データベース可用性グループのメンバー サーバーを回復させるRecover a database availability group member server

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

データベース可用性グループ (DAG) のメンバーであるメールボックスサーバーが失われた、または障害が発生して回復不能になっていて、交換が必要な場合は、サーバー回復操作を実行できます。If a Mailbox server that's a member of a database availability group (DAG) is lost or otherwise fails and is unrecoverable and needs replacement, you can perform a server recovery operation. Microsoft Exchange Server 2013 セットアップには、サーバーの回復操作を実行するために使用できるスイッチ /m: 回復サーバーが含まれています。Microsoft Exchange Server 2013 Setup includes the switch /m:RecoverServer that can be used to perform the server recovery operation. /M: 回復サーバースイッチを指定してセットアップを実行すると、セットアップを実行しているサーバーと同じ名前のサーバーのサーバーの構成情報が Active Directory から読み取られます。Running Setup with the /m:RecoverServer switch causes Setup to read the server's configuration information from Active Directory for a server with the same name as the server from which you're running Setup. Active Directory からサーバーの構成情報を収集した後、元の Exchange ファイルとサービスはサーバーにインストールされ、Active Directory に保存されていた役割と設定がサーバーに適用されます。After the server's configuration information is gathered from Active Directory, the original Exchange files and services are then installed on the server, and the roles and settings that were stored in Active Directory are then applied to the server.

Dag に関連する他の管理タスクについては、Looking for other management tasks related to DAGs? データベース可用性グループの管理」を参照してください。Check out Managing database availability groups.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 30 分Estimated time to complete: 30 minutes

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「高可用性とサイト復元のアクセス許可」の「メールボックス データベースのコピー」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Mailbox database copies" entry in the High availability and site resilience permissions topic.

  • Exchange が既定の場所以外の場所にインストールされている場合は、 /TargetDirセットアップスイッチを使用して、exchange プログラムファイルの場所を指定する必要があります。If Exchange is installed in a location other than the default location, you must use the /TargetDir Setup switch to specify the location of the Exchange program files. /TargetDirスイッチを使用しない場合、Exchange プログラムファイルは既定の場所 (% programfiles%\Microsoft\Exchange Server\v15 で) にインストールされます。If you don't use the /TargetDir switch, the Exchange program files will be installed in the default location (%programfiles%\Microsoft\Exchange Server\V15).

    インストールの場所を決めるには、次の手順に従います。To determine the install location, follow these steps:

    1. ADSIEDIT.MSC または LDP.EXE を開きます。Open ADSIEDIT.MSC or LDP.EXE.

    2. 次の場所に移動します。 CN=ExServerName,CN=Servers,CN=First Administrative Group,CN=Administrative Groups,CN=ExOrg Name,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=DomainName,CN=ComNavigate to the following location: CN=ExServerName,CN=Servers,CN=First Administrative Group,CN=Administrative Groups,CN=ExOrg Name,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=DomainName,CN=Com

    3. Exchange サーバー オブジェクトを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。Right-click the Exchange server object, and then click Properties.

    4. msExchInstallPath 属性を探します。この属性には、現在のインストール パスが格納されます。Locate the msExchInstallPath attribute. This attribute stores the current installation path.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

サーバーを回復するためのセットアップ /m:RecoverServer の使用Use Setup /m:RecoverServer to recover a server

  1. 次の Get-MailboxDatabase コマンドレットを使用して、回復対象のサーバーに存在するいずれかのメールボックス データベース コピーのすべての再生ラグ設定または切り詰めラグ設定を取得します。Retrieve any replay lag or truncation lag settings for any mailbox database copies that exist on the server being recovered by using the Get-MailboxDatabase cmdlet:

    Get-MailboxDatabase DB1 | Format-List *lag*
    
  2. 次の Remove-MailboxDatabaseCopy コマンドレットを使用して、回復対象のサーバーに存在するいずれかのメールボックス データベース コピーを削除します。Remove any mailbox database copies that exist on the server being recovered by using the Remove-MailboxDatabaseCopy cmdlet:

    Remove-MailboxDatabaseCopy DB1\MBX1
    
  3. 次の Remove-DatabaseAvailabilityGroupServer コマンドレットを使用して、失敗したサーバーの構成を DAG から削除します。Remove the failed server's configuration from the DAG by using the Remove-DatabaseAvailabilityGroupServer cmdlet:

    Remove-DatabaseAvailabilityGroupServer -Identity DAG1 -MailboxServer MBX1
    

    注意

    削除する DAG メンバーがオフラインで、オンラインにできない場合は、 Configurationonlyパラメーターを上記のコマンドに追加する必要があります。If the DAG member being removed is offline and can't be brought online, you must add the ConfigurationOnly parameter to the preceding command. Configurationonlyスイッチを使用する場合は、ノードをクラスターから手動で削除する必要もあります。If you use the ConfigurationOnly switch, you must also manually evict the node from the cluster.

  4. Active Directory 内のサーバー コンピューター アカウントをリセットします。詳細な手順については、「コンピューター アカウントをリセットする」を参照してください。Reset the server's computer account in Active Directory. For detailed steps, see Reset a Computer Account.

  5. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。元のセットアップ メディアを使用して、次のコマンドを実行します。Open a Command Prompt window. Using the original Setup media, run the following command:

    Setup /m:RecoverServer
    
  6. セットアップ回復処理が完了したら、次の Add-DatabaseAvailabilityGroupServer コマンドレットを使用して、回復したサーバーを DAG に追加します。When the Setup recovery process is complete, add the recovered server to the DAG by using the Add-DatabaseAvailabilityGroupServer cmdlet:

    Add-DatabaseAvailabilityGroupServer -Identity DAG1 -MailboxServer MBX1
    
  7. サーバーを DAG に再び追加したら、Add-MailboxDatabaseCopy コマンドレットを使用して、メールボックス データベース コピーを再構成できます。After the server has been added back to the DAG, you can reconfigure mailbox database copies by using the Add-MailboxDatabaseCopy cmdlet. 以前に追加したデータベースコピーの再生ラグまたは切り捨てラグタイムが0より大きい場合は、 update-mailboxdatabasecopyコマンドレットのReplayLagTimeパラメーターとTruncationLagTimeパラメーターを使用して、それらを再構成できます。設定:If any of the database copies being added previously had replay lag or truncation lag times greater than 0, you can use the ReplayLagTime and TruncationLagTime parameters of the Add-MailboxDatabaseCopy cmdlet to reconfigure those settings:

    Add-MailboxDatabaseCopy -Identity DB1 -MailboxServer MBX1
    Add-MailboxDatabaseCopy -Identity DB2 -MailboxServer MBX1 -ReplayLagTime 3.00:00:00
    Add-MailboxDatabaseCopy -Identity DB3 -MailboxServer MBX1 -ReplayLagTime 3.00:00:00 -TruncationLagTime 3.00:00:00
    

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

DAG メンバーが正常に復元されたことを確認するには、次の手順を実行します。To verify that you've successfully recovered the DAG member, do the following:

  • シェルで次のコマンドを実行して、復元された DAG メンバーの正常性と状態を確認します。In the Shell, run the following command to verify the health and status of the recovered DAG member.

    Test-ReplicationHealth <ServerName>
    
    Get-MailboxDatabaseCopyStatus -Server <ServerName>
    

    すべてのレプリケーションの正常性テストに正常に合格し、データベースとそのコンテンツ インデックスの状態が正常でなければなりません。All of the replication health tests should pass successfully, and the status of databases and their content indexes should be healthy.