メッセージ リソースの種類

名前空間: microsoft.graph

mailFolder のメッセージ。

Exchange Online メールボックスから送信される 1 つの電子メール メッセージのための toRecipientsccRecipients、および bccRecipients プロパティに含まれる受信者の最大合計数は 500 です。詳細については、送信制限を参照してください。

このリソースは以下をサポートしています。

  • カスタム インターネット メッセージ ヘッダーとして独自のデータを追加します。 メッセージの作成時にのみカスタム ヘッダーを追加し、ヘッダーに "x-" で始まる名前を付けます。 メッセージが送信された後ではヘッダーを変更することはできません。 メッセージのヘッダーを取得するには、get message パラメーターで $select クエリ パラメーターを適用します。
  • 拡張機能として、カスタム プロパティに独自のデータを追加します。
  • 変更通知を受信します。
  • デルタ関数を提供することにより、デルタ クエリを使用して、増分の追加、削除、更新を追跡します。

メソッド

メソッド 戻り値の型 説明
List messages message コレクション サインイン中のユーザーのメールボックス内のすべてのメッセージを取得します (削除済みアイテムと低優先メール フォルダーを含む)。
メッセージの作成 message 新しいメッセージの下書きを作成します。
メッセージの取得 message message オブジェクトのプロパティとリレーションシップを読み取ります。
更新する message メッセージ オブジェクトを更新します。
削除 なし メッセージ オブジェクトを削除します。
コピー Message メッセージをフォルダーにコピーします。
createForward Message 転送メッセージの下書きを作成します。その後、下書きを更新または送信できます。
createReply Message 返信メッセージの下書きを作成します。その後、下書きを更新または送信できます。
createReplyAll Message 全員に返信メッセージの下書きを作成します。その後、下書きを更新または送信できます。
delta message コレクション 指定したフォルダーで追加、削除、更新されたメッセージのセットを取得します。
forward なし メッセージを転送します。その後、メッセージは送信済みアイテム フォルダーに保存されます。
移動 Message メッセージをフォルダーに移動します。これにより、宛先フォルダーにメッセージの新しいコピーが作成されます。
返信 なし メッセージの送信者に返信します。その後、メッセージは送信済みアイテム フォルダーに保存されます。
replyAll なし メッセージの受信者すべてに返信します。その後、メッセージは送信済みアイテム フォルダーに保存されます。
送信 なし 以前に作成したメッセージの下書きを送信します。その後、メッセージは送信済みアイテム フォルダーに保存されます。
添付ファイル
添付ファイルを一覧表示する Attachment コレクション メッセージのすべての添付ファイルを取得します。
添付ファイルを追加する Attachment 添付ファイル コレクションへの投稿により、メッセージに新しい添付ファイルを追加します。
オープン拡張機能
オープン拡張機能を作成する openTypeExtension オープン拡張機能を作成し、リソースの新規または既存のインスタンスのカスタム プロパティを追加します。
オープン拡張機能を取得する openTypeExtension コレクション 名前や完全修飾名によって識別されたオープン拡張機能オブジェクトを取得します。
スキーマ拡張機能
スキーマ拡張機能の値を追加する スキーマ拡張機能の定義を作成し、それを使用してカスタマイズされた種類のデータをリソースに追加します。
拡張プロパティ
単一値の拡張プロパティを作成する message 新規または既存のメッセージに、1 つ以上の単一値の拡張プロパティを作成します。
単一値の拡張プロパティを持つメッセージの取得 message $expand または $filter を使用して、単一値の拡張プロパティを含むメッセージを取得します。
複数値の拡張プロパティを作成する message 新規または既存のメッセージに、1 つ以上の複数値の拡張プロパティを作成します。
複数値の拡張プロパティを持つメッセージの取得 message $expand を使用して、複数値の拡張プロパティを含むメッセージを取得します。

プロパティ

プロパティ 説明
bccRecipients recipient collection メッセージの BCC 受信者。
body itemBody メッセージの本文。 HTML 形式またはテキスト形式にできます。 メッセージ本文での安全な HTML に関する情報を参照してください。
bodyPreview String メッセージ本文の最初の 255 文字。テキスト形式です。
categories String collection メッセージに関連付けられたカテゴリ。
ccRecipients recipient collection メッセージの CC 受信者。
changeKey String メッセージのバージョン。
conversationId String 電子メールが属している会話の ID。
conversationIndex Edm.Binary 会話内のメッセージの位置を示します。
createdDateTime DateTimeOffset メッセージが作成された日時。

日付と時刻の情報は ISO 8601 形式を使って表され、常にUTC時間です。たとえば、2014 年 1 月 1 日の午前 0 時の UTC は 2014-01-01T00:00:00Z です。
flag followUpFlag メッセージのステータス、開始日、期限、または完了日を示すフラグ値。
from recipient メッセージの送信元のメールボックスの所有者。 ほとんどの場合、この値は sender プロパティと同じです。ただし、共有または委任のシナリオは除きます。 この値は、実際に使用されているメールボックスに対応している必要があります。 メッセージのfrom プロパティと sender プロパティの設定に関する詳細情報を参照してください。
hasAttachments ブール値 メッセージに添付ファイルがあるかどうかを示します。このプロパティにはインライン添付ファイルが含まれていません。このためメッセージにインライン添付ファイルのみが含まれている場合、このプロパティは false です。インライン添付ファイルが存在するかどうかを確認するには、body プロパティを解析して <IMG src="cid:image001.jpg@01D26CD8.6C05F070"> などの src 属性を探します。
id String メッセージの一意識別子 (メッセージが移動または変更された場合、この値は変更される可能性があることに注意)
importance importance メッセージの重要度です。 使用可能な値は lownormal、および high です。
inferenceClassification inferenceClassificationType 推定される関連性や重要性、または明示的なオーバーライドに基づく、ユーザーのメッセージの分類。使用可能な値は、focused または other です。
internetMessageHeaders internetMessageHeader コレクション RFC5322 で定義されている一連のメッセージ ヘッダーです。 これには、メッセージが辿った送信者から受信者へのネットワーク パスを示すメッセージ ヘッダーが含まれています。 また、メッセージのアプリ データを保持するカスタム メッセージ ヘッダーも含めることができます。

$select クエリ オプションを適用した場合にのみ返されます。読み取り専用です。
internetMessageId String RFC2822 によって指定された形式のメッセージ ID。
isDeliveryReceiptRequested Boolean メッセージの開封確認メッセージが要求されているかどうかを示します。
isDraft Boolean メッセージが下書きかどうかを示します。メッセージがまだ送信されていなければ下書きです。
isRead Boolean メッセージが開封されたかどうかを示します。
isReadReceiptRequested Boolean メッセージの開封確認メッセージが要求されているかどうかを示します。
lastModifiedDateTime DateTimeOffset メッセージが最後に変更された日時。

日付と時刻の情報は ISO 8601 形式を使って表され、常にUTC時間です。たとえば、2014 年 1 月 1 日の午前 0 時の UTC は 2014-01-01T00:00:00Z です。
parentFolderId String メッセージの親 mailFolder の一意識別子。
receivedDateTime DateTimeOffset メッセージが受信された日時です。

日付と時刻の情報は ISO 8601 形式を使って表され、常にUTC時間です。たとえば、2014 年 1 月 1 日の午前 0 時の UTC は 2014-01-01T00:00:00Z です。
replyTo recipient collection 返信時に使用される電子メール アドレス。
sender recipient メッセージを生成するために実際に使用されるアカウント。 ほとんどの場合、この値は from プロパティと同じです。 共有メールボックスからメッセージを送信するとき、共有予定表用に、または代理人としてこのプロパティを別の値に設定できます。 いずれの場合でも、この値は、実際に使用されているメールボックスに対応している必要があります。 メッセージのfrom プロパティと sender プロパティの設定に関する詳細情報を参照してください。
sentDateTime DateTimeOffset メッセージが送信された日時。

日付と時刻の情報は ISO 8601 形式を使って表され、常にUTC時間です。たとえば、2014 年 1 月 1 日の午前 0 時の UTC は 2014-01-01T00:00:00Z です。
subject String メッセージの件名。
toRecipients recipient collection メッセージの宛先。
uniqueBody itemBody 現在のメッセージに一意であるメッセージの本文の一部。uniqueBody は、既定で返されませんが、特定のメッセージのために ?$select=uniqueBody クエリを使用して取得することができます。HTML 形式またはテキスト形式にできます。
webLink String Outlook on the web でメッセージを開く URL。

URL の末尾に ispopout 引数を付加して、メッセージの表示方法を変更できます。ispopout が存在しない、または 1 に設定されている場合は、メッセージがポップアウト ウィンドウに表示されます。ispopout が 0 に設定されている場合、ブラウザーの Outlook on the web レビュー ウィンドウにメッセージが表示されます。

Outlook on the web のメールボックスにログインしている場合、ブラウザーでメッセージが開きます。まだブラウザーでログインしていない場合、ログインするように求められます。

この URL には、iFrame 内からアクセスできません。

リレーションシップ

リレーションシップ 説明
attachments attachment コレクション メッセージの fileAttachment 添付ファイルと itemAttachment 添付ファイル。
extensions extension コレクション メッセージに対して定義されているオープン拡張機能のコレクションです。Null 許容型。
multiValueExtendedProperties multiValueLegacyExtendedProperty コレクション メッセージに対して定義された、複数値の拡張プロパティのコレクション。Null 許容型。
singleValueExtendedProperties singleValueLegacyExtendedProperty コレクション メッセージに対して定義された、単一値の拡張プロパティのコレクションです。Null 許容型。

JSON 表記

以下は、リソースの JSON 表記です

{
  "bccRecipients": [{"@odata.type": "microsoft.graph.recipient"}],
  "body": {"@odata.type": "microsoft.graph.itemBody"},
  "bodyPreview": "string",
  "categories": ["string"],
  "ccRecipients": [{"@odata.type": "microsoft.graph.recipient"}],
  "changeKey": "string",
  "conversationId": "string",
  "conversationIndex": "String (binary)",
  "createdDateTime": "String (timestamp)",
  "flag": {"@odata.type": "microsoft.graph.followupFlag"},
  "from": {"@odata.type": "microsoft.graph.recipient"},
  "hasAttachments": true,
  "id": "string (identifier)",
  "importance": "String",
  "inferenceClassification": "String",
  "internetMessageHeaders": [{"@odata.type": "microsoft.graph.internetMessageHeader"}],
  "internetMessageId": "String",
  "isDeliveryReceiptRequested": true,
  "isDraft": true,
  "isRead": true,
  "isReadReceiptRequested": true,
  "lastModifiedDateTime": "String (timestamp)",
  "parentFolderId": "string",
  "receivedDateTime": "String (timestamp)",
  "replyTo": [{"@odata.type": "microsoft.graph.recipient"}],
  "sender": {"@odata.type": "microsoft.graph.recipient"},
  "sentDateTime": "String (timestamp)",
  "subject": "string",
  "toRecipients": [{"@odata.type": "microsoft.graph.recipient"}],
  "uniqueBody": {"@odata.type": "microsoft.graph.itemBody"},
  "webLink": "string",

  "attachments": [{"@odata.type": "microsoft.graph.attachment"}],
  "extensions": [{"@odata.type": "microsoft.graph.extension"}],
  "multiValueExtendedProperties": [{"@odata.type": "microsoft.graph.multiValueLegacyExtendedProperty"}],
  "singleValueExtendedProperties": [{"@odata.type": "microsoft.graph.singleValueLegacyExtendedProperty"}]
}

関連項目