Dynamics 365 (オンライン) を使用したフローの作成Create a flow by using Dynamics 365 (online)

Dynamics 365 コネクタを使用すると、Dynamics 365 またはその他のサービスでイベントが発生し、これにより Dynamics 365 またはその他のサービスでアクションが実行されたときに、開始されるフローを作成することができます。By using a Dynamics 365 connector, you can create flows that initiate when an event occurs in Dynamics 365, or some other service, which then performs an action in Dynamics 365, or some other service.

Microsoft Flow では、お気に入りのアプリとサービスの間のワークフローを自動化して、ファイルの同期、通知の受信、データ収集などを行うことができます。In Microsoft Flow, you can set up automated workflows between your favorite apps and services to synchronize files, get notifications, collect data, and more. 詳細については、「Microsoft Flow を使ってみる」をご覧ください。For more information, see Get started with Microsoft Flow.

テンプレートからフローを作成するCreate a flow from a template

さまざまなテンプレートが用意されています。このいずれかを使用してフローを作成することができます。次に例を示します。You can create a flow using one of the many templates available, such as these examples:

  • オブジェクトが Dynamics 365 で作成されている場合は、SharePoint でリスト項目を作成します。When an object is created in Dynamics 365, create a list item in SharePoint.
  • Excel の表から Dynamics 365 の潜在顧客レコードを作成します。Create Dynamics 365 lead records from an Excel table.
  • Dynamics 365 のアカウントを Dynamics 365 for Operations の顧客にコピーします。Copy Dynamics 365 accounts to customers in Dynamics 365 for Operations.

テンプレートからフローを作成するには、次の手順に従います。To create a flow from a template, follow these steps.

  1. Microsoft Flow Web サイトにサインインします。Sign in to the Microsoft Flow website.
  2. [サービス] をクリックまたはタップし、[Dynamics 365] をクリックまたはタップします。Click or tap Services, and then click or tap Dynamics 365.
  3. 複数のテンプレートが利用できます。Several templates are available. 作業を開始するには、目的のテンプレートを選択します。To get started, select the template that you want.

潜在顧客からタスクを作成するCreate a task from a lead

必要とする内容に対応するテンプレートが提供されていない場合は、一からフローを作成します。If a template isn’t available for what you need, create a flow from scratch. このチュートリアルでは、Dynamics 365 で潜在顧客が作成されるたびに Dynamics 365 でタスクを作成する方法を説明します。This walkthrough shows you how to create a task in Dynamics 365 whenever a lead is created in Dynamics 365.

  1. Microsoft Flow Web サイトにサインインします。Sign in to the Microsoft Flow website.
  2. [マイ フロー] をクリックまたはタップし、[一から作成] をクリックまたはタップします。Click or tap My flows, and then click or tap Create from blank.
  3. フロー トリガーの一覧で、[Dynamics 365 - レコードが作成されたとき] をクリックまたはタップします。In the list of flow triggers, click or tap Dynamics 365 - When a record is created.
  4. メッセージが表示されたら、Dynamics 365 にサインインします。If prompted, sign in to Dynamics 365.
  5. [組織名] で、フローによりリッスンする Dynamics 365 インスタンスを選択します。Under Organization Name, select the Dynamics 365 instance where you want the flow to listen.
  6. [エンティティ名] で、リッスンするエンティティを選択します。これはフローを開始するトリガーとして機能します。Under Entity Name, select the entity that you want to listen to, which will act as a trigger initiating the flow.

    このチュートリアルでは、[潜在顧客] を選択します。For this walkthrough, select Leads.

    フロー詳細

  7. [新しいステップ] をクリックまたはタップし、[アクションの追加] をクリックまたはタップします。Click or tap New step, and then click or tap Add an action.
  8. [Dynamics 365 – 新しいレコードの作成] をクリックまたはタップします。Click or tap Dynamics 365 – Create a new record.
  9. 組織名で、フローによりレコードを作成する Dynamics 365 インスタンスを選択します。Under Organization Name, select the Dynamics 365 instance where you want the flow to create the record. そのインスタンスは、イベントがトリガーされるインスタンスと同じである必要はありません。Notice that it doesn’t have to be the same instance where the event is triggered from.
  10. [エンティティ名] で、イベントの発生時にレコードを作成するエンティティを選択します。Under Entity Name, select the entity that will create a record when the event occurs.

    このチュートリアルでは、[タスク] を選択します。For this walkthrough, select Tasks.

  11. [サブジェクト] ボックスが表示されます。A Subject box appears. このボックスをクリックまたはタップすると、動的コンテンツ ウィンドウが表示されます。このウィンドウでは次のフィールドのいずれかを選択できます。When you click or tap it, a dynamic content pane appears where you can select either of these fields.

    • []。Last Name. このフィールドを選択すると、タスクの作成時にタスクの [サブジェクト] フィールドに潜在顧客の姓が挿入されます。If you select this field, the last name of the lead will be inserted in the Subject field of the task when it's created.
    • [トピック]。Topic. このフィールドを選択すると、タスクの作成時にタスクの [サブジェクト] フィールドに潜在顧客の [トピック] フィールドが挿入されます。If you select this field, the Topic field for the lead will be inserted in the Subject field of the task when it's created.

    このチュートリアルでは、[トピック] を選択します。For this walkthrough, select Topic.

    フローのトピックの追加

    ヒント: 動的コンテンツ ウィンドウで、[詳細を参照する] をクリックまたはタップすると、エンティティに関連付けられたその他のフィールドが表示されます。Tip: On the dynamic content pane, click or tap See more to display more fields that are associated with the entity. たとえば、タスクの [サブジェクト] フィールドに、潜在顧客の [会社名]、[顧客]、[説明]、または [電子メール] フィールドを取り込むことができます。For example, you can also populate the Subject field of the task with the Company Name, Customer, Description, or Email field of the lead.

  12. [フローの作成] をクリックまたはタップします。Click or tap Create flow.

Dynamics 365 タスクから Wunderlist タスクを作成するCreate a Wunderlist task from a Dynamics 365 task

このチュートリアルでは、Dynamics 365 でタスクが作成されるたびに Wunderlist にタスクを作成する方法を説明します。This walkthrough shows you how to create a task in Wunderlist whenever a task is created in Dynamics 365. Wunderlist は、To Do リストの作成、アラームの追加、または用事の追跡で使用できるインターネットベースのサービスです。Wunderlist is an Internet-based service that you can use to create to-do lists, add reminders, or track errands.

  1. Microsoft Flow Web サイトにサインインします。Sign in to the Microsoft Flow website.
  2. [マイ フロー] をクリックまたはタップし、[一から作成] をクリックまたはタップします。Click or tap My flows, and then click or tap Create from blank.
  3. フロー トリガーの一覧で、[Dynamics 365 - レコードが作成されたとき] をクリックまたはタップします。In the list of flow triggers, click or tap Dynamics 365 - When a record is created.
  4. [組織名] で、フローによりリッスンする Dynamics 365 インスタンスを選択します。Under Organization Name, select the Dynamics 365 instance where you want the flow to listen.
  5. [エンティティ名] で、リッスンするエンティティを選択します。これはフローを開始するトリガーとして機能します。Under Entity Name, select the entity that you want to listen to, which will act as a trigger to initiate the flow.

    このチュートリアルでは、[タスク] を選択します。For this walkthrough, select Tasks.

  6. [新しいステップ] をクリックまたはタップし、[アクションの追加] をクリックまたはタップします。Click or tap New step, and then click or tap Add an action.
  7. タスクの作成 」と入力し、[Wunderlist – タスクの作成] をクリックまたはタップします。Type create a task, and then click or tap Wunderlist – Create a task.
  8. [リスト ID] で、[受信トレイ] を選択します。Under List ID, select inbox.
  9. [タイトル] で、動的コンテンツ ウィンドウの [サブジェクト] を選択します。Under Title, select Subject in the dynamic content pane.
  10. [フローの作成] をクリックまたはタップします。Click or tap Create flow.

詳細なオプションを指定するSpecify advanced options

フローにステップを追加する場合は、[詳細オプションの表示] をクリックまたはタップして、フロー内でのデータのフィルター処理の方法を制御するフィルターまたは並べ替えクエリを追加することができます。When you add a step to a flow, you can click or tap Show advanced options to add a filter or order by query that controls how the data is filtered in the flow.

たとえば、フィルター クエリを使用してアクティブな連絡先のみを取得したり、それらを姓に基づいて並べ替えたりすることができます。For example, you can use a filter query to retrieve only active contacts, and you can order them by last name. そのためには、OData フィルター クエリ「statuscode eq 1」を入力し、動的コンテンツ ウィンドウから [] を選択します。To do this, enter the OData filter query statuscode eq 1 and select Last Name from the dynamic content pane. フィルターおよび並べ替えクエリの詳細については、「MSDN: $filter」および「MSDN: $orderby」を参照してください。For more information about filter and order by queries, see MSDN: $filter and MSDN: $orderby.

フローの並べ替えクエリ

詳細なオプションを使用する場合のベスト プラクティスBest practices when using advanced options

フィールドに値を追加する場合は、値を入力するか、動的コンテンツ ウィンドウからいずれか 1 つを選択するかにかかわらず、フィールドの種類を照合する必要があります。When you add a value to a field, you must match the field type whether you type a value or select one from the dynamic content pane.

フィールドの種類Field type 使用する方法How to use 参照先Where to find Name (名前)Name データ型Data type
テキスト フィールドText fields テキスト フィールドには、1 行のテキスト、またはテキスト型のフィールドである動的コンテンツが必要です。Text fields require a single line of text or dynamic content that is a text type field. たとえば、[カテゴリ] フィールド、[サブカテゴリ] フィールドなどがあります。Examples include the Category and Sub-Category fields. [設定] > [カスタマイズ] > [システムのカスタマイズ] > [エンティティ] > [タスク] > [フィールド]Settings > Customizations > Customize the System > Entities > Task > Fields カテゴリcategory 単一行のテキストSingle Line of Text
整数フィールドInteger fields 一部のフィールドには、整数、または整数型フィールドである動的コンテンツが必要です。Some fields require integer or dynamic content that is an integer type field. たとえば、[達成率]、[期間] などがあります。Examples include Percent Complete and Duration. [設定] > [カスタマイズ] > [システムのカスタマイズ] > [エンティティ] > [タスク] > [フィールド]Settings > Customizations > Customize the System > Entities > Task > Fields percentcompletepercentcomplete 整数Whole Number
日付フィールドDate fields 一部のフィールドには、mm/dd/yyyy 形式で入力した日付、または日付型フィールドである動的コンテンツが必要です。Some fields require a date entered in mm/dd/yyyy format or dynamic content that is a date type field. たとえば、[作成日]、[開始日]、[実際の開始日]、[前回の保留時間]、[実際の終了日]、[期限] などがあります。Examples include Created On, Start Date, Actual Start, Last on Hold Time, Actual End, and Due Date. [設定] > [カスタマイズ] > [システムのカスタマイズ] > [エンティティ] > [タスク] > [フィールド]Settings > Customizations > Customize the System > Entities > Task > Fields createdoncreatedon 日付と時刻Date and Time
レコード ID と参照タイプの両方を必要とするフィールドFields that require both a record ID and lookup type 別のエンティティ レコードを参照するフィールドには、レコード ID と参照タイプの両方が必要です。Some fields that reference another entity record require both the record ID and the lookup type. [設定] > [カスタマイズ] > [システムのカスタマイズ] > [エンティティ] > [アカウント] > [フィールド]Settings > Customizations > Customize the System > Entities > Account > Fields accountidaccountid 主キーPrimary Key

レコード ID と参照タイプの両方を必要とするフィールドのその他の例More examples of fields that require both a record ID and lookup type

ここでは、前の表を拡張して、動的コンテンツ リストから選択した値では機能しないフィールドの例を示します。Expanding on the previous table, here are more examples of fields that don't work with values selected from the dynamic content list. これらのフィールドには、PowerApps でフィールドに入力されたレコード ID と参照タイプの両方が必要です。Instead, these fields require both a record ID and lookup type entered into the fields in PowerApps.

  • [所有者] と [所有者の種類]。Owner and Owner Type.

    • [所有者] フィールドには、有効なユーザーまたはチーム レコード ID を入力する必要があります。The Owner field must be a valid user or team record ID.
    • [所有者の種類] には、systemusers または teams を指定する必要があります。The Owner Type must be either systemusers or teams.
  • [顧客] と [顧客の種類]。Customer and Customer Type.

    • [顧客] フィールドには、有効なアカウントまたは連絡先レコード ID を入力する必要があります。The Customer field must be a valid account or contact record ID.
    • [顧客の種類] には、accounts または contacts を指定する必要があります。The Customer Type must be either accounts or contacts.
  • [関連] と [関連の種類]。Regarding and Regarding Type.

    • [関連] フィールドには、有効なレコード ID (アカウント レコード ID や連絡先レコード ID など) を入力する必要があります。The Regarding field must be a valid record ID, such as an account or contact record ID.
    • [関連の種類] には、レコードの参照タイプ (accountscontacts など) を指定する必要があります。The Regarding Type must be the lookup type for the record, such as accounts or contacts.

次の例では、タスクの [関連] フィールドにレコード ID を追加して、この ID に対応するアカウント レコードを追加します。This example adds an account record that corresponds to the record ID, adding it to the Regarding field of the task.

フローのレコード ID およびタイプ アカウント

また、この例では、ユーザーのレコード ID に基づいて特定のユーザーにタスクを割り当てます。This example also assigns the task to a specific user based on the user's record ID.

フローのレコード ID およびタイプ ユーザー

レコード ID の検索方法については、次の「レコード ID の検索」をご覧ください。To find a record's ID, see Find the record ID later in this topic.

重要: フィールドの説明が "内部使用専用" になっている場合、フィールドに値は含まれません。Important: Fields shouldn't contain a value if they have a description of "For internal use only." これらのフィールドには、渡ったパス追加パラメータータイム ゾーンの規則のバージョン番号が含まれますThese fields include Traversed path, Additional Parameters, and Time Zone Rule Version Number.

レコード ID の検索Find the record's ID

  1. Dynamics 365 Web アプリケーションで、アカウント レコードなどのレコードを開きます。In the Dynamics 365 web application, open a record, such as an account record.
  2. 操作ツール バーの [ポップ アウト] ポップアップ レコード をクリックまたはタップします (または、[リンクを電子メールで送る] をクリックまたはタップして完全な URL を既定の電子メール プログラムにコピーします)。On the actions toolbar, click or tap Pop Out popout record (or click or tap EMAIL A LINK to copy the full URL to your default email program).

    Web ブラウザーのアドレス バーで、URL のエンコード文字 %7b と %7d の間にレコード ID が表示されます。In the address bar of the web browser, the URL contains the record ID between the %7b and %7d encoding characters.

    レコード ID

フローのトラブルシューティングTroubleshooting a flow

組織における Flow の Q & AFlow in your organization Q&A

よく寄せられる質問Frequently asked questions