クイックスタート: Unity の PlayFab クライアントライブラリ (C#)

Unity の PlayFab クライアントライブラリの使用を開始する (C#) 手順に従ってパッケージをインストールし、基本的なタスクのコード例を試します。

このクイックスタートは、Unity3d エンジンで最初の PlayFab API の呼び出しを行うのに役立ちます。 続行する前に、開発者のための作業を開始していることを確認します。これにより、playfab アカウントを持っていて、Playfab ゲームマネージャーに精通していることが保証されます。

要件

  • Playfab の開発者アカウント
  • インストールされている Unity エディターのコピー。 Unity ハブを使って、または Unity + プロフェッショナル用に unity を使用するために Unity をインストールする場合は、「 unity をダウンロードする」を参照してください。

    注意

    PlayFab Unity3D SDK では、Unity エディターバージョン 5.3 (2015 年12月リリース) 以上がサポートされています。

  • Unity プロジェクト-次のいずれかになります。
    • まったく新しいプロジェクト。 詳細については、「初めて Unity を開始する」を参照してください。
    • ガイド付きチュートリアルのプロジェクト。 詳細については、「 Unity の使用を開始する」を参照してください。
    • 既存のプロジェクト。
  • PlayFab Unity3D SDK。

PlayFab SDK をダウンロードしてインストールする

PlayFab Editor Extensions パッケージを使って SDK をインストールします。 PlayFab エディター拡張機能は、スタンドアロンの Unity プラグインであり、SDK のインストールと、タイトルの PlayFab 設定の構成を効率的に行うことができます。 PlayFab エディター拡張機能を使わずに SDK をインストールする方法については、「 Unity 用の PLAYFAB SDK のインストール」を参照してください。

  1. Playfab Unity エディター拡張機能のアセットパッケージをダウンロードします。

  2. Unity プロジェクトを開きます。

  3. ファイルをダウンロードした場所に移動し、ファイルをダブルクリックして PlayFabEditorExtensions.UnityPackage 、Unity エディターの [ unity パッケージのインポート] ダイアログボックスを開きます。

    Unity アセットパッケージのインポート

  4. PlayFab Unity エディター拡張機能をプロジェクトにインポートするには、[インポート] を選択します。

  5. インポートが完了すると、PlayFab Unity エディター拡張機能パネルが自動的に開きます。 既に PlayFab の開発者アカウントを作成している場合は、[ログイン] リンクを選択して、playfab のユーザー名とパスワードでログインします。

    PlayFab へのログイン

    注意

    パネルが表示されない場合、またはパネルを閉じてもう一度開く場合は、[ Window > playfab > エディター拡張機能] を選択すると、この操作を行うことができます。

  6. ログインすると、拡張機能によって [SDK インストール] ダイアログが表示されます。

    PlayFab SDK をインストールする

  7. [ PlayFab sdk のインストール] を選択して、自動的に SDK をプロジェクトにインポートするか、現在インストールされているバージョンをアップグレードします。

タイトルの設定を行う

API 呼び出しを行うには、まず、PlayFabタイトル設定で呼び出しを受け取るためのタイトルを指定する必要があります。 タイトルを設定するには:

  1. [エディター拡張機能タイトルを設定する] を選択します。

    エディター拡張機能でタイトルを設定する

  2. Studioエントリを選択して、[studio] ドロップダウンメニューを開きます。 接続するタイトルが含まれている studio を選択します。

  3. [タイトル ID ] エントリを選択して、選択した studio に関連するタイトルのドロップダウンメニューを開きます。

開発者秘密キーは、タイトルの既定の秘密キーに自動的に設定されます。 秘密キーの詳細については、「秘密キーの管理」を参照してください。

PlayFab タイトルの設定

初めての API 呼び出しの作成

このパートでは、最初の PlayFab API 呼び出しを行うための最小の手順について説明します。 この例では、GUI または画面上のフィードバックは提供していません。 コンソールログに確認が表示されます。

  1. Unity プロジェクトにまだスクリプトフォルダー (HDRPlwrp/URPのテンプレートが既定で存在しない場合) がある場合は、プロジェクトパネルで [アセット] フォルダーを右クリックして、[フォルダーの作成] を選択し > Folderます。

  2. [アセット] ウィンドウで、フォルダーにスクリプトの名前を指定します。

  3. [スクリプト] フォルダーを右クリックしCreate、[ > C# スクリプトの作成] を選択します。

  4. スクリプトに PlayFabLogin という名前を指定します。

  5. ファイルをダブルクリックして、コードエディターで開きます。 設定/インストールされているプログラムによっては、これは Visual Studio または MonoDevelop の可能性があります。

  6. コードエディターで、PlayFabLogin.cs の内容を以下に示すコードに置き換えて、ファイルを保存します。

    using PlayFab;
    using PlayFab.ClientModels;
    using UnityEngine;
    
    public class PlayFabLogin : MonoBehaviour
    {
        public void Start()
        {
            if (string.IsNullOrEmpty(PlayFabSettings.staticSettings.TitleId)){
                /*
                Please change the titleId below to your own titleId from PlayFab Game Manager.
                If you have already set the value in the Editor Extensions, this can be skipped.
                */
                PlayFabSettings.staticSettings.TitleId = "42";
            }
            var request = new LoginWithCustomIDRequest { CustomId = "GettingStartedGuide", CreateAccount = true};
            PlayFabClientAPI.LoginWithCustomID(request, OnLoginSuccess, OnLoginFailure);
        }
    
        private void OnLoginSuccess(LoginResult result)
        {
            Debug.Log("Congratulations, you made your first successful API call!");
        }
    
        private void OnLoginFailure(PlayFabError error)
        {
            Debug.LogWarning("Something went wrong with your first API call.  :(");
            Debug.LogError("Here's some debug information:");
            Debug.LogError(error.GenerateErrorReport());
        }
    }
    

    重要

    上記のコードは、モバイルタイトルでは使用できません。 これは単なる例であり、でログインする方法を示して CustomID います。 モバイルタイトルのログインを実装するには、 Loginwithandroiddeviceidloginwithiosdeviceid、またはloginwithfacebookなどの何らかの形のソーシャルログインを使います。

  7. 階層パネルで、シーンを右クリックし、[空の作成] (または [以前のバージョンの Unity では空のゲームオブジェクトの作成]) を選択し > Create Emptyます。

  8. 新しいゲームオブジェクトを選択し、[インスペクター ] パネルで [コンポーネントの追加] を選択します。

  9. [コンポーネント] ドロップダウンメニューで、[ Scripts > PlayFabLogin] を選びます。

Unity エディターでのスクリプトの作成と使用の詳細については、「Unity ドキュメントでスクリプトを作成および使用する」を参照してください。

完了して実行する

これで、このサンプルをテストする準備が整いました。

  • すべてのファイルを保存して、Unity エディターに戻ることを確認する
  • エディターの上部にある [再生] ボタンを押す

Unity コンソールパネルに次の内容が表示されます。

最初の API 呼び出しのコンソールログ

ヒント

または、PlayFab にログインして、ゲームマネージャーのタイトルに移動し、[再生ストリームモニター ] タブを選択することもできます。アクティブに実行されている Unity タイトルにフォーカスするたびに、 Alt キーを押しながら TAB キーを押すと、イベントが渡されます。これは、Playstream モニターで確認して確認することができます。

利用可能なすべてのクライアント API 呼び出しの一覧については、「 Playfab api のリファレンス」をご覧ください。

次の手順

このクイックスタートでは、ユーザーを認証するための簡単な手順を示します。 ユーザー認証の詳細については、「ログインの基本とベストプラクティス」を参照してください。

アカウントを複数のデバイスやログインメカニズムにバインドする方法について説明します。アカウントのリンク quickstart