Xbox アクセシビリティ ガイドライン 118: 感光性

概要

ビデオ ゲームに含まれる可能性のある光や模様の点滅など、特定の視覚イメージを見たとき、光過敏てんかん発作を起こされる方がごくまれにいらっしゃいます。 発作やてんかんなどの病歴がない方も、ゲームを見ている間に、原因不明の "光過敏てんかん発作" を起こすことがあります。

この発作には、めまい、視覚の変調、目や顔のけいれん、手足の筋肉のけいれんやふるえ、前後不覚や意識の一時的な喪失などのさまざまな症状があります。 また、発作による意識喪失やひきつけのために転倒したり周囲のものにぶつかるなどして、けがをすることもあります。

また、反復的に点滅する画像は、自閉症の方、片頭痛を起こしやすい方、感覚処理に関する疾患をお持ちの方など、広い範囲の他のプレイヤーにとっても問題となる場合があります。

実装ガイドライン

  • Xbox Game Studios のゲームは、Harding FPA 製品安全性テストを受け、問題なくこのテストに合格する必要があります。 このテストにおける失敗を回避する可能性を高めるため、ゲームでは以下を避けてください。

    • 画面の 25% 以上の領域が、1 秒間に 3 回を超えて点滅すること。* 連続する点滅がこれらの条件 (サイズまたは頻度) より低い場合でも、長時間続く場合は、失敗の原因となる可能性があります。
    • 彩度の高い赤へ、または彩度の高い赤からの点滅の場合、画面*の 12.5% 以上の領域が、1 秒間に 3 回を超えて点滅すること。 連続する点滅がこの条件 (サイズまたは頻度) より低い場合でも、長時間続く場合は、失敗の原因となる可能性があります。
    • 画面の 25% 以上を占める、移動する繰り返しパターンまたは同一テキスト
    • 画面の 40% 以上を占める、静的な繰り返しパターンまたは同一テキスト

定義:

"点滅" とは、コントラストが 20 ニトを超えて変化することです (暗い方の輝度値の約 10%)。
"彩度の高い赤" とは、赤の RGB 値が、色の RGB 値の合計の 85% を超える色を意味します。

注:

* これはテレビ画面に関するものであり、テレビ画面の 25% がプレイヤーの FOV の約 10% を占めることに基づいています。 VR 向けのリサーチが利用可能になるまで、プレイヤーの FOV の 10% (非常に小さい領域) を適用するか、可能であればこうしたトリガーを完全に避けることをお勧めします。 彩度の高い赤が点滅する場合は、これらのターゲット FOV % は半分になります。

_ ** 5 本を超える均等な間隔で繰り返されるハイ コントラスト ストライプ (グリッドやチェッカーボードなどの行または列)。これは、水玉や四角形など、小さく規則的な要素で構成される場合があります。

_ *** 文字の間隔が狭く、行間が行自体の高さとほぼ同じであるため、事実上、ハイ コントラストで均等に繰り返される行に見える、5 行を超えるテキスト。

対象となるペルソナ

対象となる ペルソナ
視覚障碍をお持ちのユーザー
聴力障碍をお持ちのユーザー
色知覚に障碍をお持ちのユーザー
視力が低く、聴力障碍をお持ちのユーザー
発声障碍をお持ちのユーザー
認知スキルに障碍をお持ちのユーザー
手を伸ばすことや筋力に障碍をお持ちのユーザー
手先の動きに障碍をお持ちのユーザー
人工装具をご利用のユーザー
時間依存のコントロールを使用する能力に障碍をお持ちのユーザー
その他のユーザー: 感光性てんかん発作を起こしたことのあるユーザー、感覚処理に関する疾患のあるユーザー、または自閉症のユーザー

リソースまたはツール

種類 ソース
Web サイト てんかん協会