ユーザー入力のあるボタン フローの概要Introducing button flows with user input

ボタン フローを作成すると、ボタンをタップするだけで日常的なタスクを実行することができます。Create a button flow to run routine tasks by simply tapping a button. フローの実行時に使用される特定の詳細をユーザーが指定できるようにすることで、フローをカスタマイズできます。Customize your flow by allowing the user to provide specific details that will be used when the flow runs. このトピックでは、ユーザーからの入力を受け取るボタン フローを作成する手順、さらにボタン フローを実行して、ユーザー入力を指定する方法を明らかにする手順を説明します。This topic walks you through creating a button flow that takes input from the user and then running the button flow, highlighting how to provide the user input.

ボタン フローは、Microsoft Flow Web サイトまたは Microsoft Flow のモバイル アプリで作成できます。You can create a button flow in the Microsoft Flow website or the mobile app for Microsoft Flow. このトピックでは、Web サイトを使用します。For this topic, you'll use the website.

前提条件Prerequisites

  • Microsoft Flow Web サイト用のアカウントAn account on the Microsoft Flow website.

テンプレートを開くOpen the template

  1. Microsoft Flow Web サイトにサインインし、検索ボックスに「Visual Studio」と入力し、検索アイコンをクリックまたはタップして、Visual Studio に関連するすべてのテンプレートを検索します。Sign in to the Microsoft Flow website, enter Visual Studio in the search box, and then click or tap the search icon to find all templates that relate to Visual Studio:

  2. [Open a Priority 2 Bug in Visual Studio](Visual Studio で優先順位 2 のバグを開く) テンプレートを選択します。Select the Open a Priority 2 Bug in Visual Studio template:

  3. [このテンプレートを使用] ボタンを選択します。Select Use this template button:

    このテンプレートでは、Visual Studio Team Services (VSTS) と、プッシュ通知サービスを使用します。This template uses the Visual Studio Team Services (VSTS) and the Push notification services. これらのいずれのサービスにも接続していない場合は、サービスにサインインする必要があります。You'll need to sign into these services if you don't have a connection to either of them. [サインイン] ボタンは、サービスへのサインインが必要な場合にのみ表示されます。The Sign in button will appear only if you need to sign into a service.

  4. 必要なすべてのサービスにサインインした後で、[続行] ボタンを選択します。After you sign into all required services, select the Continue button:

  5. (省略可能) ポータルの上部にあるボックスに目的の名前を入力することにより、フローの名前を変更します。(optional) Change the name of the flow by typing a name of your choice into the box at the top of the portal:

ユーザー入力をカスタマイズするCustomize the user input

  1. トリガー カードで、[編集] を選択します。In the trigger card, select Edit:

  2. カスタム入力フィールドを追加できるように、+ アイコンを選択してページを展開します。Select the + icon to expand the page so that you can add custom input fields:

  3. ユーザーがフローを実行する場合に利用可能にするカスタム フィールドごとに、入力のタイトル入力の説明を入力します。Enter the Input title and Input description for each custom field that you want to make available when someone runs your flow.

    この例では、このフローを使用する任意のユーザーがバグの再現ステップを入力し、バグの重大度を評価できるように、2 つのカスタム入力フィールド [Bug repro steps](バグの再現ステップ) と [Bug severity](バグの重大度) を作成します。In this example, you'll create two custom input fields (Bug repro steps and Bug severity) so that anyone who uses this flow can enter the steps to reproduce the bug and rate the bug's severity:

バグをカスタマイズするCustomize the bug

  1. カードのタイトル バー [新しい作業項目を作成] をタップします。Tap the Create a new work item card's title bar:

  2. VSTS 環境に適した内容を選択し、[編集] を選択します。Make the selections that are appropriate for your VSTS environment, and then select Edit:

    たとえば、myinstance と入力して、myinstance.visualstudio.com に接続します。For example, connect to myinstance.visualstudio.com by typing myinstance.

  3. [詳細オプションの表示] を選択して、このカードの他のフィールドを表示します。Select Show advanced options to reveal the other fields for this card:

  4. [Bug title](バグのタイトル) トークンの前にカーソルを置き、[タイトル] テキスト フィールドに「重大度:」と入力します。Place the cursor before the Bug title token, and then enter "Severity: " into the Title text field.
  5. カーソルがタイトル テキスト フィールドに置かれた状態で、[Bug severity](バグの重大度) トークンを選択して、「 -- 」と入力します。With the cursor still in the title text field, select the Bug severity token, and then enter " -- ".
  6. [説明] テキスト フィールドで、[Bug description](バグの説明) トークンの直後にカーソルを置き、Enter キーを押して新しい行を開始します。In the Description text field, place your cursor just after the Bug description token, and then press Enter to start a new line.
  7. 新しい行にカーソルを置き、[Bug Repro steps](バグの再現手順) トークンを選択します。Place your cursor on the new line, and then select the Bug Repro steps token:

プッシュ通知をカスタマイズするCustomize the push notification

  1. [プッシュ通知を送信] カード上のタイトル バーをタップして展開します。Tap the title bar on the Send a push notification card to expand it.
  2. 動的なコンテンツのトークンの一覧で、[詳細を表示] を選択し、[リンク] テキスト フィールドに [URL] トークンを追加します。In the list of dynamic content tokens, select See more, and then add the URL token in the Link text field.
  3. [リンク ラベル] テキスト フィールドに、[ID] トークンを追加します。In the Link label text field, add the Id token:

  4. メニュー上の [フローの作成] をタップして、フローを作成します。Tap Create flow on the menu to create your flow:

フローを実行するRun your flow

このチュートリアルでは、先ほど作成したボタンのフローを、Microsoft Flow 用のモバイル アプリを使用して実行します。In this walk-through, you'll use the mobile app for Microsoft Flow to run the button flow you just created. タイトル、説明、再現ステップ、重大度レベルを使用してバグを作成するために必要とされるあらゆるユーザー入力を指定します。You'll provide all the user input that's needed to create a bug with a title, a description, repro steps, and a severity level.

  1. Microsoft Flow 用のモバイル アプリでは、[ボタン] タブをタップし、[Create bug report with steps](ステップを含むバグ レポートを作成) ボタンをタップします。In the mobile app for Microsoft Flow, tap the Buttons tab, and then tap the Create bug report with steps button.

  2. 報告するバグのタイトルを入力し、[次へ] をクリックします。Enter the title for the bug you are reporting, and then tap Next. 次に例を示します。For example:

  3. 報告するバグの説明を入力し、[次へ] をタップします。Enter the description of the bug you are reporting, and then tap Next. 次に例を示します。For example:

  4. 報告するバグを再現するためのステップを入力し、[次へ] をタップします。Enter the steps to reproduce the bug you are reporting, and then tap Next. 次に例を示します。For example:

  5. 報告するバグの重大度を入力し、[完了] をタップします。Enter the severity of the bug you are reporting, and then tap Done:

    フローが実行されます。The flow runs.

  6. (省略可能) [アクティビティ] タブをタップして、結果を表示します。(optional) Tap the Activity tab to show the results.

  7. (省略可能) [新しい作業項目の作成] ステップをタップすることにより、フローの実行の詳細な結果を表示します。(optional) Show the detailed results of the flow's run by tapping the Create a new work item step.

次のステップNext steps