Microsoft Graph API を使用してプロジェクトローマを操作するUse the Microsoft Graph API to work with Project Rome

プロジェクトローマは、クロスデバイスエクスペリエンスプラットフォームを構築するための Microsoft イニシアティブです。Project Rome is a Microsoft initiative to build a cross-device experiences platform. プロジェクトローマは、ローカルクライアントまたはサービスのアプリが、クライアントデバイスでのサインインに使用したのと同じ Microsoft アカウントを使用してサインインしたときに、リモートホスト上のアプリとサービスを操作することを可能にします。Project Rome enables an app on a local client or service to interact with apps and services on a remote host when the user signs in with the same Microsoft account that they use to sign in on the client device. これにより、デバイスではなくユーザーのタスクを中心としたクロスデバイスとクロスプラットフォームのエクスペリエンスをプログラミングできます。This allows you to program cross-device and cross-platform experiences that are centered around user tasks rather than devices.

これらのエクスペリエンスを有効にするために、Microsoft Graph を介して重要なコンポーネントが公開されています。アクティビティ。A key component is exposed via Microsoft Graph to enable these experiences: activities.

活アクティビティActivities

Microsoft Graph のアクティビティを使用すると、デバイスやプラットフォームを越えてユーザーがアプリを使用できるようになります。Activities in Microsoft Graph enable you to drive user engagement with your apps across devices and platforms. アクティビティはユーザー契約の単位であり、3つのコンポーネントで構成されます。An activity is the unit of user engagement, and consists of three components:

  • ディープリンクA deep link
  • 視覚的な表現A visual representation
  • https://schema.org/共有ボキャブラリを使用して、アクティビティを記述するコンテンツメタデータContent metadata that describes the activity, using the https://schema.org/ shared vocabulary

アプリケーションによってセッションが作成されると、ユーザーの活動期間を反映するために履歴項目がアクティビティに追加されます。When a session is created by an application, a history item is added to the activity to reflect the period of user engagement. ユーザーがアクティビティを再実行するたびに、新しい履歴アイテムが、[見越計上] ユーザー契約のアクティビティに追加されます。Each time a user reengages with an activity, a new history item is added to the activity to accrue user engagement.

アプリケーションがユーザーアクティビティオブジェクトを公開すると、そのオブジェクトが Windows の新しい UI サーフェスの一部に表示されます。たとえば、Cortana の通知とタイムラインです。When an application publishes user activity objects, the object will show up in some of the new UI surfaces in Windows; for example, Cortana Notifications and Timeline. アクティビティオブジェクトでは、リッチメタデータ (アクティビティを正しいコンテキストで表示できるようにする) とリッチビジュアル (アダプティブカードマークアップを使用) の両方を指定できます。You can specify both rich metadata (to allow activities to be presented in just the right context) and rich visuals (using Adaptive Card markup) in your activity objects.

ユーザーアクティビティを作成および取得するには、次の Microsoft Graph Api を使用できます。You can use the following Microsoft Graph APIs to create and retrieve user activities: