Planner の識別子Identifiers in Planner

Planner のオブジェクトの識別子は、サービスによって生成された文字列値です。Identifiers for objects in Planner are service-generated string values. 値の長さは28文字で、大文字と小文字は区別されます。The values are 28 characters long and are case-sensitive. として渡された場合、サービスは識別子の簡単な形式の検証を実行します。形式の検証が失敗した場合、発信者はこの問題を示す無効な要求 (400) のエラー応答を受信します。When passed as in, the service will do a simple format validation of the identifier, if the format validation fails, the callers will receive a Bad Request (400) error response indicating this problem. このエラーは、次のような呼び出し元のアプリケーションにバグがあることを示しています。Receiving this error indicates a bug in the calling application, such as:

  • 呼び出し元のアプリケーションは、大文字と小文字を区別しない文字列として識別子を処理しました。The calling application processed the identifier as a case insensitive string. タスクの識別子では大文字と小文字が区別されます。Identifiers in Tasks are case-sensitive.
  • 呼び出し元アプリケーションが識別子を切り捨てました。The calling application truncated the identifier. タスクの識別子は、28文字の長さです。Identifiers in Tasks are 28 characters long.
  • 呼び出し元のアプリケーションがタスクのオブジェクトの識別子値を生成しようとしました。The calling application attempted to generate an identifier value for an object in Tasks. クライアントによって生成された識別子は受け付けられません。Client generated identifiers are not accepted. すべての識別子は、オブジェクトの作成時にサービスによって生成されます。All identifiers are generated by the service upon the creation of objects.

この検証はセキュリティ機能ではありませんThis validation is not a security feature. これは、アプリケーションを開発する際に、アプリケーションについての一般的な識別子に関する問題についてのみ通知することを目的としています。これは、それ以外の場合はわかりにくいものです。It is only meant to inform applications about common identifier related issues during the development of the application, which are otherwise hard to identify.