メール フロー ルールを使用して、メッセージ内のスパム信頼レベル (SCL) を設定Exchange Online

Exchange Online Exchange Online Exchange Online Protection メールボックスのないスタンドアロン Exchange Online Protection (EOP) 組織では、スパム対策ポリシー (スパム フィルター ポリシーまたはコンテンツ フィルター ポリシーとも呼ばれる) が受信メッセージをスキャンしてスパムを検出します。 詳細については、「EOP でのスパム対策ポリシーの構成」を参照してください。

特定のメッセージをスパム フィルターでスキャンする前にスパムとしてマークする場合や、スパム フィルター処理をスキップするメッセージをマークする場合は、メール フロー ルール (トランスポート ルールとも呼ばれる) を作成してメッセージを識別し、スパム信頼レベル (SCL) を設定できます。 SCL の詳細については、「 EOP のスパム信頼度 (SCL)」を参照してください

はじめに把握しておくべき情報

EAC を使用して、メッセージの SCL を設定するメール フロー ルールを作成する

  1. EAC で、 [メール フロー] > [ルール] に移動します。

  2. [追加 ] アイコンをクリックします。 をクリックし、[ 新しいルールの作成] を選択します

  3. [新しいルール] のページが開いたら、以下の設定を行ってください:

    • 名前: ルールの一意でわかりやすい名前を入力します。

    • [その他のオプション] をクリックします。

    • [1 つ以上の 条件を選択してメッセージを識別する] の場合は、このルールを適用します。 詳細については、「メール フロー ルールの条件と例外 (述語)」を参照Exchange Online。

    • [メッセージのプロパティを 変更 する] を選択して > 、スパム信頼レベル (SCL) を設定します。 表示される [SCL の指定 ] ダイアログで、次のいずれかの値を構成します。

    • [スパム フィルターのバイパス]: メッセージはスパム フィルター処理をスキップします。 信頼性の高いフィッシング メッセージは引き続きフィルター処理されます。 EOP の他の機能は影響を受けず (たとえば、メッセージは常にマルウェアをスキャンします)。

      SecOps メールボックスまたはフィッシング シミュレーションでスパム フィルターをバイパスする必要がある場合は、メール フロー ルールを使用しない必要があります。 「 サードパーティのフィッシング シミュレーションをユーザーに配信し、フィルター処理されていないメッセージを SecOps メールボックスに配信する」を参照してください。

      注意事項

      メッセージでスパム フィルター処理をスキップできるように注意してください。 メール フロー ルールでは、送信者の電子メール アドレスまたはドメインよりも多くの条件を使用する必要があります。 詳細については、「EOP での信頼できる差出人リストの作成」を参照してください。

    • 0 ~ 4: メッセージは、追加の処理のためにスパム フィルターを介して送信されます。

    • 5 または 6: メッセージはスパムとしてマーク されます。 スパム対策ポリシーでスパム フィルターの評決に対して構成したアクションがメッセージに適用されます (既定値は [メッセージを迷惑メール フォルダーに移動する] です)。

    • 7 ~ 9: メッセージは高信頼スパム としてマークされます。 スパム対策ポリシーで信頼度の高いスパム フィルターの評決を構成したアクションがメッセージに適用されます (既定値は [メッセージを迷惑メール フォルダーに移動 する] です)。

  4. ルールに必要な追加のプロパティを指定します。 完了したら、[保存] をクリックします。

実行が適切に行われたことを確認する方法

メッセージで SCL が正しく設定されていることを確認するには、組織内のユーザーに電子メール メッセージを送信し、メッセージに対して実行されたアクションが期待通りである必要があります。 たとえば、スパム信頼レベル (SCL) を [スパム フィルターのバイパス] に設定した場合は、メッセージを指定した受信者の受信トレイに送信する必要があります。 ただし、スパム信頼レベル (SCL)9 に設定し、該当するスパム対策ポリシーの [高信頼スパム] アクションが [迷惑メール] フォルダーにメッセージを移動する場合は、メッセージを指定した受信者の迷惑メール フォルダーに送信する必要があります。