Microsoft Intune での通信経費の管理Telecom expense management in Microsoft Intune

注: Intune のコントロールおよびポリシーの構成に Microsoft Graph API を使用するには、これまでどおりに顧客が Intune サービスの適切なライセンスを持っている必要があります。Note: Using the Microsoft Graph APIs to configure Intune controls and policies still requires that the Intune service is correctly licensed by the customer.

Intune と統合している、Saaswedo 通信経費管理サービスを使用すると、会社所有のデバイスでのデータの使用とローミングを制限することができます。You can limit data usage and roaming on corporate-owned devices when you use the Saaswedo telecom expense management service, which integrates with Intune. このサービスを使用すると、使用制限を設定および適用し、構成済みのしきい値を超えた場合にユーザーにアラートを送信できます。The service enables you to set and enforce usage limits and to send users an alert when they exceed a configured threshold. また、ユーザーがしきい値を超えた場合にローミングを無効にするなど、さまざまな処理を行うようにサービスを構成することもできます。You can also configure the service to take different actions, such as disabling roaming, when users exceed the threshold. Saaswedo コンソールでは、データの使用状況と監視情報を提供するレポートを利用することができます。Reports that provide data usage and monitoring information are available in the Saaswedo console. Intune で Saaswedo 通信経費管理サービスを使用する前に、Saaswedo コンソールと Intune で設定を構成する必要があります。Before you can use the Saaswedo telecom expense management service with Intune, you need to configure settings in a Saaswedo console and in Intune. Saaswedo サービスおよび Intune に対する接続はオンにする必要があります。The connection must be turned on for the Saaswedo service and for Intune. Saaswedo 側の接続が有効で Intune 側の接続が有効でない場合、Intune 側は通信を受信しますが、それを無視します。If the Saaswedo side of the connection is enabled, but not the Intune side, Intune receives the communication, but ignores it.

次の Graph リソースを使用して、Intune での通信費を管理できます。The following Graph resources are available to manage telecom expenses in Intune: