スケジュールを作成または置換するCreate or replace schedule

重要

Microsoft Graph の/betaバージョンの api は変更される可能性があります。APIs under the /beta version in Microsoft Graph are subject to change. 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。Use of these APIs in production applications is not supported.

Scheduleオブジェクトを作成または置換します。Create or replace a schedule object.

スケジュール作成プロセスは、リソースベースの長時間実行操作 (RELO) に関する1つの API ガイドラインに準拠しています。The schedule creation process conforms to the One API guideline for resource based long running operations (RELO). クライアントが PUT メソッドを使用する場合、スケジュールが準備されていると、この操作によってスケジュールが置き換えられます。それ以外の場合、操作はバックグラウンドでスケジュールプロビジョニングプロセスを開始します。When clients use the PUT method, if the schedule is provisioned, the operation replaces the schedule; otherwise, the operation starts the schedule provisioning process in the background.

スケジュールの準備中に、クライアントはget メソッドを使用してスケジュールを取得しprovisionStatus 、プロパティでプロビジョニングの現在の状態を確認できます。During schedule provisioning, clients can use the GET method to get the schedule and look at the provisionStatus property for the current state of the provisioning. プロビジョニングが失敗した場合、クライアントはprovisionStatusCodeプロパティから追加情報を取得できます。If the provisioning failed, clients can get additional information from the provisionStatusCode property.

クライアントは、スケジュールの構成を検査することもできます。Clients can also inspect the configuration of the schedule.

アクセス許可Permissions

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。One of the following permissions is required to call this API. To learn more, including how to choose permissions, see Permissions.

アクセス許可の種類Permission type アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)Permissions (from least to most privileged)
委任 (職場または学校のアカウント)Delegated (work or school account) Group.ReadWrite.AllGroup.ReadWrite.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント)Delegated (personal Microsoft account) サポートされていません。Not supported.
アプリケーションApplication 設定します。Schedule.ReadWrite.All*

*重要: アプリケーションのアクセス許可は現在、プライベートプレビューのみにあるため、一般に使用することはできません。* Important: Application permissions are currently in private preview only and are not available for public use.

: この API は、管理者のアクセス許可をサポートします。Note: This API supports admin permissions. グローバル管理者は、所属していないグループにアクセスできます。Global admins can access groups that they are not a member of.

HTTP 要求HTTP request

PUT /teams/{teamId}/schedule

要求ヘッダーRequest headers

ヘッダーHeader Value
AuthorizationAuthorization ベアラー {トークン}。必須。Bearer {token}. Required.
Content-TypeContent-Type application/json. Required.application/json. Required.

要求本文Request body

要求本文で、 scheduleオブジェクトの JSON 表記を指定します。In the request body, supply a JSON representation of a schedule object.

応答Response

成功した場合、このメソッド200 OKは応答コードと、応答本文でscheduleオブジェクトを返します。If successful, this method returns a 200 OK response code and a schedule object in the response body.

Example

要求Request

要求の例を次に示します。The following is an example of the request.

PUT https://graph.microsoft.com/beta/teams/{teamId}/schedule
Content-type: application/json

{
  "enabled": true,
  "timeZone": "America/Chicago"
}

応答Response

応答の例を次に示します。The following is an example of the response.

注: 読みやすくするために、ここに示す応答オブジェクトは短くされている場合があります。実際の呼び出しからは、すべてのプロパティが返されます。Note: The response object shown here might be shortened for readability. All the properties will be returned from an actual call.

HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json
Content-length: 401

{
  "id": "833fc4df-c88b-4398-992f-d8afcfe41df2",
  "enabled": true,
  "timeZone": "America/Chicago",
  "provisionStatus": "Completed",
  "provisionStatusCode": null,
  "timeClockEnabled": true,
  "openShiftsEnabled": true,
  "swapShiftsRequestsEnabled": true,
  "offerShiftRequestsEnabled": true,
  "timeOffRequestsEnabled": true
}