クラウドコミュニケーションの概要Get started with cloud communications

Microsoft Graph の cloud communications Api は、アプリやサービスが、通話やオンライン会議などのさまざまな通信関連機能を通じてユーザーと対話する方法に新しいディメンションを追加します。The cloud communications APIs in Microsoft Graph add a new dimension to how your apps and services interact with users through various communications related features, such as calling and online meetings. この記事では、ボットを使用してお客様のニーズに対応し、共同作業を容易にする方法について説明します。This article describes how you can use bots to respond to your customers' needs and facilitate collaboration.

前提条件Prerequisites

Beore 開始するには、次の点を理解しておくと役立ちます。Beore you get started, it will be helpful to familiarize yourself with the following:

Bot を登録するRegister a bot

"サービスアプリケーション" と "bot" という用語は、同じ意味で使用できます。The terms "service application" and "bot" can be used interchangeably. Bot を azure portal を使用して直接作成するか、azure でホストされていない bot を登録することができます。You can either create a bot through the Azure portal directly or register a bot that isn't hosted on Azure. Bot 登録プロセスの詳細については、「 登録する呼び出しボット」を参照してください。For more details about the bot registration process, see Registering a calling bot.

後で簡単にするために、Azure AD 内のさまざまな 種類のアクセス許可 について理解することをお勧めします。To make things easier later, it's helpful to understand the different types of permissions within Azure AD. アクセス許可が委任されているアプリには、サインインしているユーザーが必要です。Apps with delegated permissions require a signed-in user. アプリケーションベースのアクセス許可は、サインインしているユーザーを必要とせず、バックグラウンドサービスとして実行されることがよくあります。Application-based permissions don't need a signed-in user, and can often run as a background service.

Bot を登録した後、 ボットを Microsoft Teams に追加するには、「 app studio の使用方法」と「必要なメタデータを定義する方法を理解してください。After you register your bot, if you'd like to add your bot to Microsoft Teams, make sure you understand how to use app studio and define the required metadata.

Bot の状態を管理するManage the state of the bot

Bot を登録した後で、音声ビデオベースのメディアを アプリケーションホストまたはサービスホストするかどうかを決定します。After you register your bot, decide whether you want your audio and video-based media to be application-hosted or service-hosted. 高レベルでは、raw メディアのリアルストリームにアクセスするかどうかを決定することが必要になります。At a high level, this involves deciding whether or not you want to access a live-stream of raw media.

次に、bot がステートフルであるか ステートレスであるかを判断できます。Next, you can decide whether it's best for your bot to be stateful or stateless.

ステートレスボットStateless bots

任意の仮想マシンですべての bot インスタンスを処理できます。つまり、1台のコンピューターがダウンした場合、別のコンピューターでも対応できるようになります。Any virtual machine can handle any bot instance, which means that if one machine goes down, another can take care of it. これにより、回復力のあるソリューションが実現します。This makes for a resilient solution.

一方、REDIS などの共有キャッシュには、すべての仮想マシンからアクセスできるようにする必要があります。On the other hand, a shared cache, such as REDIS, needs to be accessible to all the virtual machines.

ステートフルボットStateful bots

仮想マシンは、一度に1つの bot インスタンスしか処理できません。A virtual machine can handle only one bot instance at a time. すべての状態が1台のコンピューター上にあるため、付加的なメモリチェックや REDIS cache チェックはありません。Because all the states are on one machine, there aren't any extra memory checks or REDIS cache checks.

欠点は、bot インスタンスが1台のコンピューターのみにあるため、復元性とはならないことです。The drawback is that because the bot instance is just on one machine, it isn't as resilient.

注: サービスホスト型メディアボットは、ステートフルまたはステートレスにすることができます。Note: Service-hosted media bots can be stateful or stateless. アプリケーションホスト型メディアのボットは、 ボット MEDIA SDKを使用するためにはステートフルでなければなりません。Application-hosted media bots must be stateful in order to use the Bot Media SDK.

Sdk を使用するUse the SDKs

C# では、次の Sdk を使用できます。The following SDKs are available in C#. 今後、他の言語のサポートを提供する予定です。We will provide support for other languages in the future.

Examples

アプリケーションホスト型またはサービスホスト型メディアのいずれかを使用して 着信呼び出しに応答 するなど、ステートフルなボットを使用してさまざまなシナリオを実装する方法について説明します。Learn how to implement different scenarios using stateful bots, such as answering an incoming call with either application-hosted or service-hosted media.

詳細な例については、「 Communications samples リポジトリ」を参照してください。For more examples, see the Communications samples repository.