Exchange 2013 のリリース ノートRelease notes for Exchange 2013

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

Microsoft Exchange Server 2013 へようこそ!Welcome to Microsoft Exchange Server 2013! このトピックには、Exchange 2013 を正常に展開するために知っておく必要がある重要な情報が含まれています。This topic contains important information that you need to know to successfully deploy Exchange 2013. 展開を開始する前に、このトピックを完全にお読みください。Please read this topic completely before beginning your deployment.

このトピックは、以下のセクションで構成されています。This topic contains the following sections:

  • セットアップと展開Setup and deployment

  • Exchange 管理シェルExchange Management Shell

  • メールボックスMailbox

  • パブリック フォルダーPublic folders

  • メール フローMail flow

  • クライアント接続Client connectivity

  • Exchange 2010 の共存Exchange 2010 coexistence

セットアップと展開Setup and deployment

  • Msexchproductid は、インストールされている Exchange 2013 のリリースバージョンを反映していませんExchange が Active Directory スキーマを拡張し、Exchange 用の Active Directory を準備した後、準備が完了したことを示すいくつかのプロパティが更新されます。msExchProductId doesn't reflect release version of Exchange 2013 installed After Exchange extends your Active Directory schema and prepares Active Directory for Exchange, several properties are updated to show that preparation is complete. これらのプロパティの 1 ** つは、 CN=<your organization>, CN=Microsoft Exchange, CN=Services, CN=Configuration, DC=<domain> Configuration名前付けコンテキストのコンテナーの下に msExchangeProductId ます。One of these properties is msExchangeProductId under the CN=<your organization>, CN=Microsoft Exchange, CN=Services, CN=Configuration, DC=<domain> container in the Configuration naming context. インストールしている Exchange 2013 のリリースに Active Directory スキーマの変更が追加されていない場合、このプロパティは更新されないか、予期しない値が表示される可能性があります。If no Active Directory schema changes are introduced in the release of Exchange 2013 you're installing, this property won't be updated or may show an unexpected value. このため、インストールされている Exchange 2013 のバージョンと一致しない値がある場合、混乱が生じる可能性があります。This could cause confusion if the value doesn't match the version of Exchange 2013 being installed.

    この動作は、 Msexchproductidの値がインストールされている Exchange 2013 のバージョンを反映していないために予想されます。This behavior is expected as the value of msExchProductId doesn't reflect the version of Exchange 2013 being installed. このプロパティは、Active Directory スキーマに最後に変更を加えた Exchange 2013 のバージョンを反映します。This property reflects the version of Exchange 2013 that last made changes to the Active Directory schema. 混乱を避けるために、active Directory を準備して、active directory が更新されていて、Exchange 2013 のリリースの準備が整っていることを確認するには、「この操作を確認しますか? 」の手順を実行することをお勧めします。インストール.To avoid confusion, we recommend that you follow the steps in the How do you know this worked? section of Prepare Active Directory and domains to verify that your Active Directory has been updated and is ready for the release of Exchange 2013 you're installing.

  • セットアップが誤って .Net framework 4.0 を要求します。コンピューターに .net framework がインストールされていない状態で Exchange 2013 をインストールしようとすると、実際には .net framework 4.5 以降が必要な場合に、セットアップで .net framework 4.0 をインストールするように要求されません。Setup incorrectly requests .NET Framework 4.0: If you try to install Exchange 2013 without .NET Framework installed on the computer, Setup incorrectly requests that you install .NET Framework 4.0 when, in fact, .NET Framework 4.5 or later is required.

    この問題を回避するには、.NET Framework 4.5 以降をインストールします。To work around this issue, install .NET Framework 4.5 or later. .NET Framework 4.0 をインストールする必要はありません。You don't need to install .NET Framework 4.0. 前提条件の完全な一覧については、「 Exchange 2013 の前提条件」を参照してください。For a complete list of prerequisites, see Exchange 2013 prerequisites.

  • Exchange xml アプリケーション構成ファイルは、累積的な更新プログラムのインストール中に上書きされます。 exchange xml アプリケーション構成ファイルで設定する exchange またはインターネットインフォメーションサービス (サーバーごと) のカスタマイズクライアントアクセスサーバー上の web.config ファイル、またはメールボックスサーバー上の Edgetransport.exe ファイルは、Exchange の累積的な更新プログラムまたは Service Pack をインストールすると上書きされます。Exchange XML application configuration files are overwritten during cumulative update installation: Any customized Exchange or Internet Information Server per-server settings you make in Exchange XML application configuration files, for example, web.config files on Client Access servers or the EdgeTransport.exe.config file on Mailbox servers, will be overwritten when you install an Exchange Cumulative Update or Service Pack. インストール後にサーバーを簡単に再構成できるよう、必ずこの情報を保存しておいてください。Make sure that you save this information so you can easily re-configure your server after the install. Exchange の累積的な更新プログラムまたは Service Pack をインストールした後に、これらの設定を再構成する必要があります。You must re-configure these settings after you install an Exchange Cumulative Update or Service Pack.

  • 代理管理者のアクセス許可を使用して Exchange をインストールするとセットアップに失敗する委任セットアップ役割グループのみのメンバーであるユーザーが事前に準備されたサーバーに Exchange をインストールしようとすると、セットアップに失敗します。この失敗は、委任セットアップ役割グループに、Active Directory 内で特定のオブジェクトを作成および構成するために必要なアクセス許可がないために起こります。Installing Exchange using Delegate Admin permissions causes Setup to fail When a user who's a member of only the Delegated Setup role group attempts to install Exchange on a pre-provisioned server, Setup will fail. This happens because the Delegated Setup group lacks the permissions required to create and configure certain objects in Active Directory.

    この問題を回避するには、次のいずれかの操作を行います。To work around this issue, do one of the following:

    • Exchange をインストールするユーザーを、Active Directory セキュリティ グループの Domain Admins に追加します。Add the user installing Exchange to the Domain Admins Active Directory security group.

    • 組織の管理役割グループのメンバーであるユーザーを使用して、Exchange をインストールします。Install Exchange using a user that's a member of the Organization Management role group.

Exchange 2013 をインストールする方法の詳細については、「 Planning and deployment」を参照してください。For more information about how to install Exchange 2013, see Planning and deployment.

Exchange 管理シェルExchange Management Shell

  • シェルが exchange 2007 または exchange 2010 のコマンドレットを予期せず読み込む以前は、Exchange 2013 サーバー上でシェルを開くと、シェルがローカルサーバーまたは Exchange 2013 を実行している別のサーバーへの接続を開いてしまうことになります。The Shell unexpectedly loads Exchange 2007 or Exchange 2010 cmdlets Previously, opening the Shell on an Exchange 2013 server would result in the Shell opening a connection to the local server or another server running Exchange 2013. 接続が確立されると、Exchange 2013 コマンドレットがロードされます。When the connection is made, Exchange 2013 cmdlets are loaded. Exchange 2013 CU11 以降、シェルは、ログオンしているユーザーのメールボックスが置かれている Exchange サーバーに接続します。Starting with Exchange 2013 CU11, the Shell will connect to the Exchange server where the logged on user's mailbox is located. ログオンユーザーがメールボックスを持っていない場合、シェルは SystemMailbox {bb558c35-97f1-4cb9-8ff7-d53741dc928c} 調停メールボックスが配置されているサーバーに接続します。If the logged on user doesn't have a mailbox, the Shell will connect to the server where the SystemMailbox{bb558c35-97f1-4cb9-8ff7-d53741dc928c} arbitration mailbox is located. ターゲットサーバーには、サポートされている Exchange のバージョンを指定できます。The target server can be any supported version of Exchange. これは、ログオンしているユーザーのメールボックス (またはユーザーがメールボックスを持たない場合は調停メールボックス) が Exchange 2010 サーバーに配置されている場合、シェルはそのサーバーに接続し、Exchange 2010 コマンドレットをロードします。This means if the logged on user's mailbox (or the arbitration mailbox if the user has no mailbox) is located on an Exchange 2010 server, the Shell will connect to that server and load Exchange 2010 cmdlets. これにより、Exchange 2010 コマンドレットでは Exchange 2013 構成またはサーバーを管理できないため、特定のタスクを実行できなくなることがあります。This may prevent you from performing certain tasks because Exchange 2010 cmdlets can't manage Exchange 2013 configuration or servers.

    Exchange 2013 CU11 以降では、この動作は仕様です。Starting with Exchange 2013 CU11, this behavior is by design. シェルが Exchange 2013 コマンドレットをロードすることを確認するには、ログオンしているユーザーのメールボックスを Exchange 2013 に移動します。To make sure the Shell loads Exchange 2013 cmdlets, move the logged on user's mailbox to Exchange 2013. ログオンユーザーがメールボックスを持っていない場合は、SystemMailbox {bb558c35-97f1-4cb9-8ff7-d53741dc928c} 調停メールボックスを Exchange 2013 サーバーに移動します。If the logged on user doesn't have a mailbox, move the SystemMailbox{bb558c35-97f1-4cb9-8ff7-d53741dc928c} arbitration mailbox to an Exchange 2013 server.

    調停メールボックスを移動する方法の詳細と情報については、Exchange チームブログの「 Exchange 管理シェルとメールボックスのアンカー 」を参照してください。For details and information on how to move the arbitration mailbox, see Exchange Management Shell and Mailbox Anchoring on the Exchange Team blog.

メールボックスMailbox

  • 異なるバージョンの Exchange を実行しているメールボックスサーバーを同じデータベース可用性グループに追加するAdd-databaseavailabilitygroupserverコマンドレットと exchange 管理センターでは、exchange 2013 サーバーを exchange 2016 ベースのデータベース可用性グループ (DAG) に正しく追加できません。また、その逆も同様です。Mailbox servers running different versions of Exchange can be added to the same database availability group The Add-DatabaseAvailabilityGroupServer cmdlet and the Exchange admin center incorrectly allow an Exchange 2013 server to be added to an Exchange 2016-based database availability group (DAG), and vice versa. Exchange では、同じバージョン (Exchange 2013 や Exchange 2016 など) を実行しているメールボックス サーバーを DAG に追加する操作のみをサポートしています。Exchange supports adding only Mailbox servers running the same version (Exchange 2013 versus Exchange 2016, for example) to a DAG. 一方、Exchange 管理センターでは、Exchange 2013 サーバーと Exchange 2016 サーバーの両方が、DAG に追加できるサーバーのリストに表示されます。Additionally, the Exchange admin center displays both Exchange 2013 and Exchange 2016 servers in the list of servers available to add to a DAG. この結果、互換性のないバージョンの Exchange を実行するサーバーを、管理者が誤って DAG に追加する (Exchange 2013 サーバーを Exchange 2016 ベースの DAG に追加するなど) 可能性があります。This could allow an administrator to inadvertently add a server running an incompatible version of Exchange to a DAG (for example, adding an Exchange 2013 server to an Exchange 2016-based DAG).

    この問題に対する回避策はありません。管理者は、メールボックス サーバーを DAG に追加するときに十分に注意して行う必要があります。Exchange 2013 のサーバーは Exchange 2013 ベースの DAG にのみ、Exchange 2016 のサーバーは Exchange 2016 ベースの DAG にのみ追加します。Exchange 管理センターで、サーバーのリストの [バージョン] 列を確認することにより、Exchange の各バージョンを区別できます。Exchange 2013 および Exchange 2016 のサーバーのバージョンを次に示します。There is currently no workaround for this issue. Administrators must be diligent when adding a Mailbox server to a DAG. Add only Exchange 2013 servers to Exchange 2013-based DAGs, and only Exchange 2016 servers to Exchange 2016-based DAGs. You can differentiate each version of Exchange by looking at the Version column in the list of servers in the Exchange admin center. The following are the server versions for Exchange 2013 and Exchange 2016:

    • Exchange 2013 15.0 (ビルド xxx.xx)Exchange 2013 15.0 (Build xxx.xx)

    • Exchange 2016 15.1 (ビルド xxx.xx)Exchange 2016 15.1 (Build xxx.xx)

  • 以前の exchange バージョンから移行する場合のメールボックスサイズの増加: メールボックスを以前のバージョンの Exchange から exchange 2013 に移動すると、報告されたメールボックスのサイズが 30% から 40% 増加することがあります。Mailbox size increase when migrating from previous Exchange versions: When you move a mailbox from a previous version of Exchange to Exchange 2013, the mailbox size reported may increase 30 percent to 40 percent. メールボックスデータベースによって使用されるディスク容量が増やされていないため、各メールボックスで使用されている領域の属性だけが増加しました。Disk space used by the mailbox database has not increased, only the attribution of space used by each mailbox has increased. メールボックスのサイズが大きくなると、すべてのアイテムのプロパティがクォータ計算に含まれるため、メールボックス内のアイテムによって消費される領域の計算がより正確になります。The increase in mailbox size is due to the inclusion of all item properties into quota calculations, providing a more accurate computation of space consumed by items within their mailbox. この増加により、一部のユーザーはメールボックスが Exchange 2013 に移動されたときに、メールボックスのサイズクォータを超えることがあります。This increase may cause some users to exceed their mailbox size quotas when their mailbox is moved to Exchange 2013.

    ユーザーがメールボックスのサイズクォータを超えないようにするには、新しいクォータ計算に対応するようにデータベースまたはメールボックスのクォータ値を増やします。To prevent users from exceeding their mailbox size quotas, increase the database or mailbox quota values to accommodate the new quota calculation. データベースまたはメールボックスのクォータ値を構成するに**** は、 set-mailboxdatabaseコマンドレットと ProhibitSendQuota コマンドレットで、それぞれに対してwarnings ewarnings Quota、 *、およびProhibitSendReceiveQuota*パラメーターを使用します。To configure database or mailbox quota values, use the IssueWarningQuota, ProhibitSendQuota, and ProhibitSendReceiveQuota parameters on the Set-MailboxDatabase and Set-Mailbox cmdlets, respectively.

  • Outlook 2007 および outlook 2010 クライアントは、オフラインアドレス帳をダウンロードできない場合があります。オフラインアドレス帳 (OAB) 内部 URL がインターネットからアクセスできない場合、outlook 2007 および outlook 2010 クライアントが oab をダウンロードできないことがあります。Outlook 2007 and Outlook 2010 clients may be unable to download the Offline Address Book: If the Offline Address Book (OAB) internal URL isn't accessible from the Internet, Outlook 2007 and Outlook 2010 clients may be unable to download the OAB.

    Outlook 2007 および Outlook 2010 クライアントでこの問題を回避するには、インターネットから OAB の内部 URL にアクセスできるようにします。To work around this issue for Outlook 2007 and Outlook 2010 clients, make the OAB internal URL accessible from the Internet. Outlook 2013 は、この問題の影響を受けません。Outlook 2013 isn't affected by this issue.

  • 既存の exchange 組織に exchange 2013 をインストールすると、すべてのクライアントが OAB をダウンロードすることがあります。最初の exchange 2013 サーバーを既存の exchange 2007 または exchange 2010 組織にインストールすると、組織内のすべてのクライアントが次のようになります。OAB の新しいコピーをダウンロードすると、ネットワークの飽和とサーバーのパフォーマンスの問題が生じます。Installing Exchange 2013 in an existing Exchange organization may cause all clients to download the OAB: Installing the first Exchange 2013 server into an existing Exchange 2007 or Exchange 2010 organization may cause all clients in the organization to download a new copy of the OAB, resulting in network saturation and server performance issues. この問題は、exchange 2013 が exchange 2007 または Exchange 2010 OAB を置き換える新しい既定の OAB を組織に作成するために発生します。This issue occurs because Exchange 2013 creates a new default OAB in the organization that supersedes the Exchange 2007 or Exchange 2010 OAB. 特定の OAB が割り当てられていない、または特定の OAB が割り当てられていないメールボックスデータベースにあるメールボックスは、新しい既定の OAB をダウンロードします。Mailboxes that don't have a specific OAB assigned, or that are located on a mailbox database that doesn't have a specific OAB assigned, will download the new default OAB.

    Exchange 2013 がインストールされているときに、クライアントが OAB の新しいコピーをダウンロードしないようにするには、すべてのメールボックス、またはメールボックスが配置されているメールボックスデータベースに OAB を割り当てます。To prevent clients from downloading a new copy of the OAB when Exchange 2013 is installed, assign an OAB to every mailbox or to the mailbox database the mailboxes are located on. これは、Exchange 2013 を組織にインストールする前に行う必要があります。This must be done prior to Exchange 2013 being installed in the organization.

  • ユーザーは、要求されたoab に対して責任のない oab 生成メールボックスにルーティングされる場合があります。 EXCHANGE 2013 CU5 以降の cu は、oab 生成メールボックスにリンクされている方法が変更されました。Users may be routed to an OAB generation mailbox that's not responsible for the requested OAB: Exchange 2013 CU5 and later CUs have changed how OABs are linked to OAB generation mailboxes. この変更により、ユーザーが要求している OAB に対して責任を持たない OAB generation メールボックスにユーザーをルーティングできるようになります。This change makes it possible for a user to be routed to an OAB generation mailbox that isn't responsible for the OAB that the user is requesting. これは、以下のすべてに該当する場合に発生する可能性があります。This can happen if all of the following are true:

    • 組織内に複数の OAB 生成メールボックスがあります。You have more than one OAB generation mailbox in your organization.

    • クライアントアクセスサーバーをアップグレードする前に、OAB 生成メールボックスをホストするメールボックスサーバーをアップグレードします。You upgrade the Mailbox servers that host OAB generation mailboxes before you upgrade your Client Access servers.

    • Exchange 2013 サーバーを CU5 より前のリリースから最新のリリースにアップグレードしている (たとえば、Exchange 2013 CU3 から Exchange 2013 CU6 へのアップグレード)。You're upgrading your Exchange 2013 servers from a release prior to CU5 to a later release (for example, upgrading from Exchange 2013 CU3 to Exchange 2013 CU6).

    • クライアントアクセスサーバーで、CU5 より前のリリースが実行されています。Your Client Access servers are running a release prior to CU5.

    この問題を回避するには、メールボックスサーバーをアップグレードする前に、クライアントアクセスサーバーを Exchange 2013 CU6 以降にアップグレードしてください。To work around this issue, make sure that you upgrade your Client Access servers to Exchange 2013 CU6 or later before you upgrade your Mailbox servers. これにより、クライアントアクセスサーバーは、ユーザーの OAB の生成を行う OAB 生成メールボックスに要求をプロキシする方法を認識します。This will make sure the Client Access servers know how to proxy the requests to the OAB generation mailbox that is responsible for generating the user's OAB.

    Exchange 2013 CU5 での OAB の変更の詳細については、「 exchange 2013 累積更新プログラム5の oab の強化」を参照してください。To read more about the OAB changes in Exchange 2013 CU5, see OAB Improvements in Exchange 2013 Cumulative Update 5.

パブリック フォルダーPublic folders

  • 許可されていない送信者は、メールが有効なパブリックフォルダーにメッセージを送信できなくなります。 EXCHANGE 2013 CU6 より前では、権限のない送信者がメッセージをメールが有効なパブリックフォルダーに送信する可能性があります。Unauthorized senders can no longer send messages to mail-enabled public folders: Prior to Exchange 2013 CU6, unauthorized senders could send messages to mail-enabled public folders. これにより、パブリックフォルダーに設定されているアクセス許可に関係なく、外部の送信者がメールが有効なパブリックフォルダーにメールを送信する可能性があります。This allowed the possibility for external senders to send mail to mail-enabled public folders regardless of the permissions set on the public folder.

    Exchange 2013 CU6 以降では、外部の送信者がメールが有効なパブリックフォルダーにメールを送信できるようにするには、少なくともアイテムの作成のアクセス許可を匿名ユーザーに付与する必要があります。Starting with Exchange 2013 CU6, if you want external senders to send mail to a mail-enabled public folders, the Anonymous user needs to be granted at least the Create Items permission. メールが有効なパブリックフォルダーを設定しても、この操作を行わないと、外部の送信者は配信エラー通知を受信し、メッセージはメールが有効なパブリックフォルダーに配信されません。If you've set up mail-enabled public folders and haven't done this, external senders will receive a delivery failure notification and the messages won't be delivered to the mail-enabled public folder.

    匿名ユーザーのアクセス許可を設定するには、シェルや Outlook を使用できます。匿名ユーザーにアクセス許可を設定する方法について詳しくは、「パブリック フォルダーのメールの有効化またはメールの無効化」を参照してください。You can use the Shell or Outlook to set the permissions on the Anonymous user. To read more about how to set permissions on the Anonymous user, see Mail-enable or mail-disable a public folder.

  • 従来の Exchange サーバーから Exchange 2013 に移行できるパブリックフォルダーの最大数は50万です。The maximum number of public folders that can be migrated to Exchange 2013 from legacy Exchange servers is 500,000. パブリックフォルダーの移行の詳細については、「バッチ移行を使用して以前のバージョンの Exchange 2013 にパブリックフォルダーを移行する」を参照してください。For more information about public folder migration, see Use batch migration to migrate public folders to Exchange 2013 from previous versions.

メール フローMail flow

  • クライアントアクセスサーバー上の transportagent コマンドレットはローカル Windows PowerShell を必要とします: ** *-transportagent**コマンドレットに問題があります。このコマンドレットでは、トランスポートエージェントのインストール、アンインストール、および管理を行うことができません。Exchange 管理シェルを使用するクライアントアクセスサーバー。TransportAgent cmdlets on Client Access servers require local Windows PowerShell: An issue exists with the *-TransportAgent cmdlets that prevents those cmdlets from installing, uninstalling, and managing transport agents on Client Access servers using the Exchange Management Shell. クライアントアクセスサーバーでトランスポートエージェントをインストール、アンインストール、および管理するには、Exchange Windows PowerShell スナップインを手動で読み込んで、 ** *-transportagent**コマンドレットを実行する必要があります。To install, uninstall, and manage transport agents on Client Access servers, you must manually load the Exchange Windows PowerShell snap-in and then run the *-TransportAgent cmdlets. Exchange 管理シェルを使用してトランスポートエージェントをインストール、アンインストール、または管理しようとすると、変更は接続している Exchange 2013 メールボックスサーバーに適用されます。If you attempt to install, uninstall, or manage transport agents using the Exchange Management Shell, your changes will be applied to the Exchange 2013 Mailbox server you're connected to.

    クライアントアクセスサーバーでトランスポートエージェントをインストール、アンインストール、または管理するには、管理するクライアントアクセスサーバーで次の手順を実行します。To install, uninstall, or manage transport agents on Client Access servers, do the following on the Client Access server you want to manage:

    警告

    Microsoft.Exchange.Management.PowerShell.SnapIn Windows PowerShell スナップインを読み込み、 *-transportagentコマンドレット以外のコマンドレットを実行することはサポートされていないため、Exchange 展開に修復不能な損傷を与える可能性があります。Loading the Microsoft.Exchange.Management.PowerShell.SnapIn Windows PowerShell snap-in and running cmdlets other than the *-TransportAgent cmdlets is not supported and may result in irreparable damage to your Exchange deployment.
    トランスポートエージェントをインストール、アンインストール、または管理するクライアントアクセスサーバーのローカル管理者である必要があります。You must be a local Administrator on the Client Access server where you want to install, uninstall, or manage transport agents. Exchange ファイル、ディレクトリ、または Active Directory オブジェクトに対するアクセス制御リスト (Acl) の変更はサポートされていません。We do not support the modification of access control lists (ACLs) on Exchange files, directories, or Active Directory objects.

    重要

    クライアントアクセスサーバーでのみ、次の手順を実行します。Perform the following procedure on Client Access servers only. メールボックスサーバー上のトランスポートエージェント を管理する場合は、Exchange Windows PowerShell スナップインを読み込む必要はありません。You don't need to load the Exchange Windows PowerShell snap-in if you want to manage transport agents on Mailbox servers.

    1. 新しい Windows PowerShell ウィンドウを開きます。Open a new Windows PowerShell window.

    2. 次のコマンドを実行します。Run the following command.

      Add-PSSnapin Microsoft.Exchange.Management.PowerShell.SnapIn
      
    3. トランスポートエージェントの管理タスクを通常どおりに実行します。Perform transport agent management tasks as normal.

    4. 管理する各クライアントアクセスサーバーに対して、この手順を繰り返します。Repeat this procedure on each Client Access server you want to manage.

クライアント接続Client connectivity

  • ドメインに参加していないクライアントに対して NTLM 認証が失敗する: 次の条件に該当する場合、Windows Live メールなどのクライアントと Exchange 2013 の間の認証が失敗することがあります。NTLM authentication fails for non-domain joined clients: Authentication between a client, such as Windows Live Mail, and Exchange 2013 may fail when the following conditions are true:

    • その後、クライアントが使用する認証方法は NTLM です。Then authentication method the client uses is NTLM.

    • コンピューターがドメインに参加していません。The computer isn't joined to the domain.

    この問題を回避するには、次のいずれかの操作を行います。To work around this issue, you can do one of the following:

    • クライアントが実行されているコンピューターをドメインに参加させます。Join the computer the client is running on to the domain.

    • クライアントが使用する認証の種類を NTLM から TLS 経由の基本認証に変更します。Change the authentication type the client uses from NTLM to Basic Auth over TLS.

  • MailMessage コマンドレットと共に使用すると gss-api 認証が失敗する: 汎用セキュリティサービスアプリケーションプログラムインターフェイス (gss-api) 認証は、既定のインストールに含まれるMailMessageコマンドレットで失敗する場合があります。Windows PowerShell は、認証済みメールを Exchange 2013 に送信するために使用されます。GSSAPI authentication fails when used with the Send-MailMessage cmdlet: Generic Security Service Application Program Interface (GSSAPI) authentication may fail when the Send-MailMessage cmdlet, which is included with default installs of Windows PowerShell, is used to send authenticated mail to Exchange 2013. これが発生すると、次の情報を使用して接続を受信した Exchange 2013 クライアントアクセスサーバーのアプリケーションイベントログにエントリが表示されます。When this happens, you'll see an entry in the Application event log on the Exchange 2013 Client Access server that received the connection with the following information:

    • ソース: MSExchangeFrontEndTransportSource: MSExchangeFrontEndTransport

    • イベント ID: 1035Event ID: 1035

    • 説明: 受信コネクタクライアントフロントエンドIllegalMessage <サーバー名>のエラーにより、受信認証に失敗しました。Description: Inbound authentication failed with error IllegalMessage for Receive connector Client Frontend <server name>. 認証メカニズムは Gss-api です。The authentication mechanism is Gssapi. Exchange への認証を試行したクライアントの送信元 ip アドレス[ <は、クライアント ip アドレス>]です。The source IP address of the client who tried to authenticate to Exchange is [<client IP address>].

    この問題を回避するには、Exchange 2013 クライアントIntegratedアクセスサーバー上のクライアントの受信コネクタから認証方法を削除する必要があります。To work around this issue, you need to remove the Integrated authentication method from the client receive connector on your Exchange 2013 Client Access servers. クライアントの受信Integratedコネクタから認証方法を削除するには、 MailMessageコマンドレットを実行しているコンピューターからの接続を受信できる各 Exchange 2013 クライアントアクセスサーバーで次のコマンドを実行します。To remove the Integrated authentication method from a client receive connector, run the following command on each Exchange 2013 Client Access server that could receive connections from computers running the Send-MailMessage cmdlet:

    Set-ReceiveConnector "<server name>\Client Frontend <server name>" -AuthMechanism Tls, BasicAuth, BasicAuthRequireTLS
    
  • Exchange 2013 sp1 へのアップグレード時に mapi OVER http のパフォーマンスが低下することがある: exchange 2013 の累積的な更新プログラムを EXCHANGE 2013 sp1 にアップグレードし、MAPI over http を有効にする場合は、プロトコルを使用して EXCHANGE 2013 sp1 サーバーに接続するクライアントパフォーマンスの低下が発生する可能性があります。MAPI over HTTP may experience poor performance when you upgrade to Exchange 2013 SP1: If you upgrade from an Exchange 2013 cumulative update to Exchange 2013 SP1 and enable MAPI over HTTP, clients that connect to an Exchange 2013 SP1 server using the protocol may experience poor performance. これは、累積的な更新から Exchange 2013 SP1 へのアップグレード中に必要な設定が構成されていないためです。This is because required settings aren't configured during an upgrade from a cumulative update to Exchange 2013 SP1. この問題は、exchange 2013 RTM から Exchange 2013 SP1 にアップグレードした場合、または新しい Exchange 2013 SP1 以降のサーバーをインストールした場合には発生しません。This issue doesn't occur if you upgrade to Exchange 2013 SP1 from Exchange 2013 RTM or if you install a new Exchange 2013 SP1 or later server.

    注意

    これは、クライアントアクセスサーバーで MAPI over HTTP プロトコルが有効になっている場合にのみ発生する問題です。This is only an issue if the MAPI over HTTP protocol is enabled on your Client Access servers. 既定では無効になっています。It's disabled by default. MAPI over HTTP が無効になっている場合、クライアントは RPC over HTTP プロトコルを使用します。If MAPI over HTTP is disabled, clients use the RPC over HTTP protocol instead.

    この問題を回避するには、次の操作を行います。To work around this issue, do the following:

    1. クライアントアクセスサーバーの役割を実行しているサーバーで、Windows コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。On servers running the Client Access server role, run the following commands in a Windows Command Prompt:

      set AppCmdLocation=%windir%\System32\inetsrv
      set ExchangeLocation=%ProgramFiles%\Microsoft\Exchange Server\V15
      
      %AppCmdLocation%\appcmd.exe SET AppPool "MSExchangeMapiFrontEndAppPool" /CLRConfigFile:"%ExchangeLocation%\bin\MSExchangeMapiFrontEndAppPool_CLRConfig.config"
      %AppCmdLocation%\appcmd.exe RECYCLE AppPool "MSExchangeMapiFrontEndAppPool"
      
    2. メールボックスサーバーの役割を実行しているサーバーで、Windows コマンドプロンプトで次のコマンドを実行します。On servers running the Mailbox server role, run the following commands in a Windows Command Prompt:

      set AppCmdLocation=%windir%\System32\inetsrv
      set ExchangeLocation=%ProgramFiles%\Microsoft\Exchange Server\V15
      
      %AppCmdLocation%\appcmd.exe SET AppPool "MSExchangeMapiMailboxAppPool" /CLRConfigFile:"%ExchangeLocation%\bin\MSExchangeMapiMailboxAppPool_CLRConfig.config"
      %AppCmdLocation%\appcmd.exe RECYCLE AppPool "MSExchangeMapiMailboxAppPool"
      
      %AppCmdLocation%\appcmd.exe SET AppPool "MSExchangeMapiAddressBookAppPool" /CLRConfigFile:"%ExchangeLocation%\bin\MSExchangeMapiAddressBookAppPool_CLRConfig.config"
      %AppCmdLocation%\appcmd.exe RECYCLE AppPool "MSExchangeMapiAddressBookAppPool"
      

Exchange 2010 の共存Exchange 2010 coexistence

  • Exchange 2013 クライアントアクセスサーバーを介してプロキシされている場合、exchange 2010 メールボックスにアクセスする要求が機能しないことがあります。状況によっては、exchange 2013 と Exchange 2010 Service Pack 3 (SP3) クライアントアクセスサーバーとの間のプロキシ要求が存在しない場合があります。インストールされている更新プログラムのロールアップが正しく動作せず、エラーが表示されることがあります。Requests to access Exchange 2010 mailboxes may not work when proxied through Exchange 2013 Client Access servers: In some situations, the proxy request between the Exchange 2013 and Exchange 2010 Service Pack 3 (SP3) Client Access servers without any update rollups installed may not work correctly and an error appears. これは、次のすべての条件に該当する場合に発生する可能性があります。This can happen if all of the following conditions are true:

    • Exchange 2013 メールボックスを使用しているユーザーが、次のいずれかの方法を使用して Exchange 2010 メールボックスを開こうとしています。A user with an Exchange 2013 mailbox tries to open an Exchange 2010 mailbox using one of the following methods:

      • Outlook Web App の [別のメールボックスを開く] オプション****The Open Another Mailbox option in Outlook Web App -OR-

      • Exchange 管理センターの他のユーザーオプションThe Another user option in the Exchange admin center

    • ユーザーが接続しているクライアントアクセスサーバーが Exchange 2013 を実行している。The Client Access server the user connected to is running Exchange 2013.

    • Exchange 2010 クライアントアクセスサーバーは、Exchange 2010 または以前の Exchange 2010 service pack から Exchange 2010 SP3 にアップグレードされました。The Exchange 2010 Client Access server was upgraded to Exchange 2010 SP3 from the release to manufacturing (RTM) version of Exchange 2010 or a previous Exchange 2010 service pack.

    上記の条件がすべて該当する場合、ユーザーは他のユーザーの Exchange 2010 Outlook Web App オプションにアクセスできず、空白のページが表示されることがあります。If all the conditions above are true, the user won't be able to access the other user's Exchange 2010 Outlook Web App options and a blank page may appear.

    この問題を回避するには、exchange 2010 SP3 更新プログラムのロールアップ1以降を各 Exchange 2010 サーバーにインストールします。To work around this issue, install Exchange 2010 SP3 Update Rollup 1 or later on each Exchange 2010 server.