callRecord リソースの種類

名前空間: microsoft.graph.callRecords

単一のピアツーピア通話または複数の参加者間のグループ通話 (オンライン会議とも呼ばれます) を表します。

メソッド

メソッド 戻り値の型 説明
callRecord の取得 microsoft.graph.callRecords.callRecord callRecord オブジェクトのプロパティとリレーションシップを読み取る。

プロパティ

プロパティ 種類 説明
endDateTime DateTimeOffset 最後のユーザーが呼び出しを終了した UTC 時刻。 DateTimeOffset 型は、ISO 8601 形式を使用して日付と時刻の情報を表し、常に UTC 時間です。 たとえば、2014 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) は、2014-01-01T00:00:00Z です。
id 文字列 呼び出しレコードの一意の識別子。 読み取り専用。
joinWebUrl 文字列 呼び出しに関連付けられた会議の URL。 ピアToPeer 呼び出しレコードの種類では使用できない場合があります。
lastModifiedDateTime DateTimeOffset 呼び出しレコードが作成された UTC 時刻。 DatetimeOffset 型は、ISO 8601 形式を使用して日付と時刻の情報を表し、常に UTC 時刻になります。 たとえば、2014 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) は、2014-01-01T00:00:00Z です。
モダリティ モダリティ コレクション 呼び出しで使用されるモダリティの一覧。 可能な値は、unknownaudiovideovideoBasedScreenSharingdatascreenSharingunknownFutureValue です。
構成内容変更 identitySet 組織のパーティの ID。
participants identitySet コレクション 呼び出しに関係する個別の ID の一覧。
startDateTime DateTimeOffset 最初のユーザーが呼び出しに参加した UTC 時刻。 DatetimeOffset 型は、ISO 8601 形式を使用して日付と時刻の情報を表し、常に UTC 時刻になります。 たとえば、2014 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) は、2014-01-01T00:00:00Z です。
type callType 呼び出しの種類を示します。 可能な値は、unknowngroupCallpeerToPeerunknownFutureValue です。
version Int64 単調に増加する通話レコードのバージョン。 同じ ID を持つ上位バージョンの呼び出しレコードには、下位バージョンと比較して追加のデータが含まれます。

リレーションシップ

リレーションシップ 説明
セッション microsoft.graph.callRecords.session コレクション 呼び出しに関連するセッションの一覧。 ピアツーピア呼び出しは通常、1 つのセッションしか持たないのに対し、グループ呼び出しは通常、参加者ごとに少なくとも 1 つのセッションを持つ。 読み取り専用。 Null 許容型。

JSON 表記

リソースの JSON 表記を次に示します。

{
  "endDateTime": "String (timestamp)",
  "id": "String (identifier)",
  "joinWebUrl": "String",
  "lastModifiedDateTime": "String (timestamp)",
  "modalities": ["string"],
  "organizer": {"@odata.type": "microsoft.graph.identitySet"},
  "participants": [{"@odata.type": "microsoft.graph.identitySet"}],
  "startDateTime": "String (timestamp)",
  "type": "string",
  "version": 1024
}