rejectedSender の作成Create rejectedSender

rejectedSender リストに新しいユーザーやグループを追加します。Add a new user or group to the rejectedSender list.

@odata.id 内のユーザーやグループを要求の本文で指定します。拒否送信者リスト内のユーザーは、グループの会話に投稿できません (POST 要求 URL で識別)。拒否送信者と承認送信者のリストに同一のユーザーやグループを指定すると、エラーになるので注意してください。Specify the user or group in @odata.id in the request body. Users in the rejected senders list cannot post to conversations of the group (identified in the POST request URL). Make sure you do not specify the same user or group in the rejected senders and accepted senders lists, otherwise you will get an error.

アクセス許可Permissions

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。One of the following permissions is required to call this API. To learn more, including how to choose permissions, see Permissions.

アクセス許可の種類Permission type アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)Permissions (from least to most privileged)
委任 (職場または学校のアカウント)Delegated (work or school account) Group.ReadWrite.AllGroup.ReadWrite.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント)Delegated (personal Microsoft account) サポートされていません。Not supported.
アプリケーションApplication サポートされていません。Not supported.

HTTP 要求HTTP request

POST /groups/{id}/rejectedSenders/$ref

要求ヘッダーRequest headers

ヘッダーHeader Value
AuthorizationAuthorization ベアラー {トークン}。必須。Bearer {token}. Required.

要求本文Request body

要求の本文で、ユーザーまたはグループのオブジェクトの id を指定します。In the request body, supply the id of a user or group object.

応答Response

このメソッドは 204 No Content 応答コードを返し、応答の本文は返しません。This method returns 204 No Content response code and no response body.

Example

要求Request

要求の例を次に示します。The following is an example of the request.

POST https://graph.microsoft.com/v1.0/groups/{id}/rejectedSenders/$ref
Content-type: application/json
Content-length: 30

{
  "@odata.id":"https://graph.microsoft.com/v1.0/users/alexd@contoso.com"
}

応答Response

応答の例を次に示します。The following is an example of the response.

HTTP/1.1 204 No Content

SDK サンプルコードSDK sample code


const options = {
    authProvider,
};

const client = Client.init(options);

const directoryObject = {
  @odata.id: "https://graph.microsoft.com/v1.0/users/{id}"
};

let res = await client.api('/users/{id}/manager/$ref')
    .put({directoryObject : directoryObject});

SDK をプロジェクトに追加し、 authproviderインスタンスを作成する方法の詳細については、 sdk のドキュメントを参照してください。Read the SDK documentation for details on how to add the SDK to your project and create an authProvider instance.