脅威インテリジェンスインジケーターを一覧表示するList threat intelligence indicators

重要

Microsoft Graph の/betaバージョンの api は変更される可能性があります。APIs under the /beta version in Microsoft Graph are subject to change. 実稼働アプリケーションでは、これらの API の使用はサポートされていません。Use of these APIs in production applications is not supported.

Tiindicatorオブジェクトのリストを取得します。Retrieve a list of tiIndicator objects.

アクセス許可Permissions

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。One of the following permissions is required to call this API. To learn more, including how to choose permissions, see Permissions.

アクセス許可の種類Permission type アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)Permissions (from least to most privileged)
委任 (職場または学校のアカウント)Delegated (work or school account) ThreatIndicators.ReadWrite.OwnedByThreatIndicators.ReadWrite.OwnedBy
委任 (個人用 Microsoft アカウント)Delegated (personal Microsoft account) サポートされていません。Not supported.
アプリケーションApplication ThreatIndicators.ReadWrite.OwnedByThreatIndicators.ReadWrite.OwnedBy

HTTP 要求HTTP request

GET /security/tiIndicators

オプションのクエリ パラメーターOptional query parameters

このメソッドは、応答をカスタマイズするための OData クエリパラメーターの一部をサポートしています。This method supports some of the OData query parameters to help customize the response. 一般的な情報については、「 OData クエリパラメーター」を参照してください。For general information, see OData Query Parameters.

要求ヘッダーRequest headers

名前Name 説明Description
AuthorizationAuthorization Bearer {code}Bearer {code}

要求本文Request body

このメソッドには、要求本文を指定しません。Do not supply a request body for this method.

応答Response

成功した場合、このメソッド200 OKは応答コードと、応答本文でtiindicatorオブジェクトのコレクションを返します。If successful, this method returns a 200 OK response code and a collection of tiIndicator objects in the response body.

Examples

要求Request

要求の例を次に示します。The following is an example of the request.

GET https://graph.microsoft.com/beta/security/tiIndicators

応答Response

応答の例を次に示します。The following is an example of the response.

注意

ここに示す response オブジェクトは読みやすいように短縮される場合があります。The response object shown here might be shortened for readability. 実際の呼び出しではすべてのプロパティが返されます。All the properties will be returned from an actual call.

HTTP/1.1 200 OK
Content-type: application/json

{
  "value": [
    {
      "action": "action-value",
      "activityGroupNames": [
        "activityGroupNames-value"
      ],
      "additionalInformation": "additionalInformation-value",
      "azureTenantId": "azureTenantId-value",
      "confidence": 99,
      "description": "description-value"
    }
  ]
}