fileAttachment リソースの種類fileAttachment resource type

イベント、メッセージまたは投稿に添付されたファイル (テキスト ファイルや Word 文書など) です。contentBytes プロパティには、base64 でエンコードされたファイルの内容が含まれています。A file (such as a text file or Word document) attached to an event, message or post. The contentBytes property contains the base64-encoded contents of the file.

添付ファイルを作成する場合は、要求本文に以下が含まれます。When creating a file attachment, include the following in the request body:

  • "@odata.type": "#microsoft.graph.fileAttachment"
  • 必要なプロパティ namecontentBytesThe required properties name and contentBytes.

添付ファイルから派生します。Derived from attachment.

メソッドMethods

メソッドMethod 戻り値の型Return Type 説明Description
取得Get fileAttachmentfileAttachment fileattachment オブジェクトのプロパティと関係を読み取ります。Read properties and relationships of fileAttachment object.
DeleteDelete なしNone fileAttachment オブジェクトを削除します。Delete fileAttachment object.

プロパティProperties

プロパティProperty Type 説明Description
contentBytescontentBytes BinaryBinary base64 でエンコードされたファイルの内容。The base64-encoded contents of the file.
contentIdcontentId StringString Exchange ストア内の添付ファイルの ID。The ID of the attachment in the Exchange store.
contentLocationcontentLocation StringString このプロパティは、サポートされていないため、使用しないでください。Do not use this property as it is not supported.
contentTypecontentType StringString 添付ファイルのコンテンツ タイプ。The content type of the attachment.
idid StringString 添付ファイル ID。The attachment ID.
isInlineisInline BooleanBoolean インライン添付ファイルの場合、true に設定します。Set to true if this is an inline attachment.
lastModifiedDateTimelastModifiedDateTime DateTimeOffsetDateTimeOffset 添付ファイルが最後に変更された日時です。The date and time when the attachment was last modified.
namename StringString 埋め込み添付ファイルを表すアイコンの下に表示されるテキストを表す名前。これは、実際のファイル名にする必要はありません。The name representing the text that is displayed below the icon representing the embedded attachment.This does not need to be the actual file name.
sizesize Int32Int32 添付ファイルのバイト単位のサイズ。The size in bytes of the attachment.

関係Relationships

なしNone

JSON 表記JSON representation

以下は、リソースの JSON 表記ですHere is a JSON representation of the resource

{
  "contentBytes": "binary",
  "contentId": "string",
  "contentLocation": "string",
  "contentType": "string",
  "id": "string (identifier)",
  "isInline": true,
  "lastModifiedDateTime": "String (timestamp)",
  "name": "string",
  "size": 1024
}