objectIdentity リソースの種類objectIdentity resource type

名前空間: microsoft.graphNamespace: microsoft.graph

ユーザーアカウントへのサインインに使用される id を表します。Represents an identity used to sign in to a user account. Id は、Microsoft、組織、またはユーザーアカウントに関連付けられている Facebook、Google、Microsoft などのソーシャル id プロバイダーによって提供されることがあります。An identity can be provided by Microsoft, by organizations, or by social identity providers such as Facebook, Google, or Microsoft, that are tied to a user account. これにより、ユーザーは、関連付けられた id のいずれかを使用してユーザーアカウントにサインインできるようになります。This enables the user to sign in to the user account with any of those associated identities.

ユーザーリソースのidentityプロパティは、 objectIdentityオブジェクトです。The identities property of the user resource is an objectIdentity object.

プロパティProperties

プロパティProperty 種類Type 説明Description
signInTypesignInType stringstring 、やなど、ディレクトリ内のユーザーサインインの種類を指定 emailAddressuserName federated ます。Specifies the user sign-in types in your directory, such as emailAddress, userName or federated. ここでは、発行者 federated からのユーザーの一意の識別子を表します。これは、発行者が選択した任意の形式で指定できます。Here, federated represents a unique identifier for a user from an issuer, that can be in any format chosen by the issuer. サインインの種類がまたはに設定されている場合、 issuerAssignedId に対して追加の検証が適用され emailAddress userName ます。Additional validation is enforced on issuerAssignedId when the sign-in type is set to emailAddress or userName. このプロパティは、任意のカスタム文字列に設定することもできます。This property can also be set to any custom string.
会社issuer stringstring Id の発行元を指定します (例 facebook.com :)。Specifies the issuer of the identity, for example facebook.com.
ローカルアカウント ( signInType がない場合) の場合 federated 、このプロパティはローカルの B2C テナントの既定のドメイン名です (例 contoso.onmicrosoft.com :)。For local accounts (where signInType is not federated), this property is the local B2C tenant default domain name, for example contoso.onmicrosoft.com.
他の Azure AD 組織からの外部ユーザーの場合、これはフェデレーション組織のドメインになります (例 contoso.com :)。For external users from other Azure AD organization, this will be the domain of the federated organization, for example contoso.com.

$filter をサポートしています。Supports $filter. 512文字の制限512 character limit.
issuerAssignedIdissuerAssignedId stringstring 発行者によってユーザーに割り当てられた一意の識別子を指定します。Specifies the unique identifier assigned to the user by the issuer. 発行者issuerAssignedIdの組み合わせは、組織内で一意である必要があります。The combination of issuer and issuerAssignedId must be unique within the organization. SignInTypeemailAddress または userName (ローカルアカウントとも呼ばれる) に設定されている場合に、ユーザーのサインイン名を表します。Represents the sign-in name for the user, when signInType is set to emailAddress or userName (also known as local accounts).
SignInTypeが次のように設定されている場合:When signInType is set to:
  • emailAddress、(または like で開始 emailAddress emailAddress1 される) issuerAssignedId は、有効な電子メールアドレスである必要があります。emailAddress, (or starts with emailAddress like emailAddress1) issuerAssignedId must be a valid email address
  • userNameissuerAssignedIdは、電子メールアドレスの有効なローカル部分である必要があります。userName, issuerAssignedId must be a valid local part of an email address
$filter をサポートしています。Supports $filter. 512文字の制限512 character limit.

注:****Identityプロパティに対してフィルターを適用する場合は、 issuerissuerAssignedIdの両方を指定する必要があります。Note: When filtering on the identities property, you must supply both issuer and issuerAssignedId.

JSON 表記JSON representation

リソースの JSON 表記を次に示します。The following is a JSON representation of the resource.

{
  "signInType": "string",
  "issuer": "string",
  "issuerAssignedId": "string"
}