回復可能なアイテム フォルダーRecoverable Items folder

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

偶発的または悪意による削除から保護し、訴訟や調査の前または調査中によく実行される証拠開示作業を容易にするために、Microsoft Exchange Server 2013 および Exchange Online では、回復可能なアイテムフォルダーを使用しています。To protect from accidental or malicious deletion and to facilitate discovery efforts commonly undertaken before or during litigation or investigations, Microsoft Exchange Server 2013 and Exchange Online use the Recoverable Items folder. [回復可能なアイテム] フォルダーは、以前のバージョンの Exchange では "収集済みアイテム" と呼ばれる機能に置き換えられました。The Recoverable Items folder replaces the feature that was known as the dumpster in earlier versions of Exchange. 回復可能なアイテムフォルダーは、次の Exchange の機能によって使用されます。The Recoverable Items folder is used by the following Exchange features:

  • 削除済みアイテムの保存期間Deleted item retention

  • 単一アイテムの回復Single item recovery

  • インプレース保持In-Place Hold

  • 訴訟ホールドLitigation Hold

  • メールボックスの監査ログの出力Mailbox audit logging

  • 予定表のログ出力Calendar logging

用語集Terminology

以下の用語を理解しておくことで、このトピックの内容をより深く理解できます。Knowledge of the following terms will help you understand the content in this topic.

  • 削除:Delete:

    アイテムが任意のフォルダーから削除され、削除済みアイテムの既定フォルダーに配置されることを表します。Describes when an item is deleted from any folder and placed in the Deleted Items default folder.

  • 完全に削除します。Permanently delete:

    アイテムが削除済みアイテムの既定フォルダーから削除され、回復可能なアイテム フォルダーに配置されることを示します。Describes when an item is deleted from the Deleted Items default folder and placed in the Recoverable Items folder. また、Microsoft Outlook ユーザーが Shift + Delete キーを押してアイテムを削除するときに、[削除済みアイテム] フォルダーをバイパスし、[回復可能なアイテム] フォルダーにアイテムを直接配置することについても説明します。Additionally describes when a Microsoft Outlook user deletes an item by pressing Shift+Delete, which bypasses the Deleted Items folder and places the item directly in the Recoverable Items folder.

  • 削除済み:Purged:

    アイテムがメールボックスから削除対象であると設定されたことを表します。これは、記憶域の物理的な削除とも呼ばれます。Describes when an item is marked to be purged from the mailbox database. This is also known as a store hard delete.

[回復可能なアイテム] フォルダーRecoverable Items folder

回復可能なアイテムフォルダーは、各メールボックスの IPM 以外のサブツリーに格納されます。The Recoverable Items folder resides in the non-IPM subtree of each mailbox. IPM 以外のサブツリーは、メールボックスに関する操作データが格納されているメールボックス内のストレージ領域です。The non-IPM subtree is a storage area within the mailbox that contains operational data about the mailbox. このサブツリーは、Outlook、Microsoft Office Outlook Web App、またはその他の電子メールクライアントを使用しているユーザーには表示されません。This subtree isn't visible to users using Outlook, Microsoft Office Outlook Web App, or other email clients.

このアーキテクチャ上の変更により、次の重要な利点が得られます。This architectural change provides the following key benefits:

  • メールボックスを別のメールボックス データベースに移動すると、回復可能なアイテム フォルダーも一緒に移動します。When a mailbox is moved to another mailbox database, the Recoverable Items folder moves with it.

  • 回復可能なアイテムフォルダーは、Exchange Search によってインデックスが作成され、インプレース電子情報開示を使用して検出できます。The Recoverable Items folder is indexed by Exchange Search and can be discovered using In-Place eDiscovery.

  • 回復可能なアイテム フォルダーには独自の格納域の制限があります。The Recoverable Items folder has its own storage quota.

  • Exchange は、回復可能なアイテム フォルダーからデータが削除されるのを防ぐことができます。Exchange can prevent data from being purged from the Recoverable Items folder.

  • Exchange は、コンテンツの編集を追跡できます。Exchange can track edits of certain content.

回復可能なアイテム フォルダーには次のサブフォルダーがあります。The Recoverable Items folder contains the following subfolders:

  • **** 削除: このサブフォルダーには、削除済みアイテムフォルダーから削除されたすべてのアイテムが含まれます。Deletions: This subfolder contains all items deleted from the Deleted Items folder. (Outlook では、ユーザーは Shift + Del キーを押してアイテムを完全に削除できます。)このサブフォルダーは、Outlook および Outlook Web App の削除済みアイテムの回復機能を使用してユーザーに公開されます。(In Outlook, a user can permanently delete an item by pressing Shift+Delete.) This subfolder is exposed to users through the Recover Deleted Items feature in Outlook and Outlook Web App.

  • バージョン: インプレース保持または訴訟ホールドが有効になっている場合、このサブフォルダーには、削除済みアイテムの元のコピーと変更されたコピーが格納されます。Versions: If In-Place Hold or Litigation Hold is enabled, this subfolder contains the original and modified copies of the deleted items. このフォルダーは、エンド ユーザーには表示されません。This folder isn't visible to end users.

  • パージ: 訴訟ホールドまたは単一アイテムの回復が有効になっている場合、このサブフォルダーには削除されたすべてのアイテムが含まれます。Purges: If either Litigation Hold or single item recovery is enabled, this subfolder contains all items that are purged. このフォルダーは、エンド ユーザーには表示されません。This folder isn't visible to end users.

  • 監査: メールボックスのメールボックス監査ログが有効になっている場合、このサブフォルダーには監査ログエントリが含まれています。Audits: If mailbox audit logging is enabled for a mailbox, this subfolder contains the audit log entries. メールボックス監査ログの詳細については、「 メールボックスの監査ログの出力」を参照してください。To learn more about mailbox audit logging, see Mailbox audit logging.

  • Discoveryholds: インプレース保持が有効になっている場合、このサブフォルダーには、保持クエリパラメーターに一致し、削除されるすべてのアイテムが含まれます。DiscoveryHolds: If In-Place Hold is enabled, this subfolder contains all items that meet the hold query parameters and are purged.

  • 予定表のログ: このサブフォルダーには、メールボックス内で発生する予定表の変更が含まれています。Calendar Logging: This subfolder contains calendar changes that occur within a mailbox. このフォルダーは、ユーザーは利用できません。This folder isn't available to users.

次の図は、[回復可能なアイテム] フォルダー内のサブフォルダーを示しています。また、削除済みアイテムの保有期間、単一アイテムの回復、および保留のワークフロー プロセスも示しています。これらについては以降のセクションで説明します。The following illustration shows the subfolders in the Recoverable Items folders. It also shows the deleted item retention, single item recovery, and hold workflow processes that are described in the following sections.

回復可能なアイテムフォルダーRecoverable Items folder

削除済みアイテムの保存期間Deleted item retention

次の場合には、アイテムは完全に削除されたと見なされます。An item is considered to be permanently deleted in the following cases:

  • ユーザーがアイテムを削除するか、削除済みアイテム フォルダーからすべてのアイテムを空にする。A user deletes an item or empties all items from the Deleted Items folder.

  • ユーザーが Shift+Delete キーを押して、その他のメールボックス フォルダーからアイテムを削除する。A user presses Shift+Delete to delete an item from any other mailbox folder.

完全に削除されたアイテムは、回復可能なアイテムフォルダーの削除サブフォルダーに移動されます。Permanently deleted items are moved to the Deletions subfolder of the Recoverable Items folder. これにより、ユーザーが完全に削除されたアイテムを回復する際に、ヘルプデスクの介入を必要とせずに、追加の保護層が提供されます。This provides an additional layer of protection so users can recover permanently deleted items without requiring Help desk intervention. ユーザーは、Outlook または Outlook Web App の削除済みアイテムの回復機能を使用して、削除されたアイテムを復元できます。Users can use the Recover Deleted Items feature in Outlook or Outlook Web App to recover a deleted item. ユーザーはこの機能を使用して、アイテムを完全に削除することもできます。Users can also use this feature to permanently delete an item. 詳細については、次のトピックを参照してください。For more information, see:

削除済みアイテムの保存期間が経過するまで、アイテムは Deletions サブフォルダーに残ります。Items remain in the Deletions subfolder until the deleted item retention period is reached. メールボックス データベースの既定の削除済みアイテムの保存期間は 14 日間です。The default deleted item retention period for a mailbox database is 14 days. メールボックス データベースまたは特定メールボックスのこの期間を変更できます。You can modify this period for a mailbox database or for a specific mailbox. 削除済みアイテムの保存期間に加え、回復可能なアイテム フォルダーもクォータの対象です。In addition to a deleted item retention period, the Recoverable Items folder is also subject to quotas. 詳細については、このトピックで後述する「回復可能なアイテムのメールボックスクォータ」を参照してください。To learn more, see Recoverable Items Mailbox Quotas later in this topic.

削除済みアイテムの保存期間の経過後、アイテムは Purges フォルダーに移動し、ユーザーには表示されなくなります。After the deleted item retention period elapses, the item is moved to the Purges folder and is no longer visible to the user. 管理フォルダーアシスタントがメールボックスを処理するとき、削除サブフォルダー内のアイテムはメールボックスデータベースから削除され、回復することはできません。When the Managed Folder Assistant processes the mailbox, items in the Purges subfolder are purged from the mailbox database and can't be recovered.

単一アイテムの回復Single item recovery

削除済みアイテムの回復機能を使用してアイテムを消去するユーザー、または管理フォルダー アシスタントなどの自動化プロセスのいずれかによって Deletions サブフォルダーからアイテムを削除する場合、ユーザーはアイテムを復元できません。Exchange の以前のバージョンでは、これらのアイテムを回復するのに、管理者がメールボックス データベースまたはメールボックスをバックアップ コピーから復元する必要がありました。この処理は通常、使用するバックアップ メカニズムに応じて、数分から数時間の回復に遅れがありました。If an item is removed from the Deletions subfolder, either by a user purging the item by using the Recover Deleted Items feature or by an automated process such as the Managed Folder Assistant, the item can't be recovered by the user. In previous versions of Exchange, recovering these items required the administrator to restore the mailbox database or a mailbox from backup copies. This process generally delayed recovery by minutes or hours, depending on the backup mechanism used.

Exchange 2013 では、単一アイテムの回復を使用してアイテムを回復できます。バックアップメディアを使用してメールボックスデータベースを復元する必要はありません。In Exchange 2013, you can use single item recovery to recover items without having to restore the mailbox databases using backup media. これにより、回復の期間は大幅に短縮されます。This results in considerably shorter recovery periods. 管理フォルダー アシスタントが、単一アイテムの回復が有効なメールボックスで回復可能なアイテム フォルダーを処理すると、パージ サブフォルダー内のアイテムはそのアイテムの削除済みアイテムの保存期間の期限が切れるまで削除されません。When the Managed Folder Assistant processes the Recoverable Items folder for a mailbox that has single item recovery enabled, any item in the Purges subfolder isn't purged if the deleted item retention period hasn't expired for that item.

次の表は、単一アイテムの回復が有効である場合の、回復可能なアイテム フォルダーのコンテンツと実行可能であるアクションの一覧です。The following table lists the contents of and actions that can be performed in the Recoverable Items folder if single item recovery is enabled.

回復可能なアイテム フォルダーと単一アイテムの回復Recoverable Items folder and single item recovery

単一アイテムの回復の状態State of single item recovery 回復可能なアイテムフォルダーに完全に削除されたアイテムが含まれるRecoverable Items folder contains permanently deleted items 回復可能なアイテムフォルダーに、削除されたアイテムが含まれるRecoverable Items folder contains purged items ユーザーは、回復可能なアイテム フォルダーからアイテムを削除できるUsers can purge items from the Recoverable Items folder 管理フォルダー アシスタントが回復可能なアイテム フォルダーからアイテムを自動的に削除するManaged Folder Assistant automatically purges items from the Recoverable Items folder

有効Enabled

はいYes

はいYes

はい。Yes. ユーザーは、Outlook または Outlook Web App の削除済みアイテムの回復機能を使用してアイテムを削除できます。Users can purge items using the Recover Deleted Items feature in Outlook or Outlook Web App. ただし、削除されたアイテムの保存期間が経過するまでは、削除されたアイテムはメールボックスデータベースから完全に削除されません。But purged items won't be permanently removed from the mailbox database until the deleted item retention period expires.

はい。Yes. 既定では、すべてのアイテムは14日後に削除されます。予定表アイテムは除き、31日後に削除されます。By default, all items are purged after 14 days, with the exception of calendar items, which are purged after 31 days.

無効Disabled

はいYes

いいえNo

はい。Yes. この場合、削除されたアイテムは、メールボックスデータベースから完全に削除されるようにマークされており、回復することはできません。In this case, purged items are marked to be permanently removed from the mailbox database and can't be recovered.

はい。Yes. 既定では、すべてのアイテムは14日後に削除されます。予定表アイテムは除き、31日後に削除されます。By default, all items are purged after 14 days, with the exception of calendar items, which are purged after 31 days. 削除済みアイテムの保存期間が経過する前に、回復可能なアイテムの警告クォータに達した場合、メッセージは先入れ先出し (FIFO) 順序で削除されます。If the Recoverable Items warning quota is reached before the deleted item retention period elapses, messages are deleted in first in, first out (FIFO) order.

Exchange 2013 では、以前のバージョンの Exchange から移動された新しいメールボックスまたはメールボックスに対して、単一アイテムの回復が既定で有効になっていません。In Exchange 2013, single item recovery isn't enabled by default for new mailboxes or mailboxes moved from a previous version of Exchange. メールボックスの単一アイテムの回復を有効にし、削除済みアイテムの保存期間を構成または変更するには、Exchange 管理シェルを使用する必要があります。You must use the Exchange Management Shell to enable single item recovery for a mailbox, and then configure or modify the deleted item retention period. 単一アイテムの回復を行う方法について詳しくは、「ユーザーのメールボックス内の削除済みメッセージを復元する」をご覧ください。For details about how to perform a single item recovery, see Recover deleted messages in a user's mailbox.

インプレース保持と訴訟ホールドIn-Place Hold and Litigation Hold

Exchange 2013 と Exchange Online では、検出マネージャーはインプレース電子情報開示を使用して、メールボックスの内容の電子情報開示検索を実行できます。In Exchange 2013 and Exchange Online, discovery managers can use In-Place eDiscovery with delegated Discovery Management permissions to perform eDiscovery searches of mailbox content. Exchange 2013 と Exchange Online にはインプレースホールドも導入されており、これを使用して、クエリパラメーターに一致するメールボックスアイテムを保持し、ユーザーまたは自動プロセスによってアイテムが削除されないように保護することができます。Exchange 2013 and Exchange Online also introduced In-Place Hold, which you can use to preserve mailbox items that match query parameters and protect the items from deletion by users or automated processes. また、訴訟ホールドを使用して、ユーザーのメールボックス内のすべてのアイテムを保持するとともに、ユーザーや自動プロセスによってアイテムが削除されないように保護することもできます。You can also use Litigation Hold to preserve all items in user mailboxes and protect the items from deletion by users or automated processes.

メールボックスをインプレース保持または訴訟ホールドの対象にすると、管理フォルダー アシスタントは DiscoveryHolds やパージ サブフォルダーからのメッセージの自動削除を停止します。Placing a mailbox on In-Place Hold or Litigation Hold stops the Managed Folder Assistant from automatically purging messages from the DiscoveryHolds and Purges subfolders. さらに、そのメールボックスでコピー オン ライト ページ保護も有効になります。Additionally, copy-on-write page protection is also enabled for the mailbox. コピー オン ライト ページ保護により、Exchange ストアに変更が書き込まれる前に、元のアイテムのコピーが作成されます。Copy-on-write page protection creates a copy of the original item before any modifications are written to the Exchange store. メールボックスが保持から削除されると、管理フォルダーアシスタントは自動削除を再開します。After mailbox is removed from hold, the Managed Folder Assistant resumes automated purging.

次の表は、訴訟ホールドが有効である場合の、回復可能なアイテム フォルダーのコンテンツと実行可能なアクションの一覧です。The following table lists the contents of and actions that can be performed in the Recoverable Items folder if Litigation Hold is enabled.

回復可能なアイテム フォルダーとホールドRecoverable Items folder and holds

保留の状態State of hold 回復可能なアイテムフォルダーに完全に削除されたアイテムが含まれるRecoverable Items folder contains permanently deleted items 回復可能なアイテムフォルダーに、変更および削除されたアイテムが含まれるRecoverable Items folder contains modified and purged items ユーザーは、回復可能なアイテム フォルダーからアイテムを削除できるUsers can purge items from the Recoverable Items folder 管理フォルダー アシスタントが回復可能なアイテム フォルダーからアイテムを自動的に削除するManaged Folder Assistant automatically purges items from the Recoverable Items folder

有効Enabled

はいYes

はいYes

はい。Yes. ユーザーは、Outlook または Outlook Web App の削除済みアイテムの回復機能を使用してアイテムを削除できます。Users can purge items using the Recover Deleted Items feature in Outlook or Outlook Web App. ただし、メールボックスが保留中の場合、管理フォルダーアシスタントはメールボックスデータベースから完全に削除しません。But the Managed Folder Assistant doesn't permanently remove them from the mailbox database if the mailbox is on hold.

いいえNo

無効Disabled

はいYes

いいえNo

ありYes

はいYes

インプレース電子証拠開示、インプレース保持、訴訟ホールドの詳細については、次のトピックを参照してください。To learn more about In-Place eDiscovery, In-Place Hold, and Litigation Hold, see the following topics:

コピー オン ライト ページ保護と変更されたアイテムCopy-on-write page protection and modified items

インプレース保持または訴訟ホールドの対象になっているユーザーがメールボックス アイテムの特定プロパティを変更すると、変更されたアイテムが書き込まれる前に、原本のメールボックス アイテムのコピーが作成されます。原本のコピーは Versions サブフォルダーに保存されます。この処理はコピー オン ライト ページ保護と呼ばれます。コピー オン ライト ページ保護は、任意のメールボックス フォルダーに存在するアイテムに適用されます。Versions サブフォルダーは、ユーザーに表示されません。If a user who is placed on In-Place Hold or Litigation Hold modifies specific properties of a mailbox item, a copy of the original mailbox item is created before the changed item is written. The original copy is saved in the Versions subfolder. This process is known as copy-on-write page protection. Copy-on-write page protection applies to items residing in any mailbox folder. The Versions subfolder isn't visible to users.

次の表は、コピー オン ライト ページ保護をトリガーするメッセージのプロパティの一覧です。The following table lists the message properties that trigger copy-on-write page protection.

コピー オン ライト ページ保護をトリガーするプロパティProperties that trigger copy-on-write page protection

アイテムの種類Item type コピー オン ライト ページ保護をトリガーするプロパティProperties that trigger copy-on-write page protection

メッセージ (IPM.Note\*)Messages (IPM.Note\*)

投稿 (IPM.Post\*)Posts (IPM.Post\*)

  • 件名Subject

  • BodyBody

  • 添付ファイルAttachments

  • 送信者と受信者Senders and recipients

  • 送信日と受信日Sent and received dates

メッセージおよび投稿以外のアイテムItems other than messages and posts

以下を除く、表示可能なプロパティへの変更:Any change to a visible property, except the following:

  • アイテムの場所 (アイテムがフォルダー間で移動した場合)Item location (when an item is moved between folders)

  • アイテムのステータスの変更 (開封済みまたは未開封)Item status change (read or unread)

  • アイテムに適用する保持タグへの変更Changes to a retention tag applied to an item

下書きの既定フォルダーにあるアイテムItems in the Drafts default folder

なし。下書きフォルダーのアイテムはコピー オン ライト ページ保護から除外されます。None. Items in the Drafts folder are exempt from copy-on-write page protection.

重要

会議開催者が出席者から応答を受信して会議の追跡情報が更新された場合には、コピー オン ライト ページ保護は会議のバージョンを保存しません。さらに、RSS フィードへの変更は、コピー オン ライト ページ保護によりキャプチャされません。Copy-on-write page protection doesn't save a version of the meeting when a meeting organizer receives responses from attendees and the meeting's tracking information is updated. Also, changes to RSS feeds aren't captured by copy-on-write page protection.

メールボックスでインプレース保持または訴訟ホールドの設定が解除された場合、Versions フォルダーに格納された変更済みアイテムのコピーは削除されます。When a mailbox is no longer on In-Place Hold or litigation hold, copies of modified items stored in the Versions folder are removed.

回復可能なアイテムのメールボックス クォータRecoverable Items mailbox quotas

アイテムが回復可能なアイテム フォルダーに移動すると、そのアイテムのサイズがメールボックス クォータから減算され、回復可能なアイテム フォルダーのサイズに加算されます。When an item is moved to the Recoverable Items folder, its size is deducted from the mailbox quota and added to the size of the Recoverable Items folder. Exchange 2013 では、メールボックスデータベースの構成可能な回復可能なアイテムの警告クォータ (ソフト制限) が 20 gb で、回復可能なアイテムのクォータ (ハードリミット) が 30 gb になっています。In Exchange 2013, mailbox databases have a configurable Recoverable Items warning quota (soft limit) of 20 GB and a Recoverable Items quota (hard limit) of 30 GB. 既定では、これらの制限はデータベース内のすべてのメールボックスに継承されます。By default, these limits are inherited by all mailboxes in the database. ただし、個別のメールボックスに異なるクォータを構成できます。However, you can configure individual mailboxes with different quotas. 詳細については、「削除済みアイテムの保存期間と回復可能なアイテムのクォータを構成する」を参照してください。To learn more, see Configure Deleted Item retention and Recoverable Items quotas.

Exchange Online では、回復可能なアイテムのクォータの既定の制限は、Exchange 2013 と同じです。ソフトリミットを 20 GB、ハードリミットを 30 GB に設定します。In Exchange Online, the default limits for the Recoverable Items quota are the same as Exchange 2013; a soft limit of 20 GB and a hard limit of 30 GB. ただし、回復可能なアイテム フォルダーのクォータは、メールボックスを訴訟ホールドとインプレース保持の対象にすると、それぞれ自動的に 90 GB と 100 GB に増加されます。However, the quotas for the Recoverable Items folder are automatically increased to 90 GB and 100 GB, respectively, when you place a mailbox on Litigation Hold or In-Place Hold.

メールボックスの回復可能なアイテム フォルダーが回復可能なアイテムのクォータに達すると、フォルダーにアイテムを格納することはできなくなります。この結果、メールボックスの機能は次のような影響を受けます。When the Recoverable Items folder for a mailbox reaches the Recoverable Items quota, no more items can be stored in the folder. This impacts mailbox functionality in the following ways:

  • メールボックス ユーザーがアイテムを削除できない。Mailbox users can't delete items.

  • 管理フォルダー アシスタントが、保持タグや管理フォルダー設定をもとにしてアイテムを削除できない。The Managed Folder Assistant can't delete items based on retention tag or managed folder settings.

  • 単一アイテムの回復や、インプレース保持、訴訟ホールドが有効なメールボックスで、コピー オン ライト ページ保護プロセスが、ユーザーにより編集されたアイテムのバージョンを維持できない。For mailboxes that have single item recovery, In-Place Hold or Litigation Hold enabled, the copy-on-write page protection process can't maintain versions of items edited by the user.

  • メールボックス監査ログが有効なメールボックスで、Audits サブフォルダーにメールボックス ログ エントリを保存できない。For mailboxes that have mailbox audit logging enabled, no mailbox audit log entries can be saved in the Audits subfolder.

インプレース保持または訴訟ホールドの対象になっていないメールボックスでは、削除済みアイテムの保存期間の期限が切れると、管理フォルダー アシスタントは回復可能なアイテム フォルダーからアイテムを自動的に削除します。For mailboxes that aren't placed on In-Place Hold or Litigation Hold, the Managed Folder Assistant automatically purges items from the Recoverable Items folder when the deleted item retention period expires. フォルダーが回復可能なアイテムの警告クォータに到達すると、アシスタントは自動的に FIFO 順でアイテムを削除します。If the folder reaches the Recoverable Items warning quota, the assistant automatically purges items in FIFO order.

回復可能なアイテム フォルダーがソフト制限およびハード制限の既定値に達すると、イベント ログおよび Microsoft System Center Operations Manager の警告により通知されます。この警告は、回復可能なアイテム フォルダーがソフトおよびハード制限の既定値に最初に達したときに通知され、その後 1 日 1 回通知されます。When the Recoverable Items folder reaches the soft and hard limit defaults, you are notified by means of an event log and a Microsoft System Center Operations Manager alert. This alert fires when the Recoverable Items folder first reaches the soft and hard limit defaults, and then once daily afterward.

次の表は、回復可能なアイテム フォルダーがソフトおよびハード制限の既定値に達するときに記録されるログの一覧です。The following table lists the events logged when the Recoverable Items folder reaches the soft and hard limit defaults.

回復可能なアイテムのクォータの警告とエラーRecoverable Items quota warnings and errors

イベント IDEvent ID Type SourceSource MessageMessage

1002410024

警告Warning

MSExchangeIS Mailbox StoreMSExchangeIS Mailbox Store

<メールボックスユーザー >のメールボックス (GUID) が、回復可能なアイテムの警告クォータを超えています。The mailbox for <mailbox user> (GUID) has exceeded the Recoverable Items Warning Quota. 回復可能なアイテムからアイテムを削除するか、回復可能なアイテムの警告クォータと回復可能なアイテムのクォータを増やします。Please remove items from Recoverable Items or increase the Recoverable Items Warning Quota and Recoverable Items Quota. 回復可能なアイテムのクォータを超えると、ユーザーはメールボックスからアイテムを削除できません。If the Recoverable Items Quota is exceeded, the user will be unable to delete items from the mailbox.

1002310023

エラーError

MSExchangeIS Mailbox StoreMSExchangeIS Mailbox Store

<メールボックスユーザー >のメールボックス (GUID) が、回復可能なアイテムの最大クォータを超えています。The mailbox for <mailbox user> (GUID) has exceeded the maximum Recoverable Items Quota. このメールボックスからアイテムを削除できません。Items cannot be deleted from this mailbox. メールボックスの状態をメールボックスの所有者に速やかに通知する必要があります。The mailbox owner should be notified about the condition of the mailbox as soon as possible. 回復可能なアイテムからアイテムを削除するか、回復可能なアイテムのクォータを増やして、機能を回復してください。Please remove items from Recoverable Items or increase the Recoverable Items Quota to restore functionality.

1002310023

警告Warning

MSExchangeMailboxAssistantsMSExchangeMailboxAssistants

メールボックス:<メールボックスユーザー >の回復可能なアイテムのサイズが、警告クォータの制限を超えています。The mailbox:<mailbox user> Recoverable Items size has exceeded the warning quota limit. メールボックスの停止を避けるため、回復可能なアイテム フォルダーからアイテムが削除されました。Items were deleted from Recoverable Items folders to prevent mailbox outage. 回復可能なアイテムの警告クォータ: 20 GB (21,474,836,480 バイト) 元の回復可能なアイテムのサイズ: 21475005311 現在の回復可能なアイテムのサイズ: 21474823820 フォルダーの状態: - 処理済みフォルダー: RecoverableItemsRoot、RecoverableItemsVersions、RecoverableItemsPurges、RecoverableItemsDeletions - 元のフォルダーのサイズ: 21391661934、55190914、1987247、26157788 (アイテム数: 276828、400、84、646) - 現在のフォルダーのサイズ:21391480443、55190914、1987247、26157788 (アイテム数: 276817, 400, 84, 646)Recoverable Items Warning Quota: 20 GB (21,474,836,480 bytes) Original Recoverable Items size: 21475005311 Current Recoverable Items size: 21474823820 Folder stats: - Folders processed: RecoverableItemsRoot, RecoverableItemsVersions, RecoverableItemsPurges, RecoverableItemsDeletions - Original folder sizes: 21391661934, 55190914, 1987247, 26157788 (item counts: 276828, 400, 84, 646) - Current folder sizes: 21391480443, 55190914, 1987247, 26157788 (item counts: 276817, 400, 84, 646)

メールボックスがインプレース保持または訴訟ホールドの対象になっている場合、コピー オン ライト ページ保護は変更されたアイテムのバージョンを維持できません。If the mailbox is placed on In-Place Hold or Litigation Hold, copy-on-write page protection can't maintain versions of modified items. 変更されたアイテムのバージョンを維持するには、回復可能なアイテムフォルダーのサイズを小さくする必要があります。To maintain versions of modified items, you must reduce the size of the Recoverable Items folder. Search-Mailbox コマンドレットを使用して、メールボックスの回復可能なアイテム フォルダーから証拠開示用メールボックスにメッセージをコピーしてから、メールボックスからアイテムを削除できます。You can use the Search-Mailbox cmdlet to copy messages from the Recoverable Items folder of a mailbox to a discovery mailbox, and then delete the items from the mailbox. 別の方法として、メールボックスの回復可能なアイテムのクォータを増やすこともできます。Alternatively, you can also raise the Recoverable Items quota for the mailbox. 詳細については、「回復可能なアイテムフォルダーのクリーンアップ」を参照してください。For details, see Clean up the Recoverable Items folder.

詳細情報More information