Exchange Online で共有ポリシーを作成するCreate a sharing policy in Exchange Online

個々 のビジネス関係者、友人、または家族と、組織の共有のユーザーのカレンダーを変更するのには、新しい共有ポリシーを作成します。共有ポリシーでは、ユーザーが組織外のユーザーと自分の予定表を共有する方法を制御します。既定では、すべてのユーザーは自分の予定表を表示するのには電子メール アドレスを持つユーザーを招待できます。新しい共有ポリシーを作成した後に有効にするには、メールボックスにそのポリシーを適用するのにはあります。ユーザーに特定の共有ポリシーを適用するには、オンライン Exchange メールボックスに共有ポリシーの適用を参照してください。Create a new Sharing Policy to change how people in your organization share calendars with individual business associates, friends, or family members. Sharing policies control how your users share their calendars with people outside your organization. By default, all users can invite anyone with an email address to view their calendar. After you create a new sharing policy, you have to apply that policy to mailboxes before it takes effect. To apply a specific sharing policy to users, see Apply a sharing policy to mailboxes in Exchange Online.

始める前に把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 15 分。Estimated time to complete: 15 minutes.

  • この手順を実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。必要なアクセス許可の一覧については、以下を参照してください。 「Exchange Online のアクセス許可」トピック。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the Permissions in Exchange Online topic.

  • Outlook 2010 以降および Outlook Web App のユーザーのみが、共有への招待を作成できる。Only Outlook 2010 or later and Outlook Web App users can create sharing invitations.

ウィザードを使用して共有ポリシーを作成するUse the wizard to create a sharing policy

  1. Office 365 管理センターのダッシュボードから、 [管理] > [Exchange] に移動します。From the Office 365 admin center dashboard, go to Admin > Exchange.

  2. [組織] > [共有] に移動します。Go to organization > sharing.

  3. リスト ビューで、個々 の共有を、[新規] をクリックしてアイコンの追加In the list view, under Individual Sharing, click New Add Icon.

  4. [共有ポリシーの新規作成] で、 [ポリシー名] ボックスに共有ポリシーのフレンドリ名を入力します。In new sharing policy, type a friendly name for the sharing policy in the Policy name box.

  5. [追加] をクリックしてアイコンの追加共有ポリシーの規則を定義します。Click Add Add Icon to define the sharing rules for the policy.

  6. [共有ルール] で、次のいずれかのオプションを選択して、共有するドメインを指定します。In sharing rule, select one of the following options to specify the domains you want to share with:

  • [すべてのドメインと共有]Sharing with all domains

  • [特定のドメインと共有]Sharing with a specific domain

  1. [特定のドメインと共有] を選択した場合は、共有するドメインの名前を入力します。この共有ポリシーに複数のドメインを入力する必要がある場合は、最初のドメインの設定値を保存してから、共有ルールを編集してさらにドメインを追加します。If you select Sharing with a specific domain, type the name of the domain you want to share with. If you need to enter more than one domain for this sharing policy, save the settings for the first domain, then edit the sharing rules to add more domains.

  2. 共有できる情報を指定するには、 [予定表フォルダーを共有する] チェック ボックスを選択してから、以下のいずれかのオプションを選択します。To specify the information that can be shared, select the Share your calendar folder check box, and then select one of the following options:

  • [時間だけの予定表の空き時間情報]Calendar free/busy information with time only

  • [時間、件名、場所を含む予定表の空き時間情報]Calendar free/busy information with time, subject, and location

  • [時刻、件名、場所、役職などの予定表のすべての予定情報]All calendar appointment information, including time, subject, location and title

  1. 共有ポリシーのルールを設定するには、 [保存] をクリックします。Click save to set the rules for the sharing policy.

  2. この共有ポリシーを Office 365 組織内のすべてのユーザーの新しい既定の共有ポリシーに設定するには、 [このポリシーを既定の共有ポリシーにする] チェック ボックスをオンにします。If you want to set this sharing policy as the new default sharing policy for all users in your Office 365 organization, select the Make this policy my default sharing policy check box.

  3. 共有ポリシーを作成するには、 [保存] をクリックします。Click save to create the sharing policy.

Exchange オンライン PowerShell を使用して、共有ポリシーを作成するにはUse Exchange Online PowerShell to create a sharing policy

  • この例では、Contoso という共有ポリシーを作成します。このポリシーを使用すると、contoso.com ドメイン内のユーザーが組織内のユーザーの詳細な予定表空き時間情報を表示できます。既定では、この設定は有効になっています。This example creates the sharing policy Contoso. This policy allows users in the contoso.com domain to see your user's detailed calendar availability (free/busy) information. By default, this policy is enabled.

    New-SharingPolicy -Name "Contoso" -Domains contoso.com: CalendarSharingFreeBusyDetail
    
  • この例では、2 つの異なるドメイン (contoso.com および woodgrovebank.com) に対して、ドメインごとに異なる共有設定を構成した共有ポリシー ContosoWoodgrove を作成します。このポリシーは無効になっています。This example creates the sharing policy ContosoWoodgrove for two different domains (contoso.com and woodgrovebank.com) with different sharing settings configured for each domain. The policy is disabled.

    New-SharingPolicy -Name "ContosoWoodgrove" -Domains 'contoso.com: CalendarSharingFreeBusySimple', 'woodgrovebank.com: CalendarSharingFreeBusyDetail' -Enabled $false
    

構文およびパラメーターの詳細については、「New-SharingPolicy」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see New-SharingPolicy.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

共有ポリシーが正常に作成されたことを確認するには、ポリシー情報の共有を表示するのには次のコマンドを実行します。To verify that you have successfully created the sharing policy, run the following command to view the sharing policy information.

Get-SharingPolicy <policy name> | format-list

ヒント

問題が発生しますか。Exchange フォーラムでヘルプを表示するとします。オンライン ExchangeまたはExchange のオンライン保護フォーラムを参照してください。Having problems? Ask for help in the Exchange forums. Visit the forums at Exchange Online or Exchange Online Protection.