reportRoot: getEmailActivityUserDetail

名前空間: microsoft.graph

重要

Microsoft Graphバージョンの API /beta は変更される可能性があります。 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。 API が v1.0 で使用できるかどうかを確認するには、バージョン セレクターを 使用 します。

ユーザーが実行した電子メール アクティビティに関する詳細を取得します。

注: 各レポートのビューとレポート名の詳細については、「Microsoft 365 レポート: メール アクティビティ」を参照してください。

アクセス許可

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。

アクセス許可の種類 アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)
委任 (職場または学校アカウント) Reports.Read.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント) サポートされていません。
アプリケーション Reports.Read.All

: アプリがユーザーの代わりにサービスの利用状況レポートを読み込むことを許可するための委任されたアクセス許可については、テナント管理者は適切な Azure AD の制限付き管理者ロールをユーザーに割り当てておく必要があります。詳細については、「Microsoft 365 利用状況レポートを読み込むための API 用の承認」を参照してください。

HTTP 要求

GET /reports/getEmailActivityUserDetail(period='{period_value}')
GET /reports/getEmailActivityUserDetail(date={date_value})

関数パラメーター

要求 URL に、次のうちの 1 つのパラメーターと有効な値を指定します。

パラメーター 説明
period 文字列 レポートを集計する期間の長さを指定します。 {period_value} でサポートされている値は D7、D30、D90、D180 です。 これらの値は、D n の形式 (n はレポートを集計する日数) に従います。
date 日付 何らかのアクティビティを実行したユーザーを表示する日付を指定します。 {date_value} は YYYY-MM-DD の形式にします。 このレポートは、過去 30 日間のみ利用可能であり、{date_value} はその範囲内の日付である必要があります。

注: URL に期間または日付を設定する必要があります。

このメソッドは、応答をカスタマイズするための $format$top$skipTokenOData クエリ パラメーターをサポートします。 既定の出力の種類は text/csv です。 ただし、出力の種類を指定する場合は、OData クエリ パラメーター$formatテキスト/csv またはアプリケーション/json に設定できます。

要求ヘッダー

名前 説明
Authorization ベアラー {token}。必須。

応答

CSV

成功すると、レポートの事前認証されたダウンロード URL にリダイレクトする 302 Found 応答が返されます。 その URL は、応答の Location ヘッダー内にあります。

事前認証されたダウンロード URL は、短期間 (数分) のみ有効で、Authorization ヘッダーを必要としません。

この CSV ファイルには、次の列ヘッダーがあります。

  • レポートの更新日
  • ユーザー プリンシパル名
  • 表示名
  • 削除済み
  • 削除日
  • 最後のアクティビティ日付
  • 送信数
  • 受信数
  • 読み取り数
  • 会議の作成
  • 会議の対話
  • 割り当て済み製品
  • レポート期間

JSON

成功した場合、このメソッドは応答コード 200 OK と応答本文の JSON オブジェクトを返します。

この要求の既定のページ サイズは 200 アイテムです。

CSV

CSV を出力する例を次に示します。

要求

要求の例を次に示します。

GET https://graph.microsoft.com/beta/reports/getEmailActivityUserDetail(period='D7')?$format=text/csv

応答

応答の例を次に示します。

HTTP/1.1 302 Found
Content-Type: text/plain
Location: https://reports.office.com/data/download/JDFKdf2_eJXKS034dbc7e0t__XDe

302 リダイレクトに従うと、ダウンロードされる CSV ファイルは次のスキーマを持つことになります。

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/octet-stream

Report Refresh Date,User Principal Name,Display Name,Is Deleted,Deleted Date,Last Activity Date,Send Count,Receive Count,Read Count,Assigned Products,Report Period

JSON

JSON を返す例を次に示します。

要求

要求の例を次に示します。

GET https://graph.microsoft.com/beta/reports/getEmailActivityUserDetail(period='D7')?$format=application/json

応答

応答の例を次に示します。

注: ここに示す応答オブジェクトは、読みやすさのために短縮されている場合があります。

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json
Content-Length: 424

{
  "value": [
    {
      "reportRefreshDate": "2017-09-01", 
      "userPrincipalName": "userPrincipalName-value", 
      "displayName": "displayName-value", 
      "isDeleted": false, 
      "deletedDate": null, 
      "lastActivityDate": "2017-09-01", 
      "sendCount": 86, 
      "receiveCount": 3198, 
      "readCount": 388, 
      "assignedProducts": [
        "Microsoft 365 ENTERPRISE E5"
      ], 
      "reportPeriod": "7"
    }
  ]
}