ユーザー メールボックスの管理Manage user mailboxes

ユーザーメールボックスを作成した後は、EAC または Exchange Online の PowerShell を使用して、変更を加えたり、追加のプロパティを設定したりできます。After you create a user mailbox, you can make changes and set additional properties by using the EAC or Exchange Online PowerShell.

事前に必要な知識What do you need to know before you begin?

  • 各ユーザー メールボックスの作業の推定完了時間:2 ~ 5 分。Estimated time to complete each user mailbox task: 2 to 5 minutes.

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「Mailbox Permissions」の「受信者プロビジョニングのアクセス許可」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Recipient Provisioning Permissions" section in the Mailbox Permissions topic.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts for the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange onlineまたはexchange online Protectionのフォーラムにアクセスします。Visit the forums at Exchange Online or Exchange Online Protection..

ユーザー メールボックスのプロパティを変更するChange user mailbox properties

EAC を使用してユーザー メールボックスのプロパティを変更するUse the EAC to change user mailbox properties

  1. EAC で、[受信者] > [メールボックス] に移動します。In the EAC, navigate to Recipients > Mailboxes.

  2. ユーザーメールボックスの一覧で、プロパティを変更するメールボックスをクリックし、編集アイコン編集 ![] をクリックします。In the list of user mailboxes, click the mailbox that you want to change the properties for, and then click Edit Edit icon.

  3. メールボックスのプロパティページで、次のいずれかのプロパティを変更できます。On the mailbox properties page, you can change any of the following properties.

  • 全般General

  • メールボックスの使用状況Mailbox Usage

  • 連絡先の情報Contact Information

  • 組織Organization

  • 電子メール アドレスEmail Address

  • メールボックスの機能Mailbox Features

  • 所属Member Of

  • メールヒントMailTip

  • Mailbox DelegationMailbox Delegation

全般General

[全般] セクションを使用して、ユーザーの基本情報を表示または変更します。Use the General section to view or change basic information about the user.

  • [名][イニシャル][姓]First name, Initials, Last name

  • Name: これは、Active Directory に一覧表示される名前です。 ** * *** Name: This is the name that's listed in Active Directory. この名前を変更する場合は、64 文字以下にする必要があります。If you change this name, it can't exceed 64 characters.

  • [表示名]: この名前は、組織のアドレス帳、電子メールの宛先行と差出人行、および [メールボックス] の一覧に表示されます。 ** * *** Display name: This name appears in your organization's address book, on the To: and From: lines in email, and in the Mailbox list. この名前は、表示名の前または後に空のスペースを含めることはできません。This name can't contain empty spaces before or after the display name.

  • Alias: ユーザーの電子メールエイリアスを指定します。 ** * *** Alias: This specifies the email alias for the user. ユーザーのエイリアスは、電子メール アドレスの @ 記号の左に表示される部分です。The user's alias is the portion of the email address on the left side of the at (@) symbol. エイリアスはフォレスト内で一意である必要があります。It must be unique in the forest.

  • [ユーザーログオン名]: この名前は、ユーザーがメールボックスにサインインして、ドメインにログオンするために使用されます。 ** * *** User logon name: This is the name that the user uses to sign in to their mailbox and to log on to the domain. 一般的に、ユーザー ログオン名は、ユーザーのエイリアス (@ 記号の左側) とユーザー アカウントが存在するドメイン名 (@ 記号の右側) で構成されます。Typically the user logon name consists of the user's alias on the left side of the @ symbol, and the domain name in which the user account resides on the right side of the @ symbol.

    注意

    このボックスには、Exchange Online では [ユーザー ID ] というラベルが付けられます。This box is labeled User ID in Exchange Online.

  • [次回ログオン時にパスワードの変更が必要]: メールボックスへの次回のサインイン時にユーザーにパスワードをリセットするように求める場合は、このチェックボックスをオンにします。Require password change on next logon: Select this check box if you want the user to reset their password the next time they sign in to their mailbox.

    注意

    このチェック ボックスは Exchange Online では使用できません。This check box isn't available in Exchange Online.

  • [アドレス一覧に表示しない]: アドレス帳や、Exchange 組織で定義されているその他のアドレス一覧に受信者が表示されないようにするには、このチェックボックスをオンにします。Hide from address lists: Select this check box to prevent the recipient from appearing in the address book and other address lists that are defined in your Exchange organization. このチェック ボックスをオンにした後も、ユーザーは電子メール アドレスを使用することでこの受信者にメッセージを送信できます。After you select this check box, users can still send messages to the recipient by using the email address.

[その他のオプション] をクリックして、これらの追加プロパティを表示または変更します。Click More options to view or change these additional properties:

  • [組織単位]: この読み取り専用ボックスには、ユーザーアカウントを含む組織単位 (OU) が表示されます。Organizational unit: This read-only box displays the organizational unit (OU) that contains the user account. Active Directory のユーザーおよびコンピューターを使用して、ユーザー アカウントを別の OU に移動する必要があります。You have to use Active Directory Users and Computers to move the user account to a different OU.

    注意

    このボックスは Exchange Online では使用できません。This box isn't available in Exchange Online.

  • メールボックスデータベース: この読み取り専用ボックスには、メールボックスをホストするメールボックスデータベースの名前が表示されます。Mailbox database: This read-only box displays the name of the mailbox database that hosts the mailbox. メールボックスを別のデータベースに移動するには、メールボックスの一覧でメールボックスを選択し、[詳細] ウィンドウで [メールボックスを別のデータベースに移動する] をクリックします。To move the mailbox to a different database, select it in the mailbox list, and then click Move mailbox to another database in the Details pane.

    注意

    このオプションは Exchange Online では使用できません。This option isn't available in Exchange Online.

  • カスタム属性: このセクションには、ユーザーメールボックスに定義されているカスタム属性が表示されます。Custom attributes: This section displays the custom attributes defined for the user mailbox. カスタム属性の値を指定するには、 [編集] をクリックします。To specify custom attribute values, click Edit. 受信者に対して最大 15 のカスタム属性を指定できます。You can specify up to 15 custom attributes for the recipient.

メールボックスの使用状況Mailbox Usage

[メールボックスの使用状況] セクションを使用して、そのメールボックスのメールボックス格納域クォータと削除したアイテムの保持設定を表示または変更します。これらの設定はメールボックスが作成されたときに既定で構成されます。メールボックス データベース用に構成された値を使用して、そのデータベース内のすべてのメールボックスに適用します。これらの設定は、メールボックス データベースの既定値を使用するのではなく、各メールボックスに対してカスタマイズできます。Use the Mailbox Usage section to view or change the mailbox storage quota and deleted item retention settings for the mailbox. These settings are configured by default when the mailbox is created. They use the values that are configured for the mailbox database and apply to all mailboxes in that database. You can customize these settings for each mailbox instead of using the mailbox database defaults.

  • [最終ログオン]: この読み取り専用ボックスには、ユーザーが自分のメールボックスに最後にサインインした日時が表示されます。Last logon: This read-only box displays the last time that the user signed in to their mailbox.

  • [メールボックスの使用状況]: この領域には、メールボックスの合計サイズと、使用されているメールボックスクォータの合計の割合が表示されます。Mailbox usage: This area shows the total size of the mailbox and the percentage of the total mailbox quota that has been used.

注意

前の 2 つのボックスに表示される情報を取得するには、EAC で、メールボックスをホストするメールボックス データベースに照会します。メールボックス データベースを含む Exchange ストアと EAC が通信できない場合、これらのボックスは空白になります。ユーザーがメールボックスに 1 度もサインインしていない場合は、警告メッセージが表示されます。To obtain the information that's displayed in the previous two boxes, the EAC queries the mailbox database that hosts the mailbox. If the EAC is unable to communicate with the Exchange store that contains the mailbox database, these boxes will be blank. A warning message is displayed if the user hasn't signed in to the mailbox for the first time.

[その他のオプション] をクリックして、そのメールボックスのメールボックス格納域クォータと削除したアイテムの保持設定を表示または変更します。Click More options to view or change the mailbox storage quota and the deleted item retention settings for the mailbox.

注意

これらの設定は、Exchange Online の EAC では使用できません。These settings aren't available in the EAC in Exchange Online.

  • 格納域の制限の設定: メールボックスのこれらの設定をカスタマイズし、メールボックスデータベースの既定値を使用しない場合は、[このメールボックスの設定をカスタマイズする] をクリックし、新しい値を入力して、[保存] をクリックします。Storage quota settings: To customize these settings for the mailbox and not use the mailbox database defaults, click Customize the settings for this mailbox, type a new value, and then click Save.

    格納域の制限設定の値の範囲は、0 から 2047 ギガバイト (GB) です。The value range for any of the storage quota settings is from 0 through 2047 gigabytes (GB).

    • [警告を表示するサイズ (GB)]: このボックスには、ユーザーに警告が発行される前の記憶域の最大制限が表示されます。Issue a warning at (GB): This box displays the maximum storage limit before a warning is issued to the user. メールボックスのサイズが指定した値に達する、またはその値を超えた場合、Exchange はメールボックス ユーザーに警告メッセージを送信します。If the mailbox size reaches or exceeds the value specified, Exchange sends a warning message to the user.

    • [送信を禁止するサイズ (GB)]: このボックスには、メールボックスの送信禁止制限が表示されます。Prohibit send at (GB): This box displays the prohibit send limit for the mailbox. メールボックスのサイズが指定した値に達する、またはその値を超えた場合、Exchange はユーザーによる新しいメッセージの送信を禁止し、そのことを示すエラー メッセージが表示されます。If the mailbox size reaches or exceeds the specified limit, Exchange prevents the user from sending new messages and displays a descriptive error message.

    • [送受信を禁止するサイズ (GB)]: このボックスには、メールボックスの送信禁止および受信制限が表示されます。Prohibit send and receive at (GB): This box displays the prohibit send and receive limit for the mailbox. メールボックスのサイズが指定した値に達するか、またはその値を超えた場合、Exchange はメールボックス ユーザーによる新しいメッセージの送信を禁止し、メールボックスには新しいメッセージが配信されなくなります。If the mailbox size reaches or exceeds the specified limit, Exchange prevents the mailbox user from sending new messages and won't deliver any new messages to the mailbox. このメールボックスに送信されたメッセージは、エラーの内容を示すメッセージと共に送信者に返されます。Any messages sent to the mailbox are returned to the sender with a descriptive error message.

  • 削除済みアイテムの保存期間の設定: メールボックスのこれらの設定をカスタマイズし、メールボックスデータベースの既定値を使用しない場合は、[このメールボックスの設定をカスタマイズする] をクリックし、新しい値を入力して、[保存] をクリックします。Deleted item retention settings: To customize these settings for the mailbox and not use the mailbox database defaults, click Customize the settings for this mailbox, type a new value, and then click Save.

    • [削除済みアイテムの保存期間 (日)]: このボックスには、削除済みアイテムが完全に削除され、ユーザーが復元できなくなるまで保持される時間の長さが表示されます。Keep deleted items for (days): This box displays the length of time that deleted items are retained before they are permanently deleted and can't be recovered by the user. メールボックスが作成される場合、この値はメールボックスのデータベース用に構成される削除済みアイテムの保存期間の設定に基づきます。When the mailbox is created, this value is based on the deleted item retention settings configured for the mailbox database. 既定により、メールボックス データベースは、削除済みアイテムを 14 日間保持するよう構成されます。By default, a mailbox database is configured to retain deleted items for 14 days. このプロパティの値の範囲は 0 から 24855 日です。The value range for this property is from 0 through 24855 days.

    • [データベースがバックアップされるまでアイテムを完全に削除しない]: メールボックスが存在するメールボックスデータベースがバックアップされるまで、メールボックスと電子メールメッセージが削除されないようにするには、このチェックボックスをオンにします。Don't permanently delete items until the database is backed up: Select this check box to prevent mailboxes and email messages from being deleted until after the mailbox database on which the mailbox is located has been backed up.

連絡先の情報Contact Information

[連絡先の情報] セクションを使用すると、ユーザーの連絡先情報を参照または変更します。このページの情報がアドレス帳に表示されます。 [その他のオプション] をクリックすると追加のボックスが表示されます。Use the Contact Information section to view or change the user's contact information. The information on this page is displayed in the address book. Click More options to display additional boxes.

ヒント

[都道府県] ボックスを使用すると、動的配布グループ、電子メール アドレス ポリシー、またはアドレス一覧に関する受信者の条件を作成できます。You can use the State/Province box to create recipient conditions for dynamic distribution groups, email address policies, or address lists.

メールボックス ユーザーは、Outlook または Outlook Web App を使用して独自の連絡先情報を表示および変更できます。ただし、 [メモ] ボックスと [Web ページ] ボックスの情報を変更することはできません。Mailbox users can use Outlook or Outlook Web App to view and change their own contact information. But they can't change the information in the Notes and Web page boxes.

組織Organization

[組織] セクションを使用すると、組織内のユーザーの役割に関する詳細情報を記録できます。この情報はアドレス帳に表示されます。また、Outlook などの電子メール クライアントから利用できる仮想組織図を作成できます。Use the Organization section to record detailed information about the user's role in the organization. This information is displayed in the address book. Also, you can create a virtual organization chart that is accessible from email clients such as Outlook.

  • [組織] タブを使用して、組織内での受信者の役割に関する情報を表示または変更します。Title: Use this box to view or change the recipient's title.

  • [部署]: このボックスを使用して、ユーザーが作業する部署を表示または変更します。Department: Use this box to view or change the department in which the user works. このボックスを使用すると、動的配布グループ、電子メール アドレス ポリシー、またはアドレス一覧に関する受信者の条件を作成できます。You can use this box to create recipient conditions for dynamic distribution groups, email address policies, or address lists.

  • 会社: このボックスを使用して、ユーザーの勤務先の会社名を表示または変更します。Company: Use this box to view or change the company for which the user works. このボックスを使用すると、動的配布グループ、電子メール アドレス ポリシー、またはアドレス一覧に関する受信者の条件を作成できます。You can use this box to create recipient conditions for dynamic distribution groups, email address policies, or address lists.

  • マネージャー: マネージャーを追加するには、[参照] をクリックします。Manager: To add a manager, click Browse. [上司の選択] で、目的の人物を選択し、 [OK] をクリックします。In Select Manager, select a person, and then click OK.

  • 直属の部下: このボックスを変更することはできません。Direct reports: You can't modify this box. 直属の部下とは、特定の上司に報告を行うユーザーです。A direct report is a user who reports to a specific manager. ユーザーの上司を指定している場合、そのユーザーは上司のメールボックスの詳細で直属の部下として表示されます。If you've specified a manager for the user, that user appears as a direct report in the details of the manager's mailbox. たとえば、Kari は Chris と Kate の上司であるため、Chris と Kate のメールボックスの [上司] ボックスに Kari のメールボックスが指定され、Kari のメールボックスのプロパティの [直属の部下] ボックスに Chris と Kate が表示されます。For example, Kari manages Chris and Kate, so Kari's mailbox is specified in the Manager box of Chris's mailbox and Kate's mailbox, and Chris and Kate appear in the Direct reports box in the properties of Kari's mailbox.

電子メール アドレスEmail Address

[電子メール アドレス] セクションを使用して、ユーザー メールボックスに関連付けられている電子メール アドレスを表示または変更します。これには、ユーザーのプライマリ SMTP アドレスおよび関連するすべてのプロキシ アドレスが含まれます。プライマリ SMTP アドレス ( 既定の返信アドレスとも呼ばれます) は、アドレス一覧に太字で表示され、 [種類] 列に大文字の SMTP 値が表示されます。Use the Email Address section to view or change the email addresses associated with the user mailbox. This includes the user's primary SMTP address and any associated proxy addresses. The primary SMTP address (also known as the default reply address) is displayed in bold text in the address list, with the uppercase SMTP value in the Type column.

  • ****[追加] **** ![: 追加 ] アイコンをクリックして、このメールボックスの新しい電子メールアドレスを追加します。Add: Click Add Add Icon to add a new email address for this mailbox. Select one of following address types:Select one of following address types:

    • SMTP: これは既定のアドレスの種類です。SMTP: This is the default address type. このボタンをクリックして、 * [メール アドレス] ボックスに新しい SMTP アドレスを入力します。Click this button and then type the new SMTP address in the * Email address box.

    • Eum: eum (Exchange ユニファイドメッセージング) アドレスは、exchange 組織内の UM が有効なユーザーを検索するために、Microsoft Exchange ユニファイドメッセージングサービスによって使用されます。EUM: An EUM (Exchange Unified Messaging) address is used by the Microsoft Exchange Unified Messaging service to locate UM-enabled users within an Exchange organization. EUM アドレスには、UM が有効なユーザーの内線番号と UM ダイヤル プランが含まれています。EUM addresses consist of the extension number and the UM dial plan for the UM-enabled user. このボタンをクリックして、 [アドレス/内線番号] ボックスに内線番号を入力します。Click this button and type the extension number in the Address/Extension box. [参照] をクリックして、ユーザーのダイヤル プランを選択します。Then click Browse and select a dial plan for the user.

    • カスタムアドレスの種類: このボタンをクリックして、サポートされている SMTP 以外の電子メールアドレスの種類のいずれかを [ ** *電子メールアドレス**] ボックスに入力します。Custom address type: Click this button and type one of the supported non-SMTP email address types in the * Email address box.

      注意

      [カスタム アドレス]   このボタンをクリックし、対応するダイアログ ボックスを使用してカスタム アドレス (FAX、X.400 など) を追加します。With the exception of X.400 addresses, Exchange doesn't validate custom addresses for proper formatting. You must make sure that the custom address you specify complies with the format requirements for that address type.

    • [このアドレスを返信アドレスにする]: Exchange Online では、このチェックボックスをオンにして、新しい電子メールアドレスをメールボックスのプライマリ SMTP アドレスにすることができます。Make this the reply address: In Exchange Online, you can select this check box to make the new email address the primary SMTP address for the mailbox. このチェックボックスは、Exchange Server の EAC では使用できません。This check box isn't available in the EAC in Exchange Server.

  • [この受信者に適用されたメールアドレスポリシーに基づいて電子メールアドレスを自動的に更新する]: このチェックボックスをオンにして、組織内の電子メールアドレスポリシーに加えられた変更に基づいて受信者の電子メールアドレスを自動的に更新します。Automatically update email addresses based on the email address policy applied to this recipient: Select this check box to have the recipient's email addresses automatically updated based on changes made to email address policies in your organization. このチェック ボックスは既定でオンになっています。This box is selected by default.

    注意

    このチェック ボックスは Exchange Online では使用できません。This check box isn't available in Exchange Online.

  • これを返信アドレスにするMake this the reply address

メールボックスの機能Mailbox Features

[メールボックスの機能] セクションを使用して、以下のメールボックスの機能と設定を表示または変更します。Use the Mailbox Features section to view or change the following mailbox features and settings:

  • [共有ポリシー]: このボックスには、メールボックスに適用されている共有ポリシーが表示されます。Sharing policy: This box shows the sharing policy applied to the mailbox. 共有ポリシーによって、組織内のユーザーが予定表と連絡先の情報を Exchange 組織外のユーザーと共有する方法を制御します。A sharing policy controls how users in your organization can share calendar and contact information with users outside your Exchange organization. メールボックスには、作成時に既定の共有ポリシーが割り当てられます。The Default Sharing Policy is assigned to mailboxes when they are created. ユーザーに割り当てられている共有ポリシーを変更するには、ドロップダウン リストから別の共有ポリシーを選択します。To change the sharing policy that's assigned to the user, select a different one from the drop-down list.

  • [役割の割り当てポリシー]: このボックスには、メールボックスに割り当てられた役割の割り当てポリシーが表示されます。Role assignment policy: This box shows the role assignment policy assigned to the mailbox. 役割の割り当てポリシーでは、ユーザーに割り当てられている役割ベースのアクセス制御 (RBAC) 役割を指定し、ユーザーが変更できる特定のメールボックスおよび配布グループの構成の設定を制御します。The role assignment policy specifies the role-based access control (RBAC) roles that are assigned to the user and control what specific mailbox and distribution group configuration settings users can modify. ユーザーに割り当てられている役割の割り当てポリシーを変更するには、ドロップダウン リストから別の役割の割り当てポリシーを選択します。To change the role assignment policy that's assigned to the user, select a different one from the drop-down list.

  • アイテム保持ポリシー: このボックスには、メールボックスに割り当てられているアイテム保持ポリシーが表示されます。Retention policy: This box shows the retention policy assigned to the mailbox. アイテム保持ポリシーは、ユーザーのメールボックスに適用するアイテム保持タグのグループです。A retention policy is a group of retention tags that are applied to the user's mailbox. これらを使用すると、ユーザーのメールボックスのアイテムを保持する期間を制御し、一定の保存期間に達したアイテムに対して実行する操作を定義できます。They allow you to control how long to keep items in users' mailboxes and define what action to take on items that have reached a certain age. アイテム保持ポリシーは、メールボックス作成時には割り当てられていません。A retention policy isn't assigned to mailboxes when they are created. アイテム保持ポリシーをユーザーに割り当てるには、ドロップダウン リストからアイテム保持ポリシーを選択します。To assign a retention policy to the user, select one from the drop-down list.

  • アドレス帳ポリシー: このボックスには、メールボックスに適用されているアドレス帳ポリシーが表示されます。Address book policy: This box shows the address book policy applied to the mailbox. アドレス帳ポリシーを使用すると、ユーザーを特定のグループに分割してアドレス帳の表示をカスタマイズすることができます。An address book policy allows you to segment users into specific groups to provide customized views of the address book. メールボックスに適用されているアドレス帳ポリシーを適用または変更するには、ドロップダウン リストからアドレス帳ポリシーを選択します。To apply or change the address book policy applied to the mailbox, select one from the drop-down list.

  • ユニファイドメッセージング: この機能は既定で無効になっています。Unified Messaging: This feature is disabled by default. ユニファイド メッセージング (UM) を有効にすると、ユーザーは組織の UM 機能を使用できるようになり、ユーザーに UM プロパティの既定のセットが適用されます。When you enable Unified Messaging (UM), the user will be able to use your organization's UM features and a default set of UM properties are applied to the user. [有効にする] をクリックして 、メールボックスの UM を有効にします。Click Enable to enable UM for the mailbox. UM を有効にする方法の詳細については、「ボイス メール用にユーザーを有効にする」を参照してください。For information about how to enable UM, see Enable a user for voice mail.

    注意

    UM を有効にするには、UM ダイヤル プランと UM メールボックス ポリシーが必要です。A UM dial plan and a UM mailbox policy must exist before you can enable UM.

  • [モバイルデバイス]: このセクションを使用して、Exchange ActiveSync の設定を表示および変更します。これは既定で有効になっています。Mobile Devices: Use this section to view and change the settings for Exchange ActiveSync, which is enabled by default. Exchange ActiveSync を使用すると、モバイル デバイスから Exchange メールボックスにアクセスできます。Exchange ActiveSync enables access to an Exchange mailbox from a mobile device. [Exchange ActiveSync を無効にする] をクリックして、メールボックスに対してこの機能を無効にします。Click Disable Exchange ActiveSync to disable this feature for the mailbox.

  • Outlook Web App: この機能は既定で有効になっています。Outlook Web App: This feature is enabled by default. Outlook Web App を使用すると、すべての Web ブラウザーから Exchange メールボックスにアクセスできます。Outlook Web App enables access to an Exchange mailbox from a web browser. [無効にする] をクリックして、メールボックスに対して Outlook Web App を無効にします。Click Disable to disable Outlook Web App for the mailbox. [詳細の編集] をクリックして、メールボックスに対して Outlook Web App メールボックス ポリシーを追加または変更します。Click Edit details to add or change an Outlook Web App mailbox policy for the mailbox.

  • IMAP: この機能は既定で有効になっています。IMAP: This feature is enabled by default. [無効にする] をクリックして、メールボックスで IMAP を無効にします。Click Disable to disable IMAP for the mailbox.

  • POP3: この機能は既定で有効になっています。POP3: This feature is enabled by default. [無効にする] をクリックして、メールボックスで POP3 を無効にします。Click Disable to disable POP3 for the mailbox.

  • MAPI: この機能は既定で有効になっています。MAPI: This feature is enabled by default. MAPI を使用すると、Outlook などの MAPI クライアントから Exchange メールボックスにアクセスできます。MAPI enables access to an Exchange mailbox from a MAPI client such as Outlook. [無効にする] をクリックして、メールボックスで MAPI を無効にします。Click Disable to disable MAPI for the mailbox.

  • 訴訟ホールド: この機能は既定で無効になっています。Litigation hold: This feature is disabled by default. 訴訟ホールドにより、削除されたメールボックス アイテムが保管され、メールボックス アイテムに対する変更が記録されます。Litigation hold preserves deleted mailbox items and records changes made to mailbox items. 探索検索で削除されたアイテムや変更されたアイテムのすべてのインスタンスが返されます。Deleted items and all instances of changed items are returned in a discovery search. [有効にする] をクリックして、メールボックスの訴訟ホールドを有効にします。Click Enable to put the mailbox on litigation hold. メールボックスの訴訟ホールドが有効な場合は、 [無効にする] をクリックして訴訟ホールドを無効にします。If the mailbox is on litigation hold, click Disable to remove the litigation hold. 訴訟ホールドのメールボックスは非アクティブになり、削除することはできません。Mailboxes on litigation hold are inactive mailboxes and can't be deleted. メールボックスを削除するには、訴訟ホールドを削除します。To delete the mailbox, remove the litigation hold. メールボックスの訴訟ホールドが有効な場合、 [詳細の編集] をクリックして次の訴訟ホールド設定を表示し変更します。If the mailbox is on litigation hold, click Edit details to view and change the following litigation hold settings:

    • 保持日: この読み取り専用ボックスは、メールボックスが訴訟ホールドの対象となった日時を示します。Hold date: This read-only box indicates the date and time when the mailbox was put on litigation hold.

    • 保持の対象: この読み取り専用ボックスは、メールボックスを訴訟ホールドの対象にしたユーザーを示します。Put on hold by: This read-only box indicates the user who put the mailbox on litigation hold.

    • : このボックスを使用して、訴訟ホールドについてユーザーに通知し、メールボックスが訴訟ホールドの対象である理由を説明したり、訴訟ホールドが電子メールの毎日の使用に影響しないことを通知するなど、ユーザーに追加のガイダンスを提供したりします。Note: Use this box to notify the user about the litigation hold, explain why the mailbox is on litigation hold, or provide additional guidance to the user, such as informing them that the litigation hold won't affect their day-to-day use of email.

    • Url: このボックスを使用して、メールボックスに対する訴訟ホールドに関する情報やガイダンスを提供する web サイトの URL を指定します。URL: Use this box to provide a URL to a website that provides information or guidance about the litigation hold on the mailbox.

      注意

      これらのボックスのテキストは、Outlook 2010 以降のバージョンを使用しているユーザーのメールボックスにのみ表示されます。Outlook Web App またはその他の電子メール クライアントでは表示されません。Outlook で [メモ] ボックスや [URL] ボックスのテキストを表示するには、 [ファイル] タブをクリックします。 [情報] ページの [アカウント設定] に訴訟ホールドのコメントが表示されます。The text from these boxes appears in the user's mailbox only if they are using Outlook 2010 or later versions. It doesn't appear in Outlook Web App or other email clients. To view the text from the Note and URL boxes in Outlook, click the File tab, and on the Info page, under Account Settings, you'll see the litigation hold comment.

  • アーカイブ: ユーザーのアーカイブメールボックスが存在しない場合、この機能は無効になります。Archiving: If an archive mailbox doesn't exist for the user, this feature is disabled. アーカイブ メールボックスを有効にする場合は、 [有効にする] をクリックします。To enable an archive mailbox, click Enable. ユーザーにアーカイブ メールボックスがある場合は、アーカイブ メールボックスのサイズと使用状況の統計が表示されます。If the user has an archive mailbox, the size of the archive mailbox and usage statistics are displayed. [詳細の編集] をクリックして、次のアーカイブ メールボックス設定を表示して変更します。Click Edit details to view and change the following archive mailbox settings:

    • 状態: この読み取り専用ボックスは、アーカイブメールボックスが存在するかどうかを示します。Status: This read-only box indicates whether an archive mailbox exists.

    • データベース: この読み取り専用ボックスには、アーカイブメールボックスをホストするメールボックスデータベースの名前が表示されます。Database: This read-only box shows the name of the mailbox database that hosts the archive mailbox. このボックスは Exchange Online では使用できません。This box isn't available in Exchange Online.

    • [名前]: アーカイブメールボックスの名前をこのボックスに入力します。Name: Type the name of the archive mailbox in this box. この名前は、Outlook または Outlook Web App のフォルダー一覧に表示されます。This name is displayed under the folder list in Outlook or Outlook Web App.

    • [アーカイブクォータ (GB)]: このボックスには、アーカイブメールボックスの合計サイズが表示されます。Archive quota (GB): This box shows the total size of the archive mailbox. サイズを変更するには、ボックスに新しい値を入力するか、ドロップダウン リストから値を選択します。To change the size, type a new value in the box or select a value from the drop-down list.

    • [警告を表示するサイズ (GB)]: このボックスには、ユーザーに警告が発行される前のアーカイブメールボックスの最大記憶域制限が表示されます。Issue warning at (GB): This box shows the maximum storage limit for the archive mailbox before a warning is issued to the user. アーカイブ メールボックスのサイズが指定した値に達する、またはその値を超えた場合、Exchange はメールボックス ユーザーに警告メッセージを送信します。If the archive mailbox size reaches or exceeds the value specified, Exchange sends a warning message to the user. この制限値を変更するには、ボックスに新しい値を入力するか、ドロップダウン リストから値を選択します。To change this limit, type a new value in the box or select a value from the drop-down list.

      注意

      Exchange Online では、アーカイブ クォータとアーカイブ メールボックスの警告表示クォータは変更できません。The archive quota and the issue warning quota for the archive mailbox can't be changed in Exchange Online.

  • [配信オプション]: ユーザーに送信された電子メールメッセージを別の受信者に転送し、ユーザーがメッセージを送信できる受信者の最大数を設定するために使用します。Delivery Options: Use to forward email messages sent to the user to another recipient and to set the maximum number of recipients that the user can send a message to. [詳細の表示] クリックして、これらの設定を表示および変更します。Click View details to view and change these settings.

    • [転送先アドレス]: [転送を有効にする] チェックボックスをオンにし、[参照] をクリックして、[メールユーザーとメールボックスの選択] ページを表示します。Forwarding address: Select the Enable forwarding check box and then click Browse to display the Select Mail User and Mailbox page. このページを使用して、このメールボックスに送信されたすべての電子メール メッセージの転送先となる受信者を選択します。Use this page to select a recipient to whom you want to forward all email messages that are sent to this mailbox.

    • [メッセージを転送先アドレスとメールボックスの両方に配信する:] メッセージが転送先アドレスとユーザーのメールボックスの両方に配信されるようにするには、このチェックボックスをオンにします。Deliver message to both forwarding address and mailbox: Select this check box so that messages will be delivered to both the forwarding address and the user's mailbox.

    • [受信者の制限]: この設定は、ユーザーがメッセージを送信できる受信者の最大数を制御します。Recipient limit: This setting controls the maximum number of recipients the user can send a message to. [最大受信者数] チェック ボックスをオンにして、電子メール メッセージの [宛先:]、[CC:]、または [BCC:] ボックスで許容されている受信者数を制限し、最大受信者数を指定します。Select the Maximum recipients check box to limit the number of recipients allowed in the To:, Cc:, and Bcc: boxes of an email message and then specify the maximum number of recipients.

      注意

      社内の Exchange 組織の場合、受信者の制限はありません。For on-premises Exchange organizations, the recipient limit is unlimited. Exchange Online 組織の場合、受信者は 500 人までです。For Exchange Online organizations, the limit is 500 recipients.

  • メッセージサイズの制限: これらの設定により、ユーザーが送受信できるメッセージのサイズが制御されます。Message Size Restrictions: These settings control the size of messages that the user can send and receive. [詳細の表示] クリックして、送受信されるメッセージの最大サイズを表示および変更します。Click View details to view and change maximum size for sent and received messages.

    注意

    これらの設定を Exchange Online で変更することはできません。These settings can't be changed in Exchange Online.

    • 送信済みメッセージ: このユーザーによって送信されるメッセージの最大サイズを指定するには、[最大メッセージサイズ (KB) ] チェックボックスをオンにして、値を入力します。Sent messages: To specify a maximum size for messages sent by this user, select the Maximum message size (KB) check box and type a value in the box. メッセージ サイズは 0 ~ 2,097,151 KB の間の値にする必要があります。The message size must be between 0 and 2,097,151 KB. 指定したサイズを超えるメッセージが受信者に送信されると、エラーの内容を表すメッセージと共にメッセージが送信者に返されます。If the user sends a message larger than the specified size, the message will be returned to the user with a descriptive error message.

    • 受信メッセージ: このユーザーが受信するメッセージの最大サイズを指定するには、[最大メッセージサイズ (KB) ] チェックボックスをオンにして、値を入力します。Received messages: To specify a maximum size for messages received by this user, select the Maximum message size (KB) check box and type a value in the box. メッセージ サイズは 0 ~ 2,097,151 KB の間の値にする必要があります。The message size must be between 0 and 2,097,151 KB. 指定したサイズを超えるメッセージをユーザーが受信すると、メッセージはエラーの内容を説明するエラー メッセージと共に送信者に返されます。If the user receives a message larger than the specified size, the message will be returned to the sender with a descriptive error message.

  • メッセージの配信制限: これらの設定は、このユーザーに電子メールメッセージを送信できるユーザーを制御します。Message Delivery Restrictions: These settings control who can send email messages to this user. [詳細の表示] ‚ðクリックして、これらの制限を表示および変更します。Click View details to view and change these restrictions.

    • [受信を許可する送信元:] このユーザーにメッセージを送信できるユーザーを指定するには、このセクションを使用します。Accept messages from: Use this section to specify who can send messages to this user.

    • [すべての送信者]: ユーザーがすべての送信者からのメッセージを受け付けることができるように指定するには、このオプションを選択します。All senders: Select this option to specify that the user can accept messages from all senders. これには、Exchange 組織内の送信者と外部の送信者の両方が含まれます。This includes both senders in your Exchange organization and external senders. 既定では、このオプションが選択されています。This option is selected by default. このオプションに外部ユーザーが含まれるのは、 [認証されたユーザーからのメッセージのみ] チェック ボックスをオフにした場合のみです。This option includes external users only if you clear the Require that all senders are authenticated check box. このチェック ボックスがオンの場合、外部ユーザーからのメッセージは拒否されます。If you select this check box, messages from external users will be rejected.

    • [次のリストに含まれる送信者のみ]: ユーザーが Exchange 組織内の指定した一連の送信者からのメッセージのみを受信できるように指定するには、このオプションを選択します。Only senders in the following list: Select this option to specify that the user can accept messages only from a specified set of senders in your Exchange organization. [追加] アイコン](../../media/ITPro_EAC_AddIcon.gif)をクリックして [受信者の選択] ページを表示します。これにより、Exchange 組織内のすべての受信者の一覧が表示されます。 **** ![Click Add Add Icon to display the Select Recipients page, which displays a list of all recipients in your Exchange organization. 目的の受信者を選択して一覧に追加し、 [OK] をクリックします。Select the recipients you want, add them to the list, and then click OK. 特定の受信者を検索するには、検索ボックスに受信者の名前を入力して**** ![、検索検索] アイコンをクリックすることもできます。You can also search for a specific recipient by typing the recipient's name in the search box and then clicking Search Search icon.

    • [すべての送信者の認証を要求する]: 匿名ユーザーがメッセージをユーザーに送信できないようにするには、このオプションを選択します。Require that all senders are authenticated: Select this option to prevent anonymous users from sending messages to the user.

    • 拒否する送信者: このユーザーにメッセージを送信するユーザーをブロックするには、このセクションを使用します。Reject messages from: Use this section to block people from sending messages to this user.

    • [送信者なし]: メールボックスが Exchange 組織内のすべての送信者からのメッセージを拒否しないように指定するには、このオプションを選択します。No senders: Select this option to specify that the mailbox won't reject messages from any senders in the Exchange organization. 既定では、このオプションが選択されています。This option is selected by default.

    • [次のリスト内の送信者]: メールボックスが Exchange 組織内の指定した一連の送信者からのメッセージを拒否するように指定するには、このオプションを選択します。Senders in the following list: Select this option to specify that the mailbox will reject messages from a specified set of senders in your Exchange organization. [追加] アイコン](../../media/ITPro_EAC_AddIcon.gif)をクリックして [受信者の選択] ページを表示します。これにより、Exchange 組織内のすべての受信者の一覧が表示されます。 **** ![Click Add Add Icon to display the Select Recipients page, which displays a list of all recipients in your Exchange organization. 目的の受信者を選択して一覧に追加し、 [OK] をクリックします。Select the recipients you want, add them to the list, and then click OK. 特定の受信者を検索するには、検索ボックスに受信者の名前を入力して**** ![、検索検索] アイコンをクリックすることもできます。You can also search for a specific recipient by typing the recipient's name in the search box and then clicking Search Search icon.

所属Member Of

[所属するグループ] タブを使用して、この受信者が所属している配布グループまたはセキュリティ グループの一覧を表示します。このページのメンバーシップ情報は変更できません。受信者が組織内の 1 つ以上の動的配布グループの条件に一致する場合があることにご注意ください。ただし、動的配布グループはこのページには表示されません。動的配布グループのメンバーシップは、使用時にその都度計算されるからです。Use the Member Of section to view a list of the distribution groups or security groups to which this user belongs. You can't change membership information on this page. Note that the user may match the criteria for one or more dynamic distribution groups in your organization. However, dynamic distribution groups aren't displayed on this page because their membership is calculated each time they are used.

メールヒントMailTip

この受信者にメッセージを送信する場合に問題が発生する可能性があるユーザーに警告するためのメール ヒントを追加するには、 [メール ヒント] を使用します。メール ヒントは、この受信者が新しい電子メール メッセージの [宛先]、[CC]、または [BCC] ボックスに追加されたときに情報バーに表示されるテキストです。Use the MailTip section to add a MailTip to alert users of potential issues if they send a message to this recipient. A MailTip is text that is displayed in the InfoBar when this recipient is added to the To, Cc, or Bcc boxes of a new email message.

注意

メール ヒントに HTML タグを入れることはできますが、スクリプトは許可されません。カスタム メール ヒントの長さは 175 文字 を超えることはできません。これは表示文字数で、HTML タグは含まれません。MailTips can include HTML tags, but scripts aren't allowed. The length of a custom MailTip can't exceed 175 displayed characters. HTML tags aren't counted in the limit.

メールボックスの委任Mailbox Delegation

ユーザーのメールボックスにサインインしたり、ユーザーに代わってメッセージを送信したりするアクセス許可を他のユーザー (代理人とも呼ばれる) に割り当てるには、 [メールボックスの委任] セクションを使用します。次のアクセス許可を割り当てることができます。Use the Mailbox Delegation section to assign permissions to other users (also called delegates) to allow them to sign in to the user's mailbox or send messages on behalf of the user. You can assign the following permissions:

  • 送信対象: このアクセス許可により、メールボックス所有者以外のユーザーがメールボックスを使用してメッセージを送信できるようになります。Send As: This permission allows users other than the mailbox owner to use the mailbox to send messages. このアクセス許可が代理人に割り当てられると、代理人がこのメールボックスから送信するすべてのメッセージは、メールボックスの所有者から送信されたかのように表示されます。After this permission is assigned to a delegate, any message that a delegate sends from this mailbox will appear as if it was sent by the mailbox owner. ただし、このアクセス許可は、代表者がユーザーのメールボックスにサインインすることは許可していません。However, this permission doesn't allow a delegate to sign in to the user's mailbox.

  • 代理送信: この権限によって、代理人はこのメールボックスを使用してメッセージを送信することができます。Send on Behalf Of: This permission also allows a delegate to use this mailbox to send messages. ただし、このアクセス許可を代理人に割り当てた後も、代理人から送信されたすべてのメッセージの [差出人:] アドレスは、メッセージがメールボックスの所有者に代わって送信されたことを示します。However, after this permission is assigned to a delegate, the From: address in any message sent by the delegate indicates that the message was sent by the delegate on behalf of the mailbox owner.

  • フルアクセス: このアクセス許可によって、代理人がユーザーのメールボックスにサインインし、メールボックスの内容を表示することができます。Full Access: This permission allows a delegate to sign in to the user's mailbox and view the contents of the mailbox. ただし、このアクセス許可を代理人に割り当てた後も、代理人がこのメールボックスからメッセージを送信することはできません。However, after this permission is assigned to a delegate, the delegate can't send messages from the mailbox. 代理人がユーザーのメールボックスから電子メールを送信できるようにするには、さらに [差出人を指定して送信する] または [代理人として送信する] 許可を代理人に割り当てる必要があります。To allow a delegate to send email from the user's mailbox, you still have to assign the delegate the Send As or the Send on Behalf Of permission.

代理人にアクセス許可を割り当てる**** には、適切なアクセス許可の下にある [追加] アイコンをクリックして、アクセス許可を割り当てることができる Exchange 組織内のすべての受信者の一覧を表示するページを表示します。To assign permissions to delegates, click Add Add Icon under the appropriate permission to display a page that displays a list of all recipients in your Exchange organization that can be assigned the permission. 目的の受信者を選択して一覧に追加し、 [OK] をクリックします。Select the recipients you want, add them to the list, and then click OK. 特定の受信者を検索するには、検索ボックスに受信者の名前を入力して**** ![、検索検索] アイコンをクリックすることもできます。You can also search for a specific recipient by typing the recipient's name in the search box and then clicking Search Search icon.

Exchange Online の PowerShell を使用してユーザーメールボックスのプロパティを変更するUse Exchange Online PowerShell to change user mailbox properties

Get-Mailbox コマンドレットと Set-Mailbox コマンドレットを使用して、ユーザー メールボックスのプロパティを表示および変更します。Use the Get-Mailbox and Set-Mailbox cmdlets to view and change properties for user mailboxes. Exchange Online の PowerShell を使用する利点の1つは、複数のメールボックスのプロパティを変更できることです。One advantage of using Exchange Online PowerShell is the ability to change the properties for multiple mailboxes. メールボックスのプロパティに対応するパラメータの詳細については、以下のトピックを参照してください。For information about what parameters correspond to mailbox properties, see the following topics:

ここでは、Exchange Online PowerShell を使用してユーザーメールボックスのプロパティを変更する例をいくつか示します。Here are some examples of using Exchange Online PowerShell to change user mailbox properties.

この例では、Pat Coleman の電子メール メッセージを Sunil Koduri (sunilk@contoso.com) のメールボックスに転送する方法について示します。This example shows how to forward Pat Coleman's email messages to Sunil Koduri's (sunilk@contoso.com) mailbox.

Set-Mailbox -Identity patc -DeliverToMailboxAndForward $true -ForwardingAddress sunilk@contoso.com

この例では、 Get-Mailbox コマンドを使用して組織内のすべてのユーザー メールボックスを検索し、 Set-Mailbox コマンドを使用して受信者の上限を電子メール メッセージの [宛先:]、[CC:]、または [BCC:] ボックスで許容されている 500 人に設定します。This example uses the Get-Mailbox command to find all user mailboxes in the organization, and then uses the Set-Mailbox command to set the recipient limit to 500 recipients allowed in the To:, Cc:, and Bcc: boxes of an email message.

Get-Mailbox -ResultSize unlimited -Filter {(RecipientTypeDetails -eq 'UserMailbox')} | Set-Mailbox -RecipientLimits 500

この例では、 Get-Mailbox コマンドを使用してマーケティング組織単位内のすべてのメールボックスを検索し、 Set-Mailbox コマンドを使用してこれらのメールボックスを構成しています。カスタム警告、送信禁止、および送受信禁止の各制限は、それぞれ 200 MB (メガバイト)、250 MB、280 MB に設定され、メールボックス データベースの既定の制限は無視されます。このコマンドを使用すると、特定のメールボックスのセットに対する制限を、組織内の他のメールボックスより大きく、または小さく構成することができます。This example uses the Get-Mailbox command to find all the mailboxes in the Marketing organizational unit, and then uses the Set-Mailbox command to configure these mailboxes. The custom warning, prohibit send, and prohibit send and receive limits are set to 200 megabytes (MB), 250 MB, and 280 MB respectively, and the mailbox database's default limits are ignored. This command can be used to configure a specific set of mailboxes to have larger or smaller limits than other mailboxes in the organization.

Get-Mailbox -OrganizationalUnit "Marketing" | Set-Mailbox -IssueWarningQuota 209715200 -ProhibitSendQuota 262144000 -ProhibitSendReceiveQuota 293601280 -UseDatabaseQuotaDefaults $false

この例では、 Get-Mailbox コマンドレットを使用して顧客サービス部門のすべてのユーザーを検索した後、 Set-Mailbox コマンドレットを使用して、メッセージを送信できる最大メッセージ サイズを 2 MB に変更しています。This example uses the Get-Mailbox cmdlet to find all users in the Customer Service department, and then uses the Set-Mailbox cmdlet to change the maximum message size for sending messages to 2 MB.

Get-Mailbox -Filter "Department -eq 'Customer Service'" | Set-Mailbox -MaxSendSize 2097152

この例では、メールヒント翻訳をフランス語と中国語で設定しています。This example sets the MailTip translation in French and Chinese.

Set-Mailbox john@contoso.com -MailTipTranslations ("FR: C'est la langue française", "CHT: 這是漢語語言")

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

ユーザー メールボックスのプロパティが正常に変更されたことを確認するには、次の操作を実行します。To verify that you've successfully changed properties for a user mailbox, do the following:

  • EAC でメールボックスを選択し、編集**** ![] 編集アイコンをクリックして、変更したプロパティまたは機能を表示します。In the EAC, select the mailbox and then click Edit Edit icon to view the property or feature that you changed. 変更したプロパティによっては、選択したメールボックスの [詳細] ウィンドウに表示される場合があります。Depending on the property that you changed, it might be displayed in the Details pane for the selected mailbox.

  • Exchange Online PowerShell で、メールボックスの取得コマンドレットを使用して変更を確認します。In Exchange Online PowerShell, use the Get-Mailbox cmdlet to verify the changes. Exchange Online の PowerShell を使用する利点の1つは、複数のメールボックスの複数のプロパティを表示できることです。One advantage of using Exchange Online PowerShell is that you can view multiple properties for multiple mailboxes. 上記の例では、受信者の制限が変更され、次のコマンドの実行により新しい値が確認されます。In the example above where the recipient limit was changed, run the following command to verify the new value.

    Get-Mailbox -ResultSize unlimited -Filter {(RecipientTypeDetails -eq 'UserMailbox')} | Format-List Name,RecipientLimits
    

    メッセージ制限が変更された上記の例では、このコマンドを実行します。For the example above where the message limits were changed, run this command.

    Get-Mailbox -OrganizationalUnit "Marketing" | Format-List Name,IssueWarningQuota,ProhibitSendQuota,ProhibitSendReceiveQuota,UseDatabaseQuotaDefaults
    

ユーザー メールボックスを一括で編集するBulk edit user mailboxes

EAC を使用して、複数のユーザー メールボックスのプロパティを変更できます。EAC のメールボックスの一覧から 2 つ以上のユーザー メールボックスを選択すると、一括編集できるプロパティが [詳細] ウィンドウに表示されます。これらのプロパティの 1 つを変更すると、その変更は選択したすべてのメールボックスに適用されます。You can use the EAC to change the properties for multiple user mailboxes. When you select two or more user mailboxes from the mailbox list in the EAC, the properties that can be bulk edited are displayed in the Details pane. When you change one of these properties, the change is applied to all selected mailboxes.

次に、一括編集できるユーザー メールボックスのプロパティおよび機能の一覧を示します。各領域のすべてのプロパティを変更できるわけではないので注意してください。Here's a list of the user mailbox properties and features that can be bulk edited. Note that not all properties in each area are available to be changed.

  • 連絡先情報: 番地、郵便番号、市区町村名などの共有プロパティを変更します。Contact Information: Change shared properties such as street, postal code, and city name.

  • [組織]: 部署名、会社名、選択したユーザーが報告するマネージャーなどの共有プロパティを変更します。Organization: Change shared properties such as department name, company name, and the manager that the selected users report to.

  • カスタム属性: カスタム属性 1-15 の値を変更または追加します。Custom attributes: Change or add values for custom attributes 1 - 15.

  • メールボックスクォータ: 削除済みアイテムのメールボックスのクォータ値および保持期間を変更します。Mailbox quota: Change the mailbox quota values and the retention period for deleted items. これは Exchange Online では使用できません。This isn't available in Exchange Online.

  • 電子メール接続: Outlook Web APP、POP3、IMAP、MAPI、および Exchange ActiveSync を有効または無効にします。Email connectivity: Enable or disable Outlook Web App, POP3, IMAP, MAPI, and Exchange ActiveSync.

  • アーカイブ: アーカイブメールボックスを有効または無効にします。Archive: Enable or disable the archive mailbox.

  • アイテム保持ポリシー、役割の割り当てポリシー、および共有ポリシー: これらのメールボックスの各機能の設定を更新します。Retention policy, role assignment policy, and sharing policy: Update the settings for each of these mailbox features.

  • メールボックスを別のデータベースに移動する: 選択したメールボックスを別のデータベースに移動します。Move mailboxes to another database: Move the selected mailboxes to a different database.

  • 代理アクセス許可: 他のメールボックスからのメッセージを開いたり送信したりできるように、ユーザーまたはグループにアクセス許可を割り当てます。Delegate permissions: Assign permissions to users or groups that allow them to open or send messages from other mailboxes. [フル アクセス]、[差出人を指定して送信する]、および [代理人として送信する] のアクセス許可をユーザーまたはグループに割り当てることができます。You can assign Full, Send As and Send on Behalf permissions to users or groups. 詳細については、「受信者のアクセス許可を管理する」を参照してください。Check out Manage permissions for recipients for more details.

注意

このタスクの予想所要時間は 2 分ですが、複数のプロパティと機能を変更する場合はそれよりも時間がかかることがあります。The estimated time to complete this task is 2 minutes, but may take longer if you change multiple properties or features.

EAC を使用してユーザー メールボックスを一括編集するUse the EAC to bulk edit user mailboxes

  1. EAC で、 [受信者] > [メールボックス] に移動します。In the EAC, navigate to Recipients > Mailboxes.

  2. メールボックスの一覧で、2 つ以上のメールボックスを選択します。In the list of mailboxes, select two or more mailboxes.

    ヒント

    隣接する複数のメールボックスを選択するには、Shift キーを押しながら、編集する最初のメールボックスをクリックして、次に最後のメールボックスをクリックします。Ctrl キーを押しながら、編集する各メールボックスをクリックして、隣接していない複数のメールボックスを選択することもできます。You can select multiple adjacent mailboxes by holding down the Shift key and clicking the first mailbox, and then clicking the last mailbox you want to edit. You can also select multiple non-adjacent mailboxes by holding down the Ctrl key and clicking each mailbox that you want to edit.

  3. [詳細] ウィンドウの [一括編集] で、編集するメールボックスのプロパティおよび機能を選択します。In the Details pane, under Bulk Edit, select the mailbox properties or feature that you want to edit.

  4. プロパティ ページで変更し、変更を保存します。Make the changes on the properties page and then save your changes.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

ユーザー メールボックスが正常に一括編集されたことを確認するには、次のいずれかを実行します。To verify that you've successfully bulk edited user mailboxes, do one of the following:

  • EAC で一括編集した各メールボックスを選択し、[編集] **** 編集アイコンをクリックして、変更したプロパティまたは機能を表示します。In the EAC, select each of the mailboxes that you bulk edited and then click Edit Edit icon to view the property or feature that you changed.

  • Exchange Online PowerShell で、メールボックスの取得コマンドレットを使用して変更を確認します。In Exchange Online PowerShell, use the Get-Mailbox cmdlet to verify the changes. Exchange Online の PowerShell を使用する利点の1つは、複数のメールボックスの複数のプロパティを表示できることです。One advantage of using Exchange Online PowerShell is that you can view multiple properties for multiple mailboxes. たとえば、EAC で一括編集機能を使用して、アーカイブ メールボックスを有効にしてアイテム保持ポリシーを組織内のすべてのユーザーに割り当てたとします。For example, say you used the bulk edit feature in the EAC to enable the archive mailbox and assign a retention policy to all users in your organization. これらの変更を確認するため、次のコマンドを実行できます。To verify these changes, you could run the following command:

    Get-Mailbox -ResultSize unlimited -Filter {(RecipientTypeDetails -eq 'UserMailbox')} | Format-List Name,ArchiveDatabase,RetentionPolicy
    

    Get-Mailbox コマンドレットで使用できるパラメーターの詳細については、「 Get-Mailbox」を参照してください。For more information about the available parameters for the Get-Mailbox cmdlet, see Get-Mailbox.