環境を選択するChoosing an environment

Microsoft Flow は、さまざまな環境で作業できるほか、環境の切り替えも簡単に行うことができます。With Microsoft Flow, you can work in different environments, and easily switch among them. この記事では、環境に関する次のトピックを取り上げます。The scope of this article covers the following topics on environment:

  • 環境の機能の概要Background of what environments provide
  • 環境を切り替えるSwitching environments
  • 適切な環境でフローを作成する方法How to create a flow in the right environment

環境の概要Environments overview

環境では、フロー、接続、ゲートウェイなどのリソースの分離境界を提供しています。Environments provide an isolation boundary for your flows, connections, gateways, and other resources. フローを作成する際は、フローをホストする環境と、そのフローで使用するリソースを選択します。When you create a flow, you choose which environment to host the flow, and the resources used by that flow. シナリオに応じて異なる環境を使用できます。You can use different environments for different scenarios.

いくつかの例を示します。Some examples:

  • Microsoft Common Data Service への接続を使用するフローの作成。You are creating a flow that uses a connection to the Microsoft Common Data Service. このシナリオでは、フローと Microsoft Common Data Service は同一の環境に存在します。In this scenario, the flow and the Common Data Service reside in the same environment. このため、すべてのデータは環境 (分離境界) 内で分離されます。This ensures all the data is isolated within that environment (isolation boundary).
  • 人事部門向けのフローの作成。You are creating a flow for your Human Resources department. 人事部門のユーザーのみがそのフローにアクセスできるようにする必要があります。You want to ensure that only users in your Human Resources department have access to the flow. たとえば、販売グループがそのフローを使用できないようにします。For example, you don't want your Sales group to use the flow. このシナリオでは、人事部門のユーザーのみがアクセス許可を持つ別の環境を使用して、フローとフローで使用されるリソース (ゲートウェイや接続など) をホストすることができます。In this scenario, you can use a separate environment, which only the HR users have permissions, to host the flow, and any resources the flow uses, including gateways or connections.
  • フローを使用して SharePoint のデータを表示する、ヨーロッパのユーザーがいる場合。There are users in Europe that use a flow to show SharePoint data. このシナリオでは、フローと SharePoint 接続をホストする環境をヨーロッパに作成します。In this scenario, create an environment in Europe that hosts the flow, and the SharePoint connection. このヨーロッパの環境では、すべてのリソースがヨーロッパに存在するため (データのローカリティ)、ヨーロッパのユーザーは最高のパフォーマンスを得られます。This Europe environment gives the European users the best performance, as all resources are local to Europe (data locality).

環境は、Microsoft Flow の管理者によって作成されます。Environments are created by Microsoft Flow administrators. このような管理者は、異なる環境にアクセスできるユーザーも制御します。These administrators also control who has access to the different environments.

このトピックでは、異なる環境間で移動する方法を示します。This topic shows you how to navigate between different environments. 環境の作成と管理の方法の詳細については、環境の管理に関するページを参照してください。For details on how you can create and manage them, see administer environments.

環境を切り替えるSwitching environments

Microsoft Flow では、非常に簡単に環境を切り替えることができます。Microsoft Flow makes it pretty easy to switch between environments. 切り替えを行うと、その特定の環境のすべての項目が表示されます。他の環境の項目は表示されません。When you do switch, you are seeing all the items in that specific environment; you are not seeing items in any other environment.

次に例を示します。Here's an example.

Human Resources 環境に NewEmployee という名前のフローを作成します。You create a flow named NewEmployee in the Human Resources environment. flow.microsoft.com で、Sales 環境を開きます。In flow.microsoft.com, you open the Sales environment. NewEmployee フローは表示されません。The NewEmployee flow is not listed. NewEmployee フローを表示するには、Human Resources 環境を開きます。To see the NewEmployee flow, open the Human Resources environment. これは、接続、ゲートウェイ、PowerApps など、その環境で作成するすべての項目に適用されますので注意してください。Remember, this applies to any items you create in the environment, including connections, gateways, PowerApps, and more.

  1. flow.microsoft.com を開きます。Open flow.microsoft.com.
  2. 右上隅に、ユーザーの名前と現在の環境が表示されます。In the top right corner, you see your name, and the environment you're in:

    画像では通知に注目してください。In the image, notice the notifications. これらの通知は、この既定の環境のフローに固有です。These notifications are specific to the flow in this default environment.

  3. 自分の名前を選択します。Select your name. ドロップダウン リストには、ユーザーが使用できるすべての環境が一覧表示されます。In the drop-down list, all the environments available to you are listed. 現在の環境が選択されています。Your current environment is checked:
  4. 別の環境に切り替えるには、一覧でその環境を選択します。To switch to another environment, select that environment in the list:
  5. Microsoft Flow は、新しい環境に自動的に切り替わります。Microsoft Flow automatically switches to the new environment:

    画像で通知が表示されなくなったことに注目してください。In the image, notice there are no notifications. 新しい Europe 環境には通知がありません。The new Europe environment has no notifications.

適切な環境でのフローの作成Create flows in the right environment

フローを作成する前に、フローを作成する環境を選択していることを必ず確認してください。Before you create a flow, always make sure you select the environment you want to flow to be in. 選択していない場合は、フローを削除して、正しい環境で再作成することになります。Otherwise, you will have delete and recreate the flow in the correct environment.

フローを作成する環境を選択する際は、次のことを考慮してください。Consider the following factors when choosing which environment to create your flows in:

  • ゲートウェイは既定の環境に作成されます。Gateways are created in the Default environment. ゲートウェイは他の環境に作成できないため、オンプレミスのデータに接続する場合は既定の環境を使用する必要があります。Gateways cannot be created in other environments, so if you want to connect to On-premises data you'll need to use the Default environment.
  • フローで使用できるのは、同じ環境内にある接続とリソースのみです。Flows can only use connections, and other resources within the same environment. 別の環境のリソースを使用することはできません。They cannot use resources in other environment. たとえば、カスタム コネクタを使うフローを作成しているものとします。For example, you are creating a flow that uses a custom connector. このカスタム コネクタは、フローと同じ環境に存在する必要があります。This custom connector must be in the same environment as the flow.
  • Microsoft Common Data Service データベースが関連付けられている環境は常に 1 つだけです。The Microsoft Common Data Service database is always tied to exactly one environment. つまり、Microsoft Common Data Service のデータを使用する場合は、そのデータベースと同じ環境を選択する必要があります。That means if you ever want to work with the Common Data Service data you must select the same environment that the database is in.
  • リソースの編集が可能な環境がすべて表示されます。You will see all environments that you can edit resources in. ただし、すべての環境で新しいリソースを作成できるという意味ではありません。This does not mean you can create new resources in all environments, however. このため、一部の環境では新しいフローを作成できない場合があります。Thus, in some environments you may be unable to create new flows. 管理者に依頼して "作成者" として環境に追加してもらうか、別の環境を選んでフローを作成する必要があります (既定の環境にはいつでもフローを作成できます)。You need to ask the administrator to add you as a Maker to that environment, or, pick a different environment to create the flow in (you will always be able to create flows in the default environment).

結果What you did

上記の手順を使用すると、使用するためのアクセス許可を持っている複数の環境を切り替えます。Using these steps, you switch between environments that you have permissions to use. これで、フローの作成を開始できます。Now, go start creating your flows.

次のステップNext steps

テンプレートからフローを作成するCreate a flow from a template
フローを作成するCreate a flow
管理者に関する環境の概要Environment overview for Administrators