Office 365 ハイブリッド環境でフォレスト間の予定表データを表示できない

元の KB 番号:   3187044

現象

メールボックスをクラウドに移動した後、オンプレミスのメールボックスに対して Microsoft Outlook 2016 または Outlook 2013 で予定表データを表示することはできません。 空き時間情報のみが表示されます。

原因

この動作は仕様です。 オンプレミス環境の一部の構成では、予定表のみが表示されている場合、予定表データは返されません。 このような状況では、ログオンフォレストとの信頼を共有しないオンプレミスのリソースフォレストを持つことができます。

詳細情報

空き時間情報とメールボックスのデータは、メールボックスが異なるハイブリッドフォレストに存在するかどうか、およびユーザーが情報を表示する方法に応じて、さまざまな方法で返されます。 ハイブリッドフォレスト内のメールボックスの予定表フォルダーを表示する場合、Outlook の予定表ビューには次のルールが適用されます。

  • Outlook は、ローカルの読み取り専用フォルダーを作成し、Exchange Web サービス (EWS) を使用して、そのメールボックスの空き時間情報を取得します。
  • ほとんどの場合、Outlook はそのメールボックスにすぐに接続しようとします。
  • 接続が成功し、ユーザーがメールボックスへのフォルダーレベルまたはフルアクセスのアクセス許可を持っている場合、Outlook では完全な予定表の詳細が表示され、そのフォルダーのユーザーに適切なアクセスレベルが提供されます。 たとえば、予定表フォルダーに対する編集者アクセス許可を持つユーザーは、予定表にアイテムを作成できます。

ユーザーが対象のメールボックスまたは予定表フォルダーへのアクセス許可を持っていない場合、outlook 2016 および Outlook 2013 は資格情報の入力を求めません。

Exchange Online に接続するときにモダン認証が使用されている場合は、オンプレミス環境への従来の認証スタックを使用して認証を行うと、いくつかの問題が発生することがあります。 ユーザーが断続的に空き時間情報データのみを表示することがあります。