure everything's gone smoothly. この確認を行うには、Active Directory サービス インターフェイス エディター (ADSI エディター) と呼ばれるツールを使用します。To do so, you'll use a tool called Active Directory Service Interfaces Editor (ADSI Edit). ADSI Edit は、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、および Windows Server 2008 R2 の Active Directory ドメインサービスツール機能の一部として含まれています。ADSI Edit is included as part of the Active Directory Domain Services Tools feature in Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, and Windows Server 2008 R2. 詳細については、「ADSI エディター (adsiedit.msc)」を参照してください。If you want to know more about it, check out ADSI Edit (adsiedit.msc).

警告

Microsoft サポートからの指示がない限り、ADSI エディターで値は変更しないでください。ADSI エディターで値を変更すると、回復困難な障害が Exchange 組織および Active Directory に発生する恐れがあります。Never change values in ADSI Edit unless you're told to do so by Microsoft support. Changing values in ADSI Edit can cause irreparable harm to your Exchange organization and Active Directory.

Exchange によって Active Directory スキーマを拡張し、Exchange 用に Active Directory の準備を行った後、いくつかのプロパティが更新され、準備が整ったことが示されます。After Exchange extends your Active Directory schema and prepares Active Directory for Exchange, several properties are updated to show that preparation is complete. 以下のリストの情報を使用して、それらのプロパティに適切な値が設定されていることを確認します。Use the information in the following list to make sure these properties have the right values. 各プロパティは、インストールする Exchange 2013 のリリースについて、以下の表の値と一致している必要があります。Each property needs to match the value in the table below for the release of Exchange 2013 that you're installing.

  • スキーマ名前付けコンテキストで、 Exchrangeupperプロパティが、exchange 2013 Active Directory バージョンの表の exchange 2013 のバージョンに示されている値に設定されていることを確認します。In the Schema naming context, verify that the rangeUpper property on ms-Exch-Schema-Verision-Pt is set to the value shown for your version of Exchange 2013 in the Exchange 2013 Active Directory versions table.

  • 構成名前付けコンテキストで、cn =<your organization>, cn = Microsoft Exchange, cn = Services, cn = Configuration, DC =<ドメイン>のobjectVersionプロパティがあることを確認します。コンテナーは、Exchange 2013 Active Directory バージョン表の Exchange 2013 のバージョンに対応する値に設定されます。In the Configuration naming context, verify that the objectVersion property in the CN=<your organization>,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=<domain> container is set to the value shown for your version of Exchange 2013 in the Exchange 2013 Active Directory versions table.

  • 既定の名前付けコンテキストで、[DC =<ルートドメイン] のMicrosoft exchange システムオブジェクトコンテナーのobjectVersionプロパティが、Exchange 2013 のバージョンの値に設定されていることを確認します。Exchange 2013 Active Directory versions テーブル。In the Default naming context, verify that the objectVersion property in the Microsoft Exchange System Objects container under DC=<root domain is set to the value shown for your version of Exchange 2013 in the Exchange 2013 Active Directory versions table.

また、Exchange のセットアップ ログをチェックして、Active Directory の準備が正常に完了していることを確認することもできます。You can also check the Exchange setup log to verify that Active Directory preparation has completed successfully. 詳細については、「Exchange 2013 のインストールの確認」を参照してください。For more information, see Verify an Exchange 2013 installation. 少なくとも1つのメールボックスサーバーの役割と1つのクライアントアクセスサーバーの役割のインストールが完了するまでは、「 Exchange 2013 のインストールを確認する」に記載されているset-exchangeserverコマンドレットを使用することはできません。ディレクトリサイト。You won't be able to use the Get-ExchangeServer cmdlet mentioned in the Verify an Exchange 2013 installation topic until you've completed the installation of at least one Mailbox server role and one Client Access server role in an Active Directory site.

Exchange 2013 Active Directory のバージョンExchange 2013 Active Directory versions

次の表に、Exchange 2013 の新しいバージョンをインストールするたびに更新される Active Directory の Exchange 2013 オブジェクトを示します。The following table shows you the Exchange 2013 objects in Active Directory that get updated each time you install a new version of Exchange 2013. 次の表の値を使用して、表示されるオブジェクトのバージョンを比較して、インストールした Exchange 2013 のバージョンがインストール中に Active Directory が正常に更新されたことを確認できます。You can compare the object versions you see with the values in the table below to verify that the version of Exchange 2013 you installed successfully updated Active Directory during installation.

  Exchange のバージョンExchange version rangeUpperrangeUpper objectVersionobjectVersion objectVersionobjectVersion

名前付けコンテキストNaming context

 

スキーマSchema

既定Default

構成Configuration

ContainerContainer

 

ms-Exch-Schema-Version-Ptms-Exch-Schema-Version-Pt

Microsoft Exchange システムオブジェクトMicrosoft Exchange System Objects

Cn =<組織>、cn = Microsoft Exchange, cn = Services, cn = Configuration, DC =<ドメイン>CN=<your organization>, CN=Microsoft Exchange, CN=Services, CN=Configuration, DC=<domain>

Exchange 2013 CU10 以降Exchange 2013 CU10 and later

1531215312

1323613236

1613016130

Exchange 2013 CU9Exchange 2013 CU9

1531215312

1323613236

1596515965

Exchange 2013 CU8Exchange 2013 CU8

1531215312

1323613236

1596515965

Exchange 2013 CU7Exchange 2013 CU7

1531215312

1323613236

1596515965

Exchange 2013 CU6Exchange 2013 CU6

1530315303

1323613236

1596515965

 

Exchange 2013 CU5Exchange 2013 CU5

1530015300

1323613236

1587015870

 

Exchange 2013 SP1Exchange 2013 SP1

1529215292

1323613236

1584415844

 

Exchange 2013 CU3Exchange 2013 CU3

1528315283

1323613236

1576315763

 

Exchange 2013 CU2Exchange 2013 CU2

1528115281

1323613236

1568815688

 

Exchange 2013 CU1Exchange 2013 CU1

1525415254

1323613236

1561415614

 

Exchange 2013 RTMExchange 2013 RTM

1513715137

1323613236

1544915449