ユーザーを作成するCreate user

名前空間: microsoft.graphNamespace: microsoft.graph

注: Intune 用 Microsoft Graph API には、テナントの有効な Intune ライセンスが必要です。Note: The Microsoft Graph API for Intune requires an active Intune license for the tenant.

新しい user オブジェクトを作成します。Create a new user object.

前提条件Prerequisites

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。One of the following permissions is required to call this API. アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。To learn more, including how to choose permissions, see Permissions. 必要な特定のアクセス許可は、コンテキストによって異なります。The specific permission required depends on the context.

アクセス許可の種類Permission type アクセス許可 (特権の大きいものから小さいものへ)Permissions (from most to least privileged)
委任 (職場または学校のアカウント)Delegated (work or school account) コンテキストによって異なるvaries by context
  デバイスの管理    Device management DeviceManagementManagedDevices.ReadWrite.AllDeviceManagementManagedDevices.ReadWrite.All
  MAM    MAM DeviceManagementApps.ReadWrite.AllDeviceManagementApps.ReadWrite.All
  オンボード    Onboarding DeviceManagementServiceConfig.ReadWrite.AllDeviceManagementServiceConfig.ReadWrite.All
  トラブルシューティング    Troubleshooting DeviceManagementManagedDevices.ReadWrite.AllDeviceManagementManagedDevices.ReadWrite.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント)Delegated (personal Microsoft account) サポートされていません。Not supported.
アプリケーションApplication サポートされていません。Not supported.

HTTP 要求HTTP Request

POST /users

要求ヘッダーRequest headers

ヘッダーHeader Value
AuthorizationAuthorization ベアラー <トークン> が必要です。Bearer <token> Required.
承諾Accept application/jsonapplication/json

要求本文Request body

要求本文で、user オブジェクトの JSON 表記を指定します。In the request body, supply a JSON representation for the user object.

次の表に、user の作成時に必要なプロパティを示します。The following table shows the properties that are required when you create the user.

プロパティProperty 種類Type 説明Description
idid 文字列String ユーザーの一意識別子。Unique identifier of the user.
オンボードOnboarding
deviceEnrollmentLimitdeviceEnrollmentLimit Int32Int32 ユーザーが登録を許可されているデバイスの最大数。The limit on the maximum number of devices that the user is permitted to enroll. 使用できる値は 5 または 1000 です。Allowed values are 5 or 1000.

要求本文のプロパティのサポートは、コンテキストに応じて異なります。Request body property support varies according to context.

応答Response

成功した場合、このメソッドは 201 Created 応答コードと、応答本文で user オブジェクトを返します。If successful, this method returns a 201 Created response code and a user object in the response body.

Example

要求Request

以下は、要求の例です。Here is an example of the request.

POST https://graph.microsoft.com/v1.0/users
Content-type: application/json
Content-length: 46

{
  "@odata.type": "#microsoft.graph.user"
}

応答Response

以下は、応答の例です。Here is an example of the response. 注: 簡潔にするために、ここに示す応答オブジェクトは切り詰められている場合があります。Note: The response object shown here may be truncated for brevity. 実際の呼び出しから返されるプロパティは、コンテキストに応じて異なります。Properties returned from an actual call vary according to context.

HTTP/1.1 201 Created
Content-Type: application/json
Content-Length: 95

{
  "@odata.type": "#microsoft.graph.user",
  "id": "d36894ae-94ae-d368-ae94-68d3ae9468d3"
}