Microsoft Graph での Office 365 使用状況レポートの使用Working with Office 365 usage reports in Microsoft Graph

Microsoft Graph によって、Office 365 使用状況レポートのリソースにアクセスし、社内で Office 365 サービスがどのように使用されているかについての情報を取得できます。With Microsoft Graph, you can access Office 365 usage reports resources to get the information about how people in your business are using Office 365 services. たとえば、サービスをよく利用してクォータに到達しそうなユーザーや、Office 365 ライセンスを必要としない可能性があるユーザーなどを識別できます。For example, you can identify who is using a service a lot and reaching quotas, or who may not need an Office 365 license at all.

認証Authorization

Microsoft Graph では、アクセス許可によってリソースへのアクセスを制御します。Microsoft Graph controls access to resources via permissions. Reports リソースにアクセスするには、アクセス許可を指定する必要があります。You must specify the permissions you need in order to access Reports resources. 通常は Azure Active Directory (Azure AD) ポータルでアクセス許可を指定します。Typically, you specify permissions in the Azure Active Directory (Azure AD) portal. 詳細については、「Microsoft Graph のアクセス許可のリファレンス」および「Reports のアクセス許可」を参照してください。For more information, see Microsoft Graph permissions reference and Reports permissions.

次の手順Next steps

Reports リソースと API によって、ユーザーとの連携や、ユーザーの Microsoft Graph のエクスペリエンスを管理する新しい方法が見つかります。Reports resources and APIs can open up new ways for you to engage with users and manage their experiences with Microsoft Graph. 詳細情報To learn more:

  • 特定のシナリオに役立つ、メソッドとリソースのプロパティを詳しく調べます。Drill down on the methods and properties of the resources most helpful to your scenario.
  • Graph エクスプローラーで API をお試しください。Try the API in the Graph Explorer.

さらに情報が必要な場合「パートナーによる Microsoft Graph の活用方法」を参照してください。Need more ideas? See how some of our partners are using Microsoft Graph.