reportRoot: getSharePointActivityFileCountsreportRoot: getSharePointActivityFileCounts

重要

Microsoft Graph の/betaバージョンの api は変更される可能性があります。APIs under the /beta version in Microsoft Graph are subject to change. 実稼働アプリケーションでは、これらの API の使用はサポートされていません。Use of these APIs in production applications is not supported.

SharePoint サイトに保存されているファイルを操作した、それぞれ別個のライセンス ユーザーの数を取得します。Get the number of unique, licensed users who interacted with files stored on SharePoint sites.

注: 別のレポートのビューとレポート名についての詳細は、「Office 365 レポート: SharePoint アクティビティ」を参照してください。Note: For details about different report views and names, see Office 365 Reports - SharePoint activity.

アクセス許可Permissions

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。One of the following permissions is required to call this API. To learn more, including how to choose permissions, see Permissions.

アクセス許可の種類Permission type アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)Permissions (from least to most privileged)
委任 (職場または学校アカウント)Delegated (work or school account) Reports.Read.AllReports.Read.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント)Delegated (personal Microsoft account) サポートされていません。Not supported.
アプリケーションApplication Reports.Read.AllReports.Read.All

HTTP 要求HTTP request

GET /reports/getSharePointActivityFileCounts(period='{period_value}')

関数パラメーターFunction parameters

要求 URL に、次のパラメーターと有効な値を指定します。In the request URL, provide the following parameter with a valid value.

パラメーターParameter Type 説明Description
periodperiod 文字列string レポートを集計する期間の長さを指定します。Specifies the length of time over which the report is aggregated. {period_value} でサポートされている値は D7、D30、D90、D180 です。The supported values for {period_value} are: D7, D30, D90, and D180. これらの値は、Dn の形式 (n はレポートを集計する日数) に従います。These values follow the format Dn where n represents the number of days over which the report is aggregated. 必須。Required.

このメソッドは、 $format応答をカスタマイズするためのOData クエリパラメーターをサポートします。This method supports the $format OData query parameter to customize the response. 既定の出力の種類は、text/csv です。The default output type is text/csv. ただし、出力の種類を指定する場合は、OData $format クエリパラメーターを text/csv または application/json に設定します。However, if you want to specify the output type, you can use the OData $format query parameter set to text/csv or application/json.

要求ヘッダーRequest headers

名前Name 説明Description
AuthorizationAuthorization ベアラー {トークン}。必須。Bearer {token}. Required.

応答Response

CSVCSV

成功すると、レポートの事前認証されたダウンロード URL にリダイレクトする 302 Found 応答が返されます。If successful, this method returns a 302 Found response that redirects to a preauthenticated download URL for the report. その URL は、応答の Location ヘッダー内にあります。That URL can be found in the Location header in the response.

事前認証されたダウンロード URL は、短期間 (数分) のみ有効で、Authorization ヘッダーを必要としません。Preauthenticated download URLs are only valid for a short period of time (a few minutes) and do not require an Authorization header.

この CSV ファイルには、次の列ヘッダーがあります。The CSV file has the following headers for columns.

  • レポートの更新日Report Refresh Date
  • 表示済みまたは編集済みViewed Or Edited
  • 同期済みSynced
  • 社内で共有済みShared Internally
  • 外部で共有済みShared Externally
  • レポート日付Report Date
  • レポート期間Report Period

JSONJSON

成功した場合、このメソッド200 OKは応答コードと、応答本文で**siteactivitysummary** オブジェクトを返します。If successful, this method returns a 200 OK response code and a siteActivitySummary object in the response body.

Example

CSVCSV

CSV を出力する例を次に示します。The following is an example that outputs CSV.

要求Request

要求の例を次に示します。The following is an example of the request.

GET https://graph.microsoft.com/beta/reports/getSharePointActivityFileCounts(period='D7')?$format=text/csv

応答Response

応答の例を次に示します。The following is an example of the response.

HTTP/1.1 302 Found
Content-Type: text/plain
Location: https://reports.office.com/data/download/JDFKdf2_eJXKS034dbc7e0t__XDe

302 リダイレクトに従うと、ダウンロードされる CSV ファイルは次のスキーマを持つことになります。Follow the 302 redirection and the CSV file that downloads will have the following schema.

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/octet-stream

Report Refresh Date,Viewed Or Edited,Synced,Shared Internally,Shared Externally,Report Date,Report Period

JSONJSON

次の例は、JSON を返します。The following is an example that returns JSON.

要求Request

要求の例を次に示します。The following is an example of the request.

GET https://graph.microsoft.com/beta/reports/getOffice365ActiveUserCounts(period='D7')?$format=application/json

応答Response

応答の例を次に示します。The following is an example of the response.

注: 読みやすくするために、ここに示す応答オブジェクトは短縮されている場合があります。実際の呼び出しからは、すべてのプロパティが返されます。Note: The response object shown here might be shortened for readability. All the properties will be returned from an actual call.

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json
Content-Length: 278

{
  "@odata.context": "https://graph.microsoft.com/beta/$metadata#Collection(microsoft.graph.siteActivitySummary)", 
  "value": [
    {
      "reportRefreshDate": "2017-09-01", 
      "viewedOrEdited": 2141, 
      "synced": 614, 
      "sharedInternally": 9, 
      "sharedExternally": 0, 
      "reportDate": "2017-09-01", 
      "reportPeriod": "7"
    }
  ]
}