優先受信トレイを管理するManage Focused Inbox

優先受信トレイでは、受信トレイの Focused タブに重要メッセージを表示し、その他の受信トレイのメッセージを Other タブに表示します。システム主体の分類方法によって、既定の方法で受信トレイのメッセージが整理されます。ユーザー インターフェイスまたはプログラムを介して、時間の経過によってシステムを修正し、学習させることができます。使用頻度が増えるほど、システムは、受信したメッセージの重要性をより高い精度で予想できるようになります。Focused Inbox allows you to view important messages in the Focused tab of the Inbox, and the rest of the Inbox messages in the Other tab. The classification system initially organizes Inbox messages in a default way. You can correct and train the system over time through the user interface or programmatically. The more you use it, the better the system can infer which incoming message as important.

プログラム レベルでは、優先受信トレイ REST API は指定のユーザー メッセージで機能し、メッセージごとの inferenceClassification プロパティをサポートします。使用可能な値は FocusedOther であり、ユーザーがそれぞれのメッセージの重要性をどのように見なしているかを示しています。システムがメッセージを分類する方法を修正するには 該当するメッセージの inferenceClassification プロパティを更新します。時間の経過と共に、これらの修正によっても、メッセージの分類システムが改善されます。At the programmatic level, the Focused Inbox REST API works on the specified user's messages, and supports an inferenceClassification property for each message. The possible values are Focused and Other, which indicate whether the user considers that message as, respectively, more important and less important. To correct how the system classifies a message, update the inferenceClassification property of that message. Over time, these corrections also train the message classification system.

優先受信トレイ REST API では、オーバーライドを作成することもできます。それぞれのオーバーライドは inferenceClassificationOverride インスタンスで表され、分類システムが常に一貫した方法 (常に "優先" または "その他") で、それまでに学習した方法に関係なく、特定の送信者からのメッセージを指定するように指示するものです。指定したユーザーのオーバーライドを作成一覧表示更新削除することができます。そのユーザーのオーバーライド (ある場合) は、inferenceClassificationOverride インスタンスのコレクションである、inferenceClassification ナビゲーション プロパティでアクセスできます。オーバーライドでは、ユーザーは受信メッセージの分類をさらに細かく制御でき、分類システムの信頼性を高めることができます。The Focused Inbox REST API also lets you create overrides. Each override, represented by an inferenceClassificationOverride instance, is an instruction for the classification system to always designate messages from a specific sender in a consistent way (i.e., always as "Focused" or always as "Other"), regardless of any previously learned approach. You can create, list, update and delete overrides for the specified user. That user's overrides, if any, are accessible in an inferenceClassification navigation property, which is a collection of inferenceClassificationOverride instances. Overrides allow a user more control over the classification of incoming messages, and build greater trust of the classification system.

分類システムでは受信トレイの受信メッセージについてのみ分類を学習し、適用することに注意してください。その他のフォルダーにあるメッセージは、既定で "優先" になっています。オーバーライドの設定は、今後、受信トレイに入ってくるメッセージに反映され、オーバーライドでは、受信トレイを含むフォルダーにある既存のメッセージの inferenceClassification プロパティは変更されません。Note that the classification system learns and applies classification only on incoming messages in the Inbox. Messages in other folders are by default "Focused". Setting up an override affects future messages arriving in the Inbox; the override doesn't modify the inferenceClassification property in existing messages in any folder including the Inbox.

優先受信トレイ APIFocused Inbox API

メッセージ分類システムの記憶Training the message classification system

メッセージの inferenceClassification プロパティの更新Update the inferenceClassification property of a message

オーバーライドを使用した、送信者ごとに一貫した分類Using overrides to classify consistently per sender

送信者のオーバーライドを作成する | ユーザーのすべてのオーバーライドを一覧表示する |Create an override for a sender | List all user overrides |

送信者のオーバーライドを更新する | 送信者のオーバーライドを削除するUpdate an override for a sender | Delete a sender override