検索カタログを再シードするReseed the search catalog

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

メールボックス データベースのコピーのコンテンツ インデックス カタログが壊れた場合は、カタログを再シードする必要があります。壊れたコンテンツ インデックスは、アプリケーション イベント ログに次のイベントによって示されます。If the content index catalog for a mailbox database copy gets corrupted, you may need to reseed the catalog. Corrupted content indexes are indicated in the Application event log by the following event.

イベント IDEvent ID レベルLevel ソースSource 詳細Details

123123

エラーError

ExchangeStoreDBExchangeStoreDB

<タイムスタンプ>このサーバー上の Microsoft Exchange <Information Store データベースのid >コピーで、検索カタログが破損しています。At <timestamp> the Microsoft Exchange Information Store Database <identity> copy on this server experienced a corrupted search catalog. エラーの詳細については、その"他の exchangestoredb"および MSExchange" Search Indexer イベントについて、サーバーのイベントログを参照し"てください。Consult the event log on the server for other "ExchangeStoreDb" and "MSExchange Search Indexer" events for more specific information about the failure. 'Update-MailboxDatabaseCopy' タスクを通してカタログを再シードすることをお勧めします。Reseeding the catalog is recommended via the 'Update-MailboxDatabaseCopy' task.

メールボックス データベース コピーがデータベース可用性グループ (DAG) の一部となっているサーバーにある場合、別の DAG メンバーからコンテンツ インデックス カタログを再シードすることができます。If the mailbox database copy is located on a server that is part of a database availability group (DAG), you can reseed the content index catalog from another DAG member.

メールボックス データベースのコピーが唯一のコピーの場合、新しいコンテンツ インデックス カタログを手動で作成する必要があります。If the mailbox database copy is the only copy, you have to manually create a new content index catalog.

Exchange Search に関連するその他の管理タスクについては、「Exchange Search の手順」を参照してください。For other management tasks related to Exchange Search, see Exchange Search procedures.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 2 分。実際の再シード時間は、再シードするコンテンツ インデックス カタログのサイズによって異なる可能性があります。Estimated time to complete: 2 minutes. Actual reseeding time may vary depending on the size of the content index catalog being reseeded.

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。「受信者のアクセス許可」の「Exchange Search (Exchange 検索)」。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Exchange Search" entry in the Recipients Permissions topic.

  • このトピックの手順で使用可能なキーボード ショートカットについては、「Exchange 管理センターのキーボード ショートカット」を参照してください。For information about keyboard shortcuts that may apply to the procedures in this topic, see Keyboard shortcuts in the Exchange admin center.

問題がある場合は、Having problems? Exchange のフォーラムで質問してください。Ask for help in the Exchange forums. Exchange Serverでフォーラムを参照してください。Visit the forums at Exchange Server.

メールボックス データベースが DAG の一部である場合にコンテンツ インデックス カタログを再シードするReseed the content index catalog if the mailbox database is part of a DAG

DAG の一部であるサーバー上にメールボックス データベースがある場合は、次のいずれかの手順を使用します。Use one of the following procedures if the mailbox database is located on a server that is part of a DAG.

任意のソースからコンテンツ インデックス カタログを再シードするReseed the content index catalog from any source

この例では、データベースのコピーを持つ DAG の送信元サーバーから、メールボックス サーバー MBX1 上のデータベース コピー DB1 のコンテンツ インデックス カタログを再シードします。This example reseeds the content index catalog for the database copy DB1 on Mailbox server MBX1 from any source server in the DAG that has a copy of the database.

Update-MailboxDatabaseCopy -Identity DB1\MBX1 -CatalogOnly

構文およびパラメーターの詳細については、「Update-MailboxDatabaseCopy」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Update-MailboxDatabaseCopy.

特定のソースからコンテンツ インデックス カタログを再シードするReseed the content index catalog from a specific source

この例では、メールボックス サーバー MBX1 のデータベース コピー DB1 のコンテンツ インデックス カタログを、このデータベースのコピーを持つメールボックス サーバー MBX2 から再シードします。This example reseeds the content index catalog for the database copy DB1 on Mailbox server MBX1 from Mailbox server MBX2, which also has a copy of the database.

Update-MailboxDatabaseCopy -Identity DB1\MBX1 -SourceServer MBX2 -CatalogOnly

構文およびパラメーターの詳細については、「Update-MailboxDatabaseCopy」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see Update-MailboxDatabaseCopy.

メールボックス データベースのコピーが 1 つだけ存在する場合にコンテンツ インデックス カタログを再シードするReseed the content index catalog if there is only one copy of the mailbox database

メールボックス データベースのコピーが 1 つだけ存在する場合、コンテンツ インデックス カタログを再作成することによって、検索カタログを手動で再シードする必要があります。If there is only one copy of the mailbox database, you have to manually reseed the search catalog by recreating the content index catalog.

  1. 次のコマンドを実行して、Microsoft Exchange Search サービスと Microsoft Exchange Search Host Controller サービスを停止します。Run the following commands to stop the Microsoft Exchange Search and Microsoft Exchange Search Host Controller services.

    Stop-Service MSExchangeFastSearch
    
    Stop-Service HostControllerService
    
  2. Exchange コンテンツ インデックス カタログを格納するフォルダーを削除、移動、または名前変更します。Delete, move, or rename the folder that contains the Exchange content index catalog. このフォルダーには%ExchangeInstallPath\Mailbox\<name of mailbox database>_Catalog\<GUID>12.1.Singleという名前が付けられます。This folder is named %ExchangeInstallPath\Mailbox\<name of mailbox database>_Catalog\<GUID>12.1.Single. たとえば、フォルダー C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\Mailbox\Mailbox Database 0657134726_Catalog\F0627A72-9F1D-494A-839A-D7C915C279DB12.1.Single_OLDの名前を変更することができます。For example, you might rename the folder C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\V15\Mailbox\Mailbox Database 0657134726_Catalog\F0627A72-9F1D-494A-839A-D7C915C279DB12.1.Single_OLD.

    注意

    このフォルダーを削除すると、追加のディスク領域が使用可能になります。あるいは、トラブルシューティングの目的で保持するために、そのフォルダーを名前変更するか、移動するかもしれません。Deleting this folder will make additional disk space available. Alternatively, you might want to rename or move the folder to keep it for troubleshooting purposes.

  3. 次のコマンドを実行して、Microsoft Exchange Search サービスと Microsoft Exchange Search Host Controller サービスを再起動します。Run the following commands to restart the Microsoft Exchange Search and Microsoft Exchange Search Host Controller services.

    Start-Service MSExchangeFastSearch
    
    Start-Service HostControllerService
    

    これらのサービスを再起動すると、Exchange Search はコンテンツ インデックス カタログを再構築します。After you restart these services, Exchange Search will rebuild the content index catalog.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

Exchange Search がコンテンツ インデックス カタログを再シードするにはしばらく時間がかかることがあります。再シード プロセスの状態を表示するには、次のコマンドを実行します。It might take a while for Exchange Search to reseed the content index catalog. Run the following command to display the status of the reseeding process.

Get-MailboxDatabaseCopyStatus | FL Name,*Index*

検索カタログの再シードが進行中の場合、 Contentindexstateプロパティの値はクロールされます。When the reseeding of the search catalog is in progress, the value of the ContentIndexState property is Crawling. 再シードが完了したら、この値は [正常] に変更されます。When the reseeding is complete, this value is changed to Healthy.