identityProvider を作成するCreate identityProvider

表示名、identityProvider の種類、クライアント ID、クライアント シークレットを指定して、新しい identityProvider を作成します。Create a new identityProvider by specifying display name, identityProvider type, client ID, and client secret.

アクセス許可Permissions

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。One of the following permissions is required to call this API. To learn more, including how to choose permissions, see Permissions.

アクセス許可の種類Permission type アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)Permissions (from least to most privileged)
委任 (職場または学校のアカウント)Delegated (work or school account) IdentityProvider.ReadWrite.AllIdentityProvider.ReadWrite.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント)Delegated (personal Microsoft account) サポートされていません。Not supported.
アプリケーションApplication サポートされていません。Not supported.

職場または学校のアカウントは、テナントのグローバル管理者のものである必要があります。The work or school account must be a global administrator of the tenant.

HTTP 要求HTTP request

POST /identityProviders

要求ヘッダーRequest headers

名前Name 説明Description
AuthorizationAuthorization ベアラー {トークン}。必須。Bearer {token}. Required.
Content-TypeContent-Type application/json. Required.application/json. Required.

要求本文Request body

要求本文で、identityProvider オブジェクトの JSON 表記を提供します。In the request body, provide a JSON representation of identityProvider object. 次の表に示す、すべてのプロパティが必要です。All the properties listed in the following table are required.

プロパティProperty Type 説明Description
clientIdclientId StringString アプリケーションのクライアント ID。The client ID for the application. アプリケーションを ID プロバイダーに登録した際に取得したクライアント ID です。This is the client ID obtained when registering the application with the identity provider.
clientSecretclientSecret StringString アプリケーションでのクライアント シークレット。The client secret for the application. アプリケーションを ID プロバイダーに登録した際に取得したクライアント シークレットです。This is the client secret obtained when registering the application with the identity provider.
namename StringString ID プロバイダーの表示名。The display name of the identity provider.
typetype StringString ID プロバイダーの型。The identity provider type. B2C シナリオでは、この型は次のいずれかの値である必要があります。It must be one of the following values for B2C Scenarios:
  • MicrosoftMicrosoft
  • GoogleGoogle
  • AmazonAmazon
  • LinkedInLinkedIn
  • FacebookFacebook
  • GitHubGitHub
  • TwitterTwitter
  • WeiboWeibo
  • QQQQ
  • WeChatWeChat
B2B には Google のみFor B2B it can only be Google

応答Response

成功した場合、このメソッドは 201 Created 応答コードと、応答本文で identityProvider オブジェクトを返します。If successful, this method returns 201 Created response code and identityProvider object in the response body. 失敗した場合、4xx エラーが詳細情報とともに返されます。If unsuccessful, a 4xx error will be returned with specific details.

Example

次の例では、identityProvider を作成します。The following example creates an identityProvider.

要求Request
POST https://graph.microsoft.com/v1.0/identityProviders
Content-type: application/json

{
    "name": "Login with Amazon",
    "type": "Amazon",
    "clientId": "56433757-cadd-4135-8431-2c9e3fd68ae8",
    "clientSecret": "000000000000"
}
応答Response
HTTP/1.1 201 Created
Content-type: application/json

{
    "id": "Amazon-OAUTH",
    "name": "Login with Amazon",
    "type": "Amazon",
    "clientId": "56433757-cadd-4135-8431-2c9e3fd68ae8",
    "clientSecret": "*****"
}