Microsoft Graph のアクティビティ フィード API を使用してクロスデバイス エクスペリエンスを有効にするUsing the activity feed API in Microsoft Graph to enable cross-device experiences

さまざまなアクティビティは、デバイスが変わってもアプリでの作業をすばやく再開するのに役立ち、生産性が向上します。Activities make users more productive by helping them resume important tasks in your app quickly across devices. Microsoft は、アクティビティ フィードを利用した Windows Timeline、Windows Sets、Cortana Pick up Where I left off、および Microsoft Launcher などのエクスペリエンスにより、アプリの生産性向上をサポートします。Microsoft helps drive user productivity with your apps through experiences like Windows Timeline, Windows Sets, Cortana Pick up Where I left off and Microsoft Launcher, which are all powered by the activity feed.アクティビティの利用で、それらの Microsoft エクスペリエンスによってアプリの利用が推進されます。 When you use activities, these Microsoft experiences can start driving engagement with your app. また、アプリでのアクティビティを表示することにより、Windows、Android、iOS など、どんなプラットフォームのどんなデバイス上でも、直前の作業の続きにすぐ取り掛かることができます。You can also display activities in your apps to help users get back to what they were doing on any device, on any platform, including Windows, Android, and iOS.

アクティビティを統合する理由Why integrate with activities?

Windows、Android、Linux、および iOS のデバイスの間をシームレスに移ることのできるエクスペリエンスが可能になるEnable experiences that flow seamlessly between Windows, Android, Linux, and iOS devices

優れたアプリケーションは、創造、生産、娯楽に関する広範なシナリオでユーザーが作業する上で大きな助けとなります。Great applications help users do great things — enabling a wide range of creativity, productivity, and entertainment scenarios. 作業に戻ることが難しいことがあります。特に、その作業を別のデバイスや異なるプラットフォームで続行しようとする場合です。Returning to a task can be a challenge, especially when a person wants to continue the task on a different device or platform. アクティビティをアプリケーションに統合することにより、ユーザーは、近くにあるデバイスを使用してすぐに作業に戻ることができるようになります — Web、モバイル、デスクトップの間を自由に行き来できます。By incorporating activities into applications, you can help users return to recent tasks quickly using whatever screen is handy — they can move from web to mobile to desktop and back again. 履歴項目により、ユーザーは直前にどんなアクティビティを、いつ、どれほどの期間行っていたかを容易に確認できます。With history items, users can easily see which activities they used most recently, when, and for how long.

各ユーザー アクティビティは、アプリ内の 1 つの場所、つまり製品ページ、テレビ番組、ドキュメント、ゲームの現行キャンペーンなどを表します。Each user activity represents a single destination within your app: a product page, TV show, document, or current campaign in a game. ディープ リンク 1 つにより、アプリのアクティビティを再開できます。All you need is a deep link to resume the activity in your app. [最近のアクティビティを取得する] を使用すれば、買い物アプリで最後に見ていた製品のリストや、現在読んでいる書籍やニュース記事のリストを取得できます。Use get recent activities to create a list of recently viewed products for your shopping app or a current reading list for books & news articles.

アダプティブ カードを使用して任意のエクスペリエンスで動作する機能豊富なアクティビティを作成するCreate richer activities for any experience with Adaptive Cards

Windows Timeline などの Microsoft エクスペリエンスでアクティビティを表示すると、それらは、[アダプティブ カード] フレームワークを使用して表示されます。それにより、アプリのアクティビティを示す、見栄えが良くて機能豊富なカードを作成できます。When activities are rendered in Microsoft experiences such as Windows Timeline, they're displayed using the Adaptive Card framework, which allows you to create beautiful, rich cards to showcase your app's activities. アダプティブ カード SDK を使用することにより、独自のアプリで機能豊富なカードを表示することもできます。You can use the Adaptive Card SDK to render rich cards in your own app too. 各アクティビティ用のアダプティブ カードが提供されていない場合、アプリケーションの名前とアイコン、必須タイトル フィールド、およびオプションの説明フィールドに基づいて自動的にシンプルなアクティビティ カードが作成されます。If you do not provide an adaptive card for each activity, we'll automatically create a simple activity card based on your application name and icon, the required Title field, and optional Description field.

Microsoft の機能利用により何億というユーザーに向けてアプリの利用を推進Let Microsoft help drive app usage with features that reach hundreds of millions of customers

ユーザー アクティビティ統合で可能になるのは、ユーザーは、アプリのアクティビティをシームレスに再開できることだけではありません。それにより、Windows、iOS、および Android のための Microsoft のエクスペリエンスを活用して、どんなデバイスでもアプリを利用できるようになり、ユーザーの生産性が向上するのです。Integrating with user activities not only enables users to resume activities in your app seamlessly, it means tapping into a growing set of Microsoft experiences for Windows, iOS, and Android - experiences designed to drive user productivity and help users engage with your app on all devices. Microsoft Graph を利用すれば、ひとたびユーザー アクティビティを統合することで何億というユーザーに達することができ、さらには、Windows のみならず iOS や Android デバイス用の Microsoft 製品を使用する何千万という組織ユーザーにも達することができます。Using Microsoft Graph, you can integrate with user activities just once and reach hundreds of millions of consumers, and tens of millions of customers in organizations who use Windows as well as Microsoft products for iOS and Android devices.

関連項目See also