Update plannerbucketUpdate plannerbucket

名前空間: microsoft graphNamespace: microsoft.graph

plannerbucket オブジェクトのプロパティを更新します。Update the properties of plannerbucket object.

アクセス許可Permissions

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。One of the following permissions is required to call this API. To learn more, including how to choose permissions, see Permissions.

アクセス許可の種類Permission type アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)Permissions (from least to most privileged)
委任 (職場または学校のアカウント)Delegated (work or school account) Group.ReadWrite.AllGroup.ReadWrite.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント)Delegated (personal Microsoft account) サポートされていません。Not supported.
アプリケーションApplication サポートされていません。Not supported.

HTTP 要求HTTP request

PATCH /planner/buckets/{id}

オプションの要求ヘッダーOptional request headers

名前Name 説明Description
AuthorizationAuthorization ベアラー {トークン}。必須。Bearer {token}. Required.
If-MatchIf-Match 更新する plannerBucket の最後の既知の ETag 値。必須。Last known ETag value for the plannerBucket to be updated. Required.

要求本文Request body

要求本文で、更新する関連フィールドの値を指定します。要求本文に含まれない既存のプロパティは、以前の値のままになるか、他のプロパティ値の変化に基づいて再計算されます。最適なパフォーマンスを得るためには、変更されていない既存の値を含めないでください。In the request body, supply the values for relevant fields that should be updated. Existing properties that are not included in the request body will maintain their previous values or be recalculated based on changes to other property values. For best performance you shouldn't include existing values that haven't changed.

プロパティProperty Type 説明Description
namename StringString バケットの名前。Name of the bucket.
orderHintorderHint StringString リスト ビューでこの種類の項目の順序付けに使用するヒント。形式はここの説明に従って定義されます。Hint used to order items of this type in a list view. The format is defined as outlined here.
planIdplanId StringString バケットが所属する計画の ID。Plan id to which the bucket belongs.

応答Response

成功した場合、このメソッドは 200 OK 応答コードと、応答本文で更新された plannerBucket オブジェクトを返します。If successful, this method returns a 200 OK response code and updated plannerBucket object in the response body.

このメソッドは、いずれかの HTTP 状態コードを返します。このメソッドでアプリが処理する最も一般的なエラーは、400、403、404、409、412 応答です。これらのエラーの詳細については、「一般的なプランナーのエラー条件」を参照してください。This method can return any of the HTTP status codes. The most common errors that apps should handle for this method are the 400, 403, 404, 409, and 412 responses. For more information about these errors, see Common Planner error conditions.

Example

要求Request

以下は、要求の例です。Here is an example of the request.

PATCH https://graph.microsoft.com/v1.0/planner/buckets/{bucket-id}
Content-type: application/json
Content-length: 27
If-Match: W/"JzEtVGFzayAgQEBAQEBAQEBAQEBAQEBAWCc="

{
  "name": "Development"
}
応答Response

以下は、応答の例です。注:簡潔にするために、ここに示す応答オブジェクトは切り詰められている場合があります。すべてのプロパティは実際の呼び出しから返されます。Here is an example of the response. Note: The response object shown here may be truncated for brevity. All of the properties will be returned from an actual call.

HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json
Content-length: 245

{
  "name": "Development",
  "planId": "xqQg5FS2LkCp935s-FIFm2QAFkHM",
  "orderHint": "85752723360752+",
  "id": "hsOf2dhOJkqyYYZEtdzDe2QAIUCR"
}