riskyUser リソースの種類riskyUser resource type

名前空間: microsoft.graphNamespace: microsoft.graph

重要

/betaMicrosoft Graph のバージョンの api は変更される可能性があります。APIs under the /beta version in Microsoft Graph are subject to change. 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。Use of these APIs in production applications is not supported. API が v2.0 で利用できるかどうかを確認するには、 バージョン セレクターを使用します。To determine whether an API is available in v1.0, use the Version selector.

危険にさらされている Azure AD ユーザーを表します。Represents Azure AD users who are at risk. Azure AD は、さまざまなシグナルやマシン学習に基づいて、ユーザーのリスクを継続的に評価します。Azure AD continually evaluates user risk based on various signals and machine learning. この API は、プログラムによって Azure AD 内のすべてのリスクユーザーにアクセスを提供します。This API provides programmatic access to all at-risk users in your Azure AD.

リスクイベントの詳細については、「 Azure Active Directory Id 保護」を参照してください。For more information about risk events, see Azure Active Directory Identity Protection.

注: RiskyUsers API を使用するには、Azure AD Premium P2 ライセンスが必要です。Note: Using the riskyUsers API requires an Azure AD Premium P2 license.

メソッドMethods

メソッドMethod 戻り値の型Return Type 説明Description
リスト riskyUsersList riskyUsers riskyUser コレクションriskyUser collection リスクの高いユーザーとそのプロパティを一覧表示します。List risky users and their properties.
RiskyUser を取得するGet riskyUser riskyUserriskyUser 特定の危険なユーザーおよびそのプロパティを取得します。Get a specific risky user and its properties.
リストの履歴List history riskyUserHistoryItem コレクションriskyUserHistoryItem collection Azure AD ユーザーのリスク履歴を取得します。Get the risk history of an Azure AD user.
RiskyUsers が侵害されたことを確認するConfirm riskyUsers compromised なしNone 危険なユーザーが侵害されていることを確認します。Confirm a risky user as compromised.
RiskyUsers を閉じるDismiss riskyUsers なしNone 危険なユーザーのリスクを無視します。Dismiss the risk of a risky user.

プロパティProperties

プロパティProperty 種類Type 説明Description
id string 危険にさらされているユーザーの一意の ID。Unique ID of the user at risk.
isDeleted bool ユーザーが削除されるかどうかを示します。Indicates whether the user is deleted. 可能な値は、truefalse です。Possible values are: true, false.
isProcessing bool ユーザーの危険な状態がバックエンドによって処理されているかどうかを示します。Indicates whether a user's risky state is being processed by the backend.
riskLastUpdatedDateTime datetime 危険性のあるユーザーが最後に更新された日時The date and time that the risky user was last updated
riskLevel riskLevel 使用可能な値は、low、medium、high、hidden、none、Unknownfuturevalue というです。The possible values are low, medium, high, hidden, none, unknownFutureValue.
riskState riskState 使用可能な値は、none、confirmedSafe、修復済み、atRisk、Unknownfuturevalue というです。The possible values are none, confirmedSafe, remediated, atRisk, unknownFutureValue.
riskDetail riskDetail 使用可能な値は、none、adminGeneratedTemporaryPassword、userPerformedSecuredPasswordChange、userPerformedSecuredPasswordReset、adminConfirmedSigninSafe、aiConfirmedSigninSafe、userPassedMFADrivenByRiskBasedPolicy、adminDismissedAllRiskForUser、adminConfirmedSigninCompromised、hidden、adminConfirmedUserCompromised、unknownfuturevalue というです。The possible values are none, adminGeneratedTemporaryPassword, userPerformedSecuredPasswordChange, userPerformedSecuredPasswordReset, adminConfirmedSigninSafe, aiConfirmedSigninSafe, userPassedMFADrivenByRiskBasedPolicy, adminDismissedAllRiskForUser, adminConfirmedSigninCompromised, hidden, adminConfirmedUserCompromised, unknownFutureValue.
userDisplayName string 危険になるユーザーの表示名。Risky user display name.
userPrincipalName string 危険のユーザープリンシパル名。Risky user principal name.

関係Relationships

なし。None.

JSON 表記JSON representation

リソースの JSON 表記を次に示します。The following is a JSON representation of the resource.

{
"id": "string",
"riskLastUpdatedDateTime": "dateTimeOffset",
"isProcessing": "boolean",
"isDeleted": "boolean",
"riskDetail":  "string",
"riskLevel":  "string",
"riskState":  "string",
"userDisplayName": "string",
"userPrincipalName": "string"
}