recommendLabelAction リソースの種類recommendLabelAction resource type

名前空間: microsoft.graphNamespace: microsoft.graph

重要

/betaMicrosoft Graph のバージョンの api は変更される可能性があります。APIs under the /beta version in Microsoft Graph are subject to change. 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。Use of these APIs in production applications is not supported. API が v2.0 で利用できるかどうかを確認するには、 バージョン セレクターを使用します。To determine whether an API is available in v1.0, use the Version selector.

検出された機密情報の種類に基づいて、ユーザーがファイルに対してアプリケーションを推奨するラベルを表します。Represents a label that should be recommended to the user for application to the file based on discovered sensitive information types. Microsoft Information Protection のラベル付けポリシーが、ラベルを適用するのではなく、推奨およびラベルに設定されている場合、 evaluateClassificationResultsrecommendLabelActionを返すことがあります。The evaluateClassificationResults may return a recommendLabelAction if the Microsoft Information Protection labeling policy is set to recommend and label rather than enforce a label. ユーザーまたはユーザーは、推奨事項を無視するか、承諾するかを選択できます。The user or appliation may choose to ignore or accept the recommendation.

プロパティProperties

プロパティProperty 種類Type 説明Description
actionSourceactionSource StringString 使用可能な値: manualautomaticrecommendeddefaultPossible values are: manual, automatic, recommended, default.
actionsactions Informationprotectionaction コレクションinformationProtectionAction collection ラベルがユーザーによって受け付けられた場合に実行するアクション。Actions to take if the label is accepted by the user.
ラベルlabel labelDetailslabelDetails 推奨されるラベル。The label that is being recommended.
responsibleSensitiveTypeIdsresponsibleSensitiveTypeIds Guid コレクションGuid collection 推奨事項が提示された、機密情報の種類の Guid。The sensitive information type GUIDs that caused the recommendation to be given.

JSON 表記JSON representation

リソースの JSON 表記を次に示します。The following is a JSON representation of the resource.

{
  "actionSource": "String",
  "actions": [{"@odata.type": "microsoft.graph.informationProtectionAction"}],
  "label": {"@odata.type": "microsoft.graph.labelDetails"},
  "responsibleSensitiveTypeIds": ["Guid"]
}