通話における IVR シナリオIVR scenarios in calls

重要

Microsoft Graph の/betaバージョンの api は変更される可能性があります。APIs under the /beta version in Microsoft Graph are subject to change. 実稼働アプリケーションでは、これらの API の使用はサポートされていません。Use of these APIs in production applications is not supported.

次に示す対話式音声応答 (IVR) シナリオでは、Microsoft Graph の呼び出し元 Api がサポートしています。The following are the Interactive Voice Response (IVR) scenarios that the calling APIs in Microsoft Graph support:

  • 音声ガイダンスを再生する-たとえば、カスタマーサービスエージェントのキューに通話が配置された場合です。Playing an audio prompt - for example, when a call is placed in a customer service agent's queue.
  • Record-たとえば、発信者の音声を録音する場合、通常は、オプションを含むプロンプトが表示された後に録音します。Record - for example, to record the caller's audio, usually after they heard a prompt with options.
  • [トーン] (たとえば、発信者が選択した DTMF トーンを知る必要がある場合)、通常は音声プロンプトを聞きます。Subscribe to tone - for example, when you want to know what DTMF tones the caller selected, usually after hearing the audio prompt.
  • メディア処理をキャンセルします。たとえば、再生プロンプトや、処理中の可能性があるレコード操作を取り消す場合です。Cancel Media Processing - for example, when you want to cancel any PlayPrompt or Record operations that might be in process.