DriveRecipient リソース

名前空間: microsoft.graph

重要

Microsoft Graphバージョンの API /beta は変更される可能性があります。 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。 API が v1.0 で使用できるかどうかを確認するには、バージョン セレクターを 使用 します。

DriveRecipient リソースは、出席依頼アクションを使用して共有する個人、グループ、または他の受信者を表します。

JSON 表記

{
  "email": "string",
  "alias": "string",
  "objectId": "string",
}

プロパティ

受信者のリソースには、これらのプロパティがあります。

プロパティ名 種類 説明
メール String 受信者が関連付けられた電子メール アドレスを設定している場合は、受信者の電子メール アドレスです。
alias String 電子メール アドレスが使用できない場合は、ドメイン オブジェクトのエイリアス (セキュリティ グループなど) です。
objectId String ディレクトリ内の受信者の一意識別子。

注釈

出席依頼を使用して、アクセス許可を追加する場合は、DriveRecipient で emailalias、または objectId を指定できます。これらの値のうち 1 つのみが必要です。