ユーザーの選択範囲と Microsoft Graph データ接続サポートのフィルター処理User selection and filtering Microsoft Graph data connect supports

Microsoft Graph データ接続を使用して、データを抽出するユーザーを選択し、返されるデータを制限するフィルターを追加できます。You can use Microsoft Graph data connect to select the users that you want to extract data for, and to include filters to limit the data returned. この記事では、データ接続が提供するユーザーの選択範囲オプションと、データ接続がサポートするフィルター処理について説明します。This article describes the user selection options that data connect provides and the filtering that it supports.

ユーザーの選択範囲User selection

複数のユーザーにパイプラインを実行できます。You can run pipelines on a set of users. ユーザーの選択範囲オプションは次のとおりです。The following are the options for user selection:

  • 組織内のすべてのユーザーAll users within the organization
  • 実行する組織内の最大 10 グループのユーザーUp to 10 groups of users within the organization to run on
  • Azure Active Directory のユーザー プロパティで構成される述語に基づいたユーザーA set of users based on a predicate consisting of Azure Active Directory user properties

Azure Data Factory のコピー アクティビティの SourceDataSet で、ユーザーの選択範囲を指定します。Specify your user selection in the SourceDataSet of the Azure Data Factory copy activity. グループのリストで実行するには、typeProperties に新規フィールド allowedGroups を追加し、これをコンマで区切った最大 10 グループのオブジェクト ID のリストに設定します。To run on a list of groups, add a new field allowedGroups under typeProperties and set this to a list of up to 10 groups' Object Ids separated by commas. 既定でグループが指定されていない場合は、組織全体にデータが抽出されます。If no groups are specified by default, data will be extracted for the entire organization.

テナント全体で実行する述語を指定するには、typeProperties に新規フィールド userScopeFilterUri を追加し、これを述語に設定します。To specify a predicate to run on the entire tenant, add a new field userScopeFilterUri under typeProperties and set this to the predicate. 述語の形式は、Microsoft Graph API のクエリ形式に一致する必要があります。The predicate format should match the query format of Microsoft Graph APIs. たとえば、財務部門で働いているユーザーに対して選択範囲を制限する場合は、https://graph.microsoft.com/v1.0/users?$filter=Department eq 'Finance'を使用できます。For example, if you want to limit the selection to users who work in the Finance department, you can use https://graph.microsoft.com/v1.0/users?$filter=Department eq 'Finance'. 選択を 1 人のユーザーに制限する場合は、https://graph.microsoft.com/v1.0/users?$filter=mail eq 'contosouser1@contoso.com' を使用できます。If you want to limit the selection to one user, you can use https://graph.microsoft.com/v1.0/users?$filter=mail eq 'contosouser1@contoso.com'.

クエリは、クエリを実行している Microsoft 365 の組織内のユーザーのみを返します。Your query will only return users within the Microsoft 365 organization that you're querying. ゲスト ユーザーとユーザー以外のメールボックスは返されません。Guest users and non-user mailboxes will not be returned.

フィルター処理Filtering

DateTime プロパティを使用して、クエリの抽出結果を制限できます。You can limit the results extracted for your query using DateTime properties. 要求されたデータの種類によっては、DateTime フィルターが必要になる可能性があります。Depending on the type of data requested, a DateTime filter might be required. Azure Data Factory のコピー アクティビティにおける SourceDataSet のプロパティを使用すると、DateTime フィルターが提供されます。The DateTime filter is provided using properties in the SourceDataSet of the Azure Data Factory copy activity. DateTime フィルターを指定するには、typeProperties に新規フィールド dateFilterColumn を追加して、これを次の表のフィルター処理をサポートするプロパティのいずれかに設定します。To specify a DateTime filter, add a new field dateFilterColumn under typeProperties and set this to one of the properties that support filtering in the following table. 次に、startTimeendTime を追加します。これは、プロパティがフィルター処理される DateTime の値を表します。Next, add a startTime and endTime that represent the DateTime values that the property will be filtered upon.

次のデータセットには、対応する DateTime プロパティのいずれかに指定するフィルターが必要です。The following datasets require a filter to be provided on one of the corresponding DateTime properties.

データセット名Dataset name フィルター処理をサポートしているプロパティProperties that support filtering
BasicDataSet_v0.Event_v0BasicDataSet_v0.Event_v0
BasicDataSet_v0.Event_v1BasicDataSet_v0.Event_v1
CreatedDateTimeCreatedDateTime
LastModifiedDateTimeLastModifiedDateTime
BasicDataSet_v0.Message_v0BasicDataSet_v0.Message_v0
BasicDataSet_v0.Message_v1BasicDataSet_v0.Message_v1
CreatedDateTimeCreatedDateTime
LastModifiedDateTimeLastModifiedDateTime
ReceivedDateTimeReceivedDateTime
SentDateTimeSentDateTime
BasicDataSet_v0.SentItem_v0BasicDataSet_v0.SentItem_v0
BasicDataSet_v0.SentItem_v1BasicDataSet_v0.SentItem_v1
CreatedDateTimeCreatedDateTime
LastModifiedDateTimeLastModifiedDateTime
ReceivedDateTimeReceivedDateTime
SentDateTimeSentDateTime

BasicDataSet_v0.CalendarView_v0 を要求しているパイプラインにも DateTime フィルターが必要ですが、SourceDataSet に dateFilterColumn が指定されていません。Note Pipelines requesting BasicDataSet_v0.CalendarView_v0 also require a DateTime filter, but no dateFilterColumn is specified in the SourceDataSet. ただし、startTimeendTime が必要で、startTime の後に開始し、endTime が指定される前に終了するイベントのみです。However, a startTime and endTime are required and only events that begin after the startTime and finish before the endTime are provided.

次の手順Next Steps

データ接続パイプラインで extractoin とフィルター処理に選択したユーザーの変更方法ついては、「Azure Data Factory Office 365 コネクタ ドキュメント」を参照してください。For more information about how to modify the user selected for extractoin and filtering in data connect pipelines, see the Azure Data Factory Office 365 connector documentation.