Exchange Server を回復するRecover an Exchange Server

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

失われたサーバーを回復するには、Microsoft Exchange Server 2013 のSetup/m:/serverスイッチを使用します。You can recover a lost server by using the Setup /m:RecoverServer switch in Microsoft Exchange Server 2013. Exchange 2013 を実行しているコンピューターの設定のほとんどは、Active Directory に格納されます。Most of the settings for a computer running Exchange 2013 are stored in Active Directory. /M: 回復サーバースイッチは、Active Directory に格納されている設定とその他の情報を使用して、同じ名前の Exchange サーバーを再構築します。The /m:RecoverServer switch rebuilds an Exchange server with the same name by using the settings and other information stored in Active Directory.

失われた Exchange サーバーの回復は、多くの場合、新しいハードウェアを使用して実施されます。Recovering a lost Exchange server is often accomplished by using new hardware. ただし、既存のサーバーを使用することもできます。However, you can also use an existing server.

このトピックでは、データベース可用性グループ (DAG) のメンバーではない、失われた Exchange 2013 サーバーを復元する方法について説明します。This topic shows you how to recover a lost Exchange 2013 server that isn't a member of a database availability group (DAG). DAG に属していたサーバーを回復する方法の詳細手順については、「データベース可用性グループのメンバー サーバーを回復させる」を参照してください。For detailed steps about how to recover a server that was a member of a DAG, see Recover a database availability group member server.

注意

Exchange が既定以外の場所にインストールされる場合、/TargetDir スイッチを使用して、Exchange のバイナリ ファイルの場所を指定する必要があります。If Exchange is installed in a location other than the default location, you must use the /TargetDir switch to specify the location of the Exchange binary files. /TargetDir スイッチを使用しない場合、Exchange のファイルは既定の場所 (%programfiles%\Microsoft\Exchange Server\V15) にインストールされます。If you don't use the /TargetDir switch, the Exchange files are installed in the default location (%programfiles%\Microsoft\Exchange Server\V15).
インストールの場所を決めるには、次の手順に従います。To determine the install location, follow these steps:

  1. ADSIEDIT.MSC または LDP.EXE を開きます。Open ADSIEDIT.MSC or LDP.EXE.

  2. 次の場所に移動します。 CN=ExServerName,CN=Servers,CN=First Administrative Group,CN=Administrative Groups,CN=ExOrg Name,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=DomainName,CN=ComNavigate to the following location: CN=ExServerName,CN=Servers,CN=First Administrative Group,CN=Administrative Groups,CN=ExOrg Name,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,DC=DomainName,CN=Com

  3. Exchange サーバー オブジェクトを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。Right-click the Exchange server object, and then click Properties.

  4. msExchInstallPath 属性を探します。この属性には、現在のインストール パスが格納されます。Locate the msExchInstallPath attribute. This attribute stores the current installation path.

データのバックアップと復元に関連する他の管理タスクについては、こちらを参照してください。Looking for other management tasks related to backing up and restoring data? バックアップ、復元、および障害復旧をチェックします。Check out Backup, restore, and disaster recovery.

事前に必要な知識What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 20 分Estimated time to complete: 20 minutes

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。 「Exchange およびシェル インフラストラクチャのアクセス許可」の「Exchange インフラストラクチャ アクセス許可」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Exchange infrastructure permissions" section in the Exchange and Shell infrastructure permissions topic.

  • 回復が行われているサーバーは、失われたサーバーと同じオペレーティング システムを実行している必要があります。たとえば、Exchange 2013 および Windows Server 2008 R2 を実行していたサーバーを Windows Server 2012 を実行しているサーバー上に回復することはできません。また、その逆もできません。同様に、Exchange 2013 と Windows Server 2012 を実行していたサーバーを Windows Server 2012 R2 を実行しているサーバー上に回復することはできません。また、その逆もできません。The server on which recovery is being performed must be running the same operating system as the lost server. For example, you can't recover a server that was running Exchange 2013 and Windows Server 2008 R2 on a server running Windows Server 2012, or vice versa. Likewise, you can't recover a server that was running Exchange 2013 and Windows Server 2012 on a server running Windows Server 2012 R2, or vice versa.

  • データベースがマウントされていた障害が発生したサーバーと同じディスク ドライブ文字が、回復を実行しているサーバーになければなりません。The same disk drive letters on the failed server for mounted databases must exist on the server on which you're running recovery.

  • 回復が行われているサーバーは、パフォーマンス特性およびハードウェア構成が失われたサーバーと同じでなくてはなりません。The server on which recovery is being performed should have the same performance characteristics and hardware configuration as the lost server.

  • _/Mode: 回復サーバー_スイッチは、SSL/TLS を必要とするすべての Exchange サービスに自己署名証明書を割り当てます。The /Mode:RecoverServer switch assigns a self-signed certificate to all Exchange Services that require SSL/TLS. 以前にサーバーが別の証明機関によって発行された SSL/TLS 証明書を使用していた場合は、証明書を再インポートして、証明書を使用するようにサービスを構成する必要があります。If the server previously used an SSL/TLS certificate that was issued by a different certification authority, you'll need to re-import the certificate and configure the services to use the certificate. そうしないと、ユーザーが接続を試みたときに (たとえば、Outlook で) 証明書のプロンプトが表示されます。Otherwise, users will get a certificate prompt when they try to connect (for example, in Outlook).

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

ヒント

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

失われた Exchange サーバーを回復するRecover a Lost Exchange Server

  1. 失われたサーバーのコンピューター アカウントをリセットします。詳細な手順については、「コンピューター アカウントをリセットする」を参照してください。Reset the computer account for the lost server. For detailed steps, see Reset a Computer Account.

  2. 適切なオペレーティング システムをインストールして、新規サーバーに失われたサーバーと同じ名前をつけます。回復が行われているサーバーが失われたサーバーと名前が同じでない場合は、回復が成功しません。Install the proper operating system and name the new server with the same name as the lost server. Recovery won't succeed if the server on which recovery is being performed doesn't have the same name as the lost server.

  3. サーバーを失われたサーバーと同じドメインに追加します。Join the server to the same domain as the lost server.

  4. 必要な前提条件とオペレーティング システム コンポーネントをインストールします。Install the necessary prerequisites and operating system components. 詳細については、「 exchange 2013 のシステム要件」および「 exchange 2013 の前提条件」を参照してください。For details, see Exchange 2013 system requirements and Exchange 2013 prerequisites.

  5. 回復されたサーバーにログオンして、コマンド プロンプトを開きます。Log on to the server being recovered and open a command prompt.

  6. Exchange 2013 のインストールファイルに移動し、次のコマンドを実行します。Navigate to the Exchange 2013 installation files, and run the following command.

    Setup /m:RecoverServer /IAcceptExchangeServerLicenseTerms
    
  7. Setup コマンドの完了後、回復されたサーバーを運用に移す前に、サーバーに以前存在したカスタム設定を再構成して、その後でサーバーを再起動します。After Setup has completed, but before the recovered server is put into production, reconfigure any custom settings that were previously present on the server, and then restart the server.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

Setup コマンドの正常終了は、回復が成功したことを示す主要な指標になります。The successful completion of Setup will be the primary indicator that the recovery was successful. 失われたサーバーが正常に復元されたことをさらに確認するには、Windows サービスツール (services.msc) を開き、Microsoft Exchange サービスがインストールされて実行されていることを確認します。To further verify that you've successfully recovered a lost server, open the Windows Services tool (services.msc) and verify that the Microsoft Exchange services have been installed and are running.

Scripting Agent で発生する可能性のある問題Possible issues with the Scripting Agent

以前に Exchange 組織で Scripting Agent を有効にしていた場合は、回復プロセスが失敗する可能性があります。If you previously enabled the Scripting Agent in your Exchange organization, the recovery process might fail. エラーは次のようになります。The error will look like this:

"Initialization failed: '"Scripting Agent initialization failed: "File is not found: 'C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\Bin\CmdletExtensionAgents\ScriptingAgentConfig.xml'.""' ---> Microsoft.Exchange.Provisioning.ProvisioningException: "Scripting Agent initialization failed: "File is not found: 'C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\Bin\CmdletExtensionAgents\ScriptingAgentConfig.xml'."" ---> System.IO.FileNotFoundException: "File is not found: 'C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\Bin\CmdletExtensionAgents\ScriptingAgentConfig.xml'."

組織内に他の Exchange サーバーがある場合は、次のことを行う必要があります。If you have other Exchange servers in your organization, you'11 need to:

  1. 既存のサーバーの Exchange 管理シェルでスクリプティングエージェントを無効にします。Disable the Scripting Agent in the Exchange Management Shell on an existing server:

    Disable-CmdletExtensionAgent -Identity "Scripting Agent"
    
  2. このトピックの前半で説明したように、Exchange セットアップを回復モードで実行します。Run Exchange Setup in recovery mode as described earlier in this topic.

  3. Exchange server の復元が完了したら、Exchange 管理シェルでスクリプティングエージェントを有効にします。Enable the Scripting Agent in the Exchange Management Shell after the Exchange server recovery is complete:

    Enable-CmdletExtensionAgent -Identity "Scripting Agent"
    

回復された Exchange サーバーが組織内の唯一の Exchange サーバーである場合は、次のことを行う必要があります。If the recovered Exchange server is the only Exchange server in your organization, you'll need to:

  1. ファイルの名前を% ExchangeInstallPath% Bin /設定します。xml. サンプルは、% ExchangeInstallPath% Bin \ Extensionagents \ ScriptingAgentConfig にします。xmlRename the file %ExchangeInstallPath%Bin\CmdletExtensionAgents\ScriptingAgentConfig.xml.sample to %ExchangeInstallPath%Bin\CmdletExtensionAgents\ScriptingAgentConfig.xml.

    既定値の% ExchangeInstallationPath% は%ProgramFiles%\Microsoft\Exchange \ v15,ですが、実際の値は、Exchange がサーバーにインストールされている場所にあります。The default value of %ExchangeInstallationPath% is %ProgramFiles%\Microsoft\Exchange Server\V15, but the actual value is wherever you installed Exchange on the server.

  2. このトピックで前述した手順に従って、Exchange セットアップを回復モードで再実行します。Re-run Exchange Setup in recovery mode as described earlier in this topic.