通話における IVR シナリオIVR scenarios in calls

名前空間: microsoft.graphNamespace: microsoft.graph

次に示す対話式音声応答 (IVR) シナリオでは、Microsoft Graph の呼び出し元 Api がサポートしています。The following are the Interactive Voice Response (IVR) scenarios that the calling APIs in Microsoft Graph support:

  • 音声ガイダンスを再生する-たとえば、カスタマーサービスエージェントのキューに通話が配置された場合です。Playing an audio prompt - for example, when a call is placed in a customer service agent's queue.
  • 応答の記録-たとえば、発信者の音声を録音するには、通常、オプションを使用して音声ガイダンスを送信した後に、通話の音声を録音します。Recording a response -for example, to record the caller's audio, usually after they heard a prompt with options.
  • トーンにサブスクライブする-たとえば、発信者が選択した DTMF トーンを知る必要がある場合、通常は音声プロンプトを聞きます。Subscribing to tones - for example, when you want to know what DTMF tones the caller selected, usually after hearing the audio prompt.
  • メディア処理をキャンセルする: たとえば、再生プロンプトや、処理中の可能性がある recordResponse 操作を取り消す場合です。Cancel media processing - for example, when you want to cancel any playPrompt or recordResponse operations that might be in process.