Exchange Online でアイテム保持ポリシーを作成した後に、メッセージがアーカイブメールボックスに移動されない

問題

Microsoft Exchange Online for Microsoft Office 365 では、Get-retentionpolicy Windows PowerShell コマンドレットを使用して、ユーザーのメールボックスからユーザーのアーカイブメールボックスに電子メールメッセージを移動するアイテム保持ポリシーを作成します。 たとえば、次の一連の PowerShell コマンドレットを使用してアイテム保持ポリシーを作成します。

New-RetentionPolicyTag "ArchiveTag" –Type All –RetentionEnabled $true –AgeLimitForRetention 90 –RetentionAction MoveToArchive 

New-RetentionPolicy "CorpPolicy" –RetentionPolicyTagLinks "ArchiveTag" 

Set-Mailbox <mailbox> -RetentionPolicy "CorpPolicy" 

Start-ManagedFolderAssistant –Identity <mailbox>

ただし、アイテム保持ポリシーを作成した後は、ポリシーは自動的には実行されません。 つまり、ポリシーに設定されている有効期限に達したメッセージは、ユーザーのアーカイブメールボックスに自動的に移動されません。

原因

この問題は、Exchange Online のメールボックスのサイズが10メガバイト (MB) 未満の場合に発生します。 アイテム保持ポリシーは、10 MB を超えるメールボックスで7日ごとに1回自動的に実行されます。 ただし、アイテム保持ポリシーは、10 MB より小さいメールボックスに対しては自動的には実行されません。

回避策

10 MB 未満のメールボックスの場合は、メッセージをアーカイブに移動するたびに、 <Start-ManagedFolderAssistant – Identity mailbox> コマンドレットを手動で実行します。

詳細情報

Exchange Online でのアイテム保持ポリシーの設定と管理の詳細については、「 Windows PowerShell を使用して Exchange online のアイテム保持ポリシーをセットアップおよび管理する」を参照してください。

さらにサポートが必要な場合 Microsoft コミュニティに移動します。