スパム検疫Spam quarantine

製品: Exchange Server 2013Applies to: Exchange Server 2013

多くの組織では、法規制上の要件から、正当なすべての電子メール メッセージを保存または配信する義務があります。Microsoft Exchange Server 2013 のスパム検疫は、正当なメッセージの消失の危険を減らすためのコンテンツ フィルター エージェントの機能です。スパム検疫は、スパムと識別され、組織内のユーザーのメールボックスに配信されないようにする必要があるメッセージの一時的な格納場所を提供します。Many organizations are bound by legal or regulatory requirements to preserve or deliver all legitimate email messages. In Microsoft Exchange Server 2013, spam quarantine is a feature of the Content Filter agent that reduces the risk of losing legitimate messages. Spam quarantine provides a temporary storage location for messages identified as spam that shouldn't be delivered to a user mailbox inside the organization.

コンテンツ フィルター エージェントによってスパムと識別されたメッセージは、配信不能レポート (NDR) にラップされ、組織内のスパム検疫メールボックスに配信されます。スパム検疫メールボックスに配信されるメッセージを管理し、適切な操作を実行します。たとえば、メッセージを削除したり、スパム対策フィルターで誤ってスパムとフラグが付けられたメッセージを本来の宛先にルーティングすることができます。さらに、指定された時間の経過後にスパム検疫メールボックスがメッセージを自動的に削除するように構成できます。Messages identified by the Content Filter agent as spam are wrapped in a non-delivery report (NDR) and delivered to a spam quarantine mailbox inside the organization. You can manage messages delivered to the spam quarantine mailbox and take appropriate actions. For example, you can delete messages or let messages flagged as false positives in anti-spam filtering be routed to their intended recipients. In addition, you can configure the spam quarantine mailbox to automatically delete messages after a designated time period.

Spam Confidence LevelSpam confidence level

外部のユーザーが、スパム対策機能を実行する Exchange を実行しているサーバーに電子メール メッセージを送信した場合、スパム対策機能はメッセージの特性を累積的に評価し、次のように対処します。When an external user sends email messages to a server running Exchange that runs the anti-spam features, the anti-spam features cumulatively evaluate characteristics of the messages and act as follows:

  • スパムであると疑われるメッセージをフィルターで排除します。Those messages suspected to be spam are filtered out.

  • メッセージがスパムかどうかの確率に基づいて、レベルが割り当てられます。このレベルは、SCL (Spam Confidence Level) レベルと呼ばれるメッセージ プロパティとしてメッセージに格納されます。A rating is assigned to messages based on the probability that a message is spam. This rating is stored with the message as a message property called the spam confidence level (SCL) rating.

スパム検疫は、SCL レベルを使用して、メールがスパムである可能性を判断します。SCL レベルは 0 から 9 の数値です。0 はスパムである可能性が最も低いことを、9 はスパムである可能性が最も高いことを意味します。Spam quarantine uses the SCL rating to determine whether mail has a high probability of being spam. The SCL rating is a numeric value from 0 through 9, where 0 is considered less likely to be spam, and 9 is considered most likely to be spam.

特定の SCL レベルが割り当てられたメールについて、削除、拒否、または検疫を行うように構成できます。これらのいずれか処理を起動するレベルを、SCL による検疫のしきい値と呼びます。コンテンツ フィルターの処理で、SCL による検疫のしきい値に基づいてコンテンツ フィルター エージェントが処理を行うように構成できます。たとえば、次のような条件を設定できます。You can configure mail that has a certain SCL rating to be deleted, rejected, or quarantined. The rating that triggers any of these actions is referred to as the SCL quarantine threshold. Within content filtering, you can configure the Content Filter agent to base its actions on the SCL quarantine threshold. For example, you can set the following conditions:

  • SCL による削除のしきい値を 8 に設定する。SCL delete threshold is set to 8.

  • SCL による拒否のしきい値を 7 に設定する。SCL reject threshold is set to 7.

  • SCL による検疫のしきい値を 6 に設定する。SCL quarantine threshold is set to 6.

  • SCL による迷惑メール フォルダーのしきい値を 5 に設定する。SCL Junk Email folder threshold is set to 5.

上記の SCL しきい値に基づき、SCL が 6 の電子メールがスパム検疫メールボックスに配信されます。Based on the preceding SCL thresholds, all email with an SCL of 6 will be delivered to the spam quarantine mailbox.

詳細については、「コンテンツ フィルターの管理」を参照してください。For more information, see Manage content filtering.

スパム検疫Spam quarantine

既定のスパム対策エージェントすべてを実行している Exchange サーバーによってメッセージが受信されると、コンテンツ フィルターが次のように適用されます。When messages are received by the Exchange server that's running all default anti-spam agents, the content filter is applied as follows:

  • SCL レベルが、SCL による検疫のしきい値以上で、SCL による削除のしきい値や SCL による拒否のしきい値よりも小さい場合、メッセージはスパム検疫メールボックスに送られます。If the SCL rating is greater than or equal to the SCL quarantine threshold but less than either the SCL delete threshold or SCL reject threshold, the message goes to the spam quarantine mailbox.

  • SCL レベルがスパム検疫のしきい値よりも小さい場合、メッセージは受信者の受信トレイに配信されます。If the SCL rating is lower than the spam quarantine threshold, it's delivered to the recipient's Inbox.

メッセージ管理者は、Microsoft Outlook を使用してスパム検疫メールボックスを監視し、誤ってスパムと判断されたメッセージがないかどうかを確認します。誤ってスパムと判断されたメッセージが見つかった場合、管理者は受信者のメールボックスにメッセージを送信できます。The message administrator uses Microsoft Outlook to monitor the spam quarantine mailbox for false positives. If a false positive is found, the administrator can send the message to the recipient's mailbox.

メッセージ管理者は、以下のいずれかの条件に当てはまる場合、スパム対策スタンプを確認できます。The message administrator can review the anti-spam stamps if either of the following conditions is true:

  • フィルターによって誤ってスパムと判断され、スパム検疫メールボックスに送られるメッセージの数が多すぎる。Too many false positives are filtered into the spam quarantine mailbox.

  • 拒否または削除されるスパムの数が十分ではない。Not enough spam is being rejected or deleted.

詳細については、「スパム対策スタンプ」を参照してください。For more information, see Anti-spam stamps.

組織に送られるスパムに対して、より正確にフィルターが適用されるように SCL 設定を調整できます。詳細については、「Spam Confidence Level のしきい値」を参照してください。You can then adjust the SCL settings to more accurately filter the spam coming into the organization. For more information, see Spam Confidence Level Threshold.

スパム検疫を使用するには、以下の手順を実行する必要があります。To use spam quarantine, you need to follow these steps:

  1. コンテンツ フィルターが有効になっていることを確認します。Verify content filtering is enabled.

  2. スパム検疫のために専用のメールボックスを作成します。Create a dedicated mailbox for spam quarantine.

  3. スパム検疫メールボックスを指定します。Specify the spam quarantine mailbox.

  4. SCL による検疫のしきい値を構成します。Configure the SCL quarantine threshold.

  5. スパム検疫メールボックスを管理します。Manage the spam quarantine mailbox.

  6. 必要に応じて、SCL による検疫のしきい値を調整します。Adjust the SCL quarantine threshold as needed.

詳細な手順については、「スパム検疫メールボックスの構成」を参照してください。For detailed instructions, see Configure a spam quarantine mailbox.