保存期間の計算方法How retention age is calculated

管理フォルダーアシスタント (MFA) は、Exchange Online で実行される多くのメールボックスアシスタントプロセスの1つです。The Managed Folder Assistant (MFA) is one of many mailbox assistant processes that runs in Exchange Online. このプロセスの役目は、アイテム保持ポリシーが適用されているメールボックスを処理し、そのポリシーに含まれるアイテム保持タグをメールボックスに追加し、メールボックス内のアイテムを処理することです。Its job is to process mailboxes that have a Retention Policy applied, add the Retention Tags included in the policy to the mailbox, and process items in the mailbox. アイテムにアイテム保持タグが付いている場合、アシスタントはそれらのアイテムの保存期間をテストします。If the items have a retention tag, the assistant tests the age of those items. 保存期間を超えたアイテムは、指定された保持アクションを実行します。If an item has exceeded its retention age, it takes the specified retention action. 保持アクションには、ユーザーのアーカイブへのアイテムの移動、アイテムの削除と回復の許可、アイテムの完全な削除などが含まれます。Retention actions include moving an item to the user's archive, deleting the item and allowing recovery, or deleting the item permanently.

詳細については、「保持タグおよびアイテム保持ポリシー」を参照してください。See Retention tags and retention policies for more information.

さまざまな種類のアイテムの保存期間の特定Determining the age of different types of items

メールボックスアイテムの保持期間は、配信日、またはアイテムが配信されたものの、ユーザーが作成したがアイテムが作成された日付などのアイテムの場合に計算されます。The retention age of mailbox items is calculated from the date of delivery or in the case of items like drafts that aren't delivered but created by the user, the date an item was created. 管理フォルダー アシスタントがメールボックス内のアイテムを処理する際、 [削除して回復を許可する] または [完全に削除する] の保存期間用アクション付き保持タグの付いたすべてのアイテムに開始日と有効期限をスタンプします。When the Managed Folder Assistant processes items in a mailbox, it stamps a start date and an expiration date for all items that have retention tags with the Delete and Allow Recovery or Permanently Delete retention action. アーカイブ タグの付いたアイテムにも移動日がスタンプされます。Items that have an archive tag are also stamped with a move date.

削除済みアイテム フォルダー内のアイテムと、カレンダー アイテム (会議と予定) やタスクなど、開始日と終了日があるアイテムとは、次の表に示されているように通常とは異なる方法で処理されます。Items in the Deleted Items folder and items which may have a start and end date, such as calendar items (meetings and appointments) and tasks, are handled differently as shown in this table.

アイテムの種類が...If the item type is... また、アイテムはAnd the item is... 保存期間は、に基づいて計算されます。The retention age is calculated based on...
電子メール メッセージEmail message

ドキュメントDocument

FAXFax

ジャーナル アイテムJournal item

会議出席依頼、応答、またはキャンセルMeeting request, response, or cancellation

不在着信Missed call

ノートNotes
削除済みアイテム フォルダー内にない場合Not in the Deleted Items folder 配信日または作成日Delivery date or date of creation
電子メール メッセージEmail message

ドキュメントDocument

FAXFax

ジャーナル アイテムJournal item

会議出席依頼、応答、またはキャンセルMeeting request, response, or cancellation

不在着信Missed call

ノートNotes
削除済みアイテム フォルダー内にある場合In the Deleted Items folder 継承されたタグまたは暗黙の保持タグがないフォルダーからアイテムが削除されていない限り、配信日または作成日。Date of delivery or creation unless the item was deleted from a folder that does not have an inherited or implicit retention tag.
継承されたタグまたは暗黙の保持タグが適用されていないフォルダー内にアイテムがある場合、そのアイテムは MFA によって処理されないため、MFA によって開始日が付けられていません。そのようなアイテムをユーザーが削除し、MFA が削除済みアイテム フォルダー内で初めてそのアイテムを処理すると、その日が開始日になります。If an item is in a folder that doesn't have an inherited or implicit retention tag applied, the item isn't processed by the MFA and therefore doesn't have a start date stamped by it. When the user deletes such an item, and the MFA processes it for the first time in the Deleted Items folder, it stamps the current date as the start date.
カレンダーCalendar 削除済みアイテム フォルダー内にない場合Not in the Deleted Items folder 非定期の予定表アイテムは、その終了日に従って期限が切れます。Non-recurring calendar items expire according to their end date.
定期的な予定表アイテムは、最終回の終了日に従って期限が切れます。終了日がない定期的な予定表アイテムは、期限が切れません。Recurring calendar items expire according to the end date of their last occurrence. Recurring calendar items with no end date don't expire.
予定表Calendar 削除済みアイテム フォルダー内にある場合In the Deleted Items folder 予定表アイテムは、その message-received date (あれば) に従って期限が切れます。 予定表アイテムに message-received date がない場合は、その message-creation date に従って期限が切れます。 予定表アイテムに message-received date も message-creation date もない場合は、期限は切れません。A calendar item expires according to its message-received date, if one exists. If a calendar item doesn't have a message-received date, it expires according to its message-creation date. If a calendar item has neither a message-received date nor a message-creation date, it doesn't expire.
タスクTask 削除済みアイテム フォルダー内にない場合Not in the Deleted Items folder 非定期のタスクの場合Non-recurring tasks:
定期的でないタスクは、存在する場合message-received dateは、それに従って期限が切れます。A non-recurring task expires according to its message-received date, if one exists.
非定期的なタスクにがない場合はmessage-received date、に従って期限がmessage-creation date切れます。If a non-recurring task doesn't have a message-received date, it expires according to its message-creation date.
非定期のタスクにmessage-received datemessage-creation date、もがない場合は、期限切れにはなりません。If a non-recurring task has neither a message-received date nor a message-creation date, it doesn't expire.
定期的なタスクは、最後にend date発生したものに従って期限が切れます。A recurring task expires according to the end date of its last occurrence. 定期的な仕事にが設定さend dateれていない場合は、期限切れになりません。If a recurring task doesn't have an end date, it doesn't expire.
再生成するタスク (タスクが完了してから一定期間後に再生成する定期的なタスク) は期限が切れません。A regenerating task (which is a recurring task that regenerates a specified time after the preceding instance of the task is completed) doesn't expire.
タスクTask 削除済みアイテム フォルダー内にある場合In the Deleted Items folder タスクは、その message-received date (あれば) に従って期限が切れます。 タスクに message-received date がない場合は、その message-creation date に従って期限が切れます。 タスクに message-received date も message-creation date もない場合は、期限は切れません。A task expires according to its message-received date, if one exists. If a task doesn't have a message-received date, it expires according to its message-creation date. If a task has neither a message-received date nor a message-creation date, it doesn't expire.
連絡先Contact 任意のフォルダーIn any folder 連絡先には、開始日や有効期限日がスタンプされないため、管理フォルダー アシスタントによってスキップされ、期限は切れません。Contacts aren't stamped with a start date or an expiration date, so they're skipped by the Managed Folder Assistant and don't expire.
破損Corrupted 任意のフォルダーIn any folder 破損アイテムは、管理フォルダー アシスタントによってスキップされ、期限は切れません。Corrupted items are skipped by the Managed Folder Assistant and don't expire.

Examples

ユーザーがIf the user... フォルダーの保持タグThe retention tags on folder... 管理フォルダーアシスタントThe Managed Folder Assistant...
01/26/2019 上の受信トレイでメッセージを受信します。Receives a message in the Inbox on 01/26/2019. 2/27/2019 のメッセージを削除します。Deletes the message on 2/27/2019. 受信トレイ:365 日後に削除Inbox: Delete in 365 days

削除済みアイテム:30 日後に削除Deleted Items: Delete in 30 days
1/26/2019 上の受信トレイのメッセージを処理し、01/26/2019 の開始日と有効期限の日付を01/26/2014 としてスタンプします。Processes the message in the Inbox on 1/26/2019, stamps it with a start date of 01/26/2019 and an expiration date of 01/26/2014.

2/27/2019 の [削除済みアイテム] フォルダーにあるメッセージを再度処理します。Processes the message again in the Deleted Items folder on 2/27/2019. 有効期限を同じ開始日 (01/26/2019) に基づいて再計算します。It recalculates the expiration date based on the same start date (01/26/2019). アイテムの保存期間が 30 日を過ぎているので、このアイテムは直ちに有効期限切れになります。Because the item is older than 30 days, it is expired immediately.
01/26/2019 上の受信トレイでメッセージを受信します。Receives a message in the Inbox on 01/26/2019. 2/27/2019 のメッセージを削除します。Deletes the message on 2/27/2019. 受信トレイ:なし (継承または暗黙)Inbox: None (inherited or implicit)

削除済みアイテム:30 日後に削除Deleted Items: Delete in 30 days
02/27/2019 の [削除済みアイテム] フォルダー内のメッセージを処理し、アイテムに開始日がないことを判別します。Processes the message in the Deleted Items folder on 02/27/2019 and determines the item doesn't have a start date.

このメソッドは、現在の日付を開始日として、03/27/2019 を有効期限としてスタンプします。It stamps the current date as the start date, and 03/27/2019 as the expiration date. アイテムは3/27/2019 で有効期限が切れています。これは、ユーザーが削除済みアイテムフォルダーに削除または移動してから30日後に終了します。The item is expired on 3/27/2019, which is 30 days after the user deleted or moved it to the Deleted Items folder.

詳細情報More Info

  • Exchange Online では、管理フォルダーアシスタントによってメールボックスが7日に1回処理されます。In Exchange Online, the Managed Folder Assistant processes a mailbox once in seven days. これにより、アイテムの有効期限が切れてから7日間で期限切れになることがあります。This might result in items being expired up to seven days after the expiration date stamped on the item.

  • 保持ホールドに配置されたメールボックス内のアイテムは、保存機能が削除されるまで、管理フォルダーアシスタントによって処理されません。Items in mailboxes placed on Retention Hold aren't processed by the Managed Folder Assistant until the Retention Hold is removed.

  • メールボックスがインプレース保持や訴訟ホールドに配置されている場合、期限切れアイテムは受信トレイから削除されますが、メールボックスが インプレース保持と訴訟ホールド から削除されるまで、回復可能なアイテム フォルダーに保持されます。If a mailbox is placed on In-Place Hold or Litigation Hold, expiring items are removed from the Inbox but preserved in the Recoverable Items folder until the mailbox is removed from In-Place Hold and Litigation Hold.

  • ハイブリッド展開では、同じ保持タグと保持ポリシーがオンプレミスの組織と Exchange Online 組織内に存在していて、両方の組織の間で一貫してアイテムを移動および期限切れにしなければなりません。In hybrid deployments, the same retention tags and retention policies must exist in your on-premises and Exchange Online organizations in order to consistently move and expire items across both organizations. 詳細については、「保持タグのエクスポートとインポート」を参照してください。See Export and Import Retention Tags for more information.