Microsoft Graph のプロファイル API プロファイルカードを使用してプロファイルカードにプロパティを追加する (プレビュー) Add additional properties to the profile card using the profile card API in Microsoft Graph (preview)

Microsoft 365 の プロファイルカードには、役職 や ** 事業所 の場所** など、組織によって保存および管理されているユーザーに関する情報を確認できます。On the profile card in Microsoft 365, you can find information about users that is stored and maintained by your organization, for example Job title or Office location.

次の方法で、Profilec"Property リソースを使用して、組織のプロファイルカードに Azure AD から追加のプロパティを表示します:Use the profileCardProperty resource to show additional properties from Azure AD on profile cards for an organization, by:

  • 追加の属性の作成Making additional attributes visible

  • カスタム属性の追加Adding custom attributes

その他のプロパティは、Microsoft 365 のプロファイルカードの連絡先 セクションに表示されます。Additional properties will display in the Contact section of the profile card in Microsoft 365.

注意

委任されたアクセス権許可を使用する Profilecの Property リソースの操作には、サインインしているユーザーがテナント管理者またはグローバル管理者の役割を持っている必要があります。Operations on the profileCardProperty resource that use delegated permissions requires the signed-in user to have a tenant administrator or global administrator role.

追加の属性の作成Make additional attributes visible

ユーザーのプロファイルカードには、Azure Active Directory (Azure AD) の次の属性が表示されます。You can make the following attributes from Azure Active Directory (Azure AD) visible on users' profile cards. これらの属性では、大文字と小文字が区別されませんThese attributes are not case-sensitive:

  • UserPrincipalName
  • Fax
  • StreetAddress
  • PostalCode
  • StateOrProvince
  • Alias

次の表では、Azure AD 属性が Microsoft Graph のユーザー エンティティのプロパティに対応する方法を示しています。The following table shows how the Azure AD attributes correspond with properties of the Microsoft Graph user entity.

Azure AD 属性Azure AD attribute ユーザーのエンティティプロパティUser entity property
UserPrincipalNameUserPrincipalName userPrincipalNameuserPrincipalName
FAXFax faxNumberfaxNumber
StreetAddressStreetAddress streetAddressstreetAddress
PostalCodePostalCode postalCodepostalCode
StateOrProvinceStateOrProvince statestate
エイリアスAlias mailNicknamemailNickname

組織の設定を構成し、Microsoft Graph のprofileCardPropertydirectoryPropertyName *プロパティに属性を追加することにより、属性のいずれかをプロファイルカードに追加できます。You can add any of these attributes to the profile card by configuring your organization settings and adding the attribute as the directoryPropertyName* property of a profileCardProperty in Microsoft Graph. 追加の属性が表示されている場合は、en-usにプロパティ名を使用する必要があります。When you make additional attributes visible, you must use the property names for en-us. ローカライズされた値を追加する必要はありません。You don't have to add localized values. 追加のプロパティは、ユーザーが Microsoft 365 に指定した言語設定で自動的に表示されます。The additional properties will automatically be shown in the language settings that the user has specified for Microsoft 365.

重要

プロファイルカードに属性を追加する場合、追加が表示されるまでに最大で24時間かかります。When adding an attribute to profile card, it takes up to 24 hours for the addition to be displayed.

Example

次の例では、Aliasプロファイルカードの属性を示しています:The following example displays the Alias attribute on the profile card:

POST https://graph.microsoft.com/beta/organization/{tenantid}/settings/profileCardProperties
Content-Type: application/json

{
  "directoryPropertyName": "Alias"
}

成功した場合、返信は、201 OK 返信コードとprofileCardPropertyオブジェクトが、返信の本文で示され返されます。If successful, the response returns a 201 OK response code and a profileCardProperty object in the response body. Alias 属性の値は、ユーザーのプロファイルカードに表示されます。The value for the Alias attribute would be displayed on a user's profile card.

HTTP/1.1 201 OK
Content-type: application/json

{
  "directoryPropertyName": "Alias",
  "annotations": []
}

カスタム属性の追加Adding custom attributes

組織の設定を構成し、Microsoft Graphに対応する値をprofileCardPropertyとして追加することで、15のAzure ADカスタム拡張属性のいずれかをユーザーのプロファイルカードに追加できます。You can add any of the 15 Azure AD custom extension attributes to users' profile cards by configuring your organization settings and adding the corresponding value as a profileCardProperty in Microsoft Graph. 一度に1つのprofileCardPropertyリソースを追加することができます。You can add one profileCardProperty resource at a time.

プロファイルカードに変更が反映されるまでに、最大で24時間かかります。It takes up to 24 hours for the changes to show on profile cards.

カスタムプロパティは検索できないため、Microsoftのアプリやサービス全体でユーザーを検索するために使用することはできません。Custom properties are not searchable and can't be used to search for people across Microsoft apps and services.

次の表は、Azure AD カスタム拡張属性の名前が、profileCardProperty リソースの directoryPropertyName プロパティのサポートされている値に対応していることを示しています。The following table shows how the Azure AD custom extension attribute names correspond to the supported values for the directoryPropertyName property of the profileCardProperty resource. これらの Azure AD カスタム拡張属性名は、大文字と小文字が区別されませんThese Azure AD custom extension attribute names are not case-sensitive:

Azure AD カスタム拡張属性Azure AD custom extension attribute DirectoryPropertyName として指定する値Value to specify as directoryPropertyName
extensionAttribute1extensionAttribute1 customAttribute1customAttribute1
extensionAttribute2extensionAttribute2 customAttribute2customAttribute2
extensionAttribute3extensionAttribute3 customAttribute3customAttribute3
extensionAttribute4extensionAttribute4 customAttribute4customAttribute4
extensionAttribute5extensionAttribute5 customAttribute5customAttribute5
extensionAttribute6extensionAttribute6 customAttribute6customAttribute6
extensionAttribute7extensionAttribute7 customAttribute7customAttribute7
extensionAttribute8extensionAttribute8 customAttribute8customAttribute8
extensionAttribute9extensionAttribute9 customAttribute9customAttribute9
extensionAttribute10extensionAttribute10 customAttribute10customAttribute10
extensionAttribute11extensionAttribute11 customAttribute11customAttribute11
extensionAttribute12extensionAttribute12 customAttribute12customAttribute12
extensionAttribute13extensionAttribute13 customAttribute13customAttribute13
extensionAttribute14extensionAttribute14 customAttribute14customAttribute14
extensionAttribute15extensionAttribute15 customAttribute15customAttribute15

Example

次の例では、コストセンターを使用して、最初の Azure AD カスタム拡張属性をプロファイルカードに追加します。The following example adds the first Azure AD custom extension attribute to the profile card, using the display name Cost center. ユーザーが自分の言語設定をドイツ語に設定している場合、表示名は Kostenstelleになります。For users that have set their language settings to German, the display name will be Kostenstelle.

POST https://graph.microsoft.com/beta/organization/{tenantid}/settings/profileCardProperties
Content-Type: application/json

{
  "directoryPropertyName": "customAttribute1",
  "annotations": [
    {
      "displayName": "Cost center",
      "localizations": [
        {
          "languageTag": "de",
          "displayName": "Kostenstelle"
        }
      ]
    }
  ]
}

言語がサポートされていない場合、プロパティ名は既定値で表示されます。If a language is not supported, the property name will be shown with the default value.

成功した場合、返信は、201 OK 返信コードとprofileCardPropertyオブジェクトが、返信の本文で示され返されます。If successful, the response returns a 201 OK response code and a profileCardProperty object in the response body. この例では、プロファイルカードの言語設定をドイツ語に設定しているすべてのユーザーのプロファイルカードに Kostenstelle が表示されると想定できます。In this example you can assume that the profile card displays Kostenstelle for all users that have set their language settings to German on the profile card. 他のすべてのユーザーについては、コストセンター がプロファイルカードに表示されます。For all other users, Cost center will be displayed on the profile card.

HTTP/1.1 201 OK
Content-type: application/json

{
  "directoryPropertyName": "customAttribute1",
  "annotations": [
    {
      "displayName": "Cost center",
      "localizations": [
        {
          "languageTag": "de",
          "displayName": "Kostenstelle"
        }
      ]
    }
  ]
}

関連項目See also

Microsoft 365 テナント ID を見つけるFind your Microsoft 365 tenant ID

onPremisesExtensionAttributes のリソースの種類onPremisesExtensionAttributes resource type

ユーザー リソースの種類User resource type

Graph エクスプローラーGraph Explorer

profileCardProperty を取得する Get profileCardProperty