Microsoft Graph データ接続がサポートするデータセット、地域、シンクDatasets, regions, and sinks that Microsoft Graph data connect supports

Microsoft Graph データ接続は、Microsoft Azure でさまざまなデータセット、データ領域、ストレージの場所をサポートしています。Microsoft Graph data connect supports a variety of datasets, data regions, and storage locations in Microsoft Azure. このトピックは、サポートされているデータセット スキーマ、Microsoft 365、Microsoft Azure リージョンへのアクセス方法、Azure Data Factory からデータ接続が利用するストレージの場所について説明します。This topic describes the supported datasets and how to access the dataset schemas, the Microsoft 365 and Microsoft Azure regions that are supported, and the storage locations that data connect utilizes through Azure Data Factory.

その他のデータセット、地域、またはシンクのサポートを要求する場合は、UserVoiceでお知らせください。If you would like to request support for additional datasets, regions, or sinks, let us know on UserVoice.

データセットDatasets

データ接続はすぐに次のデータセットをサポートします。Data connect supports the following datasets today. 各データセットのスキーマを表示するには、Azure Data Factory の新しいデータセットを作成し、[スキーマ] タブを使って表示します。To view the schemas for each dataset, create a new dataset in Azure Data Factory and use the Schema tab to view it.

データセット名Dataset name 説明Description
BasicDataSet_v0.Contact_v0BasicDataSet_v0.Contact_v0 各ユーザーのアドレス帳の連絡先情報が含まれています。Contains contact information from each user's address book. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph 個人用連絡先スキーマ」に類似しています。The schema for these entities resembles the Microsoft Graph personal contacts schema.
BasicDataSet_v0.Event_v0BasicDataSet_v0.Event_v0 各ユーザーのカレンダーにイベントがあります。Contains the events in each user's calendar. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph カレンダー イベント」に類似しています。The schema for these entities resembles the Microsoft Graph calendar events schema.
BasicDataSet_v0.Message_v0BasicDataSet_v0.Message_v0 各ユーザーのメールボックスにメッセージがあります。Contains the message in each user's mailbox. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph メッセージ」に類似しています。The schema for these entities resembles the Microsoft Graph messages schema.
BasicDataSet_v0.SentItem_v0BasicDataSet_v0.SentItem_v0 各ユーザーのメールボックスから送信されたメッセージがあります。Contains the messages sent from each user's mailbox. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph メッセージ」に類似しています。The schema for these entities resembles the Microsoft Graph messages schema.
BasicDataSet_v0.User_v0BasicDataSet_v0.User_v0 ユーザー情報 (DisplayName、UserPrincipalName など) が含まれています。Contains user information (DisplayName, UserPrincipalName, and so on).
BasicDataSet_v0.MailboxSettings_v0BasicDataSet_v0.MailboxSettings_v0 各ユーザーのメールボックスの設定が含まれています。Contains the mailbox settings of each user. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph メールボックス設定スキーマ」に対応しています。The schema for these entities corresponds to the Microsoft Graph mailbox settings schema.
BasicDataSet_v0.MailFolder_v0BasicDataSet_v0.MailFolder_v0 各ユーザーのメールボックスのメール フォルダーがあります。Contains the mail folders from each user's mailbox. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph メール フォルダー スキーマ」に対応しています。The schema for these entities corresponds to the Microsoft Graph mail folders schema.
BasicDataSet_v0.Manager_v0BasicDataSet_v0.Manager_v0 各ユーザーのマネージャーのユーザー情報が含まれています。Contains user information for the manager of each user. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph ユーザー スキーマ」に対応しています。The schema for these entities corresponds to Microsoft Graph user schema.
BasicDataSet_v0.DirectReport_v0BasicDataSet_v0.DirectReport_v0 各ユーザーに直接報告する従業員に関するユーザー情報が含まれています。Contains user information about the employees that directly report to each user. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph ユーザー スキーマ」に対応しています。The schema for these entities corresponds to the Microsoft Graph user schema.
BasicDataSet_v0.CalendarView_v0BasicDataSet_v0.CalendarView_v0 イベントがあります。このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph ユーザー スキーマ」に対応しています。Contains the events The schema for these entities corresponds to the Microsoft Graph user schema.
BasicDataSet_v0.User_v1BasicDataSet_v0.User_v1 次の表にはユーザーの情報が含まれています。This table contains user information. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph ユーザー スキーマ」に対応しています。The schema for these entities corresponds to the Microsoft Graph user schema.
BasicDataSet_v0.Contact_v1BasicDataSet_v0.Contact_v1 各ユーザーのアドレス帳の連絡先情報が含まれています。Contains contact information from each user's address book. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph 個人用連絡先スキーマ」に対応しています。The schema for these entities corresponds to the Microsoft Graph personal contacts schema.
BasicDataSet_v0.Event_v1BasicDataSet_v0.Event_v1 各ユーザーのカレンダーにイベントがあります。Contains the events in each user's calendar. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph カレンダー イベント スキーマ」に対応しています。The schema for these entities corresponds to the Microsoft Graph calendar events schema.
BasicDataSet_v0.Message_v1BasicDataSet_v0.Message_v1 各ユーザーのメールボックスにメッセージがあります。Contains the message in each user's mailbox. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph メッセージ」に対応しています。The schema for these entities corresponds to the Microsoft Graph messages schema.
BasicDataSet_v0.SentItem_v1BasicDataSet_v0.SentItem_v1 各ユーザーのメールボックスから送信されたメッセージがあります。Contains the message sent from each user's mailbox. このエンティティのスキーマは「Microsoft Graph メッセージ」に対応しています。The schema for these entities corresponds to the Microsoft Graph messages schema.

地域Regions

データ接続は、さまざまな Microsoft 365 地域のデータ抽出をサポートします。Data connect supports extracting data from a variety of different Microsoft 365 regions. 正常に Microsoft 365 データ センターのデータを Microsoft Azure ストレージに移動するには、Azure Data Factory インスタンスと Azure ストレージの場所の両方が、Microsoft 365 データの保管場所のサポートされている領域にマッピングする必要があります。To successfully move data from the Microsoft 365 data center into your Microsoft Azure storage, the Azure Data Factory instance and the Azure storage location must both map to a supported region for the location of the Microsoft 365 data. 次の表は、サポートされている Microsoft 365 の領域と、データの移動に必要な対応する Azure リージョンを示しています。The following table indicates which Microsoft 365 regions are supported and the corresponding Azure regions required for data movement.

Office の地域Office region Azure リージョンAzure region
北アメリカNorth America 米国東部East US
米国東部 2East US 2
米国中部Central US
米国中央北部North Central US
米国中央南部South Central US
米国中央西部West Central US
米国西部West US
米国西部 2West US 2
ヨーロッパEurope 北ヨーロッパNorth Europe
西ヨーロッパWest Europe
アジア太平洋Asia-Pacific 東アジアEast Asia
東南アジアSoutheast Asia
オーストラリアAustralia オーストラリア東部Australia East
オーストラリア南東部Australia Southeast

シンクSinks

シンクは、Azure ストレージにデータを配置するのに使用する出力先の Data Factory です。Sinks are the output location Data Factory uses to place data in Azure storage. データ接続は次のシンク ストレージの種類をサポートしています。Data connect supports the following sink storage types:

  • Azure Data Lake Storage Gen 2Azure Data Lake Storage Gen 2
  • Azure Storage BlobAzure Storage Blob
  • Azure Data Lake Storage Gen 1Azure Data Lake Storage Gen 1

次の特徴をシンクに適用します。The following characteristics apply to sinks:

  • 出力ファイルは JSON 形式のラインになります。The output files will be of format JSON lines. 出力形式が固定されており、出力形式を変更するためのサポートがありません。The output format is fixed and there is no support for modifying the format of the output. ただし、Azure Data Factory を使用して、(Azure SQL DB) などの別のストレージ メカニズムにデータ接続パイプラインの結果をコピーできます。However, you can use Azure Data Factory to copy the result of a data connect pipeline into another storage mechanism (such as Azure SQL DB).
  • サービス プリンシパル認証は、ソースとして Microsoft 365 を使用したコピー アクティビティで、すべてのシンク タイプに対してサポートされている唯一の認証メカニズムです。Service Principal authentication is the only supported authentication mechanism for all sink types in a copy activity with Microsoft 365 as the source.
  • シンクとして Azure Storage Blob を使用している場合、アプリケーションが Azure Storage Blob の場所への Storage Blob Data Contributor のアクセス権があることを確認する必要があります。When using Azure Storage Blob as the sink, you must ensure that your application has Storage Blob Data Contributor access to the Azure Storage Blob location.

次の手順Next Steps

Azure Data Factory の一部としてデータ接続パイプラインを作成する方法については、「Azure Data Factory Office 365 コネクタ ドキュメント」を参照してください。For more information about how to create data connect pipelines as a part of an Azure Data Factory, see the Azure Data Factory Office 365 connector documentation.